オデュッセウス単語

オデュッセウス

オデュッセウスOdysseus)とは、ギリシア神話に登場する英雄である。
英語では「ユリシーUlysses)」。

智将として名高く、長編叙事イーリア』および『オデュッセイア』においてその物語られている。また優れた智略から理性や姦計の代名詞ともされ、哲学の題材としてもられる。

概要

古代ギリシアイタケーの王、ラーエルテースとその妻アンティレイアとの間に生を享ける。
ラーエルテースはアルゴナウタイにも参加した勇士であり、『オデュッセイア』では老いて尚気炎を上げる姿が描かれた。
異説では、オデュッセウスのはコリントスを創建したシーシュポス罰により冥界で転がり落ちる岩を運び続ける)ともされる。その場合オデュッセウスの知略と機転は、々を二度までも騙したシーシュポス譲りだという事になる。

名前の意味は「憎まれしも」。
方の祖アウトリュコスによって授けられたが、これは彼が「多くの人に憎まれてきた(オデュッサメノス)」事に由来するという。DQNネームもいいところである
知略だけではなく武芸にも優れ、とりわけにおいては無双の腕前を示した。

イーリアス

トロイア戦争の発端

スパルタの王女にして絶世の美女レネの許に多くの婚者が集まった時、争いを防ぐ為に

  • レネーが自分の意思で夫を選ぶ
  • 夫に選ばれなかった婚者は恨みを抱いてはいけない
  • 夫となった人物が苦難に陥った時は婚者全員で彼を助ける

という条件が提示され、婚者達は誓いを結んだ。
この時オデュッセウスも婚者の一人であり、後にヘレネーがトロイア王子パリに連れ去られた時、誓いに基づきヘレネーの夫であるネラーオスを助ける事を余儀なくされた。

しかしオデュッセウスは妻・ペネロペとの間に息子テーレマコスが生まれたばかりだった。二人を置いて出するのをよしとせず、そこで狂人のふりをしてごまかす事にする。
ロバと雄に鋤を牽かせて不いの畝をこしらえ、そこにを撒くという為な作業に勤しむオデュッセウス。しかし使者に立ったパラメーデーは偽りの狂気を見抜き、テーレマコスを鋤が進む前に置いた。が子を避けようとした事でオデュッセウスの振る舞いは偽りであると暴露され、やむなくアカイア(ギリシア連合軍)に参加する事となった。

アキレウス参戦

ギリシア各地から諸将が参集するが、そこへ「トロイア戦争にはペーレウスの息子アキレウスが参加しない限り勝利できない」という託が下される。しかしアキレウス女神テティスが子を女装させ、密かにスキュロスに逃れさせた。アキレウスは「事に長生きする」、そうでなければ「名を得る代わりに若死にする」と予言されていた為である。

オデュッセウスは商人に化けてスキュロスを訪問。宝飾品や織物の中に武具を混ぜ、女達を呼び込んだ。果たして女達は武器にはもくれなかったが、アキレウスただ一人がそれを手にした事で正体が露見する。アキレウスの手を捕らえ、惑う若武者に対してオデュッセウスは彼の誇り高き血統について朗々とり聞かせる。こうしてアキレウス戦士としての持を鼓舞し、遂に彼をアカイアに迎える事に成功した。

トロイの木馬~トロイア滅亡

その後アカイアとトロイアの戦争は10年にも及び、両軍の諸将にも戦死者が続いた。泥沼の状況を打開する為、オデュッセウスは「」を作る事を立案する。
巨大な木を建造し、アキレウスの一子ネオプレトモを始め、名だたる諸将が中に乗り込んだ。準備が整うや、アカイア軍はを焼き払って撤退。ただ一人シノーンという男を残し、わざと彼をトロイア人に捕らえさせた。
シノーンは拷問の末に「ギリシア人らは皆逃げ去った」「あの木アテナの怒りを鎮める為に作った」「あれがトロイアの内に入ればギリシア人は負けると予言された」と状。これを聞いたトロイア人らは歓喜に沸き立ち、を打ち壊して木内に入れようとした。

しかしアポロン官・ラオコーンは木を怪しみ、トロイア人らに思いとどまるよう説いた。しかしこれに怒ったアテナ(またはポセイドン)が大蛇を遣わし、彼はその場で息子二人と共に食い殺された。
また王女カッサンドラは予言のを持っており、「木の中にはギリシア人らが隠れ潜んでいる」と訴えた。しかし彼女愛し、予言のを授けながら拒絶されたアポロンの呪いにより「彼女の予言は決して信じられる事がない」とされた通り、を貸すことがなかった。

こうして木トロイアの内に入り、アテナ殿に奉納された。トロイアは戦勝の宴を盛大に催し、一人残らず寝静まった深夜アカイアの諸将は木の中から飛び出して、撤退したふりをして待機していた友軍に合図。が打ち壊されていた事もあり、夜襲を受けては最ひとたまりもなかった。
かくして内は大虐殺が吹き荒れ、王族はアイネイアースとその家族を除き皆殺され、女は捕虜となった。こうしてトロイアは滅びる事となる。

長きにわたる戦に勝利したアカイア諸将はそれぞれのに帰る事になるが、オデュッセウスにとっては難辛苦のとなった。この物語が『オデュッセイア』である。

オデュッセイア

苦難の旅路

祖国・イタケーに向けて出帆したオデュッセウスと部下達は、しいによって南方リビアまで流されてしまう。そこで漂着地を探索していたオデュッセウスの部下はその地に住まうロートパゴス族と遭遇し、彼らが食べるロートスの実を貰って食べた。
するとこれがあまりにも美味しく、部下達は何もかもを忘れ果ててこの地で暮らしたいと願うようになる。ロートスの実が食べたものをこの地に縛り付ける事を悟ったオデュッセウスは部下達を理矢理引き摺って船まで戻り、慌てて出航した。

一つ目の巨人

次にオデュッセウス一行が辿り着いたのは一つ巨人キュクロプスが住むだった。多くのを飼いながら洞窟に暮らす彼らは、実は人を取って食う怪物だった。食料をめて訪ねてきたオデュッセウス一行は洞窟に閉じ込められ、一日に二人ずつ食べられる事になる。
そこでオデュッセウスは用意していたワインポリュペーモスというキュクロプスに振る舞い、機嫌を取った。酔って気分の良くなったポリュペーモスに名を聞かれ、オデュッセウスは「ウーティス(でもない)」と名乗る。「お前を最後に食ってやろう」と言い残し、酔いつぶれて寝込んだ隙をつき、オデュッセウス達はポリュペーモスの一つを潰す。悲鳴を聞きつけてやって来た仲間達が「にやられた」と聞くが、ポリュペーモスは「ウーティス(でもない)」と繰り返すばかり。呆れたキュクロプスは帰ってしまった。

さて、ポリュペーモスは見事なの一群を飼っていたが、日に一度は洞窟から外に出してを食べさせなければならない。人間が逃げないように手探りでの背を触るポリュペーモスの裏をかき、オデュッセウス達はにしがみついて脱出に成功。をまるまる奪い取り、船に乗って逃げ出した。
この時オデュッセウスは地団駄を踏んで悔しがるポリュペーモスに対して「オデュッセウスにしてやられたと言って回るが良い」と嘲笑した。ポリュペーモスはオデュッセウスに罰を与えるようである海神ポセイドンに願い、以後ポセイドンはたびたびオデュッセウスを妨するようになる。

風神の島

ポセイドンの妨によりに巻き込まれ、一行はアイオロの住まうアイリアに流れ着いた。アイオロスは客人を歓迎し、帰還の為に順を詰めた革袋を与え、更に邪魔になる逆は別の革袋に封じて共に持たせた。

順調に航は進み、いよいよイタケーの地がかに見える所まで来た。ところが宝が入っていると勘違いした部下が欲をかき、逆の革袋を開けてしまう。途端に船はアイリアに逆戻りし、アイオロスはこれは々の罰だと里って今度は一行を追い返してしまった。

魔女との出会い

一行はを続け、アイアイエーへと流れ着く。このの支配者である魔女キルケーを訪れる男達を館に招き入れてもてなし、飽きると魔法動物に変えて支配していた。
果たして偵察に出た部下達は館から戻らず、やむなくオデュッセウスは単身館に向かう。そこへ伝ヘルメスが助けに入り、キルケーの魔法効化するを授けた。
キルケーはキュケオン(麦)にを混ぜてオデュッセウスに食べさせるが、のおかげで変身は起こらず、その場で魔女はオデュッセウスに取り押さえられる。しかしキルケーは自分に勝る勇者の出現をかえって喜び、部下達を元の姿に戻し、更に女を呼び寄せて一行を手厚く歓待した。

キルケーとオデュッセウスはに落ち、一年を共に過ごす間に子が生まれる。
だが一年後、望郷の念冷めやらぬオデュッセウスは立つことを決意。キルケーは悲しんだが彼の覚悟を受け入れ、「まず冥界へと赴き、予言者テイレシアと話しなさい」と助言、冥界への行き方を教えて一行を送り出した。

冥府にて

冥界にやって来たオデュッセウスは、府の王・ハデスの館前で生贄をげ、予言者テイレシアスの亡霊を呼び出した。テイレシアスは「オデュッセウスの苦難のは続くこと」「苦難のの果てに、必ずイタケーに帰れること」を告げ、他にもいくばくかの予言を授ける。

その後も次々と亡霊が現れ、の霊からは妻子の消息を聞く事が出来た。それによると夫が死んだと見なされたペネロペの許には婚者達が押し寄せ、の蓄えを食らいつくし藉の限りを尽くしているという。
ペネロペは今織っている織物が完成するまではとも結婚しないと宣言し、に作った織物をになると解いて時間を稼いでいたが露見し、窮地に立たされていた。の苦しみを見かねた息子テーレマコスの消息を訪ねる為にギリシア各地をし、老ラーエルテースは息子の死を嘆き悲しむのにつけ込まれる形で隠居を強いられていた。

ますます望郷の念を強くするオデュッセウスの前に、トロイア戦争で死んだアキレウスやアガメムノンの霊が姿を現し、一行は言葉を交わす。そして冥界から現世へ、再びアイアイエーへと帰還。キルケーはの助言をいくつか与え、一行を見送った。

怪物との遭遇

イタケーへと向かう航路では、半人半の女怪・セイレーンの近くを航行しなければならない。セイレーン美しい歌で船乗りを惑わし、船を岩礁に呼び寄せて沈める恐ろしい怪物だった。
そこでオデュッセウスは船の漕ぎ手達のに蜜蝋を詰め、自分はマストに縛り付けてもらう。セイレーンの歌の美しさに魅了されて暴れるオデュッセウスをよそに漕ぎ手達は急いで櫓をこぎ続け、オデュッセウスがに返るまで手を止めなかった。
こうして一行は事に危険地帯を抜ける事に成功。自分達の歌が通じなかったセイレーン達はが身を恥じて次々とに身を投げてしまった。

続いて一行の前に現れたのは、巨大な渦で何もかもを飲み込むカリュブディスと、下半身が怪物と化したキュラだった。両者の間を抜けない限り先には進めず、オデュッセウスはカリュブディスに飲み込まれないよう、スキュラの住まう崖の近くを通るように示する。
するとたちまちスキュラは下半身に生えた六つのの首を伸ばし、六人の部下をくわえて連れ去ってしまった。生きたまま貪られる犠牲者の悲鳴がはるか頭上から聞こえてきたが、これしか突破方法はなかったのである。

この故事から、英語で「進退窮まった状況」「前門の虎、後門の」を意味する「Between Scylla and Charybdis(スキュラとカリュブディスの間)」という慣用句が生まれた。

神の怒り

危地を脱した一行は、トリナキエに到着。ここは太陽ヘリオス畜が飼育されるなるであり、テイレシアスからも「立ち寄るべきではない。もし上陸しても畜には手を出さないように」と忠告されていた。
部下達が疲弊していた為、やむなくオデュッセウスはに上陸する。ところがポセイドンを引き起こして出航を妨、一行は一ヶも足止めを食らった上に食料が尽きてしまった。オデュッセウスはひたすら耐えていたが、部下達は空腹のあまり畜を殺して食べてしまった。
激怒したヘリオスは大神ゼウスに訴え出た。ようやく出航したオデュッセウス一行の船をゼウスに放り込み、霆を投げつけ、船を粉砕してしまった。部下は皆死んだが、オデュッセウスは船のにしがみつき女神カリュプソーの住むに漂着する。

その後7年間、オデュッセウスはカリュプソーと共に暮らす事になった。彼女の献身的なを受け入れたオデュッセウスだったが、やはりイタケーに帰りたいという想いは消えず、日ごと涙を流し続けた。
女神アテナは智謀の将の苦を哀れに思い、手助けする事を決意する。アテナから直接オデュッセウスを送り出すよう言われたカリュプソーは、泣く泣くする男の船出を見送った。

しかしそれを知ったポセイドン激怒し、三叉の矛をに突き刺してを呼ぶ。オデュッセウスの船はばらばらになり、彼は荒れ狂うに投げ出された。いよいよ最後かと諦めかけたオデュッセウスだったが、女神レウテコア海鳥の姿になって助けに入った。溺死を防ぐ魔法の衣を与えられたオデュッセウスは、の中に潜ってポセイドンの怒りをやり過ごす事に成功する。
アテナポセイドンが去ったのを見届けてを送り、スケリアへとオデュッセウスを運んだ。

王女の愛

辺に漂着したオデュッセウスは、すっぽんぽんの上に全身がひどく汚れた、見るからに怪しい態だった。そこへ現れた王宮の女達は悲鳴を上げて逃げ出したが、王女ナウシカは踏みとどまり、女らを叱して呼び戻す。彼女達の助けを借りて汚れを落とし、立な姿になった彼を、ナウシカアは王宮に招待した。
である王アルキノオスはオデュッセウスの人となりを気に入り、是非婿にと望んだ。ナウシカアもまた、オデュッセウスを夫に迎えたいと密かに考えていた。

しかし宴の席で吟遊詩人トロイア戦争物語り、オデュッセウスははるか遠い思い出に涙を流す。驚く一同に彼は自分の身の上を明かし、イタケーに帰りたいという気持ちを打ち明けた。それを知ったナウシカアは自分の気持ちに区切りをつけ、彼を船に乗せて送り出す。
ナウシカアは別れ際に「おにお帰りになってからも、わたくしを忘れないでください」と告げ、オデュッセウスもまた「わたしに帰り、帰の日を見ることがえられますように。そうすれば、わたし永遠にのようにあなたを敬いましょう。あなたこそわたしの命の恩人です」と答えたという。

この事から、ナウシカアは哲学において「純」「」の徴として、「姦計」「理性」の徴たるオデュッセウスと対でられる事がある。

かくして苦節20年、遂にオデュッセウスは遂に故の土を踏むのであった。

帰還、その後

ようやくイタケーのへとたどりついた彼の前に、老女の姿を取ったアテナが現れる。妻や息子らの苦を知らされたオデュッセウスは、すぐに正体を明かすのではなく、今や好き放題に振る舞う婚者達を罰する事を女神に願った。

アテナの御業によりみすぼらしい老人に化けたオデュッセウスは、施しを受ける為にかつての自分の王にやって来る。婚者や彼らにおもねる者に馬鹿にされ、時に暴力を振るわれながらも、オデュッセウスは慎重に状況を見定め続けた。
婚者らの脅しに耐えて貞淑を守り通す妻、隠居を余儀なくされながらも心を痛める、自分の有様を気の毒がりおうとする下々の者。彼の足を洗う最中に古傷から正体を知ったや、である事に確信を抱いたテーレマコスらに他言用を願いながら、ひたすら来たるべき時を待ち続けた。

やがてれを切らした婚者らの強引な要により、遂にペネロペは新たに夫を、すなわちイタケーの次の王を選ぶ事を宣言。しかしその条件は極めて厳しいものだった。

「かつて夫が使った強を使い、12のを一気に射抜けた者にぐ」

婚者達はこぞってに挑戦するが、弦をる事すら出来なかった。108人の婚者全員が条件を満たせなかった中、進み出た老人の姿を婚者達は嘲笑う。だが老人は見事にに弦をり、一つの矢で並べられた12のを貫き通した。
そこで本当の姿を現したオデュッセウスは、逃げ惑う婚者達を皆殺しにする。彼らに内通して結託していた女や召使も、ことごとく討ち取られた。
こうしてようやく夫と再会したペネロペだったが、あまりの事に本物かどうかさえ確が持てなかった。しかしオデュッセウスは二人しか知らないある秘密を彼女に告げ、本当に夫だと知ったペネロペは泣き崩れる。
その後オデュッセウスは隠遁していた老ラーエルテースの許を訪れ、親子は嬉し涙にかき暮れた。

その後

こうして王座に返り咲いたオデュッセウスだったが、殺された婚者らの遺族が復讐の為に軍を編成してイタケーに攻め寄せてきた。ラーエルテースはこれに激怒し、老いたる身を奮い立たせて一番の誉れを上げた。
オデュッセウスは迫り来る軍勢を相手に戦うが、そこにアテナが介入。オデュッセウスの盟友にしてテーレマコスの師・メントールの姿で顕現して愚かな戦いを辞めるよう命じ、審判ネオプレトモスに委ねられる。彼は双方の言い分を聞き、痛み分けという事で決着した。

その後オデュッセウスは穏やかな人生家族と共に送り、かつて受けた予言の通りに「老衰」でこの世を去ったという。

後世の創作

智略に長けた謀将がたどった苦難の路から、「長い放浪の」を意味する「オデッセイOdyssey」という単にもなっている。例えば「2001年宇宙の旅」の現代は「A Space Odyssey」である。他にもホンダミニバン「オデッセイ」の由来になっている。

ジェイムズジョイスの長編小説ユリシー』は『オデュッセイア』とは直接関係がないものの、物語全体の構成は『オデュッセイア』の形式と対応している。実験的な文章や舞台となるダブリンの詳細な描写、登場人物の多様性などは高く評価され、プルーストの『失われた時を求めて』と並び、20世紀を代表する小説として知名度が高い。

日本に伝わる説話『百合若大臣』は、話の流れが『オデュッセイア』に酷似している事、主人公の『百合若(ゆりわか)』が『ユリシーズ』に似ている事から、本作に由来した翻案であるという説が提唱された。坪内逍が文芸雑誌で発表したほか、芥川龍之介は短編『の微笑』において登場人物の一人にその事をらせている。一方で柳田はこれに反論して懐疑的に見ており、現在でも議論が続く所である。

1981年には日・合同アニメ宇宙伝説ユリシー31』が製作・放映。舞台31世紀の宇宙に移し、主人公ユリシーズと一子テレマークの冒険活劇となっている。

田中芳樹の長編小説銀河英雄伝説』には、自由惑星同盟軍の戦艦ユリシーズ』が登場。ヤン・ウェンリーユリアン・ミンツ、ダスティン・アッテンボローらを乗せ、多くの戦いに参戦。長年の戦により戦闘の大半が失われ、病院船に等しい状態となりながらも、終戦までを生き抜いた。
絶望的状況から生還した幸運の艦としての逸話が伝わり、イゼルローン要塞放棄の折には女性子供を大量に乗せて脱出している。ただしトイレの汚処理システムを壊されて汚まみれになるというイヤンな逸話も持っており、ネタ扱いされる事しばしば。活動に出る度に敵を連れてくるという有難くないジンクスもあったりする。

関連動画

関連商品


関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%83%E3%82%BB%E3%82%A6%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オデュッセウス

1 ななしのよっしん
2018/07/16(月) 13:56:47 ID: O9grXWfyRl
あ、この記事テレゴノイアは参考にしてないのね
あれ理がある個所もあるし蛇足感が強いからなぁ
オデュッセウスは老衰で死にましたってハッピーエンドがあって嬉しい