200系新幹線電車単語

ニヒャクケイシンカンセンデンシャ

200系新幹線電車とは、日本国有鉄道国鉄)及びこれを承継した東日本旅客鉄道JR東日本)が設計・製造・在籍した新幹線電車である。

概要

雪国を疾走する「やまびこ」
200系新幹線電車

1982年東北・上越新幹線の開業に合わせて開発・製造され1980年に発表された。0系ベースとしているが対策の為先頭部のスカートはスノープラウと一体となっている。

なお、番が200となっているのは登場当時に東海道・山陽は奇数東北上越偶数としたからであり、この名残が300系以降に表れている。また、200系登場によりそれまで「新幹線電車」と呼ばれていたものが正式に”0系”と呼ばれるようになった。

リニューアル工事などを施して活躍していたが、次世代のE5系登場に合わせる形で東北新幹線速度底上げが行われ、ミニ新幹線用のE3系を除く車両E5系に統一され、それによりE2系E4系上越新幹線へ転属する事から、齢の高い200系は順次されていった。

2011年11月19日からE5系が「はやてやまびこ」に投入され東北新幹線の定期運用からは離脱し、上越新幹線のみの運用となった。その後、2013年1月26日にはE5系の増備に伴いE2系4編成が上越新幹線に転用され、200系は3編成の運用へと減らされた。2013年3月16日ダイヤ正で定期運用が終了し、国鉄及びJR東日本新幹線としての役を終えた。

特徴

上述の通り0系ベースとしているが、路線状態によっていくつかの面で設計が変更されている。

編成

E編成

0系タイプの先頭形状をしている編成で12両。開業当時の編成である。最高速度は210km/h。1993年にF編成改造やG編成への組み換えが行われており現在は存在しない。

F編成

1983年11月デビュー0系タイプの先頭形状だが一部は100系タイプ最高速240km/hに対応しており、東京駅盛岡駅間の「やまびこ」に使用されていたが、2004年3月13日ダイヤ正で定期運用は終了している。

F19編成:オリジナルスタイル200系の中では最後まで生き延びた編成。DS-ATCを試験搭載し、開業前の東北新幹線八戸間を試運転した実績があった。2007年5月11日付けでされている。
F80編成:F17編成を長野オリンピック臨時輸送用に改造2004年6月18日付けでされている。
F90番台上越新幹線下り上毛高原駅浦佐駅275km/h運転を行う為に改造2004年までにされている。

G編成

上越新幹線とき」や東北新幹線あおば」の利用率から10両に減したが、後に8両に短縮。このグループからは始まった。2000年までに全

H編成

東北新幹線フラッグシップとして運用。速達やまびこ」を中心に運用された。先頭形状は100系タイプ、2階建て2両を含む16両編成であった。2007年に至るまでは一の貫通16両編成だが、当時最長12両対応だった上越新幹線には乗り入れられなかった。秋田新幹線開業やE2系の増強などで活躍の幅を狭め、2005年8月28日までにされた。
東海道新幹線から100系引退した後も東京駅に顔を出していた「100系顔の新幹線」であったが、さよなら運転などの催しは特に行われないまま引退した。

K編成

10両編成で、最後まで残った200系編成。全て0系タイプの先頭形状である。最高速240km/h。
山形新幹線開業に際して、併結運転ができるよう改造された編成である。E2系E4系が登場するまで、ミニ新幹線との併結運転は専らこのK編成で行われていた。
一部車両については先頭形状や内装の一新などの延命工事が行われている。なお、この延命工事は2010年までの使用を想定して行われている。
2013年4月1日時点ではK43・47・51編成計30両が在籍していた(配置・新潟新幹線車両センター)。
0系引退後、最後の「団子鼻の新幹線」として親しまれ、各種イベント列車に使われた後、4月14日さよなら運転をもって全が営業運転から退いた。

関連動画

 

関連商品

関連項目

東北北海道上越北陸新幹線及び山形秋田新幹線車両
200系 - 400系 - E1系 - E2系 - E3系 - E4系 - E5系/H5系 - E6系 - E7系/W7系
東北北海道上越北陸新幹線及び山形秋田新幹線列車
東北北海道はやぶさ - はやて - やまびこ - なすの - あおば
上越とき - たにがわ - あさひ
北陸かがやき - はくたか - つるぎ - あさま
山形秋田つばさ - こまち    ※下線付きは現在不使用

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/200%E7%B3%BB%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A%E9%9B%BB%E8%BB%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

200系新幹線電車

24 ななしのよっしん
2013/08/22(木) 18:39:01 ID: Lqz0JenM2y
めて、200系新幹線お疲れ様でした。
25 ななしのよっしん
2014/04/21(月) 17:47:05 ID: 51KIDIEkJr
>>18
ニセモノとはひどいな
そんなこといったら「創業当時の塗装再現」みたいなリバイバル塗装全滅じゃないか
改造ったって周りちょっといじっただけだし、それのおかげであれだけの長期間生き長らえることができたわけだ
26 ななしのよっしん
2014/04/21(月) 18:04:40 ID: nMj9VG7tlB
>>25
定期運用終了しても残しておいた原車両がいたのにそれらを解体して、現行のリニューアルの色を変えることで再現する形をとったから>>18は文句言ってるんじゃない?
さすがにニセモノはないと思ったが
27 ななしのよっしん
2015/01/02(金) 05:15:50 ID: Vfx2Lu6Y8p
>>23
大 正 義 ア ル ミ ニ ウ ム


フラグシップに据えた100系タイプは、大半が初期からの改造
故に置き換え時はあっさり逝った
・新並の性を付加した編成もあったが、普及せずに終わる
・新投入で先が見える中、僅かに始まった大規模リニューアル
・整った編成を組めるチャンスが何度もありながら、初期異端末期まで残存
・置き換え了後もしばらく予備的な扱いで生き残った編成がある
引退時はリバイバルカラーに(ただし原作再現にはならなかった)
200系自体の数が多いってのもあるけど、JR東日本車両政策の縮図みたいな後半生を送ってるんだよな。
28 ななしのよっしん
2015/01/05(月) 20:42:14 ID: D3oKp81qrt
やっぱ車両組成をごちゃごちゃにやりすぎたせいで
編成がいつもぐだぐだになって純な編成すらくなってしまった事(H編成は例外だが)を考えると
200系は、編成の数だけ数奇な運命を辿ったのかな
K25編成だけは必然だったんだろうけど
29 ななしのよっしん
2015/01/21(水) 19:13:42 ID: Vfx2Lu6Y8p
>>28
まで一切の組み替えを受けなかった編成って途中から試験化したF19のみだったってマジ

ただ、言うて末期となる1500番台編成って18本も造られてて、リニューアル計画の12本程度古い0番台なんか持ち出さずとも余裕で賄えてたはずなんだよな。実際未施工のままされた編成の中にも1500番台先頭1000番台中間の統一状態を維持していた編成が複数あったわけで。
多分ありがちな検期限優先で選んだ結果だったんだろうが、あの程度のリニューアルJR東日本レベルの巨大企業にとって果たしてどれほどのメリットだったのか疑問に思うわ。現場は面倒だったろうなあ。
まあ、逆に言えばあのレベルだからこそ異端が混ざるデメリットも気にかけずにいられたとも言えそうだけど。
30 ななしのよっしん
2015/02/07(土) 18:14:24 ID: ycGf0kQZpW
>>29
編成番号も変わらず、組み換えも受けなかったのはマジF19ただ一本のみ(組み換えは受けなくても編成番号が変わったのは結構ある。 F30、8090番台の一部がそう)
途中で7号と11号を入れ替えてるから、組み換えがなかったというと若干弊があるが…

因みにK編成リニューアルはあと何本か作る予定だったらしい。
途中で計画が変わったのか何なのか実施されなかったけど。
だから10001500番代でそろってたのにになった編成はその煽りを受けたって事か
31 ななしのよっしん
2015/02/08(日) 03:52:56 ID: Vfx2Lu6Y8p
>>30
名だけならもう少し増えるのか。
中間抜き取りのみの単純な短編成化を含めれば更に増えるっぽいけど、それでもすごいな

リニューアル計画の中止は「東北系統から撤退させれば12本で足りる」みたいな判断が入ったのだろうか。
32 ななしのよっしん
2016/01/01(金) 18:08:08 ID: PHYF1ZkpWZ
200系って結局最後まで盛より先(~新青森)に入ることはなかったの?
(臨時等含めても)
33 ななしのよっしん
2018/09/02(日) 01:36:28 ID: ZapFQlw4H2
新幹線歴史見るとおもろいなぁ。
100系よりも200系が先に運行するなんて。

急上昇ワード