ジェネシック・ガオガイガー単語

ジェネシックガオガイガー
8.1千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

君たちに、最新情報開しよう!


が名はG(ジェネシック)』

 

それは、最強破壊神…。

それは、勇気の究極なる姿…。

々が辿り着いた、大いなる遺産…。

 

その名は…
勇者王…ジェネシック・ガオガイガー!!

 

ジェネシック・ガオガイガー

 

ジェネシック・ガオガイガーとは、
OVA勇者王ガオガイガーFINAL」に登場したジェネシックメカノイドであり、究極の破壊神である。

 概要

勇者王ガオガイガーFINAL」第6話『が名はG(ジェネシック)』にて登場したジェネシックメカノイドで、ガオフイガーの後継機のように思えるがガイガー(ギャレオン)が本来のガオーマシン合体して、本来の姿に戻っただけである(しかし、登場順で言えばガオガイガースターガオガイガー→ガオフイガー→ジェネシック・ガオガイガーではあるが)。

その性ウルテクエンジン搭載後に強化されたガオガイガー全に上回り、攻撃面では圧倒的な破壊を誇るゴルディオンネイル、ジェネシックボルトウィルナイフ、ブロウクンマグナムを有し、防御面では圧倒的な堅固さを誇るプロテクトシェードやジェネシックアーマー、ジェネシックオーラを有する。そこに本当の勇気を身につけた凱が搭乗することで、まさに究極なる破壊神と呼ぶに相応しき機体となる。

公式データによれば単純出でもガオファイガーexitジェネシックexitでは5倍以上もの差があるとのことである。ただしジェネシックは交戦相手が相性的には絶対的な優位性のあるソール11遊星であったことや、
GSライド自体の勇気の有によって出が変動するという特徴からわかるとおり、
カタログスペックほど実際に使える出に差が出るかは定かではない。
ジェネシックオーラの有や武装面におけるスペックでは明確な差があるのだが……

特に注すべきは触れるもの全てをに変えるゴルディオクラッシャーである
(ただし、ジェネシック専用というわけではない)。
その驚異的な大きさと防御を一切無視した攻撃はほぼ全てをと化す。
このときの檜山氏の熱のこもったは見る者、聞く者全てを熱くさせる。
双方に圧倒的な性が備わり、尚且つ獅子王凱の勇気
勇者王ガオガイガーシリーズを通しても屈の性を誇る。

よく「ジェネシックガオガイガー」となっているが、公式には間に“・”が入るので注意。

再生の力を止めるもの…それは破壊の力

3重連太陽系が機界昇した際に、
導者カインは最後の希望を託し、ギャレオン地球へと送る。
そのギャレオンは、ゾンダー(原種)と対抗することが出来る情報サーキットであるGストーンと、
ゾンダー核を浄解して取り込まれた人間を救うことが出来るラティオ(=天海護)を地球に託したのだ。
しかしギャレオンは本来、ソール11遊星による3重連太陽系再生プログラムに対してのアンチプログラムであり、ゾンダーや原種との戦いでは本来の用途とは違う使い方をしていた。
戦いは終わり、地球立った護とギャレオンは、ソール11遊星が活動を開始していることを知る。
そして、動き出したソール11遊星と立ち向かうため、護はソルダートJと共に戦い、
そしてギャレオンはGクリスタルの中でジェネシックオーラを充填し、
そして勇気を持つもの…すなわち獅子王凱を待っていたのである。

ジェネシック・ガオガイガーは地球でのガオガイガーおよびガオフイガーの元になった機体であり、
本来のガオガイガーはジェネシックガイガーと五体のジェネシックマシンとが合体する、
この機体の事をす。
なので、TV版に出て来るガオガイガーはギャレオンの中に残されていたジェネシックマシンデータを元に製作された三機のガオーマシン合体している。
また、ジェネシック・ガオガイガーの尾部が変形するガジェットツールや手足のとなるゴルディオンネイル地球上の技術では小化することが不可能だったため、ガオガイガーハイパーツールとして製作されることとなる。

そのは、Gクリスタルにてジェネシックオーラを充填してこそ発揮され、そのエネルギー理論限。
再生」と「創造」を繰り返すソール11遊星に対し、
ジェネシック・ガオガイガーは「」の「破壊」で対抗するのだ。

ちなみに、ジェネシックはあくまで対遊星を想定して開発された機体であり、
突発的に誕生したゾンダーに対してはどれほど有効だったのかは不明となっており、
一部ではジェネシック状態ではゾンダー相手には致命的に相性が悪いという仮説[1]も立てられていたが、
後に脚本家より「そのような設定はない」と否定されている。

推測するにジェネシックはあまりに破壊が高く、
ゾンダー核どころかゾンダクリスタルごと破壊してしまうという欠点が存在するため
使われなかったというのが正しいだろう。
ゾンダクリスタルを破壊すればZマスターが出現することはくなるが、
ゾンダーを一斉停止させる術も失うため大量のゾンダーとの消耗戦を制する他なく、
幾らジェネシックと言えど戦局を好転させるのは難しい。

また対ゾンダーならともかく、本来想定されていない対原種ではキングジェイダーほど特化したを発揮できたかは怪しいところであり、実際ウルテクエンジン搭載前だったとはいえ、地球ガオガイガーはブロウクン・マグナムヘルアンド・ヘヴンでは原種のゾンダバリア抜くことができず、それどころか攻守の生命線である両手を逆に破壊され化されている。
また一般的なゾンダロボと原種では較にならないほどスペック差があるため、ジェネシックの出といえども対原種では優位に立てる保はない。
しかも単独の原種ならともかく、バリアを始めとした全が段違いに強化される合体原種やZマスターが相手となれば単機で撃破するのは困難だと推測される上、仮に撃破に成功してもコアごと破壊してしまう可性が高いという問題点はそのままである。

これらの事実から、ジェネシックマシン自体の完成や機界昇対策自体は間に合わせたものの、ジェネシックマシンに対機界昇用のデチューン修までする余裕がく、ジェネシックの戦線投入が出来ない状況に追い込まれてしまった可性が高い。
実際ファイナルでは、ギャレオンはGクリスタルによる調整を施されているのに対しジェネシックマシンを調整するシーンは一切く、ジェネシック本来の性を維持してることが伺える。

ジェネシック・ファイナルフュージョン

 ジェネシック・ガオガイガーは五機のジェネシックマシン合体する。
その合体のことをジェネシック・ファイナルフュージョンといい、
BGMは「ジェネシック・ファイナルフュージョン」で、
ファイナルフュージョン」のアレンジとなっている。

ロウクンガオーならびプロテクトガオーがライナーガオーの元になり、
スパイラルガオーならびにストレイトガオーがドリルガオーの元となり、
 ガジェットガオーがステルスガオーの元となっている。

パーソナルデータ

 完成勇者王ジェネシックガオガイガー 

 通称:『破壊神』『悪魔

 分類 Give me a break.Beyond human knowledge a word "GENESIC"
  訳)破壊をその手に。人知をえた言葉、ジェネシック

 形式 ジェネシックメカノイド
  全高 31.48m
  全長 34.68~45.48m(ガジェットフェザー収納時~最大展開時)
  全幅 37.48~64.08m(ガジェットフェザー収納時~最大展開時)
  総重量 684.68t 

 基本装備  

 ジェネシック・ガオガイガーで特筆すべきはその圧倒的な破壊にある。
 に、ガオガイガー必殺技ツールの原となった。

ジェネシック ヘル・アンド・ヘブン

ジェネシック・ガオガイガーの必殺技である。その破壊ガオガイガーではない。
正しくは「ヘルアンド・ヘブン・アンリテッド」である。

ガジェットツールグローブを装着し、左右の腕の「攻撃」と「防御」のエネルギー融合することにより、相手を拘束する電磁竜巻を発生させ、その勢いのまま突撃する技である。
勇気の感情から生まれる限波動ジェネシックオーラエネルギーとするジェネシック・ガオガイガーが放つ必殺技であり、その破壊勇気がある限り限に拡大するチート技。しかしその際に、マントルの中でも活動可で機体を常時保護しているジェネシックアーマーが一部消失する(そこをパルパレーパに狙われる)。

自身の攻撃の衝撃から身を守るためにガジェットツールグローブを装着。
右腕に『攻撃』左腕に『防御』のエネルギーを集中。
ちなみにこの技は『対全なる破壊』が的なので右腕、つまり『地獄』から発する。
これはガオフイガーが初使用した(キレた)時にも確認できる(そんなに護をころs・・・ゲフンゲフン)。
エネルギー融合、つまり両手を結合させた際に電磁竜巻を発生、相手を全に拘束し、突撃する。
この電磁竜巻ミラーコーティングでもしない限り外からは侵入できない。
……のはずだが電磁竜巻の強度はTV本編を見る限りそこまで拘束や強度は高くなく、
EI-15のようなスペックが同格の相手は全には拘束できず、
また機界31原種のように性自体が上だったり、素体が非常に強ゾンダーや機界新種の場合も拘束自体が期待できないため、強敵相手は拘束々より勇気で何とかするしかないというのが実情。
実際に同格レベルのガオフイガーやバルパレーパ・プラジュナーが拘束されたのは、
相手が万全でなかったゆえの副次効果である。とはいえジェネシックは突撃の威自体が大幅に向上しているので、拘束自体が効かなくともガオガイガーやガオフイガーよりは防御自体を抜ける可性は高い。
破壊の仕方としてはまず相手の装甲を粉砕、相手の体内(傷口)から両腕の限をえるエネルギーを開放し内部から全に破壊する非常にグロい技である。
その特性上、コア部位の保護・摘出は不可能であり、ギャレオンが対機界昇用に修される要因の一つであったと言える。

なお、最終的に放ったヘルアンド・ヘヴンは「ヘルアンド・ヘブン・ウィー」と呼ばれるものであり、ヘルアンド・ヘヴンであるといえる。また、この「ヘルアンド・ヘブン・ウィー」はレプリジンの護がスターガオガイガー(レプリギャレオン)で放ったものと同じである(ただし、このときはパスQマシンを使っており、実際の護には使えない)。

発動時BGMは「ジェネシック・ヘルアンドヘブン」で
ガオガイガー、ガオフイガーのヘルアンド・ヘブン発動時のBGMである
ヘルアンド・ヘブン」のアレンジである。 

ゴルディオンクラッシャー

ガオガイガーFINAL最終回でのみ用いられたGGG最強最後のツールで、
正式名称は「グラヴティショックウェーブ・ジェネレイティング・ディビジョンツールである。

GGGの新造ディビジョンフリードであるディビジョン艦、ヒルメ、タケハヤ、ツクヨミの三艦が合体して完成するツールであり、解りやすく言えば1kmのゴルディオンハンマー。ジェネシック・ガオガイガーが見えない位デカイ。更にエネルギーフィールドを展開したときの大きさは20kmをえる。

コネクターはもともとガオフイガー用に開発されていたもので、ジェネシックの腕部とは規格が合っていなかったがそこはガッツで補って使用した(本当はエヴォリュダーのハッキングを使ったのだが・・・)。また、本来はマーグハンドを装着してゴルディオクラッシャーを用いるはずだったが、それ以前にゴルディーマーグが大破(FINAL第2話「破壊神!決戦!」にて)したため、ゴルディーマーグのAIを直接コネクタに移植した。

おこの時大破・修理不能となったのはグラビティショックウェーブ発生装置のハンマー部分だけであり、ゴルディマーグのボディの大半を担当するマーグハンド部分は修理だったため、続編のエピソードにおいてダブルマーグとして修復・強化修され、FINAL終了後のエピソードにおいて、再びゴルディマーグのAI移植されることになった。

ちなみに本来はZマスター級の敵を想定して製作されたツールである。すなわち惑星レベルの大きさの敵を迎撃するために作られたため(最大級では恒星サイズまで想定していた)、あまりにも強大(もともと三隻のディビジョン艦の動である『レプトントララー』の出限であるのに対し、さらにそこへジェネシック・ガオガイガーの限波動「ジェネシックオーラ」や凱自身のエヴォリュダーのが加わり、その出限をえ、もはや測定不能の域をかに駕している)。それはまさしくそれは絶対勝利である。そのため、厳重なセキュリティーによって管理されており、GGG長官と国連事務総長が持つ勝利(ただし本編ではスワン国連事務総長からを預かっている)と紋認を通さなければ使うことはできない。この勝利素材が専用に調整されたGストーンとJジュエルで出来ているため一切の複製を受け付けないという裏設定がある。もし複製できていたら、レプリ・ガオフイガーがキングジェイダーだけでなく、化されたGGGやGクリスタルに対して使用していたという最悪の事態もありえたので、もしかしたら後付けかもしれない。最も続編では最終セキュリティであるはずの勝利エネルギーのトリプル・ゼロの前には何ら意味をなさないシロモノであり、史上最悪の悪夢としてGGGの前にることとなってしまう。

本編中、もっとも盛り上がる場面で流れるBGMは「ゴルディオクラッシャー」であり、
ゴルディオンハンマー使用時のBGMである「ゴルディオンハンマー」のアレンジである。
ある意味、それはまさに処刑用BGM

動画中でゴルディオクラッシャー使用時(特にトドメのシーン)ではになれぇぇぇぇ!!」といった弾幕が大量に湧き出てくる。 

関連動画

本編ゲーム関連で動画自体は多く上がっている。
(例の如く、本編映像の垂れ流しは削除らしいが…)

  
  
  
 

また、MUGENにてジェネシック・ガオガイガーを作った方もいる。

  
 

関連商品

 

関連項目


次回もこのチャンネルで、
ファイナルフュージョン、承認!!

これが勝利だ!!
ファイナルガオガイガー

脚注

  1. *この頃は「護の浄解を付与されていないジェネシックオーラでは物質のゾンダー化を引き起こす素粒子Z0を除去できずに機界昇されてしまうのでは」と解釈されていた

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジェネシック・ガオガイガー

139 ななしのよっしん
2021/04/25(日) 15:41:32 ID: OU1FEZPxRd
Zマスター浄解時の護やカインヘルアンド・ヘブン見てると本来は突進じゃなくてビーム撃つ感じの技だよね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
140 ななしのよっしん
2021/04/25(日) 15:48:33 ID: mDi2exZgBu
そうか、だから壊れるんだな、高エネルギー溜めながら殴ったらそら自爆するわ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
141 ななしのよっしん
2021/04/25(日) 18:00:50 ID: OU1FEZPxRd
もっと言うとビームなら推進部のジェネシックアーマー消失しても問題ないし、衝撃ビーム放つ際の最小限だから機体へのダメージも少ない。
ヘルアンド・ヘブン時のナックガードは突進の衝撃用じゃなくてビーム発射時の衝撃用だろうなぁと思う。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
142 ななしのよっしん
2021/06/17(木) 23:56:21 ID: gUDdGK7o5V
ファイナルガオガイガーは外付けの武装類を除くとジェネシックガオガイガーと全く同じ外見って事で良いんだろうか?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
143 ななしのよっしん
2021/09/05(日) 16:04:13 ID: GhjJcT+tDL
玩具合体ギミックオミットしたものばかりなのが少し悲しい
👍
高評価
0
👎
低評価
0
144 ななしのよっしん
2021/09/18(土) 10:48:26 ID: G96i17VgB3
機体のみとはいえ、来発売予定のスパロボ30FINALの参戦が決定したけど、ゴルディオクラッシャー戦闘アニメーションはどうなるんだろう?
前回参戦したWではかなり気合の入ったアニメーションだったし、出来る事ならW以上の再現度はほしいな。
少なくとも大河長官とスワン勝利を差し込む場面はやってほしい。初参戦とはいえ、サルファではその部分はハブられたからな。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
145 ななしのよっしん
2021/10/25(月) 15:49:46 ID: lVVncxPRCP
編集者ソースだの、キモヲタの寒い内輪ネタ気持ち悪いのでか編集してください
👍
高評価
0
👎
低評価
0
146 ななしのよっしん
2021/11/22(月) 17:23:31 ID: opQ8QGLEQO
スパロボ30ネタバレ
まさかのジェネシックもキングジェイダーもクラッシャーなしかぁ、ジェネシックもといファイナルガオガイガー戦闘アニメは気合い入ってたから残念な気持ちも少しは中和されたけど……出来ればゴルディオンアーマーのアニメで長官と社長の暑苦しいカットインも欲しかったかな(笑)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
147 ななしのよっしん
2021/11/22(月) 17:25:02 ID: zqqOrXvQoS
ファイナルフィンガーあるからね。そりゃクラッシャーにリソース使わないって
👍
高評価
0
👎
低評価
0
148 ななしのよっしん
2021/11/22(月) 17:31:14 ID: aqmhbr8eB+
お前それ態々戦闘アニメの為にfinalを引っり出したなのにあの始末なガオフイガーの前でも同じこと言えるの?

あと今回参戦したのはファイナルガオガイガー…ジェネシックとは別作品の機体なんやからクラッシャーしは当然やぞ
シルバリオンクラッシャーしは知らん
👍
高評価
0
👎
低評価
0