単語記事: 鷲尾須美は勇者である

編集

鷲尾須美は勇者である』とは、タカヒロによるイラストノベル作品である。
イラストBUNBUNが担当。

概要

シナリオライタータカヒロ氏が展開する「タカヒロ4プロジェクト」の3つとして発表されたイラストノベル
『電撃G'sマガジン2014年5月号にて発表され、6月号から連載開始、2015年1月号の第8話をもって完結した。

各話には、本編とは別に勇者御記という、勇者の手記のようなものが掲載されているが、「検閲済」の判子とともに一部の記述が塗りにされている。

TVアニメ結城友奈は勇者である』は、本作品の2年後の設定となっている。

あらすじ

時は世紀298年、死のウイルスが蔓延する世界で、四国地方によって守護されていた。
そしてによって選ばれた3人の少女は、を破壊しようと外部からやってくる異形の存在・バーテックスを撃退すべく、「勇者」として戦う。

登場人物

3人の少女館6年1組に所属している。文字色はそれぞれのイメージカラー
好きな食べ物は全員うどん」。(三ノ輪銀は、うどん+しょうゆジェラート
CVは、ゲーム結城友奈は勇者である 樹海の記憶』のもの。)

鷲尾 須美(わしお すみ)鷲尾須美 - CV:三森すずこ
12歳。で、お堅い性格である。発育がよく、スタイル抜群。
園子やに振り回されることも多いが、彼女らから学ぶこともまた多い。
鷲尾と名乗ってはいるが、生まれは鷲尾よりも下の柄である。
園子には「わっしー」、には「須美」と呼ばれる。
戦闘時の武器は矢。(遠距離
乃木 園子(のぎ そのこ)乃木園子 - CV:花澤香菜
12歳。爛漫な性格で、よくボーっとしているが、やるときはやる。
いざという時の判断に秀でており、3人のうちのリーダー役に抜される。
須美には「そのっち」、には「園子」と呼ばれる。
戦闘時の武器は。(中距離
三ノ輪 銀(みのわ ぎん)三ノ輪銀 - CV:花守ゆみり
11歳。とても快活な熱血少女。お気に入りスポットは近所のショッピングセンター
生まれたばかりのがおり、とても大事に思っている。
須美には「」、園子には「ミノさん」と呼ばれる。
戦闘時の武器は。(近距離

世界観

結城友奈は勇者である」とほぼ同一だが、本作の時点ではまだバーテックスを倒すことができない。
また、同じ四国のなかでも舞台となる場所が異なる(本作は香川県坂出市、「結城友奈~」は香川県観音寺市にあたる地域)。

詳細は「結城友奈は勇者である」を参照。

各話のあらまし(ネタバレ注意)

(この項では、『鷲尾須美は勇者である』各話の大まかな展開について記述する。連載雑誌を買っていない場合などに参考にしていただきたい。当然ネタバレが含まれるので、文字反転。)

編集者より

以下の「あらまし」には、「結城友奈は勇者である」をより深く理解するための重要なファクター一通り含まれているものの、その他の日常シーンなどは大幅にカットされている。
本作品をより楽しむために、単行本などで原作を入手されることを、一個人として強くお勧めする。

第1話~第3話

第1話「わしおすみ」

鷲尾須美い。起きた後は井戸で体を清め、神社に参拝し、それから朝食である。
料理趣味の彼女は、両親の洋食嗜好が不満であり、自ら進んで和朝食を作っている。

彼女が通うのは「館」の六年一組。クラスメートも皆品がよく、彼女もまた彼らと分け隔てなく接していた。
しかし彼女も人の子、クラスメートのうち乃木園子三ノ輪銀だけは苦手だった。
園子はいわゆる天然系な性格で、須美の調子を狂わせる。
は遅刻癖があり忘れ物をよくする子だった。同じお役についている者としての自覚を持ってほしいと須美は思っていた。

休みが終わる頃、環境に異変が起こった。須美と園子と以外の、全ての時間が止まってしまったのだ。
これが樹海化と敵襲の予兆であることを、3人は訓練で教わっていた。遂にお役を果たすときがやってきたのだ。
3人は事前に教わったとおりに勇者システムを起動し、武器を携えた「勇者」に変身した。

3人が大橋に到着後、程なくして敵は現れた。生物とも機物ともとれる異様な物体、バーテックス。
その侵攻を食い止めるべく、3人は初めてのお役に挑んだ。
戦闘に入ると、チームワークはまだまだながらもそれぞれが武器を的確に生かし、見事敵を退けた。
は敵物質の摂取に伴う精密検のため、下校時は別行動となった。)

戦闘後、須美は園子に苦手意識を持ったことを後悔した。園子もああ見えて、しっかりお役に向き合っていたのだ。
二人はチームワーク構築も兼ねて祝勝会をすべく、近所のショッピングモールへと向かった。

これは、三人の勇者物語
いつだって、に見初められるのはなる少女である。そして多くの場合、その結末は――

第2話「みのわぎん」

三ノ輪銀には、生まれたばかりのがいる。は「煩悩」で、くからの世話を焼く。
遅刻をよくするのはそのためだった。今日も時間ぎりぎりで学校へと向かう。

その日の放課後、須美、園子、は、祝勝会という名でショッピングモール「イネス」でジェラートを食べていた。
の勧めでジェラートを初めて食べた須美と園子はその美味しさに驚き、互いに食べさせあいなどして3人共々楽しく過ごした。ただし、しょうゆ味のジェラートだけは、2人には不評だった。

食後3人はイネスの屋上で世間話にを咲かせ、友情をぐっと深めた。
明日からは3人合同訓練が始まる。これでチームワークも一段と良くなるだろう。

ところが、いざ合同訓練が始まってみると、は3回に1回は遅刻していた。は理由は言わずに謝るのみ。
遅刻の理由が気になる須美は、次の休日に園子と共にの私生活をのぞいた。
の世話だけでなく、事や買い物、さらに人助けまでしていたのだった。の遅刻の理由を悟った2人は、の手助けに向かった。
痛の老人をまで送り3人で世間話をしながら帰る途中、時間が止まった。敵襲である。四国はすでに樹海と化していた。3人は勇者変身し、大橋に立った。

今回のバーテックスに対し3人は苦戦した。が、園子の的確な判断、の怒涛の攻撃によりなんとか撃退した。
敵との相性が悪かった須美は、戦闘後、に負担をかけた責任を感じ涙を流した。
は須美を泣き止むまで抱きしめ、2人のはまた深まった。そして、訓練に遅刻しないことを約束した。

第3話「のぎそのこ」

今日放課後は図書室で3人だけの勉強会。勉強が苦手なのためである。
しかし成績優秀な園子は寝てしまい、須美がに対して歴史を教えていた。
四国を覆うの存在的は、バーテックスとは、何故バーテックスと戦うのは勇者なのか・・・勇者としての基礎知識。さすがのもこれは理解していたようだった。

訓練場に向かうの中で、運転手の担任教師は園子を隊長名した。すっかり自分が名されるものと思っていた須美にとってこれは意外であり、少し自尊心が傷んだ。しかし、よく考えれば園子は他の2人にべ、大赦においてかなり権を持つ柄の出身だった。須美は園子が隊長に選ばれた理由を察した。
さらに、担任教師は次の休日に合宿がある旨を告げた。

次の三連休に合宿は始まった。5時の起床から入浴まではひたすら鍛錬である。そして、ようやく訪れた自由時間。3人は温泉で騒ぎ、床に入った後は女子トークを咲かせていた。

そんな楽しい時間にもバーテックスは襲ってきた。3人は直ちに出撃。
今回はレーザーを備えたバーテックスである。序盤は相手のレーザー攻撃に押されていたが、園子の揮で須美は発射口に矢を撃ち込み、バーテックスは大爆発。弱ったところを一気に畳み掛け、バーテックスをの外に追い出した。

戦闘後、須美は園子が隊長に選ばれた本当の理由を理解した。これまでの戦いでも、いざという時の決断、判断は3人の中でずば抜けていた。先生柄など関係なく、彼女の素養を見抜いて名していたのだった。須美は自分の劣った点を棚に上げて勝手な納得の仕方をしていた自分を恥じた。
須美は自分の役割を認識し、これからは園子をしっかりとサポートしていくことを決意したのだった。

第4話~第6話

第4話「たたかい」

七月館は遠足の日を迎えていた。須美たち一行は、巨大な日本庭園やアスレチックコースなどを備えた県内最大の観光地を訪れていた。3人はそれぞれの提案で観光地を回り、とても楽しい時間を過ごした。
帰りのバスから降り、明日からの休日の予定について話していると、時間が止まった。バーテックスがやってくる。

大橋の上で待ち構えていると、敵が現れた。今回はなんと2体である。想定外の事態だったが、園子は落ち着いて作戦を2人に伝達。3人は敵に突撃していった。結果、園子の作戦が功を奏し、須美は勝利を確信した。
しかしその時、上から強な矢のが降り注いだ。バーテックスもダメージを受けていたが、3人は想定外の攻撃に対応できず、横からの攻撃で大きなダメージを受けた須美と園子は戦闘不能に陥ってしまった。
前方には、敵に合流する3体バーテックスが見えた。敵は2体ではなく、3体だったのだ。敵の、高度な再生を生かした連携プレーにより、戦況は一挙に暗転した。

動けるのはのみ。「またね」と軽く言うと、ほかの2人をの下に落として退避させ、たったひとりで3体のバーテックスに立ち向かった。
須美を、園子を、を、家族を、皆を守りたい。その一心で、は大きなダメージを受け血だらけになりながらも、をも忘れた猛な攻撃を繰り広げた。

須美と園子はやがて動けるまでには回復した。静か過ぎる上にたどり着き、2人が見たのはの方を向き、を構え立っているだけだった。バーテックスは去ったのだ。2人は安堵し、をかけた。

しかし、は2人の言葉には応えず、血まみれのまま、の方を睨みつけただ立ち尽くしているだけだった。

第5話「さようなら」

ある初の日。3人は休日を満喫していた。プールで遊び、好物のうどんを食べ、夕暮れの時までらう。
はやお染みの
楽しい時間はあっという間に過ぎ、別れの時間。もっと話したいが、また明日話せるだろう。
しかし須美は突然不安に駆られた。明日、自分はに会えるのか…?思わず須美は去っていくを呼び止めたが、いくら呼んでもは振り返らない…

須美はを覚ました。深夜の大赦施設で、須美は夢を見ていた。須美の隣には、寝ている園子と一基の
は、先の戦いで命を燃やし、散っていった。

翌日。の中、の葬儀は粛々と行われた。そして遂に最期の別れという時、情にも時は止まった。
須美は柄にもなく怒りを爆発させ、吼えた。戦友との別れすらしたバーテックスを、絶対に許さない。
2人はに呼びかけ、出撃した。

今回の敵は幸いにも1体。友の弔い合戦とばかりに2人は猛攻を繰り広げるも、敵はなかなか後退しない。
2人はの存在の大きさを今になって再び知らしめられた。しかしその強使いはもういない。
勇者は決して根負けしない。矢による根性の攻撃を数時間続けた結果、敵はようやく去っていった。

数日後、担任から勇者システムの強化について説明を受けた。これで2人でも暫くはお役を果たせるだろう。
ただ、適性の問題で増員はできないという。
そして、担任は2人を抱きしめ、方たちはまさしく勇者であると称えた。しかし、園子は泣きながら言う。ただひとりで3体もの敵に立ち向かい、追い返したのことを忘れないでほしい、私達は3人で勇者なのだから、と。

その側で、須美も泣いていた。もう帰らない友の名前を呼びながら、めるように泣いた
いくら泣いても、泣き足りなかった。

 

三ノ輪銀 死亡

第6話「せいれい」

館は夏休み。しかし、お役摯に向き合う須美と園子には遊ぶという発想はない。
有事に備え、大赦の施設内でひたすら鍛錬に取り組んでいた。
須美と園子は悲しみを心にしまい、泣くのをやめた。
様に抱かれ、2人の活躍を見守ってくれていると先生も教えてくださった。

強化された新しい勇者システムは、実戦投入を間近に控え最終調整の段階に入っていた。新しい勇者システムでは、武器が少し変わり「サポート」もつくという。担任くその「サポート」というのは「精霊」というものであるらしい。
なんでも、どういうものか口で説明するのは難しいらしく、新システム支給の時のお楽しみということになった。

その後担任は色を正し、2人に息抜きとして今晩開かれる大赦のお祭りを楽しむよう勧めた。
渋る須美を担任は「命令」という形で了承させた。こうでもしないと、頑固な須美は動かない。

出店でいっぱいの神社内を歩いていると、級友をたくさん見かけた。どうやら全員集合しているらしい。
様がいなかった旧世紀では、感謝るという考えが今ほど民には定着しておらず、お祭りはこれほど賑やかではなかったという。
須美と園子は思い思いに出店を回った。勇者たちも、今だけはただの子供になっていた。

打ち上げ花火が上がれば、祭りも終わり。
花火が終わってしまったのを寂しく思いながらも、来年また見ればいいだけの事だと須美は自分に言い聞かせた。

その後しばらくして、須美は仕上げの合宿のため、出店で獲った金魚を両親に託しを出て行った。
、合宿先の布団の中で、テンションを上げた挙句眠ってしまった園子の寝顔を眺め、須美は考え事をする。
ここしばらくバーテックスの襲来はない。等は何をしているんだ。不気味に思いながらも、須美はを閉じた。
明日の鍛錬のために。来年、また園子と花火を見るために。

同じ頃、須美と園子のには大赦からの使いが来ていた。
その使いの言葉を聞いたそれぞれの両親は、涙を流した。
この涙の意味を、勇者たちはまだ知る由もない。

涼しい。
「鍛錬の」が終わり、「決戦」が到来する。

第7話~第8話

第7話「やくそく」

世紀298年の勇者システムアップデートに伴い、須美と園子はに御挨拶をしに行った。
いくつもの土着のが合わさってできたのおかげで、人類は事に生活を送ることができている。須美は西暦の終わりから世紀の始まりまでの神話を思い出していた。

2人はに触れた。緊していた園子も、のぬくもりですっかり落ち着いていた。
一方須美は、に触れたとき違和感を覚えた。頭の中に何かが流れ込んでくるような、未知の感覚だった。
そして裏に限に拡がるが見えたとき、須美は意識を失った。

須美は気がつくとにいた。園子は心配して寝ながらも付き添ってくれていた。
須美が見たのはのお告げである「託」で、内容は数体のバーテックスが近く襲来するというものだった。
しかし怖くはない。かねてから新しい勇者システム訓練も重ねているし、須美は「シロガネ)」と自ら名づけた新たな武器も手に入れていた。

新しい勇者システムの大きな特徴は「精霊」と「満開」。「精霊」は、勇者一人に一体つき、敵の攻撃から身を守ってくれる。そして勇者としてのを振るえば、が溜まっていき「満開」に至る。満開の時の攻撃は、普段のそれを越した「の一撃」らしい。この「満開」を繰り返すことで、勇者としてレベルアップできるという。

ある日の放課後、2人は「イネス」を訪れた。に案内されてから2人もイネスに詳しくなっていた。
百円ショップフードコートなどで気ままに楽しく過ごした後は、沿いの公園へ。この公園は、旧世紀に瀬戸大橋完成を記念して造られたもので、観光客にも人気の場所だった。
3人会えてよかった。黄昏の下、須美と園子は互いに感謝の言葉を交わし、これからも宜しくねと伝え合った。

ふいに、吹いていた海風が止まった。予言されていた敵が、とうとうやってくる。
本当は一緒に戦いたいが、武器の性質上2人は離れて戦うことになる。園子は自らのリボンを須美に託した。

人類の「」敵バーテックスと、「土」着のに選ばれた勇者
後にり継がれる「瀬戸大橋跡地の合戦」が始まった。

第8話「ともだち」

瀬戸大橋跡地の合戦

四国で既に樹海化していた。須美と園子は端末からそれぞれの精霊を呼び出す。須美のは坊主、園子のは鴉天狗という精霊だった。
須美の新しい武器は、矢以上の火力めた結果スナイパーライフルとなっていた。須美はこの武器に「シロガネ」と名づけている。須美自身も、この戦いに備えて銃器訓練を重ね、すっかり技術を身につけていた。
軽い会話を交わした後、2人は大橋に直行した。

今回のバーテックスは3体。細長い体を持つ牡羊座、巨大な体を持つ獅子座、そして中を泳ぐ魚座
勇者システムには新たにレーダーも実装され、全ての敵を確実に捕捉することができる。
託では、バーテックスのイメージであるという。ウイルスから生まれた存在にイメージというのも奇妙だが、大赦は踏み込んだ話になると明確には答えてくれなかった。

遠くにいる獅子座は動きを見せず、牡羊座のみが大橋を突進してきた。須美はすかさず狙撃、弾丸は命中し、ひるんだ牡羊座は動きを止めた。そこに園子が攻勢をかけ、牡羊座バラバラに切り刻んだ。園子の武器は相変わらずだが、切れ味が格段に良くなっているようだ。
しかし牡羊座の特徴は「増殖」することだった。切り離した部分から体が再生し、牡羊座は6体に増えた。
その後も2人が攻撃するたび牡羊座増殖していったが、やがて本体は一つだけで後はダミーであることを2人に見破られたことで集中火を浴びた牡羊座は退いていった。ダミーを相手にするうち、須美の体の弁の刻印(満開ゲージ)も一杯になった。これで、勇者の切り札「満開」を使用することができる。戦いは勇者側が優勢だった。

残りのバーテックスは2体。魚座大橋に向かって突進し始め、獅子座ゆっくりと前進を始めた。
そして魚座面から勢いよく飛び出した間、須美が魚座を狙撃。またもや命中し魚座が体制を崩したところを園子のが切り裂き、魚座は切り身にされてへ落下した。
しかしその隙に、獅子座を直接狙っていた。幸いまでまだ距離が遠く獅子座レーザーは届かなかったが、次は確実に当ててくるだろう。それだけは絶対に阻止しなければならない。須美は満開することを決意する。

満開状態の須美は中に浮く戦艦のごとく、獅子座に向かってから撃した。須美の大火力の前に、獅子座はあっという間に中に叩き込まれた。しかし敵もまだ退く気はないようで、中で再生を始めた様子。
やがて須美の満開状態は解除され元の姿に戻った。だが、なぜだか足がまったく動かない
そこで今度は園子が満開し、須美は援護に回ることとなった。満開した園子の踊るような撃と須美の正確な射撃により2体の敵は再び中に沈んだ。だが須美がレーダーを見るに、敵はしつこいことにまだ退かないようだ。園子もレーダーを見ようとしたが、そこでが見えなくなっていることに気づいた。須美の足も一向に動かない。敵が呪詛を送ったのかとも思われたが、を持つ自分達にそのようなものは通じないはずだ。

園子「(敵の攻撃じゃない、ということは……?)」

須美の満開ゲージは先ほどの援護射撃で再び一杯になっていた。園子があっと思ったときには、須美は二度の満開をしていた。に落ちる前に消し飛ばすべく気合をこめた怒涛の撃を獅子座に浴びせ、あと一息で粉砕というとき、須美は獅子座の中に太陽のようなものを見た。あれが急所に違いない。満開解除寸前でそう思った須美が最後の一撃を加えようとした間、その太陽突然須美に攻撃。須美は対応できず弾き飛ばされ、気絶してしまった。

一方魚座は、中から瀬戸大橋を破壊し始めた。園子は須美を陸地に退避させたが、起こすことはしなかった。
いざという時に頭の回転が速い彼女は、勇者システムのおぞましい部分、「満開の代償」に気づいてしまったのだ。
ならばもう須美を起こすことはない。満開するのは自分だけでいいのだ。園子は再び満開し、敵に向かっていく……。

戦いの後

その日、四国で大規模災害が発生し、死者2名と負傷者12名を出した。亡くなった2名は、大赦に勤めていた夫婦だった。報道では、瀬戸大橋もこの災害で破壊されたものとされた。
戦いを終えた須美と園子は直ちに搬送された。状況から、園子はなんと10回以上も満開をしていたという。

大赦内部では話し合いがもたれていた。大打撃をうけたバーテックスがしばらく攻めてこないことは託で判明しているが、等は必ず1,2年後には再び襲来すると思われた。大赦は須美の戦闘記録を元に、バーテックスの心臓「御魂」の存在を解明した。そこで御魂を引きずり出し破壊できるような強化を勇者システムに施すことになったが、今度は勇者の数が足りない。となれば、大赦の関係者に限らず四国全土から補者を選ぶことになる。四国全体で適性値が高い者に大赦から派遣された人間を接触させ、いざに選ばれた際にはバーテックスと戦ってもらう。須美たちと違うのは、勇者システムが最初から強なので訓練の必要はないことだが、システムがあまりに強なため量産は不可能補生をたくさん選んでも実際に戦うのは5名程度になると思われた。
もちろん、これらのことは秘密裏に行われる。に守られながら人が心安らかに生きるために、残酷な真実を知る必要はないのである。

程なくして四国全土で身体検が行われ、勇者適性を持つ者が判明した。
で最も勇者適性が高い少女のところには、鷲尾須美を移動配置することになった。おそらくそこが勇者補の本命であるからだ。また、そこに送る大赦の使者は勇者適性が高い埼のとすることになった。
また、三ノ輪銀の使っていた端末を再利用し、彼女と近しい性質を持つ勇者補に持たせることになった。この勇者補はバーテックス再出現の日まで鍛錬させ、再出現の際には最終調整を施し援軍として投入する。

園子は満開の繰り返しにより日常生活が困難となったため、切り札として大赦に管理される。
須美は「両足機」と「数年間の記憶」を満開の代償としてげただけであるため、有事の際に再び戦線投入されることが決まった。記憶をなくしたため、事故で記憶喪失ということにして彼女は生まれた時の名に戻された。
これまでは大赦の中だけの話だったので、勇者適性の高い彼女は大赦において格式のある鷲尾の養女となっていたのだが、もはやそんなことも言っていられない。
大赦は、勇者経験者の須美が再び勇者となることで新しい勇者の助けになると期待していたのだった。

かくして、一連のバーテックス襲撃は、勇者3人の活躍によっていったん幕を閉じた。
しかし勇者の戦いはこれからも続く。己の体を供物としてげながら。勇者の親は事情を聞いて涙を流す。自らのが選ばれることは、世紀においてはとても名誉なことだと受け入れなければならないのである。

時は流れ、世紀299年の鷲尾須美と呼ばれた少女は新しい土地での暮らしを始めていた。
記憶喪失と足の不自由心が折れそうだった彼女に、人懐っこく話しかけてくる少女がいた。
結城友奈と名乗るその少女笑顔で彼女を歓迎し、彼女に名前を尋ねた。
かつて鷲尾須美と名乗った少女は、そこで生来の名を口にする。

その名は、東郷美森



鷲尾須美は勇者である 

 

その他

単行本書き下ろし

単行本では、この後に番外編として書き下ろしが1話掲載されている。内容は、3人の思い出話や、園子と大赦の人間のやりとりといったもの。

『その後の園子』

「電撃G's manazine」3月号(2015年1月30日発売)には、アニメ結城友奈は勇者である最終話の後の園子について描かれる後日談小説が掲載される。

勇者御記

以下の文章は「電撃G's magazine」2014年6月号~2015年1月号からの引用

なお、塗り部分の内容は2014年12月20日発売の小説単行本にて開された。

1

様に選ばれた、と聞いた時は、
凄いコトなんだろうけど、具体的にどう凄いのか、
実感が湧かなかった。
ただ、やってくる敵が、世界を壊すものと聞いた以上は、戦わなくちゃ、と思った。
はじめは、とにかく夢中だった。
この時は、      にして戦っていくなんて、夢にも思わなかった。

勇者御記 298.4.25

2

はじめて三ノ輪銀を見た時、
私は少し苦手意識を持ってしまった。
が大きくて、気が強くて、
気圧されてしまうから。
だけど触れ合ってみると彼女はとてもいいで。
それが  いして、   してしまうとは……。

勇者御記 298.5.15

3

1+1+1を3でなく、10にする。
私達なら、出来ると思った。そうしなくてはいけなかった。
敵の名前はバーテックス。ウィルスの中で生まれた忌むべき存在。
これを退けるために。

でも、そんな存在に、バーテックス …頂点という意味の言葉をつけるだろうか…?

この時はまだ、バーテックスが    られたモノだったとは、知らない。

勇者御記 298.6.20

4

    年前である、   の時代の資料によると、
ずっと友達でいたい時は、
ズッ友だよと言うらしい。
なんだか面い言葉で、気に入った。
私達3人は、ずっと友達。
今だって。
近くに感じている。

勇者御記 298.7.10

5

様は、神様そのもの。
だから、願った。
友達と別れたくないと。
それは 、ある意味かなえられていくコトになる。
私達は、友の犠牲と引き替えに
     を手に入れた。

勇者御記 298.7.12

6

たくさんの贈り物が、大赦から届いた。
私のの発言権も、大赦内で増したらしい。
この特別扱いには、当時驚いた。
しかし、後々調べて見るとなんてことはない。
いつの時代も、     には優しいのだ。

勇者御記 298.8.12

7

私は、     になってから知った。
過去   を苦しめたのは      ではなく
        だっ たことも。
そうなった原因は、そもそも   だったことも。
      という話に少し似ている、と思った 。

勇者御記 298.9.21

8

体を様に、     しながら戦い続けること。
それは、とても素敵なことらしく……。
私の両親は、泣いていたという。
わっしー……今は、   さんか。
私より軽度で良かった。

勇者御記 298.10.11

引用終わり)

関連作品

結城友奈は勇者である

2014年10月から12月まで放送されたテレビアニメ
詳細は該当記事を参照されたい。 

鷲尾須美は勇者である(漫画版)

『電撃G'sコミック2014年8月号より連載されている。漫画はもっつん*(連載第4話からmoo*名義)が担当。
本編の展開に沿っていて、コミカライズに近い。単行本は第1話から第5話までを収録した第1巻が発売中。

2015年1月号の第5話掲載以来、掲載されていない。

わしおすみは勇者ラジオ

公式サイトにて連載されていた4コマ漫画漫画太丸。
3人がラジオ番組をするという体で、本編よりかなりギャグっぽい展開。
コミック版の第1巻に収載されている。 

関連商品

小説版の単行本と、コミック単行本の第1巻が2014年12月20日より発売中。
小説版には、小説全8話に加え書き下ろしの1話と完全版勇者御記」が、コミックス第1巻にはコミック第5話までが収載される。(内容的には、小説第3話の途中までにあたる。)
  

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%B7%B2%E5%B0%BE%E9%A0%88%E7%BE%8E%E3%81%AF%E5%8B%87%E8%80%85%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B
ページ番号: 5272199 リビジョン番号: 2239592
読み:ワシオスミハユウシャデアル
初版作成日: 14/09/26 00:30 ◆ 最終更新日: 15/07/30 23:30
編集内容についての説明/コメント: コミカライズの状況について追記。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鷲尾須美は勇者であるについて語るスレ

295 : ななしのよっしん :2015/03/06(金) 16:27:24 ID: qVPj7r2oL1
>>294
また休載かよォ!
富樫じゃないんだからさぁ……
296 : ななしのよっしん :2015/03/07(土) 16:25:25 ID: j9D7LE8SBS
小学生鷲尾須美に叱られて抜きにされる大学生.......
297 : ななしのよっしん :2015/03/18(水) 07:19:40 ID: 3Z80DNyk5L
園子のその後 ☓
その後の園子 ○
298 : ななしのよっしん :2015/04/12(日) 15:21:02 ID: 91DNzmPSZs
アニメ化したら映画という可性もある、前後篇構成で、前篇は死亡で終わるんだろうな
299 : ななしのよっしん :2015/05/09(土) 01:49:12 ID: gA2Q6IrV0/
ノベル版全く売ってねえなw1週間本屋探しまくってやっと手に入った。

わっしーのあの体ランドセルって、ちょっと危ない気がする。
300 : ななしのよっしん :2015/06/15(月) 00:54:52 ID: qVPj7r2oL1
乃木若葉は勇者である
電撃G'sマガジン9月号より連載決定
301 : ななしのよっしん :2015/08/02(日) 16:27:19 ID: Itl3pTsq5m
どの本屋でも漫画ノベルも全くくてワロタ
302 : ななしのよっしん :2015/08/30(日) 06:25:38 ID: lloxFnIYy1
漫画の2巻いつ出るんだろうね。
それはさておき今日わっしー誕生日https://twitter.com/St_gokumi/status/637659882095689728
303 : ななしのよっしん :2016/08/01(月) 17:06:25 ID: CcsWMXN9da
次はのまゆ読むぜ…
304 : ななしのよっしん :2016/08/16(火) 08:04:07 ID: lloxFnIYy1
>>302
 確かにいつ出るんだろう。揉めてるのかな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015