ケンタロス単語

ケンタロス

6.4千文字の記事
掲示板をみる(336)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(16)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ケンタロスとは、ポケットモンスターに登場するNo.128のポケモンである。初登場は赤・緑

基礎データ
名前 ケンタロス タイプ ノーマル
英語 Tauros 高さ 1.4m
分類 あばれうし 重さ 88.4kg
性別 100% 特性 いかく
:0 いかりのつぼ
グループ りくじょう 夢特性 ちからずく
孵化歩数 5120 捕捉率 45
世代 第1世代 努力値 攻撃+1、素さ+1
進化 進化しない
図鑑データ
図鑑 #128 図鑑の色
ジョウト #148 ホウエン #
シンオウ # イッシュ #
カロス #125 アローラ #137/#170
(アローラ/USUMアローラ)

#064/#071
(SM/USUM・アーカラ)

#061/#073
(ポニ/USUM・ポニ)
ガラル #116(ヨロイ ヒスイ #
パルデア #223
No.128
ケンタロス
あばれうしポケモン
たかさ  1.4m
おもさ  88.4kg

ノーマルタイプ 
たいあたりしてくるとき 3ぼんの しっぽで じぶんの からだを ピシピシと たたく。
種族値 合計490






75 100 95 40 70 110

図鑑説明

ポケットモンスター赤・緑ファイアレッドY
たいあたりしてくるとき 3ぼんの しっぽで じぶんの からだを ピシピシと たたく。
ポケットモンスター青リーフグリーンスカーレット
えものに ねらいを つけると しっぽで からだを たたきながら まっすぐ つっこんでくる。
ポケットモンスターピカチュウバージョン
スタミナに あふれた あばれんぼう。 はしりだすと たいあたりするまで どこまでも ひたすら つきすすむ。
ポケットモンスター金ハートゴールドバイオレット
ツノを つきあわせて たたかう。 むれをまもる つよい ケンタロスは キズだらけの ツノを じまんする。
ポケットモンスター銀ソウルシルバーX
3ぼんのしっぽで じぶんを  たたき たたかう きもちを  たかめると ぜんそくりょくで つっこんでくる。
ポケットモンスタークリスタルバージョン
あらっぽい せいかくの ポケモン。 いつも むれのなかで ケンカをして じぶんの つよさを たしかめている。
ポケットモンスタールビー・サファイア・エメラルドオメガルビー・アルファサファイア
いつも あばれて いないと きが すまない。 たたかう あいてが いない ときは たいぼくに ぶちあたり なぎたおす ことで きを しずめる。
ポケットモンスターダイヤモンド・パールプラチナ
えものに ねらいを さだめると いっちょくせんに とっしんする。 あらっぽい せいかくで ゆうめい。
ポケットモンスターサン
せかいの かくちに ケンタロスに のり せいかつ してきた れきしが あるが そのはじまりは アローラ だという。
ポケットモンスタームーン
あらっぽい ポケモンだが アローラちほうの ケンタロスは やや おちつきが あるという。
ポケットモンスターウルトラサン
しゅうだんで せいかつする。 むれの なかで 1ばん ふとく ながく キズだらけの ツノをもつのが ボス
ポケットモンスターウルトラムーン
アローラの ケンタロスが ほかの ちほうより すこし おだやか なのは きこうが かんけいして いるらしい。
ポケットモンスター スカーレット
パルデアのすがた (コンバット種)
々の 体で 格闘戦が 得意。 短い ツノで 急所を 狙う。
パルデアのすがた (ブレイズ種)
炎のエネルギーで 熱した ツノは 摂氏1000度になり 突き刺された 敵は 傷と 火傷に 苦しむ。
パルデアのすがた (ウォーター種)
ツノの 先端の から を 勢いよく 吹きだし 高圧の 流で 敵を 貫く。
ポケットモンスター バイオレット
パルデアのすがた (コンバット種)
ぶ厚く 強い 筋肉と 気性の 荒さが 特徴。 コンバット種と 呼ばれる。
パルデアのすがた (ブレイズ種)
高温の 鼻息を 吹きだすので ブレイズ種と 名づけられた。 3本の 尻尾を 束ねている。
パルデアのすがた (ウォーター種)
ツノから を 吹きだし 泳ぐ。 脂肪分が 多く 浮きやすいのが ウォーター種の 特徴。
ポケモンスタジアム
おおきなからだを じぶんの しっぽで むちうちながら とっしん してくる。 しかし まっすぐにしか すすめない。

概要

初代ケンタロス

はかいこうせん ふぶきorれいとうビーム じしん のしかかりor10まんボルトorかみなり

この4つの技が初代ケンタロスの鉄板構成であった。

ケンタロスはタイプ一致の為、はかいこうせんの威は225であり、当時はトドメをした場合には反動かったので非常に使い勝手がよかった。おまけに初代ではわざの物理特殊がわざタイプごとに設定されていたため、ノーマルわざ=物理判定のはかいこうせんと高こうげきのケンタロスとはまさに相性抜群。ほとんど反則級である。

当時のふぶきは威120、命中90、3割で凍らせるという。当時の他の威120の技とべるとソーラービーム(命中100。ただし1ターンのチャージが必要、追加効果なし)、だいもんじ(命中85、3割やけど)、ハイドロポンプ(命中80、追加効果なし)、メガトンキック(命中75、追加効果なし)、かみなり(命中70、1割まひ)。この差はなんだ・・・?追加効果が違うから参考にならんだろ」と、思っているそこの方。当時のこおり状態は今の仕様とは違って一度凍ったら自然に溶けることはかったため、実質的に瀕死になったも同然である。
要約すると3割の確率で即死の追加効果がつく威120命中90のこおり技という壊れ技であった(※ 当時は一撃必殺技の命中率は素さが関係していたので一概には言えないが、少なくとも現在は一撃必殺技の命中率はどれも元々3割)。
ケンタロスのとくしゅはかなりアレだが、上述のようにこおり技をすばやさ110で打てるのがウリだったのでそんなことは気にされない。

またはかいこうせんが当たらないゲンガーにはじしん返り討ちに出来ていた(初代は特性ふゆうなんてかったのでどくタイプをもつゲンガーにじめんは効果抜群)。初代の対人戦はミュウツーを除くとまさにケンタロス一強であった。
お98年全大会出場者はほぼ全員のケンタロスがこれらのわざを持っていた(特にはかいこうせんじしんと氷技)。

対戦ではこの3つだけで大抵のポケモンは対処可。Lv55のケンタロスに3タテされることもザラであった。10まんボルトかみなりギャラドスパルシェン用のオマケ程度である。反動怖いはかいこうせんが1確ではない)場合はのしかかりで。

ちなみに現在この初代ケンタロス全にネタ
2世代から特殊ステータス特攻と特防に分離されたため特殊火力が大きく低下。ふぶき / れいとうビーム10まんボルト / かみなりだいもんじを初代並みの威で放つことができなくなった。はかいこうせんの威は据え置かれたが、トドメを刺しても反動を受けるようになり、使い勝手は悪くなった。

第4世代からは技の物理/特殊がタイプごとではなく技個別に設定されるようになり、はかいこうせんも特殊化。代わりに同威ギガインパクトを獲得したが、接触技なので更に使い勝手が悪くなった。

ところが第5世代からは夢特性ちからずくを獲得したことにより状況が再び変わる。この特性追加効果のある技を使ったときに限り、追加効果が出なくなる代わりに技の威を1.3倍にする効果を持つ。更にいのちのたまを持たせてちからずく補正の掛かる技を使った場合、HPを削ることなく技に1.3倍の補正を掛けることができる。これにより特攻種族値104相当の火力が出せるため十分な実用レベルになる。

パルデアのすがた

基礎データ
名前 ケンタロス タイプ かくとう(コンバット)

かくとう ほのお(ブレイズ)

かくとう みず(ウォーター)
英語 Tauros 高さ 1.4m
分類 あばれうし 重さ 115.0kg(コンバット)

85.0kg(ブレイズ)

110.0kg(ウォーター)
性別 100%
:0%
特性 いかく
いかりのつぼ
グループ りくじょう 夢特性 はんすう
孵化歩数 20サイクル 捕捉率 45
世代 第9世代 努力値 さ+2
進化 進化しない
図鑑データ
パルデア #223 図鑑の色 不明
No.128
ケンタロス
あばれうしポケモン
タイプ かくとう
たかさ 1.4m
おもさ 115.0kg 
々の 体で 格闘戦が 得意。短い ツノで 急所を 狙う。
種族値 合計490






75 110 105 30 70 100

ドット絵

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/08(水) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/08(水) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP