ラッキーライラック 単語

46件

ラッキーライラック

2.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ラッキーライラックとは、2015年産の日本競走馬である。栗毛
2017年阪神ジュベナイルフィリーズエリザベス女王杯連覇、2020年大阪杯を制した。
たまに「ラララ」と略されることがあるが、「ラララ」という名前競走馬はすでにいた(2011年産、未勝利)。

な勝ち
2017年:阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)、アルテミスステークス(GIII)
2018年:チューリップ賞(GII)
2019年:エリザベス女王杯(GI)
2020年:大阪杯(GI)、エリザベス女王杯(GI)

概要

オルフェーヴルライラックアンドレース・Flower Alleyという血統。クラシック三冠凱旋門賞2着2回・米国G1で近にはアエロリットミッキーアイルなどがいるなかなかの血統。東の松永幹夫厩舎所属。

ラララ歌うよ紫丁香花

2歳~3歳:2歳女王の栄光と挫折

関東中堅騎手石橋脩を背に新馬戦と同じ新潟マイルで勝ち上がり、2戦G3アルテミスSは先行抜け出して勝利。暮れの阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)は中団から差し込んで初G1勝ち。翌年のチューリップ賞(GII)もめ先頭で後続を突き放して勝つ王者の競馬

順調かつ危なげのない競馬王道路線を歩み、桜花賞(GI)でも当然の1番人気。内を利して堂々抜け出しを図り、敗の桜花賞が誕生かと思われた。――アーモンドアイさえいなければ。

捲土重来を期した2冠オークス(GI)ではアーモンドアイに及ばないどころか3度降したリリーノーブルにさえ先着を許す。を越した秋華賞(GI)は調整の頓挫と戦の落乗り替わりで全く良いところなく大敗し3歳の戦績はすぼみで終わってしまう。

上記のクラシック残り二つを制したのはいずれもアーモンドアイ。2歳女王として期待を受けた彼女には常に後のGⅠ9勝が立ちはだかるという苦難の3歳シーズンとなった。むむむ

4歳:1年8カ月のトンネルを抜けて

立て直して再起した翌4歳初戦の中山記念(GII)では中山巧者ウインブライトとクビ差2着し復調を見せる。しかし断然の1番人気で迎えた阪神牝馬S(GII)は群でもがき惨敗、続く2戦ヴィクトリアマイル(GI)と府中牝馬S(GII)は厳しいペースの先行策で終い苦しくなり敗戦。ゆい結果が続いたことで乗り替わりとなり、かつてとともに凱旋門賞を戦ったC.スミヨン上に据える。

3番人気で臨んだの大一番エリザベス女王杯(GI)は、前年度覇者リスグラシューコックスプレートに、宿敵のアーモンドアイ天皇賞(秋)に挑んだため不在となるが、それでも後に最強世代と言われるラヴズオンリーユークロノジェネシス女王2頭に、2年連続2着のクロコスミアが出走するなど錚々たるメンバーレースとなる。スローペースの中団で折り合い他の有が4から捲って外進出するなか京都外回りのラチ沿いをロスなく立ち回り、逃げ込みを狙ったクロコスミアを捉え惜敗続きにピリオドを打った。

当時実況を担当した関西テレビ岡安譲アナウンサーも「2歳女王が甦る!2歳女王が甦る!」とラッキーライラックの復活勝利を讃え、ここに堂々の復活を果たしたのである。この実況2012年宝塚記念にて「三冠馬復活する!三冠馬復活する!」の実況と共に勝利を果たしたオルフェーヴル思い出したファンも多いだろう。

この年の最後のレースには香港ヴァーズ(沙田2400m・GI)を選択した。やや後方からの競馬になったが直線で伸びグローリーヴェイズからは離される形にはなったが香港Exultantは交わし2着を確保した。

5歳:九冠牝馬と共に

2020年になった初戦は中山記念(GII)からM.デムーロに乗り替わって始動したが直線でめに抜け出したダノンキングリーを捕らえることができず2着に敗れた。

迎えた大阪杯(GI)では好スタートを見せると3番手につけ、直線で間を割って抜け出し、さらに追撃するクロノジェネシスを振り切ってGI3勝を挙げた。

宝塚記念(GI)では5番手から最終コーナーで仕掛けたが、同じく最終コーナーで仕掛けたクロノジェネシスに抜け出され、また後続のキセキなどにも追い抜かれ6着に沈んだ。

札幌記念(GII)では1番人気に支持されることとなった。好スタートを見せ2番手の好位置でレースする展開となったが、直線での反応が悪く、ノームコアペルシアンナイトの2頭のG1に差され3着に敗れた。

エリザベス女王杯(GI)。京都競馬場が工事のために阪神で開催。去年に続いての出走で1番人気に推されるも3.3倍の評価。しかし、先週史上初のG1八冠を達成したアーモンドアイ上:クリストフ・ルメールを背に最後の直線ではなりのまま持っていき、最後は詰められるもクビ差で勝利連覇達成GI4勝

エリザベス女王杯の連覇は史上4頭阪神競馬場の別々のG1を3勝したのは史上初となった。

有馬記念(GI)に出走。初めて福永祐一が手綱をとったが、先頭集団から2身半離れた4着に終わる。距離2500mは少し長すぎたようだ。予定通りこのレースを最後に引退ノーザンファームで繁殖牝馬となる。

ラッキーライラックが大阪杯エリ女を勝った2020年、3歳時代にとして君臨したアーモンドアイは同年のヴィクトリアマイル天皇賞(秋)ジャパンカップを勝ちGⅠ9勝というを打ち立てた。どうしても彼女の大記録に隠れがちな現役生活を送ったが、オルフェーヴルの代表産駒として十分な実績を残した現役生活と言えるだろう。立を産み、今後デビューするであろう産駒アーモンドアイに負けないような将来を期待したい。

血統表

オルフェーヴル
2008 栗毛
ステイゴールド
1994 黒鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ *ディクタス
ダイナサッシュ
オリエンタルアート
1997 栗毛
メジロマックイーン メジロティターン
メジロオーロラ
エレクトロアート *ノーザンテースト
*グランマスティーブンス
*ライラックアンドレース
2008 栗毛
FNo.6-a
Flower Alley
2002 栗毛
Distorted Humor *フォーティナイナー
Danzig's Beauty
*プリンセスオリビア Lycius
Dance Image
Refinement
1994 鹿毛
Seattle Slew Bold Reasoning
My Charmer
*ステラマドリッド Alydar
My Juliet

クロスノーザンテースト 4×5、Mr. Prospector 5×5

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
音街ウナ[単語]

提供: くろうさぎ

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/13(土) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/13(土) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP