ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー...ですか!?単語

ハートキャッチプリキュアハナノミヤコデファッションショーデスカ

ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?とは、アニメハートキャッチプリキュア!」の劇場アニメーション作品である。

2010年10月30日開。映画プリキュアの第9作である(レギュラーシリーズ映画では第7作)。

概要

海外舞台にした初のプリキュア作品。また、シリーズ初の女性監督としてこの後に「京騒戯画」を手がける松本理恵が起用、以後スマプリまでの3作品は女性監督による作品となった。さらにシリーズ単独映画としても初めてBD版が発売されている。

映画プリキュアのほとんどは、異世界舞台となっているが、本作の舞台フランス首都パリ。この映画制作のため、東映アニメーションルーマニア出身のプロデューサーギャルマト・ボグダン導のもとパリロケを敢行しており、パリ並みやモンサンミシェルなどが精密に描かれている。オープニングでは、スタッフクレジットアニメーションとして並みに溶け込んでおり、OP曲のアレンジも相まってとてもオシャレな雰囲気を醸し出している。

本作を映画プリキュアの最高傑作に推すファンも多く、アメリカ子供向け映像コンテンツ業界誌による映像賞「2012 Kidscreen Awards」のキッズ向けTV映画部門の最終補に東映アニメーション作品として初めて選ばれている。その最大の理由と考えられるのは、ゲストキャラクターがとても魅的に描かれていたからと考えられる。今回の敵であるサラマンダー男爵は、プリキュアと敵対する立場だが、それ以上に彼を封印から解いたオリヴィエとの疑似的な親子関係が物語焦点となっている。

当初は単にオリヴィエを利用するだけに思っていた男爵が、お互いに涯孤独の身から不器用ながらも少しずつ家族を作り上げていくストーリーが丹念に描かれており、むしろこの2人が主人公にすら見えてくる。どこかアンニュイな男爵藤原啓治が、そしてオリヴィエ少年を翌々年のスマイルプリキュア!キャンディを演じる大谷育江が共に好演しているのも見逃せない。

2人の人気は非常に高く、pixivなどのファンアートでも、プリキュア5ダークドリームと並び、映画ゲストキャラではトップクラスイラスト数を誇る。いずれも、敵としてプリキュアと戦う姿よりも、仲良くほのぼのとしたイラストの方が圧倒的に多いのが特徴である。また、つぼみ本編で終始オリヴィエのことを気に掛けていたことから、つぼみオリヴィエの年の差カップリングも結構人気である。

本作では、ハトプリ世界における最初のプリキュアであるキュアアンジェが登場している。約400年前にサラマンダー男爵を封印した彼女だが、男爵視点であることと、その冷たい視線から、男爵より悪役っぽい雰囲気を見せていなくもない。また、コッペ様映画でも大活躍しており、EDではちゃっかりファッションショーに参加している。

本編若干長くなったせいか、近年の映画プリキュアではしく、毎年恒例の前説がない(ミラクルライトを振って応援するタイミングが難しかったというもちらほら聞こえる)。また、歴代プリキュア映画作品では、そのストーリー上、子供よりむしろ大人の方が楽しめた作品だったかも知れない。

スタッフ

主題歌

キャスト(ゲストキャラクターのみ)

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A2%21%20%E8%8A%B1%E3%81%AE%E9%83%BD%E3%81%A7%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC...%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B%21%3F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー...ですか!?

1 ななしのよっしん
2013/11/04(月) 02:16:45 ID: j6C+VOHuzx
何よりも敵キャラが魅的なプリキュア映画
アクションシーンバリエーション豊富でキレが良い(特にサラマンダーVSムーンライトは必見の格好よさ)
背景美術は監督プロデューサーパリにロケハンに行ったらアイスランド火山の噴火で帰れなくなって、その間中ずっとロケハンしてたということもあってか高密度
2 ななしのよっしん
2013/11/04(月) 17:18:27 ID: EuE3v2cA1A
フランスでの上映を想定してたせいか、臭い自分語りが多かったな
しかし、TV本編を踏まえた上でのものだったから、一見さんには「?」だったんじゃなかろうか
3 ななしのよっしん
2013/11/05(火) 00:08:45 ID: dJ4Lc3t7bA
映画だけ見るヒトってそんなに多くないからいいんじゃない?
デューンやサバーク博士との関係は本編見ててもよくわからんが…
4 ななしのよっしん
2013/11/05(火) 19:17:47 ID: j6C+VOHuzx
むしろ歴代の映画の中でもとりわけ一人一人のキャラの内面を描いてたから
TVシリーズを知らずに単独で見ても入りやすい作りになってると思う
海外で賞貰ったのもその辺が関係してるんじゃないかな
5 ななしのよっしん
2014/01/04(土) 16:30:38 ID: 29KCDZ9tDi
プリキュア映画本編関係に見て一番面いのはコレだろうね。
映画としての完成度は抜きん出てると思う。

逆に、いつものプリキュア映画を期待して見ると非常に物足りない。
プリキュア達は通りすがりのお助け役でしかないから仕方ないんだけどね。
6 ななしのよっしん
2014/04/28(月) 00:04:41 ID: XsJLUJApam
ゲストキャラが実に魅的な作品だった。
オリヴィエの「他人同士だから迷惑かけれない」って発言に対しての行動がえりからしくて好きだわ。
ロリえりかや長のいつき等しいものも見れて良かった。
7 ななしのよっしん
2015/08/07(金) 21:35:28 ID: 0Pc+7FsBH/
キュアムーンライトキュアアンジュと重ねて見てたけどアンジュの生まれ変わり設定でもつけるつもりだったのかな?
あと、月影博士サバーク博士に変貌する場面にも居合わせてるし、フランスでことの始まりってことが多いよね

急上昇ワード