今注目のニュース
複数の人を同時に好きに… 男性や高収入層は気が多い傾向も
“京アニ火災”青葉真司容疑者 20代には「下着泥棒で連行」「家族が家賃補填」も
千原ジュニア「いずれ記者会見コントでも」発言に舛添氏「世の中の空気はそんな寛容じゃない」

コズミックイプシロン単語

コズミックイプシロン

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

コズミックイプシロンとは、1989年に発売されたファミコン3Dシューティングゲームである。
販売元はアスミック。

ストーリー

コズミックイプシロン。それは人類最後の希望を背負い、ひとり帝国軍に挑んだ、勇敢な戦士物語

高度な科学と邪悪な欲望が支配する、巨大帝国イプシロン。その容赦ない侵略の前に、人類は危機を迎えていた。絶え間なくなく押し寄せる、攻撃の魔手。悪な帝国軍の前に、平和地球だった。かくして地上は彼らの手に落ち、人類は地底深くに身を潜めていたのである。このままでは人類に未来はない。そのとき、一人の戦士が敢然と立ち上がった。
ズミック・イプシロン。地底基地からスタートし、まず地上を制圧。さらに宇宙艇で宇宙空母を撃破。都市惑星惑星などに設置された帝国軍の要塞をすべて落とし、宇宙空間での絶え間ない戦闘に勝ち抜かなければならない。そして最後にキミを待ち受ける、敵の戦闘惑星アーリア
武器はサイバービットI、IIと自動追尾ミサイル波動砲、そして場面に応じて人間ロボットキャノンシップに変形するサイバープロクターキミ事に最終章までたどりつき、アーリア内部に侵入することができるだろうか…。

(取扱説明書より)

概要

このゲームは、スペースハリアー等に見られる擬似3Dスクロールシューティングであり、数少ない3Dシステム対応ソフトでもある。
特筆すべき点として、地面の表現方法が挙げられる。
当時この手のゲームにおいて地面は市松模様か縞模様が流であった。(更にファミコンではそれをパレット切り替えでスクロール表現している事がど)
かしこゲームラスタスクロールグラフィックの書き換えを駆使し(詳しい技術は不明)、ファミコンとは思えない滑らかなスクロールを実現し、しかも(カクカクとは言え)地面のマップも個性的に表現されており、地面に道路い点線も表現されている)や池が描かれ、更には文字等も立体に書かれている。
また、自機の位置によって視点度も変化するのも特長である。
ステージによって地面が宇宙空間も存在するが、そのような面では柱や隕石等の障物がその役を果たし、高速スクロールが展開される。
演出もまた優れており、音声合成や近づいてくるピラミッドからボスが出現したり、トンネル内を高速で抜ける等といった展開が用意されている。
な演出処理を行っている為、説明書にも「このゲームファミコン限界に挑戦したソフトで、プレイ中に敵キャラ異常に増えた時、画面がチラつくことがありますが、ファミコン本体、ゲームソフト異常はありません」と書かれている。

このゲームは前述した内容であるにも関わらず、ファミコンソフトの中でもマイナーな部類であり、長らく注されない存在であったが、ニコニコ動画プレイムービー(関連動画参照)がアップされた事もあってか、最近再評価されつつある。 

ゲーム内容

自機のサイバープロクターを操作し、3種類の武器を駆使して進める。
武器はBボタンで連射可レーザービームを発射し、Bボタン長押しでチャージし、レーザービーム20倍の威波動砲を撃つ事が可
ボス耐久が高い為、この波動砲を使った戦法がとなる。
ボタンを押すと自動追尾ミサイルを発射を発射可だが、弾数制限があり、スタート時の時点で20発しかい為、闇に使うのは禁物である。
ステージ中に出現するフロト・ネイクを破壊するとアイテムを落とす。
アイテムは3種類あり、「M」はミサイルの補充、「S」シールド(一定時無敵)、「X」は1UPである。
自機のサイバープロクターは地上ステージではロボット形態、宇宙ステージ海底ステージではキャノンシップ形態(戦闘機)に変形する。(グラフィックが変わるだけで性に変化はし)
ステージは全8面構成である。

ステージ構成

その他

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/22(月) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/22(月) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP