今注目のニュース
トルコ移住も2ヶ月で帰国の三瓶 加藤浩次は「なんで帰ってきたんだよ?」
小林麻耶さんの復活で9月1日に事件が起こる可能性 「第二の堀ちえみさん事件か」と危惧される状態
AIがお客の警戒を解く 高島屋がオーダースーツ売り場で人工知能導入の背景

ラスボス(笑)単語

ラスボスカッコワライ

掲示板をみる(464)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ラスボス(笑)』とは、ラスボスの名にふさわしい実を持っているとは言い難いものに対して付けられる蔑称(?)である。

ラスボス本来の意味については『ラスボス』の記事を参照。

ラスボス一方的に倒す動画タグに付いていることもある。

概要

物語黒幕にあたるポジション最終ボスにも関わらず、手前の中ボスやその前のザコ敵よりかに簡単に倒せたり、
普通ストーリーを進めたら詰む要素が皆無で、最終ボスにふさわしい実を持っているとは言い難いものに対して付けられる。RPGに使われる事の多い用で、アクションゲームなどの個人差が出やすいジャンルには使われにくく、使う対によっては「おまえは何を言っているんだ」と言われかねないので注意。

グラディウスシリーズ、『FF7』、『FF10』等のように、実質的なイベントバトルとなるものは該当しない。
また、謀者を倒した後で謀者より弱い乱入者が登場する場合、謀者側が「ラスボス」と見なされ乱入者側はラスボスと見なされない場合が多い(ラスボスの項を参照)。

また、ゲーム自体の難易度が低めに設定されていてそれ相応の強さという場合は良調整であり、エディフィス(スターオーシャンブルースフィア)のようにラスボスが意図的に弱く設計されているような場合などは、その情けない死に様や、もう決着がついているのに向かってくる悲壮感などがストーリー上の意味付けとなるため、(笑)とは言われにくい。(マカマカ博士に関しては全にギャグ描写のため、直接的な意味で(笑)ではあるが。)
また、多少感覚的な要素も含み、ストーリー上の設定や尊大な言動に対して弱かったりすると言われやすくなる。

主人公(笑)元ネタアレックス(ストリートファイター)
しかし、ラスボス(笑)の元ネタ主人公(笑)から生した言葉であると思われるのだが、詳しいことはわかっていない。元々は初版記事編集者特定リダイレクトしていたものだったが、一般的意味の記事にするため解除された。

よくラスボス(笑)と称されるラスボスたちの一覧(50音順)

がったいヤプール(ウルトラマン楽部)
パーティメンバー4人のHP9000~6000なのに対し、ラスボスは命中率3割程度、ダメージ50200の単体攻撃しか行わない。こちらが100ターン何もしなくても、味方一人殺せるかすら怪しい。
シナリオが進むごとにパーティが強化されるため、ヤプールに会う時点で一定レベル以上が確定し、ヤプールに合わせた強さで挑むのは事実不可能
ゲオルグ・ワイスマン(空の軌跡SC)
ある意味世界的に有名なラスボスgoogleラスボスと検索すると…?exitファルコムラスボスは昔からでっけぇキモいデザインが多いから仕方ない。
行動そのものは正に吐き気を催す邪悪というべきものでラスボスとしての強さも「一応」あるのだが、問題は前座であるレーヴェにステータスATS以外負けている上に、あちらは元々強いにもかかわらず当初からファンが弱すぎるとが上がりその結果強化パッチで更に強化されラスボスよりも強くなってしまった。実際プレイヤーからレーヴェで苦戦したがワイスマンで苦戦したというはあまりでていない…というよりレーヴェの印が強すぎて憶えていない方が正しいか。何しろレーヴェは開幕Sクラフト(超必殺技みたいなもの)で全滅する可性もあり、その後も分け身で増殖、取り巻きもアーツキャンセルを仕掛けてくるなどときわめて厄介かつ強い為か負けても先に進める仕様
話を戻すとラスボスらしくからめ手に秀でており、耐性がないと阿鼻叫喚になるのだが…逆に言えば対策をしっかりと取れば問題ない上、大技発動時はDEF・ADFが低下するためSクラフト等でぼっこぼこにされる。
そもそも軌跡シリーズ歴代ラスボスはラスボス(笑)の方が多い。やり方によってはアラン・リシャールによって何もできずにやられるアニマ=ムンディとか、アーツ反射で自滅する可性がある上に取り巻きの方が厄介ヨアヒム・ギュンターとか、遅延や気絶が効いたりずっと俺のターン!が可ロア・エレボニウスとか…。例外は碧の軌跡デミウルゴス那由多の軌跡ダメージの騎?あれイベントバトルだし…。
裁きの女神ミロワージュ(ヴァルハラナイツ2バトルスタンス)
戦闘曲が流れ始めて数で倒せるほどの圧倒的弱さを誇るラスボス。第2形態等もないので本当にラスボスなのかすら疑わしい。
サタンさま(魔導物語ぷよぷよ)
少なくともラスボスとして十二分な強さはある(ただし『ぷよぷよ』の第1作では落下速度が速いだけで二連鎖を繰り返し行う程度で自滅する)のだが、彼の場合実の問題ではなくラスボスなのに毎度毎度ギャグキャラ扱いであることが問題となる。主人公(笑)の定義を満たすラスボスという意味でのラスボス(笑)である。
ジエ・リヴォースSFCスターオーシャン
生身で近接格闘を仕掛けてくる第1形態とモビルアーマーの様な巨大ロボに乗り込んで闘う第2形態があるが、この第2形態が異様に脆い(第1形態も十分脆いが)。画面の約左半分を占拠している為ほとんど動けず的同然で、最大HP第1形態から1000しか増えていない(31000→32000)という見たに似合わぬ紙装甲である。一応攻撃は高く、初めて戦う時のレベルで攻撃をまともに喰らえば前衛キャラでも死にかけるし、こちらの攻撃を効化しつつ回復するなど、ラスボスっぽい点もあるのだが、こちらのスキルを数発喰らわせるだけで大破してしまうという事実がそれらをませてしまっている。メンバー必殺技・装備によっては数で撃墜できるために、プレイヤーからは5ボス(ひどい時は3ボスとまで呼ばれてしまう可哀想な人。ちなみに、SO2でのスピキュールガブリエル、裏ダンジョンで戦うシリーズ通しての壊れボスが登場するのは、あまりに弱過ぎるとの意見が殺到したこの人のせいだったりする。
スカフェイス(スパイフィクション)
正攻法で戦えばそれなりに苦戦する相手であるが、改造した機械の半身があだとなり、ゲーム中盤以降に入手できる「ジャミングモバイル」を使用すると頭を抱えて動かなくなり、周囲の台も停止してしまう。故にノーダメージで勝つことも容易なボスである。また、このゲームラスボスは正確には「ジェットエンジン」である。
セイヴァーFate/EXTRA)
おそらく正体は仏陀。絶対即死の必殺技はあるものの出が遅くステータスもたいして高くないため、事故死に気をつければその前の決勝戦の相手のほうが強いということにも。どちらにせよ速攻で勝負がつくため「えっ?終わり?」と思ってしまう。ガチ戦闘が強い仏陀もそれはそれで嫌だが。
堂島大吾龍が如く4
正確には桐生パートでのラスボス。そこそこは強いのだが操作キャラ桐生が高性な上、龍が如く2では第1章ボスだった上にその後シリーズもパッとしない活躍だったためファンヘタレ認定を受けることとなってしまい「えっ?お前ラスボスなの?」「格が違いすぎる。」「コイヨキリュー」などと散々なことを言われることとなった。
相沢龍が如く5 夢、えし者)
彼も桐生パートでのラスボス。4人のラスボスで一番体が多いのだが操作キャラ桐生が更に高性になりその上、部の傷が未完治の状態の彼に敗してしまう。序盤では桐生編・第2章ボス兄貴分の森永タッグ)だった上にその後、地下闘技場で冴島大河肉体言語交わしたりと後のラスボスとは思えない活躍だったためファンから「えっ?なんでお前ラスボスなの?」「格が違いすぎる。」「森永のほうがよかったんじゃ…」などと散々なことを言われることとなった。
NEOミクトラ(テイルズオブデスティニー)
でっかい手羽先シルエット千葉県に似ている。申し訳程度にワープなど使ってくるものの、でかいので大抵のプレイヤーサンドバックにされる運命。リメイクではミクトライグゼシブと言う名前になり姿も大分かっこよく変更され、テイルズでも上位に入るごたえのある強ボスとしてよみがえった。
リスコル(フロントミッション)
主人公人を殺するなどストーリー上の悪役っぷりは相当なもので、序盤の顔見せ時に手を出そうものならこちらが返り討ちにされる程度の強さはある。(序盤より後半のほうが簡単なこのゲームバランス上)後半に戦う際には顔見せ時に感じた強さは感じられなくなるが、それでも雑魚並みor雑魚以下というわけではないし他のネームドも同じような強さ。そんな彼がなぜここに挙げられているかというと最終戦における醜態が原因である。そもそも最終戦の敵側の容は広いマップに動かないラスボス、そこまで強いわけでもないのにやたら頭数の少ない雑魚中ボス×1、こちらは普通に全出撃可、と突っ込んできた敵を袋叩きにするだけで簡単に突破可な有様である。加えてこのステージ、ひいてはこのゲームの締めとなる彼の特徴だが、ラスボスらしく機体パイロットともにステータスは高い、(施設とコードでつながっているデカブツなため)動けない、遠距離攻撃は不可能、倒すと雑魚に毛が生えた程度の機体に乗り換えてくる。要するに遠距離攻撃を繰り返せばノーリスクで撃破でき乗り換え後もこちらが万全の状態なのでっ向からぶちのめせるということだ。これはひどい
ビーストマスターメダロット
強さは充分なのだが、よりによって戦う前にパーツが購入できる(仲間にできる)というRPGラスボスとしてあるまじき仕様のためネタにされる。
ベルド(ファイアーエムブレム トラキア776)
ラスボスだが、現実に例えるなら支店長。この作品は『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』の6章から8章までのサイドストーリーという位置づけであり、マンフロイ級の黒幕を置いてしまうとストーリー矛盾が生じてしまうため、彼のような微妙小物最終ボスとなってしまったのは仕方いともいえる。しかし、ベルドの実はその設定に合った程度のものしか持ち得ず、専用魔法に関してもやりようはいくらでもある。むしろ、それを最初に装備していることが足を引っっている。それどころか武器を剥いで戦わずに捕まえることすら可ゲーム全体の難易度較すると明らかに強さが釣り合っていない。本作品は序盤から難易度が非常に高いので、計画的に鍛え抜いたプレイヤーの前では空気も同然である。
マカマカ(摩訶摩訶)
最初はラスボスらしからぬ弱々しい外見だが、最終形態ではラスボスらしい迫ある姿となる。にもかかわらず、最終形態はなぜかHPが「1」であり、打撃1発でも与えれば楽に倒せてしまう。ちなみにバグが多いことで定評のあるゲームだがこれは「仕様」であり、変身するのにエネルギーを使い果たしてしまったせいなのだという。ちなみにすぐ倒せるため気づかれないことが多いが、最終形態の攻撃は高かったりする。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/24(土) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/24(土) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP