ミハイル・カラシニコフ単語

ミハイルカラシニコフ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ミハイル・カラシニコフ(191911月10日2013年12月23日)とは、ロシアの軍人・銃器設計者である。

概要

AK-47を筆頭とするAKシリーズ突撃銃を開発したことで非常に有名であり、「(ロシアの)突撃銃ワシが育てたしてもおそらく許されただろう人物。

AKシリーズ開発の功績によりソ連とそれを継承したロシア政府から多数の勲章を授与されたが、AK-47ソ連政治的意図から特許取得がなされず、カラシニコフ特許料などの収入は得られなかった。この点は、勲章はもらえなかったが特許収入で巨万の富を得たユージン・ストーナー(M16の開発者)と対されたりする。当のカラシニコフ本人は「祖国を守るために開発した」というスタンスであり、銭を受け取らなかった事はむしろ自分からしている。

経歴

191911月10日、西シベリアの中心都市ノボシビルスク近郊のクーリャ村で農家を営む両親の元に生まれる。病弱だったカラシニコフ少年機械に対しては強い興味を持っており、鍵や時計などを分解しては組み立てるのが趣味であった。また、機械と同じくらいも好きで、将来は詩人になりたいと見るほどであった。

しかし1930年、転機が訪れる。

    |┃三     , -.―――--.、
    |┃三    ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
    |┃    .i;}'       "ミ;;;;:}
    |┃    |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
    |┃   |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|
    |┃    |  ー' | ` -     ト'{
    |┃   .「|   イ_i _ >、     }〉}     _________
    |┃三  `{| _;;iill|||;|||llii;;,>、 .!-'   /
    |┃     |    ='"     |    <   話は全部聞かせて貰ったぞ!
    |┃      i 、_  ,,,  ,, ' {     \  カラシニコフシベリア送りだ!
    |┃    丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ     \
    |┃ '"~ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃     ヽ、oヽ/ \  /o/  |    ガラ

当時ソ連を吹き荒れていた「裕福な農家死ね運動[1]により、カラシニコフ一家丸ごとシベリア送りにされてしまい、それまでの生活から一転、酷寒のシベリアで厳しい生活を強いられることとなる。

しかし、シベリアでくすぶっているようなじゃあないカラシニコフ学校卒業と同時にシベリアを脱出。故郷のクーリャ村に戻ってトラクター修理工の仕事につく。この仕事機械に関する知識を蓄積させていった結果、1938年ソ連軍に徴兵された際、カラシニコフ戦車の整備士に任命される。後に第108戦車師団第24戦車連隊に配属され、T-34戦車長となる。1941年6月に勃発した独ソ戦ではブロディ(現ウクライナ領)における戦車戦などに参戦し、同年10月ブリャンスクにおける戦いで負傷、1942年4月まで入院を余儀なくされた。

この入院中、同志たちがソ連製小火器に対する不満をぶちまけているのをたびたび聞いたカラシニコフは、なんと病床で新サブマシンガンの設計図を描き、療養を命じられると設計図片手にソ連兵器工場へと向かう。工場で工員の協を得ながら、カラシニコフは新完成させると軍へ持ち込んだ。残念ながらこのソ連軍に採用されることはかったが、カラシニコフ銃器設計の才は認められ、退院以降は前線に戻らず、銃器開発のを歩むこととなる。

次にカラシニコフは7.62x39mm弾を半自動射撃するセミオートマチック・カービンの設計にとりかかった。このプロジェクトベテラン銃器設計者セルゲイ・シモノフとの一騎打ちになったが、カラシニコフが設計した試作カービンはシモノフの試作カービンに及ばなかった。シモノフの試作カービンは1945年にSKS(自動装填カービン・シモノフ)の制式名でソビエトに採用された。[2]

その後の1946年StG44の開発思想とアメリカM1ガーランドの設計をベースに、堅かつ簡素でにでも扱える新自動小銃を設計する。このこそがかの有名なAK-47であり、1949年ソ連軍に制式採用される。同年、ソ連軍を退役。退役時の階級は軍曹であった[3]。これ以降は文官としてソ連軍の武器開発に携わる。

AK-47が採用された後も、銃器開発工場のあるイジェフスクにおいてソ連武器開発に携わり、AK-47の性と生産性を向上させたAKM、AKMベース分隊支援火器であるRPK軽機関銃、汎用機関銃のPK、小口径高速弾を採用したAK-74等々を設計し、ロシア製小火器の多くが彼の手によるものである。

ただし、彼としてはこれらの銃器祖国のために作ったのであって、現状のAKシリーズ世界中にばら撒かれている事に対しては強い不満を抱いていた。彼が彼の開発したについて関わったのは「そのを開発した」という部分だけであり、「が、どこで、に対して使われるか」について彼の意思を挟む隙間などなかったと生前っている。一方で、彼の開発した軍用がどれだけ売れても、そのことに関して一銭たりとも受け取らなかったことは彼が祖国のためにを作ったことの左として誇りにしていた。

カラシニコフに対して西側から接触があったのは1970年代のことである。ある日、彼はスミソニア博物館に勤めるエドワード・C・エゼルからインタビューしたいという手紙を受け取ったのだ。そこで、カラシニコフはまず地元のKGB支部へと向かって手紙の事を相談した。すると、KGBは「党の示を仰げ」とした。そこで、今度は地元の共産党支部に手紙のことについて話すと、共産党は「KGB示を仰げ」としたのである。見事な官僚機構的たらい回しである。結局、手紙についてはしばらく様子を見るという名の放置ということになったが、カラシニコフが待てど暮らせど党やKGBから具体的な次の示が来ることはかった。とうとう手紙到着から一年後、ソ連外務省から「エゼルって人から手紙来てない? 返事は?」と確認が来たことでようやく事態は前進し始めたのであった。この後、カラシニコフとエゼルは親友となった。しかし、当時のカラシニコフソ連軍の歩兵火器開発の中心人物であり、エゼルアメリカに招待したいと言っても理な立場であった[4]。しかし時代が移り変わり、ソで解けムードが広まった1990年にはアメリカに渡り、M16の設計者であるユージン・ストーナーを始めとする西側銃器設計者と対談する。素材としてのチタン々、加工方法がどうこう、軍の要を満たすを設計する難しさが・・・、「耐久性をテストするためにを高いところから落としたよ(ストーナー)」、「私も製品に欠陥が見つかった時は責任者を高いところから落としたよ(カラシニコフ)」などなど銃器設計者としてり合い、特にストーナーとは互いの設計したを試射したりして交友を深めた。

ソ連崩壊後もイジェフスクでAKベース民間スポーツライフルの設計などを行っていたが、ロシア軍向けのAK-200(AK-12)の設計にも関わった。このほかにも、「カラシニコフ」のブランドウォッカナイフ時計などを売りだしてたりする。

2013年12月23日、イジェフスクで死去。享年94歳。

彼の設計した銃

彼の設計した100種類以上あり、全て記載すると非常に長くなるのため、大百科に個別記事のあるものだけ掲載

人柄・性格・思想

彼にインタビューした人物によれば、カラシニコフは「非常に頑固だが、それでいてジョーク好きの老人」であったと言う。また、熱心な働き者であり、銃器の設計に没頭すると一週間に一回、サウナを浴びるため以外には自宅にも帰らなかったというエピソードがある。

また、ガチガチ共産主義者であり、資本主義を取り入れたロシアにおいて貧富の差が日々拡大していくことに対して強い不満を抱いていた。歴代の導者についてはスターリンに対しては好意的な評価をする一方、フルシチョフに対しては「約束したのに、実行しない」[5]ゴルバチョフについては「何でソ連崩壊を止めるために権を使わなかったのか」、エリツィンについては「人前で酔っぱらってんじゃねーよ」とこき下ろしている。とは言え、彼が自分の人生についてることができる[6]のはゴルバチョフによるペレストロイカのおかげだとも発言している。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *ただし、彼の農家であり、追放運動に巻き込まれたのは当時のソビエトが密告社会であり、その村で生贄を作りださなければならなかったという事情による。
  2. *AK-47ライフル」G・ロットマン 加藤 喬:訳 床井 雅美:監修 並木書房 2018 p.39
  3. *カラシニコフ本人の言によれば、彼の階級が上がり始めたのは西側諸が彼に注しだしてからだとか。最終階級は中将である。
  4. *事実、彼はソ連の同盟への旅行ですら、偽名かつ経歴が軍事機密の不審人物そのものな状態でなければ許可されなかった。
  5. *実際、フルシチョフがカラシニコフ兵器工場を訪れた際、カラシニコフからの新規工場建設の要請に対して快諾しておきながら、結局工場は作られなかった。
  6. *ソ連時代、カラシニコフシベリア脱走の経歴をひた隠しにしていた。

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9F%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ミハイル・カラシニコフ

26 ななしのよっしん
2016/01/25(月) 14:59:17 ID: BOxJIuqbmS
生前に日本萌えミリタリー雑誌が取材に訪れたとき
子供を持たせちゃいかんよ!」と言った話が好き
27 ななしのよっしん
2016/02/25(木) 02:20:59 ID: G4MavLbqY4
いまじゃ少年兵テンプレ装備と化してるもんな、悲しい
28 ななしのよっしん
2017/05/29(月) 20:40:38 ID: 3z0lwC5mAG
>>lv293885798exit_nicolive
29 ななしのよっしん
2017/09/19(火) 23:54:19 ID: 8ervWGkEi6
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017091901002192.htmlexit
2017年9月19日 20時34
カラシニコフ氏の像除幕 モスクワ、自動小銃AK47開発
モスクワ共同】世界の紛争地で今日も広く使われ「人類史上、最も多くの人を殺した武器」と称される自動小銃AK47を開発したロシア銃器設計者の故ミハイル・カラシニコフ氏の像の除幕式が19日、モスクワ中心部で開かれた。
高さ4メートルの台座に立ち、自動小銃を構えた像は高さ5メートル。数々の武器を開発したカラシニコフ氏の功績を顕し、モスクワ議会やロシア軍需関連企業ステフ導で設置された。
除幕式でメジンスキー文化相は「これは特別な像だ。祖国を守ってきたさまざまな武器の中でも、カラシニコフ小銃ロシアの本物の文化的ブランドだ」と述べた。
30 ななしのよっしん
2018/12/19(水) 01:04:57 ID: enAqhjnrC+
AK-47設計時、カラシニコフはまだ図面作画の技術を習得していなかったので彼の案を女性技師であったエカテリーナ・ヴィクトロヴナ・モイセーエヴァが設計図に書き起こした
後のカラシニコフ夫人である
31 ななしのよっしん
2019/06/15(土) 21:20:06 ID: vIh2JxR3rA
発明で二等兵から将軍になり戦争歴史を変えたとかなろう系かな
32 ななしのよっしん
2019/08/09(金) 13:14:46 ID: OxvW6jI6lB
AK=アカ
47=支那
AK47支那つまりレッドチャイナ
すると56式自动枪とはなんだったのか
33 ななしのよっしん
2019/08/10(土) 14:16:54 ID: fubSWSRw/2
いや、そのりくつはおかしい
34 ななしのよっしん
2019/08/10(土) 14:21:22 ID: r1vbISfDhD
日本将軍ソロクを殺す意味だぞ
35 ななしのよっしん
2021/04/07(水) 06:11:13 ID: 8ervWGkEi6
像に続いて映画化された模様

AK‐47 最強誕生の秘密
https://youtu.be/OcM1875Hbe8exit