松平定信単語

マツダイラサダノブ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

松平定信とは、江戸時代後期の政治家近年ではその財政政策は田沼政権との連続面があったとされ、寛政の革の経済政策は田沼時代のものを継承したものであると近代日本史の書籍には書かれる。

概要

江戸後期,寛政のを行った白河にして老中。実家は御三卿筆頭の田安徳川吉宗の孫。白河へ養子にいった後、実家が跡継ぎがいなくなったため、田安へ戻ろうとしたが田沼意次の妨にあい実現しなかったといわれている。田安が当不在のまま10代将軍治が亡くなり,将軍の後継は弱冠15歳の一斉が収まった。当時26歳の定信が田安にいれば将軍になった可性は十分にあった。

天明6年(1786年)に治が死去して斉の代となり、田沼意次が失脚した後の天明7年(1787年)、徳御三家の推挙を受けて、少年期の第11代将軍・徳川家斉のもとで老中首座・将軍佐となる。そして天明の打ちこわしを期に幕閣から旧田沼系を一掃粛清し、祖吉宗の享保の革を手本に寛政の革を行い、幕政再建をした。

当時、幕府の備蓄底を突いており、しかも100万両もの収入不足が見込まれていた。この財政を再建するため、厳しい倹約による財政緊縮政策がとられ、大名から百姓・町人にいたるまで厳しい倹約が要された。大の経骰を3分の2に減らしたのみならず、朝廷にも経費の節減をめたほど、底したものであった。その結果、最終的には赤字体質から幾らかの備蓄が積み上げられるようになったが、その厳しすぎる倹約は内外の不満をつのらせた。

また、飢饉の際、価の高騰をおさえられなかったことから、江戸の両替商を中心に商を幕府の勘定所御用達に任命し、彼らの資と知識や技術を活用しようとした。定信は、作でも飢饉にならないように食糧の備蓄をはかった。諸大名には1万石につき50石を5年間にわたり領内に備蓄させ、さらに各地に社倉・義倉を設けさせた。

ロシア対策としては北代を新設して北方の防備にあたらせる計画が立てられた。またオランダの協の元洋式軍艦の製造も計画されていたが、松平定信の老中辞職とともに実現しなかった。

寛政の革の成果については現代では賛否が分かれている。また昨今の田沼意次の再評価の煽りを受け、定信に関しては過小評価がされている傾向がある。

松平定信についての間違った風説

田沼の貯を食いつぶしたなどと事実根の評があるが、実際は食いつぶしたのは天明の大飢饉被害が大きかったのが原因とはいえ、吉宗時代の貯を食いつぶした田沼の方である。定信の方はむしろ貯を殖やしている。定信就任当時、天明の大飢饉の損将軍治の葬儀の為に幕府財政は万両の赤字が予想されるほど切迫していた。革最初期の天明8年は幕府の蔵は81万両しか残っていなかった。その為、定信は即効性のある厳しい緊縮政策を実行し財政再建に努めた。倹約や大の縮小、諸経費の削減などといった田沼時代にも行った緊縮政策を継承し切り詰めた結果、幕府の赤字財政は黒字となり、定信失脚の頃には備蓄も20万両程貯蓄することができたという。

仲間をことごとく解散させたなる通説とは異なり、定信は大部分の仲間を存続させている。革当初、仲間を結成させて運上を徴収したことが物価高騰の原因だとして、仲間止を上書する者たちがいたが、定信は仲間に対し物価の調整とともに運上の上納にも期待していたため、革当初に仲間と運上をごく少数止したほかは大部分を存続させている。また天明七年には自領にて治安維持のため質屋仲間を結成させて高利に苦しむ人々の救済をはかっている

田沼政権の通貨政策を否定し、二朱を否定しようとしたと通説で批判されがちだが、実際は製造は停止したが、通用は停止していない。あくまで田沼節操な鋳による物価高騰の是正のために二朱の一部を元の丁鋳しなおしただけであり田沼政権の通貨政策そのものを否定しようとしたわけではない。一七九〇年には、二朱を、あまり通用していなかった西日本の各でも使うよう強制した。結果、単位計量貨の使用がむしろ定信政権の時期になって広まった。

田沼がやろうとしていたロシア交易や夷地開発を取りやめたと言われるが、ロシア交易は田沼政権現役当時に交易する価値なしと議論の決着がついていた。また夷地開発に関しては北海道、それも樺太を含めて農耕適地と誤解しておりすぐさま幕府直轄領の半分の石高を稼げるようになるという皮残余をしていたので、むしろ中止になって正解である。田沼以降も何度か開拓使節は送られたが成功したのは明治に入ってである。

・身分制ガチガチだと間違った認識を受けることもあるが、定信の時代、定信は勉学ができるものを幕府内で出世するように革した。当時は勉学ができて出世できるのは裏方のみで軍事面にはあまり意味がなかったが、定信の時代以降勉学ができるものが等しく出世できるようになった。「寛政以来、幕府の要職者は卑しい身分からの者ばかりで武功のの者は少なくなった」と述べた記録も残っている。

寛政異学の禁の異学という部分で洋学などの学問も排斥しようとしたと誤解されがちだが、この異学とは朱子学以外の儒学のことをしており、儒学の外にある蘭学などの儒学でもない学問を禁止などしていない。ただ儒学の中においてだけ朱子学を正としたのみである。また、禁じたと言っても坂学問所での朱子学以外の講義を禁止したというだけであり、朱子学以外の学を全面的に弾圧したわけではない。坂学問所の講師の中には学問所の外で独自に朱子学以外の講義をとるものもいた。

蘭学に関しては、彼の著書、『下人言』では「蘭学は有益」との記述が見られる。彼個人の趣味としては洋画を収集し、蘭学に傾倒して蘭学者雇って書の翻訳事業させたり亜欧堂田善のパトロンになって洋式版画を刷ったりなどと関心を持っていた。トランペットの製造や日本最初の日辞典の製作ガラス空気ポンプの製造、さらにそれを使った生き物への酸素実験なども行っている。また、彼の意思を継いだ寛政の遺老達の手で洋書の翻訳機関である蛮書和解御用方が作られているなど、思想面はともかく技術面にかけては積極的に採用しようとした面が伺える。

定信が寛政革発足時に発布した天明7年の3年間の倹約して田沼の積極財政から逆転する緊縮政策だと通説でられることも多いが、実のところは、田沼自身が天明3年より、7年間の倹約を発布しているので、少なくとも定信が行った天明7年からの3年間の倹約田沼の政策からの逆転どころか、行わなかった残りの年数を消化しようという田沼の政策をそのまま追認したものである。

田沼と定信をして積極財政VS緊縮財政と思われがちだが、実際はどちらも緊縮財政である。田沼と定信の経済政策に関しては大きな差異はほとんどないと昨今の歴史書には書かれる。田沼は積極的な(大胆な)財政政策こそ行ったが、それをして積極財政を行ったというのは、織田信長革新的政策並みのネット上だけの虚像である。

田沼政権との連続面

通説では松平定信は田沼意次の政策をことごとく覆したとされるが、近年ではむしろ寛政の革には田沼政権との連続面があったと摘される。

定信の反田沼キャンペーンは、かなり建前の面が強く、現実政治は、田沼政治を継承した面が多々みられ、とくに学問・技術・経済情報等の幕府への集中をはかったことや、富商・富農と連携しながらその革を実施したことなどは、単なる田沼政治の継承というより、むしろ田沼路線をさらに深化させたと考えられている。寛政の革において講じた経済政策は、仲間、南二朱判、貸付など、実は田沼政権のそれを継承したものが多かったと昨今の歴史書の多くに記載されている。

さらにいうなら、二朱山田羽書などの貨幣製作においてなどは、むしろ田沼政権よりも先進的な政策をとっているほどである。

関連商品

松平定信に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

松平定信に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%BE%E5%B9%B3%E5%AE%9A%E4%BF%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

松平定信

4 ななしのよっしん
2019/01/18(金) 04:55:54 ID: le0GfB7LUS
見る度によってプラスにもマイナスにもなる

田沼は年貢ではなく商業中心の経済にしたとかいってるいるけど、大間違いで田沼の時代も税収の役は年貢だよ。商業が中心になるって、そんなの産業革命が起こった後だ。
それなのに天明の大飢饉まえから農村の崩壊を放置して最大の財の保全を怠った結果、大崩壊を助長した田沼と、崩壊した農村を建て直してたうえにセーフティネットを設置し、民の生活の安定化を施した定信。
一次産業が基盤の社会という前提を考えれば定信は幕府財政を復し安定させたといえる
5 名無しさん
2019/05/13(月) 20:25:08 ID: laoJa+5+zo
 松平定信の最大の功績はラクスマン長崎への入港許可を交付した事だろう。当面開を避けつつロシア側にも成果が出たと納得させ、武衝突を回避できたのは大きい。
 他には人足寄場の設立も大きな成果の一つだと思う。
6 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 14:45:47 ID: Y1ykNhm5aE
飢餓の時代に登場した老中で農村復事業を起点に諸産業の供給回復して当時の日本人の生活準を元へ戻した功績は絶大
ただそれが上手く行って今度は需要不足に陥ったけど、そこで経済政策を転換できなかったのが失敗
長谷川蔵たちの進言や朝廷からの提案もガン視で緊縮続けて失脚してしまった
バブル期と崩壊を経験して緊縮を叫び続ける年配と被る
7 ななしのよっしん
2019/10/05(土) 22:29:52 ID: SZou3apx0l
不遇の生い立ちが関係してるのかもしれないけど、
独善的過ぎて柔軟性がなかったように見える。
いかにもの前しか見えていない視野が狭い人。
8 ななしのよっしん
2019/11/03(日) 22:59:31 ID: f5zE6OMygO
言われるほど無能でもないし有能でもない
老中としては役者不足で、としては優れた人物といったところ
9 ななしのよっしん
2019/11/27(水) 11:53:58 ID: v9Av3hcoNt
白河の民に学問禁止の愚民政策を押し付けた話は?
10 ななしのよっしん
2020/03/02(月) 10:28:41 ID: It/CMiEf8X
一生懸命やろうとしたのは間違いないと思うんだけど…まあ仕方ないね
11 ななしのよっしん
2020/06/14(日) 05:20:51 ID: WlgxwrIjyv
>>9
司馬史観並みの『風雲児たち』史観は間違いだらけなのでNG。それって、ベルばら読んでフランス革命に詳しくなったつもりでマリーアントワネットを非難してるのとなんら変わらないぞ。

愚民教育どころか寛政11年に庶民用の教育機関を立ち上げてるし、「徽典館」「講武所」「医学所」などの庶民でも入学できる教育機関を立ち上げて、就職まで便宜を図ってるよ。
12 ななしのよっしん
2020/06/29(月) 01:45:47 ID: X83+VzRlqP
この人が将軍になっていたら革ももっと上手くいったのかな?
13  
2020/07/07(火) 01:29:05 ID: OUafhiNmPn
過少過大評価されるだけよさそう
次の革のアレタイミングも悪かったが逆張りマンすぎて