玩具で世界征服単語

オモチャデセカイセイフク

  • 18
  • 0
掲示板をみる(185)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(18)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

玩具で世界征服とは、コロコロ漫画やいわゆる販促アニメではよくあることである。

概要

玩具で世界征服に使われるのは、こちらの世界玩具に似た明らかパワーアップされた別物の玩具である。そしてこれらを使って世界征服を企む悪の組織の人々は大ハイテンション羞恥心欠片もなく玩具を使用し、作中内全てのキャラクターが一切つっこまない。ここから生した物に「スポーツ世界征服」や「玩具で人類滅亡」などがある。

大真面目ぶった解説

非常口? 以下の記述には筆者の主観や偏った知識による独自研究が含まれています。
だからといってこのような研究が大学や研究所から発表されているかと言えば
そんな前例はなく、今はこのようにまとめざるを得ませんでした。
ドラえもん学」のような研究があるくらいなので、今後「玩具で世界征服学」のような
研究が行われ世に発表されるようになることを願ってこの版を執筆します。

この課題について論じるにあたって、まずは「ゲームセンターあらし」(1978~1983年コロコロコミック他)について解説せねばなるまい。いわゆる玩具促進漫画の部類に入る漫画が、どう考えても現実に実行できない・原理説明そっちのけな秘技を連発し、それが魅となり大変に人気が出た作品である。Wikipediaにも

月刊コロコロコミック』が、『ドラえもん』を核とした雑誌から、現在少年向け対決物路線に軸足を移していく筋を付けた作品の一つである。


とさえ書かれているほどである。
ゲームセンターあらし」によってファンタスティックすぎる技確立されてその10年後に連載が始まった「爆走兄弟レッツ&ゴー!! 」(19941999年コロコロコミック)では対戦相手のマシンを破壊する悪役が登場。ミニ四駆トゲつきローラーを装備したり重みで相手のマシンを押しつぶす等、レギュレーション違反気でこなす姿はまさしく悪役そのものであり、それまでのいい子vsいい子の範疇に収まっていた玩具対決漫画に一石を投じたのである。
このような「ファンタスティックすぎる技」と「相手の玩具※当然劇中では玩具とは表現しない。この場合、最高の呼び方は相棒である気で破壊する悪の操作」の存在が下地となり、現在では玩具を使って世界征服を企んでみたりする悪党が絶えず現れ続けるようになったのである。

困ったことに、世間的にこの2大イメージが先行してしまったために玩具漫画が例外なく世界征服物であると誤解を受けている節がある。字義通り解釈すれば、実際に玩具世界征服に使用された例はほんのわずかにすぎない。意外かもしれないが、「玩具の研究成果を利用して世界征服」という間接的に利用した例のほうが多いのである。まぁそれを”玩具で世界征服”に含めてもいいんじゃね?という反論はあるかもしれないが…。先述の「爆走兄弟レッツ&ゴー!! 」に登場した大神博士は今の多くの20代が印に留めているキャラだが、彼の的はあくまでバトルレース至上義のであり世界征服論んでいない(それはそれで大の大人としてどうかという気もしないではないが、とにかく世界征服とは関係ない)。

ごくまれに、メダロット(異人との交流)やエンジェリックレイヤー(義肢の開発)など、ポジティブ的を持って玩具が展開されることがあるが、そういったものであっても一部のキャラによって悪用される運命にある。そうじゃなきゃ漫画が盛り上がらないし…。

玩具を利用して悪事を働いた人々

世界征服に使われたことのある玩具

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/01(日) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/01(日) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP