今注目のニュース
最低賃金「今すぐ1000円以上」「全国一律に」 非正規労働者らアピール
呉服店のポスター「ハーフの子を産みたい方に。」に批判殺到 「ご意見を真摯に受け止める」とコメント
米アダルトグッズメーカー、広告を拒否され地下鉄会社を訴訟へ 「ED治療薬の広告はOKなのになぜ」

イエイヌ(けものフレンズ)単語

ケモノフレンズノイエイヌ

掲示板をみる(2,515)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

イエイヌ

イエイヌ(けものフレンズ)とは、スマートフォンゲームなどの各種メディアミックスプロジェクトけものフレンズ』に登場するアニマルガールフレンズ(動物女の子の姿になった擬人化キャラクター)である。

CV:井口裕香アニメ2期)

概要

ご存じイヌフレンズ生物学上はイエイヌ(学名 Canis lupus familiaris)といい、旧石器時代の人類のパートナーとして有史以前から共に生活しており、その歴史はあらゆるペットの中で最も古いという。学名の通り、分類的にはタイリクオオカミ亜種に当たり、コヨーテドールリカオンジャッカルと近縁で、オーストラリアなどに棲息するディンゴアボリジニによって持ち込まれたイヌが野生化したモノの子孫。

ご存知の通りペットとしてのイヌには様々な種が存在するが、けものフレンズではそのうち柴犬シベリアンハスキー雑種トップ画像)の3種がそれぞれ登場しており、柴犬雑種についてはプロフィールも設定されており、どちらも好奇心旺盛で行動的な性格となっている。

けものフレンズFESTIVALでの扱い

FESTIVALではノーマルけもスカウト(無料)で入手可な通常バージョンと、イベント「ゆきやこんこん♪わんにゃんフレンズ限定プレミアけもスカウトでのみ入手できた【遊び】の2種類が存在。いずれも柴犬モチーフデザインとなっている。

通常バージョン

赤色グループレアリティ1のフレンズとして登場。得地地形は平原、苦手地形は原。けもパワーオレンジグループの相手への与ダメージアップ効果、わざは相手に中ダメージを与える『ワンふるアタック』。

【雪遊び】バージョン

向かって左が【雪遊び】イエイヌ。

赤色グループレアリティ4(SSRやUR相当)のフレンズとして登場。得地地形・苦手地形・けもパワーは通常バージョンと同じ。わざは味方全体のはやさを5ターンの間中程度アップする『スノーラン!』。

クロテンの提案により、イエネコとおそろいの冬服をまとってを楽しむイエイヌ。でもゲーム的には相変わらず原苦手。

アニメでの活躍

けものフレンズ2雑種モチーフの個体が登場。右水色、左色のオッドアイで、(体毛)の色は薄い色。少しつきがキツめだが、弾ける笑顔かわいいフレンズである。

アニメ本編での登場シーン

第3話うみのけものラストで初登場時は、と影のみで何のフレンズかは不明。第8話「しんきょくらいぶラストデザイン明らかになり、視聴者の間でイヌ関連であると示唆されたが正体は明かされず。 次話の第9話「おうちにおかえり」にてメイン回のフレンズとして登場する。

オオセンザンコウとオオアルマジロダブルスフィアに、ジャパリスティックをお礼にヒトを探し自分の所まで連れてくるよう依頼し、その結果見つかったヒトキュルルであった。なお、ヒトフレンズであるカバンさんの事も知っていたが、カバンさんの正体が不明なため明確ではない。
ヒトを探していた理由はもう一度ヒト会いたい、一緒に遊びたい、一緒に過ごしたいという純な願いによるものである。

ジャパリパーク内にある宿泊施設で暮らしており、パークが通常運営していた頃から暮らしていた古参フレンズで、当時は来園者と遊んだりして毎日を楽しく送っていた。ある日をヒトは姿を見せなくなったが、今もヒトパークに帰ってくるのを待ち続けているである。ヒトの行動を見て覚えたのか、紅茶の淹れ方を知っており、フリスビーなど昔遊んだおちゃの使い方も覚えている。

ダブルスフィアにより檻に入れられ拉致という形で連行され、気分を悪くしたキュルルが座り込み抵抗したため、彼女が出向く格好で初対面する。自分が暮らす宿泊施設をキュルルがこれから住む「おうち」と案内し、当初は困惑していたもののひとまず一緒に外で遊び始める。それをキュルルを探してやってきたサーバルとカラカルが撃し、カラカルとキュルルとイエイヌがケンカをする事になってしまう。

一旦ケンカ別れし「おうち(宿泊施設)」でイエイヌがビーストに警するよう促すと、キュルルサーバルとカラカルが心配になり外へ飛び出したため、追いかけて合流したところでビーストに遭遇する。ヒトを守るのが自分の使命キュルルを守るため立ち向かうが、ビーストの前にボロボロに返り討ちにされ、間一サーバルとカラカルが駆け付け難を逃れる。

ボロボロにされヒトを守れかったこともあり、キュルルは本来の「おうち」に帰るべきと考え、サーバルとカラカルにキュルルを託し別れを告げる。ヒトに忠実なのが自分の使命と別れる前に最後の命をお願いし、キュルルから「おうちにおかえりの一言に嬉し涙を流し1人で帰って行った。

第10話「ちぇっくいん」にて、事「おうち(宿泊施設)」にいることが確認される。

第12話「ただいま」のラストシーン(Cパート)に登場している。詳細は後述。

フレンズとしてのキャラクターと性格

イヌの人懐っこさを反映しかなり友好的で優しく、特にヒトに対して忠実な性格をしている。喜怒哀楽の表情も豊かで可らしい。彼女の良いところが分かる点として、

などが挙げられる。
ヒトに忠実で尽くす言動は一貫しており健気でらしく見える一方、イヌヒトに飼われお互いがパートナー同士になる動物であることを感じさせる。

一方でキュルル「おうち(宿泊施設)」に連れていかれた後、ここは自分の「おうち」じゃないと言っているのにも関わらず、ここで世話もするし命もして下さいと言い、今までの仲間感謝しつつも今後はお任せしてくださいと一方的に今後の相棒宣言をするなど、独善的で愛が重いともとれる言動をしているのも事実である。

エイヌは非常に長い期間をずっと孤独のまま(第3話でその様子が伺える)でいたため、上記の行動はとても深い寂しさが大きな嬉しさに変わった反動によるものという見方も出来る。

そもそも、イエイヌが依頼したのはあくまでヒトを連れてきてほしい」であり、その方法については示していない。上記の「檻に入れられ拉致」等、イエイヌの元にたどり着くまでに色々と拗れてしまったそもそもの原因は全て、依頼を受けたオオアルマジロとオオセンザンコウ独断行動によるものである。

アニメでの彼女の扱いへの反応

イエイヌイエイヌ

G・ロードランナーなど作中での扱いが悪いフレンズは前話でも見られたが、彼女の場合は最悪と言っても過言ではいほど酷く視聴者から悪いとまで評されるほどである。下記に具体例を示す。

第9話での扱いと反応

  • キュルルは自分の為に淹れてくれた紅茶を、飲みたくないと言わんばかりに横へ避ける。
  • ビーストと遭遇した際キュルルを守る為に戦うも、一方的かつ底的に返り討ちにい傷や泥だらけになる(流血こそしていないが全身に跡ができ、泥まみれになるほど)。
    • なお、これまででフレンズダメージを負う描写はほとんどなく、あったとしても「ど突かれてもちをつく」「ぶつかって吹っ飛ぶ」程度で、イエイヌの描写だけ痛々しく生々しい。
    • キュルルビーストに対する警を促しながら、サーバルとカラカルに知らせようと制止を振り切り外へ飛び出し、それを追いかけていたためにビーストと遭遇してしまった。
  • キュルルは傷や泥まみれになって戦うのを一旦制止しただけで、ビーストが追い払われ一件落着してしまうと一切お礼を言わず、それどころか後述の通り全にする。
    • エイヌは視しているのに対し、途中で助けに来たサーバルに対してはベタ褒めしている。それまでのキュルルは、第2話のレッサーパンダによる案内のように結果的に役に立たなくても、お礼をきちんと言っていただけに大きな矛盾である。
  • 酷い怪を負い傷や泥だらけであるにも拘らず、も手当てをしようとしない。
    • カラカルはボロボロになったイエイヌをその場から離れさせ、戦いが終わった後に起きるのを手伝う。
  • カラカルは「ったく、あんたって思ったより頼りないわね」「そんなんじゃキュルルを任せるわけにはいかないわ」と、ボロボロになってもキュルルを守ろうとしたイエイヌを罵っている。
    • そういうカラカルは、ビーストに戦いを挑むもあっさり横を抜けられ、サーバルがいなければキュルルが襲われていた状況であったため、イエイヌを罵った割に戦えていない。敵わなくても身をって戦ったイエイヌの方がよりキュルルを守ろうとしていたといえる。
  • 別れの際もキュルル労いや励ましの言葉も一切掛けず「おうちにおかえりとだけ発言する。
    • 言葉自体はイエイヌがキュルルめた物だが、前述の通りキュルル自身の気持ちの言葉は一言も言っていない為、頼まれたから言っただけというものであり、これも物語の前半部と言動一致しない。
  • それに対しイエイヌは涙を流して喜び、傷だらけのままもいない「おうち(宿泊施設)」に一人で帰る。
    • エイヌは、人からの命を下され忠実に行動するのが自分の使命であり、キュルルめたため涙を流して喜んで帰るが、傷や泥だらけになったまま一人で帰る。
  • カラカルがスケッチブックをなくしてしまったため、メイン回であるのに絵を渡されていない。
    • その件でキュルルはカラカルと口論になるが、イエイヌが居た事はサーバルも含めかったことのように描写されている。さらに本人の対応がちぐはぐで、持っていたとしても渡していたかどうか不明。
  • メイン回にも拘わらず、アイキャッチ動物紹介コーナーで紹介されない。
    • これはイエイヌが野生動物ではいためと考えられていたが、第10話で同じく野生動物ではないブタが登場したときはきちんと紹介されていたため、扱いの悪さは否定できない。

第12話(最終話)での扱いと反応

ゴマすりクソバード等と言われてネタにされる事もあったG・ロードランナーとは異なり、こちらは精的に苦しくなるような扱いが多い為、『かわいそう』『酷過ぎる』というが大多数を占めている。現在は1人で人の帰りを待っているが、パーク内の人がキュルルかばんしかいない為、一生孤独でいる可性が高いというのも悲惨である。

それどころか上記のせいで、宝物のはずのイラストいきなり自分を襲うセルリアンに変貌して自宅で襲われるという、最悪極まりない危険な未来も待っている。

そして第9話の再現ともいえる、エイヌが主人公3人のを端から見つめる絵」「素敵な絵」く所でけものフレンズ2物語は締めくくられる。

以上のようにアニメ本編の彼女の描写は決して良いと言い切れるものではかった。

しかし・・・

ファンからの扱い

※以下の内容はファンによる二次及び三次創作であり、公式とは関係です。

上記のアニメ本編の扱いから、第7話で人気の出たG・ロードランナー同様、第9話直後から多くの救済動画イラスト投稿された。アニメ本編の描写である「飲まれなかった紅茶」「傷と泥にまみれた体を労いもく放置されたこと」「一人でに帰ったこと」などが救済されている。

詳細はイエイヌちゃんを救い隊を参照。

また、ファンによる三次創作[1]である「けものフレンズR」ではオリジナル主人公ともえちゃんパートナーとして活躍する姿が描かれている。同様に本編での扱いに物議を醸したG・ロードランナーアムールトラ(ビースト)と共にいる事も多い。

こちらの詳細についてはけものフレンズRを参照。

最初に書いた通りこれらは決して公式とは関係のものであり、現時点でイエイヌの公式における扱いはアニメ本編で描写された部分が全てである。しかしそんな彼女を救済しようとする作品が多く投稿されていることも紛れもない事実である。

エイヌが多くのファンされ、幸せを願われているキャラクターであることは間違いないだろう。

関連動画

関連静画

左上は けものフレンズFESTIVAL からの柴犬モチーフで、右上は イエイヌ(シベリアンハスキー) モチーフ、左下は冒頭で掲載されている雑種モチーフアニメに登場した。

お絵カキコ

けものフレンズ2のレス>>21605より

関連立体

※このJACK式はツイッター限定開です

関連商品

関連リンク

有志による素材化

関連項目

脚注

  1. *ともえちゃん自体がけものフレンズ二次創作キャラにあたるため、それを元にしたけものフレンズR三次創作にあたる

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/20(木) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/20(木) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP