アイドルヒーローズ単語

アイドルヒーローズ

アイドルヒーローズとは、「アイドルマスター ミリオンライブ!」のゲームイベント、及びその中で展開される劇中劇である。

概要

2014年2月GREE版「アイドルマスター ミリオンライブ!」で開始されたイベント「出撃!アイドルヒーローズ」を皮切りに、ミリオンライブ全体で広く展開されている劇中劇

媒体によって設定や配役など異なる部分があるが、いずれの作品も暴力によって破壊の限りを尽くす悪の組織デストルドー』と、それを阻止しようとする正義の組織『アイドルヒーローズ』との戦いが描かれている。

その内容は、ニチアサ特撮番組のオマージュと思われる。

時系列順目次

当記事の解説は基本的に展開された媒体ごとにまとめられている。

各作品ごとの開始・開・発売の順番は以下のようになっている。(各項クリックにより、その解説にジャンプ

開始日・開日・発売日 媒体 作品・イベント
2014年2月27日 GREE イベント「出撃!アイドルヒーローズ」
2015年6月11日 ゲッサン版 特別編「アイドルヒーローズ」掲載
2016年6月30日 GREE イベント「アイドルヒーローズ リベンジ」
2016年7月1日 GREE ガシャ「アイドルヒーローズ ビクトリー」
2017年3月12日 PV 「アイドルヒーローズ ライジング」
2017年4月11日 GREE イベント「アイドルヒーローズ サイドストーリー」
2017年6月22日 ミリマガ アイドルヒーローズ特集
2019年4月1日 シアターデイズ エイプリルフールイベント「出撃!アイドルヒーローズ」
2019年4月2日 シアターデイズ イベント「アイドルヒーローズ ジェネシス」
ガシャ「アイドルヒーローズガシャ」
2019年10月2日 シアターデイズ ゲームコーナー
コミュ「Last Episode.追憶」

GREE版

イベント第1回「出撃!アイドルヒーローズ」

アイドルは世を欺く仮の姿、その正体は…
をもって暴力を制する、問答用の慈善集団!
暴力の化身、デストルドーを滅するその日まで!
戦え、アイドルヒーローズ!!

…今、熱いちびっこ達に大人気!
765プロアイドル出演のヒーロー特撮番組、今週も見逃すな!!

2014年2月27日3月10日に開催されたゲームイベント
ミリオンライブの1周年記念イベントである。

特定の条件で登場するアイドルNPC)と自身のデッキを用いて戦いポイントを稼ぐ、「フェス系」に分類される形式。

アイドルスペースウォーズ」から1ヶほどしか経っておらず、しかも1周年の節イベントがまたしても劇中劇系の内容。多くのプロデューサーミリオンライブの方向性を察したことだろう。

イベント限定カードと配役

イベント第2回「アイドルヒーローズ リベンジ」
ガシャ「アイドルヒーローズ ビクトリー」

あらゆるものをに還し破壊し尽くす、
究極の暴力軍団「デストルドー」
彼女たちは、軍事政治、財…、
数多のめ、争いを繰り返していた。

永きにわたり、ヒーロー達を
苦しめたデストルドーだったが、
幹部・と、その企てにより
衝動に飲まれた紗代子を打ち倒され、
その野望は潰えたかにみえた。

しかし、
全ては暴力の始まりに
過ぎなかったのだ…!

ついに姿をあらわしてデストルドー総帥、琴葉の
圧倒的なにより、敵の手に落ちてしまった
マイティセラー百合子
同時に艦隊を略奪したデストルドー北支部の大軍団が
日本を、ヒーローズ本部を壊滅させんと迫り、
まさに絶体絶命!?

世界平和を守るため…、今こそ総員出動よ!」
引退していた元最強ヒーロー「ザ・ファーストあずさ
現役最強ヒーローチーム「マイティセラーズ」の
美、を筆頭に、ヒーロー達がここに集結!

百合子を救い、デストルドーの野望を砕くため…
その手に勝利を掴め、
アイドルヒーローズ!!

続編はまさかのイベント&ガシャ同テーマ同時開催。
イベント期間は2016年6月30日7月7日、ガシャ期間は2016年7月1日7月10日
イベント形式は「ライブ系」。大アップデート前の「フェス系」とほぼ同様である。

先んじてイベントが開始されたが、それに登場する限定カードデストルドー側一色だった。
しかしその数時間後にガシャが開始。こちらはヒーロー営で固められており、デストルドーVSヒーローの熱い戦いが見事に表現されている。

イベント上位報酬の覚醒カードSR 死の猛攻 田中琴葉」と、ガシャの玉のひとつの覚醒カードSR マイティセラーズ 高坂海美」は横に並べることで1枚のイラストになる。

イベント終了後、イベント・ガシャのカードイラストを用いたPC壁紙が配布された。(配布元リンクexit

イベント限定カード

ガシャ限定カード

イベント第3回「アイドルヒーローズ サイドストーリー」
復刻ガシャ「アイドルヒーローズ ビクトリー」

大人映画となり、続編まで放映された
「アイドルヒーローズ」シリーズ

手なアクション
感動的なストーリーの影には、
アイドル達のたゆまぬ努があった。

あの時、彼女たちは
どんな心で演じていたのか…?

アイドルヒーローズの裏側を、
ちょっとだけ覗いてみましょう。

イベント開催期間は2017年4月11日4月18日
イベント形式は特定の数人のアイドルをフィーチャーして、その悩みを解決していく「プライベートレッスン系」。今回フィーチャーされたのは、伊吹翼三浦あずさエミリー スチュアート

リベンジ」「ビクトリー」の演技レッスンや撮影時の出来事を描いた、いわゆるメイキングが今回のイベントテーマである。そのため、ストーリー時系列で言えば第2回より前ということになる。

同時期にガシャ「ビクトリー」が復刻。期間は2017年4月12日4月17日
百瀬莉緒カードが追加された。

イベント限定カード

ガシャ限定カード

シアターデイズ

エイプリルフールイベント「出撃!アイドルヒーローズ」

2019年4月1日エイプリルフールイベントとして登場。
ベースとなっているのはGREE版の「出撃!」「リベンジ」「ビクトリー(復刻含む)」。

ヒーローズたちのレベルを上げ、デストルドーたちを倒していくミニゲーム
シナリオ部分は大半がGREE版からの流用。導入&エンディングコミュや撮影後のやり取りの様子などが追加されている。

ミニゲームの「ヒーローズ」「リベンジ」の全ステージクリアすると、報酬として楽曲「インヴィンシブル・ジャスティス」と、百合子・紗代子のSRカードを入手できる。

その翌日には続編となる「ジェネシス」が開始。
つまり本イベントは単なるエイプリルフールジョークイベントに留まらず、次のイベントに向けたおさらい、及び旧作を知らない人たち向けの導入イベントとしての役割を担っている。

ミニゲーム

ストーリーをなぞって攻略していく「ヒーローズ」「リベンジ」合わせて11ステージ、より強になったボスたちと再戦する「EXモード」9ステージで構成される。

ステージは「レベルアップパート」と「バトルパート」に分かれている。
レベルアップパート」は任意に終了するまで延々とデストルドーの戦闘員たちと戦い続け、レベルを上げることができる。
バトルパート」はそのステージボスとの戦闘を行う。

ヒーローズ」「リベンジ」のステージでの出撃メンバーは各ステージごとに固定だが、「EXモード」では最大5人まで自由に編成できる。ただし、「ダークセーラー ユリエリア」のステージでは百合子メンバーに入れることができない。

イベント限定カード

ゲームコーナーへの追加

2019年10月2日シアターデイズに新しく「ゲームコーナー」という機実装され、エイプリルフール限定だったこのゲームがいつでも遊べるようになった。

また、その際に「アイドルヒーローズ ジェネシス」編が追加された。

イベント「プラチナスターシアタースペシャル〜アイドルヒーローズジェネシス Justice OR Voice〜」
ガシャ「アイドルヒーローズガシャ」

イベント開催期間は2019年4月2日4月10日。ガシャ開催期間は2019年4月2日4月11日

リベンジ」「ビクトリー」から続く新規エピソードヒーローズの新チームジェネシス」とデストルドーの特務機関「ネメシス」との戦いを描く。

イベント楽曲は「Justice OR Voice」(歌:ジェネシス×ネメシス[白石紬桜守歌織ジュリア菊地真、野ノ原])。

前作までのキャラクターではヒーローズから百合子美、、環、律子貴音あずさ、莉緒、デストルドーからが登場している。

イベント限定カード

ガシャ限定カード

その他の新キャラクター

Last Episode.追憶

2019年10月2日に追加されたコミュ。「ネメシス」との戦いの後日譚が描かれている。

同日、イベントアイテム交換所に伊吹翼七尾百合子高坂海美ヒーローズ衣装インヘリット・ソウル」が追加された。

ゲッサン版

ゲッサン版コミカライズでもこのテーマが取り上げられた。
第10話と第11話の間の番外編として2015年7月号の誌上に掲載され、アイドルマスター10周年記念のアンソロジーコミックに収録されている。

他の媒体では特撮番組だが、本作では舞台演劇となっている。

本作の設定の都合上765PRO ALLSTARSの役の一部が別のアイドルに置き換わっており、いくつかの裏方の仕事アイドル達が担当している。また、GREEイベント第1回と第2回の間に制作・掲載されたものであるため、第2回以降の設定とは合わない部分もある。
以下にGREE版と異なるor追加された配役・役割を記述する。

4周年記念PV「アイドルヒーローズ ライジング」

2017年の4周年記念アニメPVでも劇中劇アイドルヒーローズ ライジン」として本イベントが取り上げられた。このPV自体10分近くあるが、3分程をこの劇中劇に割いている。

4thライブTH@NK YOU for SMILE!!」3日アンコールにてガミPの登壇後に流されたものだが、アニメが始まったと思ったら冒頭から音と共に土煙が上がって面食らったP多数。アニマスからの伝統芸能というか、これがミリオンライブだと言う他い。

ベースになっているのは「リベンジ」と「ビクトリー」だが、いくつか追加された役柄・描写がある。

劇中では本作の主題歌として新曲「インヴィンシブル・ジャスティス」(歌:マイティセラーズ伊吹翼×高坂海美])が初披露された。
作詞ミリオンライブではおなじみの松井、作・編曲中山真斗が担当している。中山氏のアイマス楽曲参加は、Elements Garden時代の「arcadia」編曲のみ)「tear」(作・編曲)以来となる。

MILLION LIVE! MAGAZINE

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! MAGAZINE」vol.2にて、アイドルヒーローズ特集が組まれた。

「出撃!」「リベンジ」「ビクトリー(復刻含む)」「サイドストーリー」について詳細に解説されている。「ライジング」については4周年記念アニメPVの特集の中で触れられている。

その物量は圧巻の22ページカードイラストのみならず、イベント中のエリア背景や設定画、全セリフ集etc...、と多岐に渡る。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アイドルヒーローズ

18 ななしのよっしん
2019/04/01(月) 08:43:55 ID: jCKi2T9cqJ
>>17
本来の主人公であろう百合子の復活とダークセーラー紗代子の新セーラー化で話を続けられる。
琴葉は日本部長に過ぎなかった……あっ(小籠包人格であった閣下並感)
19 ななしのよっしん
2019/04/01(月) 15:05:16 ID: jCKi2T9cqJ
回収はえーよw新メンバー総統が出てくるんだなw
20 ななしのよっしん
2019/04/01(月) 15:08:45 ID: Q6t1NVi0S1
はっはっは、妄想する隙さえ与えてくれないぜ!
21 ななしのよっしん
2019/04/01(月) 15:25:39 ID: gGJiIcJuoc
>>17
速きましたね…
22 17
2019/04/02(火) 12:49:42 ID: ToLs88Yro/
ミリシタ運営フットワーク軽すぎ!(大歓喜
ガシャも重ねて来るとは本気度がハンパないわね
23 ななしのよっしん
2019/04/02(火) 15:24:18 ID: jCKi2T9cqJ
ハブられ沢志保じゃなくてよかった(笑)
後、三人ちゃんで嬉しいぜ。パタリロ!で読んだスーパーキャットって名前が浮かんだが。
24 ななしのよっしん
2019/04/02(火) 15:52:42 ID: l1T5cgDJFp
ストーリーはまだ見てないけど、ミリシタ発信の新曲にASが参加してるってのは大きいな。今後はPSシアターイベントも既存曲だけじゃなく、こういう形式をとっていくのだろうか
MTG以外の新CDシリーズも気になるところ
25 ななしのよっしん
2019/04/02(火) 23:17:14 ID: SSiukkmaNE
>>16
WE_ARE_ONE!! のコールが初代のコンテニュー画面ぽいぞ。
26 ななしのよっしん
2019/04/03(水) 06:50:21 ID: fLlwbasjHb
>>23
コミュはまだ見てないけど、香織さんの背景にしれっと混ざってるね
PVから参戦の莉緒がいたのに志保がいなかったのは温存だったんやね
27 ななしのよっしん
2019/04/07(日) 22:20:34 ID: gu0MhDt0f6
人気イベエイプリルフールで消費かよ…とか
ヒーローズエイリルなのは予想できてたしミリオンエイプリルフールショボくね?とか
好きに言ってた輩がイベント発表された途端ナマ言ってすみませんでしたって謝ったのは笑った

急上昇ワード