今注目のニュース
カプコン、格闘ゲーム大会でのレバーレスコントローラー「ヒットボックス」使用禁止の意向か
謎の芸術家バンクシーが今度はベネチアに出現!? 警察に怒られ強制退去
オードリー・若林、スキャンダルの春日にガチギレ? 「この先のこと考えてたのよ」

鎌池和馬単語

カマチカズマ

掲示板をみる(532)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

鎌池和馬とは、日本ライトノベル作家である。

代表的な著書に『とある魔術の禁書目録』『ヘヴィーオブジェクト』『インテリビレッジの座敷童』『未踏召喚://ブラッドサイン』などがあり、長篇シリーズを並行して執筆している。

概要

第9回電撃ゲーム小説大賞に「シュレディンガーの」を投稿するも、三次選考で落選。
しかしその小説が編集のにとまり、以後一年ほどの修業を経て2004年に『とある魔術の禁書目録』でデビューする。

ファンからの称は『かまちー』
作者本人のメディアへの露出が少ないため、読者の間では正体は「北欧金髪美少女女子高生インフルエンザウイルス」と言うのが冗談めかして通説となっている。

小説を書くのが趣味言しており、言葉通り執筆に関する意欲は高く、大変な速筆である。
「作品書く息抜きに短編一本書きあげた」「プロットかと思って印刷したら完成された原稿だった」「編を依頼したら文庫本一冊分になって返って来た」など、その執筆スタイルにおける伝説が数多い。事実
ただ編集のチェックが追いつかないこともあるようで、作中において誤字脱字が非常に多いことでも知られる。

2015年から遂に「刊行プロジェクト」を決行。一体どこまで続いてしまうのか…。
  →2017年1月にて、についに刊行が途切れる。2014年12月から数えて、都合2年刊行し続けてた事となった。

デビュー作『とある魔術の禁書目録』はアニメ化漫画化など様々なメディアミックスを果たし、ついには劇場版化。
次作『ヘヴィーオブジェクト』もアニメ化されている。

作品

長篇シリーズ

とある魔術の禁書目録
科学魔術が交差するとき、物語は始まる──。
作者デビュー作。超能力魔術が入り混じるバトル系の作品。全22巻+SS2巻+SP1巻。
初期は主人公上条当麻視点で騒動を解決していく作品だったが、中盤からキャラクターの増加と視点移動がしくなり、最終的に主人公も3人まで増え、益々群像劇っぽい構成になる。
パワーインフレが凄まじいと思われがちだが、実は6,7巻辺りからしばらくデフレしていたスレイヤーズ形式の作品。最終章に入るまでは初期の方が強かった、というのは読者の中で定説。
なお、続編の「新約」との区別のために読者の間では「旧約」と呼ばれる事が多い。
新約 とある魔術の禁書目録
禁書録で大きな節となったエピソードが終わったため、一度巻数をリセットして題した作品。パワーインフレが凄まじいのはこちら。禁書の「お約束」を作者自ら皮り、全でぶち壊しにかかっているのが特徴。だからこそ主人公イジメ抜いた末に待つ展開からが本番だと言える。具体的には新約9巻辺り。
ヘヴィーオブジェクト
生身で戦う主人公達が巨大兵器オブジェクト」を破壊していく近未来アクション
作品の傾向としてはバディ要素が強く、主人公クウェンサーとその相棒ヘイヴィアが勇猛果敢に巨大兵器に立ち向かっていく。劣勢からの熱い逆転劇、下ネタバカな会話、ブラックな表現が魅
短編形式だが大ストーリーは1巻丸々使用して完結する。また、「1巻がスターターパック、それ以降はブースターパック」と作者っているように、設定や登場人物が次巻に引き継がれないのも特徴の一つ。
上記の理由からナンバリングいためどれから読めばいいか分からなくなるかも知れないが、とりあえず刊行順に追っていけば問題ない。
インテリビレッジの座敷童
テクノビレッジの座敷童(電撃MAGAZINE掲載の小説)を文庫化する際に変した作品。全9巻。
ハイテク化した田舎で展開する妖怪人間オカルトコメディ…と謳っているが、実態は人がよく死ぬシリアス系の作品。どちらかというと前作ヘヴィーオブジェクトの方がまだコメディには近かったかもしれない。
基本的には「陣内パート」「内幕パート」「菱パート」に分かれて展開していく。一人称視点だが三人称視点もある。
鎌池和馬初の長編完結作品。
また、池作品では一番最初に主人公メインヒロインが結ばれた長編シリーズでもある。
未踏召喚://ブラッドサイン
鎌池和馬10周年企画の第3弾で発表されたシリーズ。召喚を題材にした作品で、「禁書録と対をなす正統派シリーズ」と紹介されている。
メインヒロイン格(いわくラスボス)の「女王」は、著者のメインヒロイン格にはしく絶対的な強さと強な個性を持ち、圧倒的な存在感を以て読者の心を掴んだ。また、主人公も著者の作品の主人公にしてはしく最強クラスの設定なのだが、あまりそれを感じさせないのは女王のせいだろうか。
序盤から複雑な設定が付きうが、親切にも章のストーリー展開と設定がめられたページがある。
最強をこじらせたレベルカンストベアトリーチェの弱点 その名は「ぶーぶー」
タイトルがとても長い。インテリビレッジの座敷童イラストを担当したが挿絵を描いている。ゲームに理解ができ、でも自由に行き来出来る異世界グランズニール』が舞台であり、炎魔法しか使えないベアトリーチェ彼女が昔結婚約束したぶーぶーがメインであり、その一人と一匹を取り巻く者たちの話である。

その他

とあるシリーズ外伝とある科学の超電磁砲』『とある科学の一方通行』にプロット提供している。

上記の他には『ヴァルトラウテさんの婚活事情』『簡単な~シリーズ』が刊行済み。『殺人妃とディープエンド』『殺人器とネバーエンド』は未単行本化。
小説とある魔術のヘヴィーな座敷童が簡単な殺人妃の婚活事情』は著者の作品同士のクロスオーバーであり、『ヴァルトラウテさん』の世界観を舞台として物語が繰り広げられる(タイトルにはいが、未ブラも参戦済みである)。

また、公式Webサイトにて『吸血鬼ゾンビが割りとガチで掴み合っているけどどうしましょう……ヴァーチャルでだけど』が掲載中。
続編である『吸血鬼ゾンビが輪に入りたそうなでこっち見ているけどどうしましょう……リアルでだけど』、『吸血鬼ゾンビよりガチでスゴいのが出てきましたけどどうしましょう……今度はどっちだ?』も同じく掲載中である。

2018年9月末からは、電撃文庫カクヨムにて新たに『マギステルス・バッドトリップ』の連載を開始した。一体いくつ作品を書くつもりだ。こちらはいわゆるマネーゲームモノである。

作風

は作品ごとに異なるので一概に言いきれないが、新刊が出る度にキャラを増やしてそれを基点にストーリーを書いていく手法をよく採用する。
特に『とあるシリーズ』は一体何人いるのか、読者ですら把握しきれないほど多い。

彼の作品の特徴には以下のようなものがある

同じ電撃文庫作家である成田良悟氏いわく、(読者をひきつける要素を攻撃、設定の緻密さや矛盾さと言う隙の少なさを作家の防御と置いた上で)「攻撃252で防御0」と評している。彼から見ると攻撃に偏ったパラメータなんだとか。
というか、防御0と言うのは作家としていろいろと致命的な気がしなくもないが・・・

小説以外でもゲーム拡散性ミリオンアーサー』『技巧と11人の破壊者』のシナリオ担当でゲーム制作に携わるなど創作活動の幅は広く、今後も多くの新作を出していくことが予想されている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/05/26(日) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/26(日) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP