今注目のニュース
全国で人口減少も...福岡市は「毎年1万人増」 一極集中に拍車、税収も大幅アップ
「手品先輩」第3話先行カット公開 和服を着たりまた出産したり
もし「同性愛」と「異性愛」が逆だったら? 概念を逆転させた漫画が考えさせられる

ボンバーマンジェッターズ単語

ボンバーマンジェッターズ

掲示板をみる(198)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ネタバレ注意

シロボン、この記事にはネタバレが含まれているから、気をつけて読むんだよ

わかったよにいちゃん!

ボンバーマンジェッターズとは、2002年10月2日から2003年9月24日までテレビ東京系で放送されていた、ボンバーマンを元にしたテレビアニメである。

概要

主人公ボンバーマン爆弾を武器に戦う」という事以外は従来の『ボンバーマンシリーズとは大きく異なるボンバーマンアニメーションは全52話。

子供に見せたい作品」というコンセプトを貫き通した作品としてファンから評価されている。特に死についてしっかりと描いているところが多く、「まさかボンバーマンでここまで描くとは」というギャップ込みで評価が高い。

シリアスな作品背景を置いてはいるものの基本はギャグアニメである。ギャグの内容自体も回を重ねるごとにどんどんキレを増していくため、その点も評価されている。「アインボン!」などのギャグ回も大変評価が高い。

しかし前半のスローな展開、子供向けというにはタイアップ面がお粗末な商業展開など、大衆的な人気は薄く、メイン子供層にも浸透していたとは言いがたく、知名度もあまり高くない。

また、金田朋子の演技を見せてくれた作品でもある。まだ声優として経験豊富とはいえない頃の金田だったが、本作では未熟だったシロボンと一緒に物凄い成長を見せている。1クールと最終クールを聴きべれば、まったくの出し方が変わっているのがわかる。

アメリカザリガニの二人は芸人声優というアニヲタからは嫌われる肩書きの持ちだが、本作では悪評は聞かない。作中で役を演じつつ本業の漫才を披露しているエピソードもある。その後アメリカザリガニの二人はシロボン役の金田朋子インターネットラジオで共演している。が、彼女破天荒っぷりにを投げてしまっている。

現在DVDは絶版状態で再販の予定はない、その為値打ちが定価よりも高くなっている。熱心なファンの活動により現在ブルーレイボックス化の嘆願活動が行われている。興味があれば是非。

長い時を経て、ついにBD-BOX化決定!!

よく爆外伝較されてしまうが、どちらも名作なので好き嫌いせずに両方見て欲しい。

分類するなら「爆外伝は熱い話、ジェッターズは泣ける話」

主題歌

第一期オープニングテーマ
は崖っぷち作詞すわひでお/作曲古川竜也/編曲古川竜也/唄:すわひでお
子供向けの曲に見えるがサビの『大人になっても忘れない』という部分が物語を見ている内にどれだけ重要なメッセージだったか分かる。
一番歌詞ボン視点、二番歌詞のマイティ視点

第二期オープニングテーマ
ホップ! スキップ! ジャンプ!(作詞すわひでお/作曲片岡嗣実/編曲古川竜也/唄:すわひでお
前期OPとは対照的にメッセージ性の高い歌詞になっている。特に二番のマイティ視点歌詞は逸材。
42話と遅い時期に初披露。これは41話でゼロの正体について明らかになる為の配慮だと思われる。

第一期エンディングテーマ
小さな頃の小さな記憶(作詞松本あすか/作曲丸山和範/編曲:井内正博/唄:松本あすか

第二期エンディングテーマ
love letter作詞ふじのマナミ/作曲片岡嗣実/編曲片岡嗣実/唄:パーキッツ

アバウトな登場人物紹介

ジェッターズ

ヒゲヒゲ団

MAシリーズ

ボンバー人

ボンバーマン四天王

ジョー合体ボンバーマン製造マシンキャラボンボム合体させて作り上げた特殊な合体ボンバーマン
ジョーを「ムジョー様」と慕い崇拝している。

その他

関連動画

関連生放送

前述のBDBOX化を記念して2015年11月に13話まで放送される。

関連静画


関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/16(火) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP