ザンギエフ単語

ザンギエフ

  • 8
  • 0
掲示板をみる(175)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ザンギエフとは、CAPCOM対戦格闘ゲームに登場する架プロレスラーである。通称はザンギ

概要

赤きサイクロン、ザンギエフ

1991年ゲームセンターに登場し、爆発的なヒット作となった対戦格闘ゲームストリートファイターII』で初登場した、「赤きサイクロン」の異名を持つロシア(当時はソ連)代表のレスラーである。

モヒカン刈り、面の強面、存在感抜群の胸毛、傷だらけの筋肉々の巨の見た快な言動、そしてそのイメージ通りの筋肉信仰を持った、マッチョの化身。
性格も筋肉信仰故に快だが悪い人というわけではなく、彼自身祖国ロシアする愛国者であり、レスリング部の先輩でもあったゴバチョフ大統領の依頼により、子供達や元気のない人、そしてするロシアのために「ロシア英雄、赤きサイクロン」として戦い続けている。
脳筋な見たに反して大統領と同じ名門大学[1]卒業しており、賢く読書好きで「闘いのペロストロイカ」なる自伝も出版するインテリゲンチャ(知識人)でもある、という、文武両の権化のようなエリート。実はこのインテリ設定、当初は一ファンの「あのザンギエフが大学に通っていた」という摘からウィキペディア等に転載されるうちに「モスクワ大を首席で卒業」「勝利デモでトルストイをはじめとする文の文章を引用した」といった事実根の尾ひれが付いた末、半ば公式逆輸入されたものである。詳細はファンブログ『レッドサイクロン』の記事exitを参照。
同じくユーザーの間で公式設定としてられがちな「東京都知事になる」というのもゲーメストスタッフが『ストII』後のキャラクター達の未来を想像して書いたものであり、CAPCOM公式によるものではない。

対戦格闘ゲームにおける投げキャラパイオニア
様々な対戦格闘ゲームが稼働する現在においてもなお、代表的な投げキャラとして名高い。

鈍重な機動性と巨体故の大きな当たり判定昇龍拳の様な強い対技がく、必殺技がレバー1回転という当時としては高難度のコマンドや、そのいかつい外見から使用者は極端に少なかったものの、「吸い込み」と形容される広い投げ間合いを持つ必殺技スクリューパイルドライバー(通称スクリュー)の魅に取り憑かれる者が徐々に増えてゆき、後に様々なゲームに出演するほどの人気キャラになっていった。

シリーズを重ねる中で、飛び道具をかき消しながら前進できる技や、スーパーアーマー付きの通常攻撃など、飛び道具対策がされることもあった。
余談だが公式で嫌いなものは「飛び道具」である。

キャラクターとしては上記のような性だったため発売当時は低く評価され、事実上の最弱キャラとされていた。
しかし研究が進み、地上でジャンプをせずにスクリューを決める「立ちスクリュー」が発見されると中者はますます増え、ザンギ使いのエキスパート日本中で様々な伝説を築き上げた。

著名な使い手としては、リキヤ、ポニー、グンゼが挙げられる。

彼のようなショートモヒカンを、俗に「ザンギヘアー」「ザンギ刈り」とも称することがある。

関連するロシア語

ロシア人である彼やそのステージには、いくつかのロシア語が登場している。代表的なものとその和訳を以下に示す。

「ボリショイ・パビエーダ!」 (Большой победа!)
勝利ポーズにおけるセリフ。「すばらしい勝利だ!」「大勝利!」などという意味になる。ただし文法が誤っており、正しくは「Большая победа」。
ハラショー!」 (Хорошо!!)
勝利ポーズにおけるセリフ。「いいぞ!」などという意味になる。
ZERO2ザンギエフステージメッセージ
「睡眠睡眠睡眠不足 働け働け労働者」。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *ゴロバチョフ大統領モデル元であるゴルバチョフ氏も東大以上の難関と言われるモスクワ大学卒業している。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/21(木) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/21(木) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP