完璧で究極のゲッター 単語

476件

カンペキデキュウキョクノゲッター

1.0万文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

完璧で究極のゲッターとは、『【推しの子】真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』の主題歌である。

itsidol

今週のおすすめ この記事は2023年ネット流行語100ニコニコ賞」を受賞されました!
よりニコニコできるような記事に編集していきましょう。

概要

2つのアニメソングアイドル』と『STORM』を組み合わせた動画の、サビ部分の歌詞

アイドル』は2023年4月12日リリースされたYOASOBIによる楽曲で、テレビアニメ【推しの子】』の主題歌

STORM』は2000年12月21日リリースされたJAM Projectによる楽曲で、OVA真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』の主題歌

この『アイドル』のサビ部分の歌詞もがを奪われていく 君は完璧で究極のアイドル」と『STORM』のサビ部分の歌詞熱き怒りのを抱いて 戦うために 飛び出せ ゲッター」のうち、「究極のアイドル」と「飛び出せゲッター」の部分のメロディが局所的に似ていた。

このことに気づいた人は『アイドル』がリリースされて間もないころから複数人いたようで、短文投稿コミュニケーションサイトTwitter」上では幾人かがこの点に言及している。

アイドル』はオフシャルミュージックビデオニコニコ動画にも投稿されているが、こちらの動画コメントでも2023年4月13日9時36分には「君は完璧で究極のアイドル」の歌詞が歌われる再生時間01:00時点に「ゲッター」というコメントコメ番68)が投稿されているのが確認できる。

さらに、2023年4月19日にはTwitter上に、アニメ【推しの子】』の映像背景に『アイドル』のサビを「君は完璧で究極の」まで流し、そこで突然ゲッター」と『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』の映像背景とした『STORM』に切り替わる……という動画(いわゆる「MAD動画」)が投稿され、注を集めた。ちなみに、この動画では『STORM』の再生速度を『アイドル』に合わせる程度に速めている。

このMAD動画か、2023年4月19日以後は上記の『アイドルオフシャルミュージックビデオや、またアニメ【推しの子】』各話のオープニング映像でも、「もがを奪われていく 君は完璧で究極のアイドル」の箇所で「ゲッター!」というコメントが多く書き込まれるようになった。

ニコニコ動画にもこの手法を真似たと思われるMAD動画2023年4月26日投稿されている(アニメ【推しの子】』部分の動画が異なるなどの点があるため、上記のTwitter動画のそのまま転載というわけではないようだ)。

こちらの動画ニコニコ動画で注再生数を集め、集計期間2023年4月24日0時5月1日0時週刊ニコニコランキングでは、1位の上記『アイドルオフシャルミュージックビデオに次ぐ2位と、ワンツーフィニッシュを決めた。


(当該部分は再生時間12:01~12:39)

そして、投稿から10日足らずの5月5日100万再生を達成。翌日にはニコニコ運営代表である栗田穣崇氏も、この100万再生達成や職人によるコメントアートについて自らのTwitterにて反応した(なおこれ以前にも氏は、このネタに反応するツイートを数回行っている)。そして、投稿4週間後には200万再生に到達。

 

なお、逆に『STORM』→『アイドル』の順につなげて「熱き怒りのを抱いて 戦うために 飛び出せ アイドル」とすることもできる。

また、『STORM』には「熱き怒りのを抱いて 戦うために 飛び出せ ゲッター」と同じメロディで流れる「燃ゆる命のを胸に 戦うときだ 叫ぶぜ ゲッター」「き血潮がしくうねる 正義疾風(かぜ)が 荒れるぜ ゲッター」といった歌詞もある。こちらとつなげて「戦うときだ 叫ぶぜ アイドル」「正義疾風(かぜ)が 荒れるぜ アイドル」とすることもできる。

さらに、『アイドル』の方にも「もがを奪われていく 君は完璧で究極のアイドル」と同じメロディで流れる「もが信じ崇めてる まさに最強無敵アイドル」「いつかきっと全部手に入れる 私はそう欲りなアイドル」という歌詞もあるので、こちらとつなげて「最強無敵ゲッター」「りなゲッター」とすることもできる。

STORM』には、2021年に放映されたテレビアニメゲッターロボ アーク』のために作られた『STORM 2021』というリアレンジバージョンがあるが、こちらと『アイドル』をマッシュアップした動画や、

そのマッシュアップ楽曲を用いて編集をブラッシュアップしたMAD動画なども投稿された。

そのほか、「歌ってみた動画や、

音声合成ソフトに「歌わせてみた動画

演奏者による「演奏してみた動画投稿され

遂には「英語版」が出回ったりしている。ゲッターが(日本語)据え置きはご敬。

その後さらに歌唱合成ソフトSynthesizerV SOLARIAカバーによる英語版投稿された。

因みに【推しの子】テーマの一つが『』であるのは言うまでもないが、「真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ」に登場するネオゲッターロボは「ゲッター」の名を冠しながらゲッター線を搭載していない『虚構()』のゲッターロボである。

この2つが選ばれたのは、当然の導きだったと言えよう。

各所界隈での反応

これらの各種動画投稿され注を集めたのが2023年GWゴールデンウィーク)直前~最中だった為に、ファンの間では頭文字をもじって「GWゲッターウィーク)」などと表現する人もいた。

 

これらの動画には「もが(と)を奪われてく」「【申し子】」「G小町」といった両作品のネタを混ぜ合わせたようなコメントも書き込まれている。

また、「実際は推しの子本編にはあんまりゲッター出てこないぞ」などといった忠告もなされているようだ。

 

なお、ゲッターロボシリーズとは関係ない『【推しの子】』関連の場や、逆に『【推しの子】』とは関係がないゲッターロボシリーズの場にこのネタを持ち込むことは不快に思う人もいるため、扱いには注意されたい。

 

余談だが、ゲッターロボシリーズファンの人に「ところで、完璧で究極のゲッターってどれ?」と問うと、「ゲッターエンペラーではないか」「いや、ゲッペラーはあれでも進化の途上にあるという設定だったはず」「現時点で完成形でなくても、止まらぬ進化をし続ける存在ならばその意味で『完璧で究極』と表現してもいいのでは」などという考察が始まったりもするようだ。

 

さらに余談だが、Twitterでは「この動画をきっかけに『【推しの子】』を観始めた(アニメ版) / 読み始めた(原作漫画)」という、また逆に「この動画をきっかけにゲッター興味を持った」という、双方が聞こえてくるようだ。

  

2023年5月4日には、YOASOBI公式Twitterアカウントがこのネタについて触れた。

経緯としては、同日お台場で行われていたイベントフェス 2023 Theカーニバル TOKYO」のステージにて、踊り手DJイベントプランナーである「ただのん」が『アイドル』の「完璧で究極の」の部分から『STORM』の「ゲッター」につなげ、このネタ再現した(ちなみに、満足するまで流したあとは『アイドル』に戻したとのこと)。

そして、そのステージ上にはアニソンダンスフォーマーグループ「REAL AKIBA BOYZ」のメンバー」も居あわせていた。も含めた「REAL AKIBA BOYZ」の中の数名が、同じステージイベントに出演していたのである。そしてはこの様子を動画で撮し、「究極のゲッター!!!!!! #フェス」という文章を添えて自らのTwitterアカウントでツイートしたexit

そして「REAL AKIBA BOYZ」は『アイドル』の楽曲内に「オイ!」のコーラス担当として参加している、いわば関係者であった。その関係でYOASOBI公式がこのツイート把握したようで、「🤖」(ロボットの顔の絵文字一文字を添えてのそのツイート引用リツイートしたのであった。

ちなみにその「ただのん」も、アニクラで\ゲッター!/って叫ぶのはありだけどYOASOBIのライブでやるのは違う」という意見を語るツイートexitリツイートしつつこれは本当にそうだと思う>RT」ともツイートしているexit空気は読もう。

また、「STORM」のボーカルを担当したのは『アニソン帝王水木一郎アニキである。
が、彼は2022年12月6日をもって既に天国へコンサートしに行った男であり、アニメ【推しの子】星野アイもまた々に天国へコンサートしに行った女となる衝撃の展開に驚く中、悲しみに暮れるファンが続出。

AXNOS Paintにたいするスレ>>802

そんな中、投稿されたのは「まさに最強無敵のゲッター動画であった。

水木一郎アニキそっくりの唄で知られる影山一郎氏も参戦。

そして遂に満を持してコチラでもこの話題に触れた。

 

STORM』に興味を持って音楽サブスクリプション配信サービスで聴いてみようとする人も急増したようで、2023年5月8日にはサブスク配信サービスの最大手のひとつ「Spotify」の日本におけるバイラルTOP50ランキング内に『STORM 2021』(『STORM』のJAM PROJECTによる2021年セルフカバー版)が登場するという現も起きた。オリジナルの『STORM』は当時まだサブスク配信されていなかったためこちらのランキングが上昇したものと思われる。

さらに、「オリコンミュージックストア」の総合シングルダウンロードランキング2023年5月23日集計のデイリーランキング)で『STORM』が第1位を獲得するという、20年以上前にリリースされた楽曲と思えないような現も起きた。これに対してJAM Projectの公式Twitterアカウントは「この際にぜひ まさに 完璧で究極な(!?)1曲をお聞きください✨」とツイートしている。

そのまま、同ランキング2023年5月24日~30日のウィークリーランキングでも『STORM』が第1位を獲得(ちなみに2位は『アイドル』)。水木一郎公式Twitterアカウントでもそのことをツイートし、「2000年アニキがJAM Projectとして最初にリリースしたのが「STORM」。アニキにとっても大切な1曲なだけに、格別な思いがあります。」とった。

さらに、2023年7月3日には水木一郎公式Twitterアカウントより「今、再び注を浴びている『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』OP&EDテーマSTORM」と「RISING」が、ついにサブスク解禁されました!」とのアナウンスが行われた。

そして、さる2023年8月12日から13日開催された「コミックマーケット102」。
そんな旬な流行を彼らが見逃すはずももなく…

違う、そうじゃない

どういうことだ!説明しろジジイ!!

案の定と言うべきか、ニコニコでも取り上げらる事態となった

また、10月より「真ゲッターロボ 世界最後の日」25周年記念展が中野ブロードウェイにて行われているが、その中の特別企画として同作登場のゲッターロボを対象とした「パーフェクトでアルティメットなゲッター選挙」が開幕。exit直訳すると全に狙っているのは明らかである。

さらに12月14日にはCHUNITHMに「アイドル」と「STORM」が同時実装されたが、この両曲で2人以上で店内マッチングしてFULL CHAINを達成することで、称号「君は完璧で究極のゲッター」を取得できる。

ニコニコでは

そんな中、2023年5月21日には、ニコニコ生放送にて17時15分から『【推しの子】』の1~6話振り返り上映会が行われ、さらに22:40から『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』が全4話一挙放送が行われた。

ニコニコ生放送公式が「完璧で究極のゲッター」となった間である。ユーフォが間に挟まれるのはご

そして、さる6月6日ニコニコ大百科では今週のオススメ(扉絵ピコカキコ、記事)が更新

オススメ記事は別物だった為惜しくも三冠ならず、公式(ニコニコ大百科)がゲッター線に取り込まれた間であった。

時は流れ、2023年11月22日SNS流行語大賞2023」こそノミネート入りを逃すも俺らにとって本命の2023年の「ネット流行語100」』へのノミネート入りを果たす。

それを記念して2023年11月22日より百チャレ】『ネット流行語100 2023の上位100』記事を作ろうが開催(~2023年12月20日)。

そして、同年12月13日にて年間大賞発表。ネット流行語大賞受賞を【推しの子】exitに譲る2位となったものの、「ニコニコ賞」部門で見事一位での受賞となった。

それを記念してか、年末年始ををニコニコ無料一挙放送で再び完璧で究極のゲッター上映会が決定。


年が明けて2024年には、「【百チャレ】書きコ初め!みんなで2024年に向けてお絵カキコを描いてみよう」にて昨年末に描き納めされたイラスト今週の扉絵に選ばれることとなった。

【推しの子】に興味を持った人へ

この楽曲『アイドル』の歌詞、特に後半は、『【推しの子】』の漫画1巻、そしてそれを原作としたアニメ第1話と強くリンクしている。

よって少しでも興味を持った人は、まずはアニメ版1話を視聴するとよいかもしれない。

この1話は通常のテレビアニメ3話分ほどの時間(82分)があり、映画1本分ほどの長さ。実際にアニメ放映開始前に劇場でこの1話のみが単独先行開されたりしており、この1話のみでも2話以後へのプロローグとしてまとまっておりクオリティが高い。「まずはこの1話のみ視聴してから自分に合うか判断する」のは悪くない選択肢かと思われる。

ちなみに歌詞のもう半分である前半は、『【推しの子】』の原作赤坂アカが書き下ろした短編小説『45510』とリンクしている。この小説を読むと「最強無敵アイドル」というフレーズには、明るい意味だけではなくんだ意味も含まれていることがわかり、歌詞の理解の解像度が深まるのでこちらもお勧め。

ゲッターロボシリーズに興味を持った人へ

一方、原作漫画アニメ版しかない『【推しの子】』にべてゲッターロボシリーズは作品が多いのでどれから触れればよいのか迷うわけだ。

なのでゲッターロボシリーズファンの意見を聞いてみよう。

うん……うん?

とりあえず各方面からの意見をまとめると、アニメ版では以下4作品を勧めるがあるよう。

なお、これら4作品はそれぞれ別の設定の話で「どれかがどれかの続き」ではないのでどの作品から観てもよい。また4作品いずれも旧作テレビアニメシリーズゲッターロボ』『ゲッターロボG』『ゲッターロボ號』ではなく、設定が大きく異なる石川賢による漫画版(いわゆる「ゲッターロボサーガ」)の方をベースにしているので、「先に旧作テレビアニメシリーズを観ていないと理解できない」といったこともない。

なお、4作品はいずれもニコニコ動画公式チャンネル動画として視聴できる(ただし全話、または2話以後が有料配信)。

また旧作テレビシリーズニコニコ動画公式チャンネルがないが、額550円(※2023年5月現在)で見放題の有料サービスdアニメストア ニコニコ支店」にて配信されている(そのほかAmazon Prime Videoバンダイチャンネルニコニコ支店ではない本家dアニメストアなどでも配信あり)。

実はこちらでもOVA三部作や『ゲッターロボ アーク』も配信されているので、上記の公式チャンネル有料動画に別々に支払って観るよりも「dアニメストア ニコニコ支店」を利用して定額見放題で観た方が、額的にはかなりお得だったりする。

石川賢による漫画版(ゲッターロボ・サーガ)を読んでみたい方は、「場所を取らず、購入しに足を運んだり配達してもらったりする手間もかからない」という利点がある電子書籍がまずは手軽でお勧め。

ただし数ある電子書籍サイトの中でこの漫画版を扱っているところは意外と少なく、2023年5月現在では「ebookjapan」と「コミックシーモア」の2カ所のみか。

漫画版の発表順に読むならば「ゲッターロボ」「ゲッターロボG」「ゲッターロボ號」「真ゲッターロボ」「ゲッターロボ アーク」の順。作中の時系列的には「」と「」の順番が逆。これは「」がそれまで描かれていなかった「」より過去空白部分を明かす話として後から執筆されたため。

ピコカキコ

21734
君は完璧で究極のゲッター

関連動画


G小町

ニコニコに投稿された最古の動画

週間ゲッターランキンク

亜種

完璧で究極のゲッターな生放送

関連静画・イラスト

関連商品

関連チャンネル

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP