チアリング上映単語

チアリングジョウエイ

チアリング上映とは、サイリウムケミカルライトペンライト)を持って、歓を上げ、援を送りながら映画を見てライブ的に楽しむ、観客参加の特殊な映画上映スタイルである。

映画によっては「応援上映」「絶叫上映」「発声可能上映」「ライブスタイル上映」「マサラ上映」とも呼ばれる。

概要

映画館で見る映画は本来であれば座って静かに鑑賞するのがマナーであり一般的であるが、チアリング上映に該当する上映回においては映画鑑賞において下記の事柄を行っても良い。

特にアイドルアニメ映画作品において通常との上映とは別に、チアリング上映が設けられる事が顕著である。これは、劇中内でライブシーンが盛り込まれる事がどであるため、そのライブシーンサイリウムを持ち援を送りながら映画を見ることができ、通常の上映とは違い、ライブに参加するような映画鑑賞体験ができる。

「チアリング上映」という呼称は『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』が発祥であり、他の作品においては別の呼称になってるのがどだが、サイリウムを持って援を送りながら映画を見るスタイル・上映回の総称として「チアリング上映」という言葉が映画を見るユーザ間で使われている。

歴史

一般的に日本での映画鑑賞は「静かにスクリーンをじっくり見ながら物語を楽しむ」というものだが、世界的に見れば、歓を上げながら見ることもある。特に顕著なのがインド映画で、歓どころかみんなで歌ったり踊ったり果ては花吹雪が飛び交ったりクラッカーが鳴ったりもする。そんなスタイルもあったりするわけだ。
とはいえ、日本でも歌舞伎のように大向こうから掛けが飛ぶなど、昔からこういった文化もないわけではない。映画でもプリキュアシリーズのように来場した子供ミラクルライトを配布し、応援してもらって映画を楽しんでもらうという施策が行われている。

そんな中ファンレベルで劇場を借りて『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』や『映画 ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?』などをわいわい楽しみながら鑑賞する「絶叫上映会」というイベントが行われ始める。また、時期的にもコンサート会場でのライブや劇場でのミュージカルの模様を映画館で生中継する「ライブビューイング」も一般化するようになった。
そうした流れで、立川市シネマシティが『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を実際のライブを見るように歓を上げながら鑑賞してもらう「ライブスタイル上映」を実施、さらに『映画けいおん!』『劇場版マクロスF』ではサイリウムの持ち込みやコスプレも可にした「絶叫上映」として開催し、好評を得た。こうした流れは塚口サンサン劇場など他の映画館にも波及し、前述のインド映画でも「マサラ上映」としてインド的な鑑賞イベントを行っている。

そして、マスコミに大々的に取り上げられるようになったのは『KING OF PRISM by Pretty Rhythmキンプリ)』が公式的に行った「応援上映」である。応援上映をする為にあえて台詞の後に間を開けており、観客がそれに掛け合いやツッコミ、合いの手をいれるなど、さながらライブコンサート的に行った事で当初は観客が来なかったところ、口コミで話題が広がり、急に観客を増やし異例のロングラン上映となった。これに呼応する形で他の映画でも公式に応援上映を開催する事例が増えている。

こうして見てみると、上映される作品はアニメ音楽テーマにした(取り入れた)物が多い。インド映画も歌い踊るシーンがあるから最適ではあるし、アニメでも上述以外にTHE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!ラブライブ!The School Idol Movie』『アイカツ!』『プリパラ』などやはり音楽アイドルメインとなっている。とはいえそういう音楽系が中心というわけでなく、アニメでも『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』が「大采上映」と称して上映を行った事例もあるし、実写でも『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のようなアクション作品や『貞子vs伽椰子』などのホラー作品でも絶叫上映が行われている。

また、ある意味話題になったのは『シン・ゴジラ』での「発声可能上映」で、これは庵野秀明監督とは大学時代から浅からぬ関係を持つ漫画家島本和彦氏が「ウンチク言っていい、っていい、崩れ落ちていい上映時間を設けてくれるなら最前列でが見本を見せてやりたい」と発言したのを野氏が聞きつけ、東宝に承諾をとった上で実施ししてしまった物である。あまりの前評判の高さにチケットも即売。当日は観客が大いに歓を上げ、サイリウムを振り、上映後の挨拶では島本氏だけでなく、サプライズで野氏も登場するなど、大盛況に終わった。

チアリング上映の傾向と注意点

チアリング上映はこの様な事から特殊な上映になるため、まず映画映画として静かに鑑賞する人には向かないため、注意が必要である。1回映画鑑賞(初見)でチアリング上映回もなるべく避ける事が望ましい。現に『遊☆戯☆王』の時にはそんな上映とも知らずに映画館に見に行ったらこれだったため(しかもそういうスタイルだというアナウンスもなかったという)、その観客と映画館側とでトラブルになった事例もある。

チアリング上映では上映中にどのタイミングでもを出すことが認められている関係上、ライブシーン以外でも作品内の場面描写に対して観客がボケツッコミを入れたりする場面(大喜利大会)も多く見られる。時としてイラっとする観客の発言もあるかもしれないが、ルール違反ではないため、これもチアリング上映の醍醐味と考えるのが良いだろう。

一方で、上映中は何でもやってもいいという訳ではないので、ある程度の節度を持って鑑賞する事がめられる。援は大丈夫だが、クラッカーなどの音の鳴る物はルール上禁止されている場合が多い。コスプレが可な上映もあるが、こちらも劇場が定めたルールに従ってコスプレするようにしたい(少なくとも衣装を着てきたまま来場するのはよろしくない)。
また、勢い余って座席を破壊するなど、迷惑行為に及んだ例もあり、この場合は弁償問題になるだけでなく、その映画館でこうした上映が今後行われなくなってしまう。一般的な常識を持った上で上映を楽しみましょう。

チアリング上映・応援上映を公式的に行った作品

作品名 上映名称 映画開日
ゴジラvsビオランテ 発声可能上映 1989年12月16日
THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! チアリング上映 2014年1月25日
劇場版 プリティーリズム・オールスターセレクション プリズムショー ベストテン 熱唱上映 2014年3月8日
アナと雪の女王 “みんなで歌おう♪”歌詞付き 2014年3月14日日本
THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! VideoM@ster版 チアリング上映 2014年9月19日
劇場版アイカツ! スター宮いちごまつりライブは一体感!」 ナイト上映 2014年12月13日
アイカツ!LIVEイリュージョン スペシャル上映会 コールレスポンス」ナイト上映 2015年2月21日
劇場版プリパラ み~んなあつまれ!プリズム☆ツアーズ アイドルおうえん上映 2015年3月7日
ラブライブ!The School Idol Movie μ'sとみんなのスペシャルステージ上映 2015年6月13日
アイカツ!ミュージックワード みんなで賞をもらっちゃいまSHOW! スマホおうえんライブライブは一体感! 2015年8月22日
とびだすプリパラ み~んなでめざせ!アイドル グランプリ アイドルおうえん上映 2015年10月24日
KING OF PRISM by PrettyRhythm 応援上映 2016年1月16日
プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ アイドルおうえん上映 2016年3月12日
遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS 采上映 2016年4月23日
貞子vs伽椰子 絶叫上映 2016年6月18日
HiGH&LOW THE MOVIE 応援上映 2016年7月16日
シン・ゴジラ 発声可能上映 2016年7月19日
劇場版アイカツスターズ! コールレスポンス上映 2016年8月13日
君の名は。 大合唱上映会 2016年8月26日
映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン! ミラクル上映会変身&応援上映会等
(開催館によって名称が異なる)
2016年10月29日
ポッピンQ 青春、寄り卒業生応援上映会 2016年12月23日
劇場版プリパラ み~んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ! アイドルおうえん上映 2017年3月4日
劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ> 獠ちゃん お誕生日記念舞台挨拶付きもっこり応援上映会 2019年2月8日

映画開日は作品の映画開日をすものであり、チアリング上映を行った日付ではありません。

関連動画

関連商品

チアリング上映に参加する際にはあらかじめ販のサイリウムペンライトを持って参加する事が望ましい。
ライブと違い長さや大きさ等は特に制限がい場合が多いが、常識的な範囲に抑えましょう。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%81%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E4%B8%8A%E6%98%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

チアリング上映

2 ななしのよっしん
2016/11/13(日) 16:02:33 ID: AAfBVXMK2k
気持ち悪い文化だなとは思う。個人的感想ね
3 ななしのよっしん
2017/01/24(火) 08:22:12 ID: RzUyst0H0X
これは良記事。
キンプリシンゴジ以外にも色々やってるのね。
4 ななしのよっしん
2017/01/24(火) 09:38:38 ID: HuEUJMtGbx
>>3

キンプリプリリズプリパラいつものノリでいつも通り応援上映やったら新規層にバカ受けして一気に広まった印かな
もちろん記事にもある通り非公式イベントでもっと前から出しOKの映画はあったし、最終的にプリキュアがんばれ~とかにたどり着きそうではあるけど
5 ななしのよっしん
2017/01/25(水) 18:34:08 ID: tcNlGjvDCX
http://www.nanoha.com/archive4/index.htmlexit
なのはは2010.6.24に公式イベントとしてやってるから公式という括りでも間違いなくオタク系最速
6 ななしのよっしん
2017/01/29(日) 14:00:47 ID: xSooPygBCP
>>4
プリリズプリパラ本編のガヤにメインキャスト総出でかかってるから
そのせいで凄く印深いというか個性的なガヤ文化があるからね(俗に言うプリズムガヤ)

応援上映ではあれを越えなきゃいけないので…(白目
7 ななしのよっしん
2017/09/25(月) 01:08:56 ID: Y4Xg89WRiM
名前を叫ぶまで行かずとも「を出して笑う」までとがめられるような映画鑑賞のお約束ができつつある気がするので
こういう方向のものが発展するのもいいんじゃないかなって
8 ななしのよっしん
2017/12/25(月) 16:59:19 ID: aeu7wT010i
映画歴史を見ると何気にこっちの客の反応がとなって出てくるのが流なの面いよね
映画は最初サイレントの物が多かったから観客は騒がしかったって言う
音楽を現場で当てるようになってから映画館は静かになったみたい
9 ななしのよっしん
2018/05/12(土) 13:46:21 ID: Y7ccIGkzXI
応援上映ヒーロー作品と親和性が高いと思う
やっぱり、命がけで人々のために戦うヒーローにはがんばれー!と応援したいものだ
10 ななしのよっしん
2019/04/19(金) 01:57:35 ID: I5wzFejKjF
なに?これって外人が出てきたら「日本から出ていけ」とか障者が出てきたら「税泥棒」って言っていいの?

アニって本当に馬鹿だな
11 ななしのよっしん
2019/04/19(金) 02:10:00 ID: E1UnX+7Flj
>>9
ジェネフォーエバー行きたかったわ

急上昇ワード

2019/08/25(日)20時更新