独ソ戦単語

ドクソセン
  • 15
  • 0pt
掲示板へ

独ソ戦とは戦死者数2500万人以上(推定)となった第二次世界大戦における戦域の一つ。

ソヴィエトロシア)側からは大祖国戦争、ドイツ側からは東部戦線と呼ばれる。

概要

第一次大戦後ヴェルサイユ体制化で西欧から孤立したつつあったドイツソ連は、奇妙な接近を始めつつあり、やがて秘密協定を結んでポーランドを共同で分割するに至った。後知恵的には、イデオロギー的には対立するはずのナチスドイツソヴィエトロシアは、その方法論的な部分に類似を摘することも可であるが、当時の社会にはドイツソ連の接近は驚きをもって迎えられた(極東の某では「欧州情勢は複雑怪奇」なる発言が飛び出すに至った)。

しかし独ソの表面的な友好は長続きせず、ヒトラー東方ドイツ民族生存圏(レーベンラウム)の拡大をし、対するソヴィエトルーマニアに領土を割譲させるなど秘密協定のえて野心をあらわにし、両者の内在的な対立が浮上しつつあった。

1941年6月22日ドイツは「バルバロッサ」作戦を発動。ソ連領土に侵攻を開始した。ヒトラー作戦を決意させた動機が何であったかは見解の分かれるところであるが、イデオロギー的な背景のほかにも対英作戦の手詰まり、ソ連の軍備増強に対する警などが摘されており、もし実行していなければ逆にソ連による先制攻撃もありえたかもしれないとする説もある。が、近年の研究では、「ドイツ生存圏の確保」という大義名分のもと、「ボルシェヴィズムとスラブ民族文字通り根絶やしにする」という「絶滅戦争」にあったことが定着してきている。

当初、ドイツ軍航空優勢と機械化された先鋒部隊によって破の進撃を続け、ウクライナベラルーシを制圧するとともにレニングラード首都モスクワスターリングラードと言ったソ連都市を脅かすに至った。クーデター疑心にとらわれたスターリン1930年代に行った大粛清により、赤軍大佐以上の将校は65が殺されていた。このため、赤軍には連隊以上の規模の戦術単位揮を取れる軍人が極端に不足しており、まともな抵抗がほぼできないままに、ドイツ軍に各個撃破・包囲殲滅されてしまったのである。

しかし、やがてドイツ軍の兵広大ロシアの大地を進撃するのは不足するようになり、ロシア道路事情の悪さ、悪鉄道規格の違いなどによる補給の低下がそれに拍をかけた。そもそもドイツイギリスをはじめとした他の連合とも戦争継続しており、生産限界に達しつつあった。

翻ってソヴィエト赤軍は、スターリン体制において(強引に)進められた重工業化が功を奏し、戦争初期の出血を補って有り余るほどの生産を手に入れた。そこそこの性で、未熟な兵士の手荒な使用や過酷な気に耐えるソヴィエト兵器体系も赤軍の戦増大を後押しした(「半世紀以上沼に沈んでいても動く戦車があるらしい」「またまた、ご冗談を」)。

モスクワへの攻勢が頓挫し、スターリングラードで第六軍が逆に攻囲され、壊滅するに至って独ソ戦は転換期を迎え、ドイツ都市もコーカサスの石油資も確保できないまま守勢に転じた。
日々増大する赤軍の戦を前に、ドイツは何度か反攻を試みるものの、この時期になると赤軍側の戦術も洗練されてきており、初期の大敗北を生き残った中級・下級の将校たちも、その経験によってより大きな規模の揮を学んだ。徴兵された兵士たちは督戦隊が監視し、ドイツ軍に背を向けた兵士を即座にその場で殺する恐怖によって支配した。これらの要素によりしばしばドイツ軍部隊が赤軍機械化部隊に拘束・包囲される事態が生じた。

戦略爆撃による民間人の死傷と生産の低下、イタリア降伏、連合軍のフランス上陸と、まさに四面楚歌になったドイツに対し、西と東から連合軍が迫るも、結局は赤軍首都ベルリンを制圧し議事堂に旗を掲げた。

かくして独ソ戦は終了し、ドイツ分割され、一度はエルで手を結んだはずのソが冷戦に突入するのである。

ラブ民族絶滅を企図したヒトラー戦争導のもと、独ソ戦当初の赤軍捕虜の扱いの劣悪さ、占領地からの徴発は過酷を極め、のみならずアインザッツグルペンによる蛮行・虐殺が横行した。反攻を始めた赤軍も、「ドイツ軍の捕虜になっても助からない」とわかっている上に、督戦隊によって退却を禁じられた状況で苛戦闘を行い、逆襲を受けたドイツ軍も、ヒトラーの死守命乱発によって降伏を禁じられたために、戦闘の凄惨さはさらに膨れ上がった。やがて赤軍の優位が動かなくなると、開戦当初の状況を裏返したような赤軍の報復が、ドイツ軍捕虜やドイツ民に対して行われるようになる。

結果、独ソ戦では、ソ連20003000万人、ドイツ600~1000万人(いずれも軍民をあわせた数字)という、人類史上最大の死者数を計上する戦争となった(参考として、日中戦争から太平洋戦争を通した日本の総戦没者数は軍民合わせて310万人である)。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%8B%AC%E3%82%BD%E6%88%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

独ソ戦

299 ななしのよっしん
2020/06/15(月) 18:51:44 ID: +4T8huyO/R
WW1ドイツ本土が一度も戦場にならないまま敗戦したのが、ベルリン全に焼け野原になるまで徹底抗戦っていうか狂気に走らせたんだよな
300 ななしのよっしん
2020/06/15(月) 20:11:04 ID: lMFqawasww
>>296
内の交通インフラを滅にされた時点でおしまいだと思うんだけどね。
南方だって輸送の欠如が問題なんであって、軍事物資自体はそれなりにあったわけだし。
物品供出、労働提供くらいならまだ何とかなるけど、自民相手に略奪なんかやったらもうまともな国家再建なんか不可能だゾ。

>>297
その場合の継戦的って何なんだ?

>>299
1944年のかなり遅いタイミングまで、内ではあんまり負けてる、という実感はなかったそうですな。所謂「大砲バターも」の状態で、東部戦線からの収奪品で内の生活準自体は高かったらしいし。
301 ななしのよっしん
2020/06/15(月) 20:14:52 ID: 4jy32F10hj
>その場合の継戦的って何なんだ?
日露戦争みたいになにかしら戦果を挙げている状態で講和する…とか?
かなり謀だけど
302 ななしのよっしん
2020/06/15(月) 22:53:02 ID: ys8DOksEnv
継戦すれば>>290摘しているように条件付き降伏が出来る可性は見えてくるかも?
ただその条件を引き出すためにどれだけの犠牲が必要になるかという問題があるし
8月にはソ連が参戦するし、で結局条件降伏は変わらない気もするけどな
303 ななしのよっしん
2020/06/15(月) 23:20:49 ID: 4jy32F10hj
土と多くの民を犠牲にしてまで条件付き降伏をする価値があるのかって話だよね
304 ななしのよっしん
2020/06/15(月) 23:29:59 ID: dZIFLzuXSy
謀に継戦しても傷跡が尚のこと深くなるし>>302の言うようにソ連が参戦してくるから更に領土を失っていた可性すらあるね
305 ななしのよっしん
2020/06/17(水) 02:11:51 ID: lMFqawasww
まあ、独ソ戦に話を戻すとして…1941年~1942年頃のソ連側の方から、休戦なり条件付き降伏なりを模索する動きなんてのはかったんだろうか。

スターリンぶっ殺して降伏しようぜ!とか、逆方向ゲルマン民族大移動を受け入れてアジア逃げようぜ!みたいな方向での発想はやっぱり出てこないもんなのかねぇ…。
306 ななしのよっしん
2020/06/17(水) 19:54:13 ID: +4T8huyO/R
バトルオブブリテンではヒトラー襲命には「民間人を標的にするのは騎士に反する」と最後まで抵抗していたのに

独ソ戦の時の防軍は最初からウッキウッキで民間人を標的にしていたからな
307 ななしのよっしん
2020/06/18(木) 02:47:54 ID: +fgfMafF0a
>>305
独ソ開戦から1941年8月下旬まではソ連からドイツ側への外交コンタクトの試みが多いです(特にリッペントロップの流れに対して、彼は独ソ戦反対の立場でも有ったためと、当時独ソ両方でがあったためでしょうか)。
しかしソレ以降は外交的接触は減します、過去の人々なので心中を断ずる事は出来ませんが、この時期にはソ連はやり抜く事を決めたのではいでしょうか
(でも英には、ソ連単独講和しようかな~あぁ~援助なきゃ講和だよなぁ~、な外交を続けますが)

一般人での一般人に一定数居た反ソ活動は、バビ・ヤールでの虐殺開始(キエフ、1941年9月末)辺りから鳴りを潜め、逆に対独パルチザンは増します。民間感情辺りはこの辺が転機点ではいでしょうか
308 ななしのよっしん
2020/06/18(木) 19:42:57 ID: +4T8huyO/R
スターリンの心情としては民主主義国家アメリカイギリスフランスよりも同じ一党独裁国家ドイツに親近感を持っていたんだよな
長いナイフスターリンの反応がそれを如実に表している

急上昇ワード