悪役令嬢単語

アクヤクレイジョウ

悪役令嬢とは、悪役嬢。古くから様々な物語に登場する、キャラクターの一種である。

また近年では、「悪役令嬢」的な立場にあるキャラクター役に据えた自作小説などがインターネット上の小説投稿サイトに非常に数多く投稿されており、そのうち複数の作品は商業化もされている。これらは「悪役令嬢もの」などと呼ばれ、一種の作品類となっている。

古典的なキャラクター類型として

悪役令嬢」という存在を、「物語の中で敵役をつとめる」「ある程度高い身分の」「若い女性」と定義するならば、かなり古くさかのぼることができる。例えば、「新約聖書」に登場するヘロデ王の義理の(いわゆる「サロメ」)や、童話「シンデレラ」で役のシンデレラいじめる継などもこの定義に入れられないこともない。

小説作品にも、悪役令嬢と言える立ち位置のキャラクターは時折登場してきた。例えば19世紀の児童文学などで「寄宿学校主人公少女いじめる富裕な」や「わがまま放題のねじ曲がった性格に育ってしまった嬢」が登場する作品がある。そういった児童文学を参考としてか、少女漫画などではかなり初期から悪役令嬢的なキャラクターは散見される。

さらに少女漫画に限らず様々なジャンル漫画小説アニメ・ゲームなどにおいて「悪役嬢」は散発的に登場していく。それに伴い、徐々に「典的な悪役令嬢ってこういうのだよねー」という漠然としたイメージも醸成されていった。

主役として

そして、ぼんやりとしたイメージが共有されている「典的な悪役嬢」を大げさに戯画化(パロディ)したようなキャラクター役に据える作品なども登場した。主人公いじめる敵役であった「悪役令嬢」を、逆に主人公としてスポットライトを浴びる立場としているわけだが、もちろん嫌われるような悪役そのもののキャラクターをそのまま主人公としているわけではなく、読者が好感を持てる魅あるキャラクターとして描いている。

例えば、1991年ジュニア向け小説レーベル学研レモン文庫」から刊行された子の小説作品『お嬢さまとお呼び!』と、その一連のシリーズ作品の主人公綾小路」は典的な悪役嬢である。

また、2008年の第3回小学館ライトノベル大賞ルルル文庫部門に投稿され優秀賞を受賞した『悪役令嬢ヴィクトリア洗う紅茶屋~』も悪役令嬢役としていた。同作は2009年ルルル文庫から出版され第3巻まで出版されているが、これが「悪役令嬢」という言葉をタイトルに冠した最初の商業作品のようである。この言葉を広めたのは本作がきっかけとなったのかもしれない。少なくとも「悪役令嬢」という言葉が本作以前に広く使われていた形跡はない。

ネット小説界隈での隆盛

小説投稿サイト小説家になろう」において、2013年頃から「悪役令嬢」を役に据えた作品の投稿が増え始めたようだ(同サイトでは連載作品の初投稿日順に並べることができないので正確な日時は不確実ではあるが)。

サイト投稿される自創作小説作品には、それ以前から「異世界転生」ものが非常に多いという特徴があった(異世界転生ものについては「異世界」や「異世界転生」の記事も参照されたい)。そのためか、同サイト投稿される「悪役令嬢もの」には、「異世界転生もの」の要素を取り入れた作品が特に多いようだ。

この2つの物語を組み合わせると「少女漫画/乙ゲーム世界に入ってしまったが、その元の少女漫画/乙ゲームにおいて悪役令嬢として登場するキャラクターに転生してしまっていた」といった形式の話となる。同サイトの全期間累計ランキングで長期間2位女性視点作品の中では1位)に位置していた人気作品『謙虚、堅実をモットーに生きております!』も、ストーリーの大はまさにこういった形式の、「異世界転生もの」+「悪役令嬢もの」である。

その『謙虚、堅実をモットーに生きております!』や、その他の商業化されたいくつかの作品(下記「関連商品」参照)に刺されてか、2016年現在小説家になろう」やその他の小説投稿サイトへの「悪役令嬢もの」の投稿数は非常に多く、活発なジャンルであると言える。

関連静画

関連商品

お嬢さまとお呼び!

現在の「悪役令嬢もの」ジャンル盛の先駆者のひとつ。

以下の商品は2008年の新装版で、1991年の版とは出版レーベルイラスト担当等が異なる。

小説家になろう

小説投稿サイト小説家になろう」の投稿作品から商業化されたもの。

関連項目

ニコニコ大百科に記事がある作品

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%82%AA%E5%BD%B9%E4%BB%A4%E5%AC%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

悪役令嬢

185 ななしのよっしん
2019/04/16(火) 08:45:08 ID: BHVc53IIrk
当然一概には言えないけど、大体の男視点で、非TSの転生嬢モノを読む場合、主人公に好感を…いやもう文字通り惚れるかどうかが作品評価にかなり直結する気がする。
186 ななしのよっしん
2019/04/19(金) 02:31:31 ID: iywR/iEgZL
一時期粗製乱造された馬鹿な転生ヒロイン悪役令嬢が潰す作品はは好きじゃない。特に攻略キャラ悪役令嬢に好意持ってると実質ヒロインだろと思う、でヒロインが愚かな行動を取る本来の悪役令嬢ポジになってるし、そういう行動は地位が上の悪役令嬢がやるからこそだと思う。

敵対ルート自体は好きだけど倒すべき敵役のヒロインでも取り巻きの権でもいいから強大であって欲しい(ヒロイン馬鹿でもいい)。せめて悪役令嬢が精的でもダメージ受けて欲しい、婚約破棄されて淡々と相手を断罪するのはなんだかなあ。
187 ななしのよっしん
2019/04/19(金) 11:23:32 ID: EjciNpsCQA
どのジャンルにも言えるけどテンプレをさらに簡略化した物を上辺だけ真似した作品がいまいちなのは同じだからね、仕方ないね
188 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 22:54:32 ID: f1aQucYG/b
>>186
攻略は立場も忘れて転生ヒロインに入れ込む恋愛馬鹿ってパターンのほうが多いと思う。
悪役令嬢に好意を持つのは別の王子などのゲームにはほとんど登場しなかったり攻略じゃないキャラなことが多い印
189 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 23:00:39 ID: fz/rO3RHCh
ざまぁ要素控えめだと書籍人気は集まり易い気がする
と言うか初期悪役で当たった嗜み以外のざまぁ系って軒並みこけてる気がする
190 何処某
2019/04/21(日) 20:29:42 ID: r+4pRRNsbC
不定期かつ書籍とかないけど本日更新されたこの小説
https://ncode.syosetu.com/n9601di/exit
ヒロイン役の悪役令嬢モノ(?)で、ゲームシナリオ前の出来事が書かれてるあらすじだけで単行本7巻消費する圧倒的文字数(80オーバー)なのだが、主人公の発想が転生前世界的にも終わっていて普通の会話から戦闘中までツッコミなのが中々新鮮。

敵の「本当にこいつ(主人公)は何なんだ」という問いの答えを(従兄)も知りたい。何でか憎い敵の気持ちがよく解る!
191 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 08:03:22 ID: gshSDCo1/2
>>189
そもそもざまぁ強めの物ってざまぁが済んだ時点で終わっちゃう方が綺麗に締まるから短編が多いんだわ。
ざまぁに到達するまでが長いと「なんでこんな々とさせられるんだ」ってなるし逆にざまぁが長々と続くと主人公側にヘイトが行く可性が出てくるからな。
192 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 10:35:03 ID: DUBwjrAqbt
ある作品読んで思ったが、悪役令嬢って味方につけると凄い心強いな
カリスマ性が有って、行動が高く、意思も強い。大抵も高く、頭もいい
普通はこれらが全部ろくでもない方向に発揮されるのが悪役令嬢たる由縁な訳だけど、何かの間違いで正の方向に発揮されるとめっちゃ頼もしい
まあ独善的なのは変わらないので近くに取り役が必要ではあるんだけど

悪役令嬢ってキャラとしてこんなに魅的だったのかと認識させてくれた
193 ななしのよっしん
2019/04/25(木) 11:22:14 ID: EjciNpsCQA
何の作品だろう

まあ昔から近しい人気キャラ自体はいたしね。高飛車お嬢様キャラというか。
194 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 13:31:39 ID: mcaItnQa0a
転生モノって言うか時間巻き戻しものでヒロインはいい子だけどお花畑で、悪役令嬢の子がが痛いって愚痴ってるのならあったな
教えるとちゃんと考えるんだけど貴族階級にも民感覚で接する、意を持てばとでも分かり合えると考えてるんでどうしたもんかという
読者にも悪い子じゃないのはわかるが地味ストレス溜まるヒロイン像がうまいなーと思った