編集  

F90単語

フォーミュラナインティ

F90ガンダムF90とは、模型と雑誌の連動企画機動戦士ガンダムF90』の略称及びMSである。

概要

F90
頭頂高 14.8m
重量 7.5t(本体)
3,160kw
74,360kg
装甲 ガンダリウム合
ラミック複合材
搭乗者 デフ・スタリオン
シドアンバー
ベルフ・スクレット
ボッシュ
ウォルフ・ライル
ナナ・タチバナ
ミノルスズキ
兵装 60mmバルカン×2
ビーム・ライフル
ビームサーベル
シールド
各種ミッションパック

ナリィ(S.N.R.I.:Strategic Naval Reseach Institute、軍戦略研究所)がフォーミュラ計画により宇宙世紀0110年頃から開発したモビルスーツ

実は一年戦争ホワイトベース隊に所属していたジョブジョンが重役・アドバイザーとして開発に携わっており、外観は意図的にRX-78-2ガンダム」に似せてある。

フォーミュラ計画とは宇宙世紀0102年にサナリィが提唱した「性を下げずにMSを小化させる計画」のこと。F90はそのMS化計画で開発された革新的な機体のため、従来のMSべて小化している。

高性+小化が可になった要因は、大きく分けてマイクロハニカム技術で生成された装甲材と外付けのミッションパックによるところが大きい。

  1. マイクロハニカム構造
    ヤシマ重工がサナリィに提供した「マイクロハニカム技術」を基に構築した構造。金属中に発生したミノフスキー粒子による立方格子構造を核に、異種結晶化結合を成長させることで完成する「強固かつ軽量な金属素材」を使っている。
  2. ミッションパックによる本体の簡素化
    フォーミュラ計画及びF90チーフデザイナーアルマイア・グッゲンバイガー博士導のもと「MSの原点に立ち返る」というコンセプトで生まれた。
    基本武装はビームサーベルと2門の頭部バルカンビーム・ライフルシールドとオーソドックスだが、後述のハードポイントに外付けする「ミッションパック」を扱うためである。これにより重量が極限までそぎ落とされた。

上記の画期的な構造を採用したF90は、「従来30薄いムーバブルフレームと装甲厚による重量減」を実現し、さらに「ガンダリウム合以上の防御」を合わせ持つ高性機となった。

1号機には「A・R(タイプA.R.)」、2号機には「C.A.ⅢタイプC.A.)」と呼ばれるミッションパック統括・制御用の疑似人格コンピューターが搭載されている。

生産機数

確認出来るだけで3機が建造。1号機は従来通りのトリコロールカラー2号機はティターンズチックダークブルー系統のカラーリングとなっている。

第一次オールズモビル戦役の際に2号機はオールズモビルに奪取され、左肩にスパイクアーマーを搭載、を基調としたカラーリングになるなど、ジオンを意識した装備に装された。
2号機は戦役後に連邦軍が回収、その際に機体パーツの6割が新造され「F90II」として生まれ変わった。

後に組み立て前の3号機を素体とするYタイプF90IIIY「クラスターガンダム」が開発されている。こちらは武者頑駄に登場する「飛天頑駄将軍」のモデルになった。
おこの他にも漫画フォーミュラー戦記で予備機が登場しており、ファンの間では3号機と考察されているが、公式にはどのような立ち位置かは不明である。

機動戦士クロスボーン・ガンダムの七人」では1号機がF91及びF97クロスボーンガンダム)と共に木星帝国の軍勢と戦った。

特徴

ハードポイントシステムH.P.S.)」により兵戦や後方支援水中戦など様々な戦況に対応させたミッションパックを装備する事が出来る。その数は、なんと設定上ではアルファベット順に26種類も存在する。多すぎたのか漫画ゲームプラモ合わせて半分以下の10種類しか出ず、どは設定文のみに留まっている。
代表的な武装「V.S.B.R.(ヴァリアブルスピードビームライフル、通称ヴェスバー)」を搭載したV装備は、後継機F91の装備の祖となった。

F90の換装システムガンダムシリーズ全体の換装システムにも影を与えている。例えば宇宙世紀ではジーラインガンダムTR-6[ウーンドウォート]等、1種のMSを軸とした多用途変換構想のMSが存在する。これらはいずれもF90以前に開発された連邦MSであり、コンセプトの相似点がムック等で言及されている。

また、アナザー系でも『新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT』のガンダムジェミナス、『機動戦士ガンダムSEED』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のストライクガンダムインパルスガンダム、『機動戦士ガンダムAGE』のガンダムAGEシリーズなど、現在も形を変えながら受け継がれている要素である。

搭乗者

換装形態

A~Zまで存在し、いずれも本体に備わったハードポイントを介する外付けの装備である。

ただしX(Xtra)、Y(クラスターガンダム)、Z(F0)は本体設計レベルで刷新された状態のことらしく、オプション化された通常のミッションパックと異なるようだ。少なくともYタイプクラスターガンダムに関してはハードポイントを介さないため、別のミッションパックの装備が可となっている。

ゲーム

機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122」における前半役機。
ミッションパックはA,D,H,P,Vタイプが登場。

SDガンダム G-GENERATION」シリーズでもたびたび登場し、「~スピリッツ」以降はA,D,Sタイプを併せて装備した機体が「フル装備」名義で登場している。「~OVERWORLD」では「鋼の七人」仕様のIタイプも登場。

スパロボでは「スーパーロボット大戦α」にVタイプのみがゲスト参戦。第4次におけるSガンダム同様隠し機体で、ドリキャス版ではF91との合体技も使用可

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/f90
ページ番号: 5170757 リビジョン番号: 2451004
読み:フォーミュラナインティ
初版作成日: 13/11/12 22:14 ◆ 最終更新日: 17/01/21 18:19
編集内容についての説明/コメント: 換装形態を編集
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

F90について語るスレ

18 : ななしのよっしん :2017/04/23(日) 18:47:58 ID: VQPkWIR4OM
調べてみたら本当に9年経ってるんだな
でも火星ジオンの最初ってテストから始まるから、9年前の機体をテストするだろうか?って気がする
ミッションパックやAR,CAチップテストだったんだろうか

にしてもボッシュはチップを狙ってた訳じゃなくてガンダムを狙ってたから、行動を起こすタイミングもおかしいような
19 : ななしのよっしん :2017/05/02(火) 11:25:07 ID: YmXkk0tmf9
絶対生かして帰すマン
20 : ななしのよっしん :2017/09/08(金) 15:52:59 ID: Z6axI/s0Xb
>>16
その場合、やはりミッションパックはXになるのかな
21 : ななしのよっしん :2017/09/25(月) 20:27:08 ID: f5rW+LInue
>>17
その9年の間に新機がロールアウトしていないなら『最新鋭の新機』なんじゃね?
F91完成前だしハイエンド機ではないキャノンガンダムのロールアウトも0121年だし
22 : ななしのよっしん :2017/12/18(月) 11:09:20 ID: Sz8kIYv5bi
>>16
F97コアブロック採用だから、クラスターのYタイプの血が濃いんじゃないかな?
23 : ななしのよっしん :2018/01/30(火) 04:37:21 ID: vhpDYyCEo2
F計画の新装備のテストベッド機だし
本体のほうも試しに新エンジンつけてみようとか
フレームの強度上げてみようとかいろいろやってたんじゃね
実際2号機は全面修されてバイオコンピュータを試験的に搭載してて
3号機はコアブロックシステムになってたりしてるし
24 : ななしのよっしん :2018/03/11(日) 00:45:42 ID: QDbUX2wZJb
>>22
接近戦対応のために胸部装甲やらの増厚にジェネレータパワーの大幅向上
一撃離脱の加速上げるためにバーニア増設・推向上
…そのF97の10年ほど前にアナハイムシルエットってのがあってね
25 : ななしのよっしん :2018/05/12(土) 02:40:28 ID: 8YE+Wz22gk
的にMSA‐0120のほうが強そうだなぁw
どうやって勝ったんだろう?
26 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 05:24:52 ID: 3kZL6d1Aip
>>25
当時のF90プラモの解説書に書いてあるのそのままだと
コンペの1次審では最大出と対弾姓、運用コスト、機動
この4つをコンピュータシミュレーション
結果
最大出 MSA-120 > F90
対弾性  MSA-120 > F90
運用コスト  F90 > MSA-120
機動    F90 > MSA-120
で甲つけがたかったけど二次の模擬試験でF90が圧勝した
その時の文書内容(うろ覚えだけど)からMSA-120の性々だけでなくて、サナリィとアナハイム企業体質(社内の見学者に武装警備員をつけたり、各々のセクションが独立し過ぎてて「隣は何を知る人ぞ」な感じで旧態依然とした社、対してサナリィは較的オープンな社等)まで評価の範疇だったらしくて
そのせいでMSA-120は「中途半端な性高価な軽戦闘機」的な評価を食らったらしい。これが不採用の理由らしいがMSA-120と対弾性は軍部に評価さ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
27 : ななしのよっしん :2018/06/08(金) 01:32:39 ID: vhpDYyCEo2
>>17
最終的にはZタイプとしてF99の次の機体のテストにも使うつもりだったらしいからな
実際F99作ってた時も最新技術でフルチューンされてたし
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス