地球温暖化単語

チキュウオンダンカ
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

地球温暖化とは、地球の大気や海洋温度が長期的に見た場合に上昇している事を表す。

はじめに

松岡修造が何かに対して熱く燃えていたとしても、周りの温度が上がるだけで厳密に言えば(恐らく)当てはまらない。

歴史上においては、気が温暖になったり寒冷になったりということが幾度となく繰り返されてきたと考えられており、「温暖化」は単に地球全体の気が温暖に変わる現すこともあるが、ここでは現在観測されていて将来的にも続くであろう事例について扱う。

もっと詳しく知りたい人はグーグル先生ウィキペディアアンサイクロペディアなどを頼ってください。

概要

19世紀後半以降、科学者によって地球の気の観測が続けられてきたが、20世紀後半に入ると、 太陽活動や火山活動の変化のみでは説明が付かない気変動が観測されるようになった。具体的には全球規模の気温、温の上昇、面の上昇、世界各地の氷河の後退などである。

20世紀後半の温暖化に関しては、人間の産業活動等に伴って排出された人為的な温室効果ガス二酸化炭素など)が因となって引き起こされているとする説が現在では有とされている。07年2月には国連の気変動に関する政府間パネルICPP)が発行した第4次評価報告書(AR4)によって膨大な量の科学的知見が集約された結果、人為的な温室効果ガス温暖化の原因である確率は9割をえると報告されている。このような報告が現在世界の動きの基礎となっている訳である。

簡単に言えば温室効果ガスとして有名な二酸化炭素赤外線の波長帯域に強い吸収帯を持つため、宇宙拡散するはずの熱を拡散させない。これにより地球上の温度が高くなっている訳である。更に、二酸化炭素動的に固定しない限り長期間に渡ってを及ぼす為、今後20~30年以内の対策がその後を大きく左右するとされている。

温暖化によるとしては面上昇・降量の変化・温度上昇により流行るい疾病の流行などが考えられている。しかし、

対策

 必要性

1988年アメリカ上院の聴会におけるJ.ハンセンの「最近の異常、とりわけ暑い気が地球温暖化と関係していることは99%確率で正しい」という発言などから温暖化対策が急がれており、現在アメリカなど一部のを除いて京都議定書において定められた削減標を達成する為に努されている。

ここで注意したいのは、『地球環境のために』といってしまうとそれはエコではなくエゴになってしまう点だろう。『地球』からすれば、数百度の原始地球から下数十度の氷河期まで一通り経験しているわけだから、たかだか数度から十数度程度の温度変化は誤差範囲だろう。ここは自嘲と自を込めて『地球に対して人間の過ごしやすい環境を維持(あるいは強制)させるために』というべきではなかろうか?

一般的な方法

現在日本において行われているものとしては「省エネルッククールビズ」や「冷暖房温度の設定」などがある。的なものとしては、低廉な貸し自転車富山市を注いでいるLRT武蔵野市のムーバスに代表されるコミュニティバスなど、自に代わる交通機関の整備が一部の自治体で行われている。その他にも二酸化炭素を排出しない自動車の開発や貨物輸送を鉄道シフトする(モーダルシフト)、省エネ電の普及、打ち水カーテンなど民間レベルでの努も行われている。

なお、冷暖房温度に関しては「冷暖房温度を設定しても、それが原子力発電所から来てるのか火力発電所から来てるのかが分かんないので末端で努しても意味がい」という意見も存在する他、クールビズに対しても「どんだけ薄着にしても暑いときは暑いから駄」と言う人もいるようである。また、クールビズの二匹ドジョウを狙った「ウォームビズ」は多くの人に忘れ去られている。

また、こういう人もいる。「自動車からのエコ替え、本当にエコなのは自転車に替えること」

2011年3月福島第一原子力発電所事故以来、節電たる的は地球温暖化よりも電需要の逼迫に対応するものになっている。

日よけをつくる。(日経サイエンス 2009年 6月号から)

  • 成層圏に硫黄を供給する。 - が増加し、生態系が汚染される恐れがある。
  • 対流圏にミスト - 量が減る。効果が不明。
  • 宇宙太陽地球の間)に多数の円盤(人工的構造物)を設置 - 費用が約5兆ドル。建設に時間がかかる。(約30年)

懐疑論

この問題に関しては懐疑論も多く存在する。

もっとも温室効果を発揮している気体は蒸気であり、その割合は9割をえているため、二酸化炭素を多少減らしたところで全く意味がない。といった意見や、現在地球氷河期の中の間氷期にあたり、温暖期には現在地球均気温は数℃~十数℃高かったわけであるから異常と言うには値しない。また、地球の気温の変化は地球太陽間の距離によって左右される以上、地球上でなんらかのアクションを起こしても意味がない。一部では逆に面が低下しているというデータも存在している。などといったモノがある。

懐疑論の傾向はいくつかに絞られている。と学会会長山本弘氏の『"環境問題のウソ"のウソ』には、とてもわかりやすい解説がしてあったので引用する。

  • 懐疑論Lv.1:「地球が温暖化に向かっているというのは本当か?」
  • 懐疑論Lv.2:「温暖化が本当だとして、その原因は人間が排出しているCO2なのか?」
  • 懐疑論Lv.3:「地球温暖化によって発生する被害は深刻なものなのだろうか?」
  • 懐疑論Lv.4:「地球温暖化を食い止める努をすべきだろうか?」

これら懐疑論の多くは概ね否定できるもの、または信頼性に乏しいと考えられているものであり、近年の温暖化に対する人為的を否定する際的・的な学術組織はいとしている。

ちなみに、山本弘氏は「素人の印を信じるな。専門の言うことにを傾けろ。」と著書で述べている。でも素人の意見が的を射ている事もあるかと・・・しかし彼自身が専門でない上、懐疑の専門のことをトンデモ扱いするので要注意。

また、専門の科学者達による、懐疑論への反論exitも行われている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%9C%B0%E7%90%83%E6%B8%A9%E6%9A%96%E5%8C%96

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

地球温暖化

1302 ななしのよっしん
2020/10/18(日) 12:36:36 ID: 7/UvL4MO1h
日本のように天気の変化がしいところじゃ太陽風力はあまり向いてないだろうな。安定性という点じゃ地熱や海洋発電のほうがのぞみがある。不向きな発電方式に偏ってちゃうまく行くわけがない
1303 ななしのよっしん
2020/10/18(日) 12:47:55 ID: 7/UvL4MO1h
>>1278実際のところ、地球歴史において現代はもっともCO2が少ない時代と言われえいる。CO2濃度は植物によってコントロールされてきたわけだから、植物を増やして吸収させるのは思った以上に効果がある。そもそもこれがカーボンニュートラルの発想だし
根本的と言うならそれこそ産業革命以前にもどれというところに行き着くだろうね
1304 ななしのよっしん
2020/10/22(木) 08:45:44 ID: 5lBt9GA5YJ
日本2050年までにCO2排出量実質0って標掲げるらしいね
中国に対応して10年分短く設定したのかな?
1305 ななしのよっしん
2020/10/22(木) 14:21:28 ID: hmNMWu8D1B
>>1304
昨年の気行動サミットで「2050年までに実質ゼロ」と宣言されたからでしょう。
所信表明のタイミングで言うのは、中国もあるだろうけど、アメリカ大統領バイデンになると見込んだからじゃね。

当初は2030年までに2005年25%削減としていたから、かなりの進歩だと思う。
ただ電構成はどうするんだろうか。特に原発が気になる。
1306 ななしのよっしん
2020/10/23(金) 16:40:14 ID: YRgpfIlhcZ
そんなな...
日本では太陽風力で全エネルギーを確保できるだけの立地は到底確保できない
実質ゼロってとこが肝だな
二酸化炭素貯留や排出権取引を使ってなりふり構わず押さえつけるつもりのようだ

まあ実際は口だけでかいこと言って歓心を買いたいってのが本音だろうな
30年後には今いる政治家は既に引退してるだろうし実際に実現可かは知ったことじゃないんだろう
京都議定書の-6%標だって排出権取引や京都メカニズムクレジットで帳合わせしただけで実際には全然削減できてないし
1307 ななしのよっしん
2020/10/25(日) 13:10:03 ID: hmNMWu8D1B
https://digital.asahi.com/articles/photo/AS20201025000311.htmlexit
2050年に排出量を実質ゼロにするのだが、そこまで右肩下がりで減らしていかないと効果がない。
そのためには2030年時点で2010年45%削減する必要がある。
当初25%標が45%になるのだから、相当対策しないと理だろう。
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/ghg-mrv/emissions/results/material/kakuhou_gaiyo_2018.pdfexit

>>1306CO2貯留の技術があるが、技術の進歩でできるレベルなのか疑問。
2030年には水素燃料市場も活発になるって言われてるけど、それでどこまで効果があるのか。
経済のあり方そのものを見直さないといけないと思ってる。
1308 ななしのよっしん
2020/10/25(日) 14:36:50 ID: Ivy/Hrz5OE
CCSは前から将来性を期待されてた技術じゃない?
大きく出たどころか当たり前にやるべきことを再確認したというレベルだと思うが
1309 ななしのよっしん
2020/10/25(日) 15:02:59 ID: hmNMWu8D1B
>>1308
CCS等の)技術の進歩でできるレベル(の温暖化対策)なのか疑問

そもそもCCSもどこまで実現できるか不透明
安全かどうかも不安がある。
1310 ななしのよっしん
2020/10/26(月) 00:28:12 ID: YRgpfIlhcZ
CCSはやろうと思えば出来るだろうけどどの程度妥協するかだな...
コスト増大をどれくらい受け入れるのか、貯留方法はあくまで地中隔離にこだわるのか、それとも思い切って海洋希釈に踏み切るか...この辺は政府次第だな。優柔不断で未だに小規模な実試験で足踏みしている現状を鑑みると絶望的だが

私は水素燃料市場はほぼ100%失敗すると思ってる。
高圧ないし低温で扱わなきゃいけない困難はどうあがいても消えてなくならないしそれに精製所でCO2出してたら意味がないという致命的な問題
既存の発電所ですらCCS使ってるところが一基もないのにあと10年で発電所等固定施設からの排出をゼロにして自動車の排出割合が問題視されるレベルまで持っていけるか?理だろ
本格化するには最低でもあと20年必要
仮に2030年代に水素利用が本格化しだしても別のところでCO2を出すだけで単なる環境配慮のポーズでしかないだろう

確かに経済構造の革が最も有効な手段ではある。
中国では尽蔵の土地があり更に中東アフリカの低
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1311 ななしのよっしん
2020/10/27(火) 07:43:10 ID: kojxYatnRl
日本政府やる気

菅義偉首相が温室効果ガス排出量を2050年までに実質ゼロとする標を宣言した。
環境などの取り組みを重視するESG投資が世界的に広まる中、として「脱炭素」に踏み切らなければ、経済成長の足かせとなりかねない。それだけに、環境省幹部は「首相が表明する意義は大きい」と強調。温暖化対策の加速化に期待を寄せる。
炭素をめぐり、経済界では動きが急速に進む。経団連二酸化炭素CO2)排出実質ゼロす「チャレンジゼロ」構想を提唱。銀行も石炭火発電所向けの融資残高をゼロにする標を掲げる。
首相表明を機に、こうした動きに弾みがつくとの期待が高まっている。積水ハウスイオン富士通など150社以上が参加する企業団体「日本リーダーズパートナーシップ」は、「政府標を心より歓迎する」との明を発表。「政策の方向性がより明確になれば、企業は迷いなく脱炭素に向けて積極的に投資し、技術革新に挑戦する」と表明した。
ただ、政策の具体化はこれからだ。特に高コストになりがちな温暖化対策と経済をどう両立させるかとの視点
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

急上昇ワード改