イメージ(アイドルマスター)単語

イメージ

イメージ」とは、「アイドルマスター」における、アイドル値である。

概要

THE IDOLM@STER」・「THE IDOLM@STER SP」・「THE IDOLM@STER Dearly Stars」のゲームシステムで、アイドルを表わすパラメーター。
ボーカル(Vo)ダンスDaビジュアルViの3ジャンルが存在する。

基本値補正値が存在し、その合計がオーディションなどに影する。
基本値はアイドルごとに初期値も成長タイプも異なり、レッスンによって上げることができる。
補正値は曲や衣装、振付などで変動し、流行やイベントにも左右される。
このことから「イメージ」は、才・努の成果である実(基本値)に、世間の流動的な人気や評価(補正値)を加えた、アイドルとしての総合的な魅を表していると考えられる。

レッスンで上げる事のできる基本値には上限があり、この上限に達するとそれ以上レッスンしても成長しなくなる。DSではアイドルランク毎に上限値が上がるため、どのランクでもレッスンをすることがめられる。

なお、アイドルとしての実質的な人気の度合いは、ファン人数とアイドルランクによって示される。

ボーカル(Vo)

に歌唱を表わす。
初期イメージボーカルキャラクターは、千早律子春香貴音

歌詞を覚える歌詞レッスンや、発を行うボイスレッスン、歌詞に合わせて演じる演技レッスンにより上昇。
音楽に造詣が深く歌唱に優れる千早や、歌うことが好きな春香、強な喉を持ち量に優れるなどが高いボーカルを持つ。
一方、歌に苦手意識を持つ絵理ダミ声亜美/真美うっかりすると男声と聞き間違いそうになるボーカルが低い。
正確に歌う技術や量だけでなく、歌に対する理解の深さと表現も含めた総合的な歌唱のようだ。

ダンス(Da)

に舞踏の技術を表わす。
初期イメージダンスキャラクターは、亜美真美やよい

実際に踊るダンスレッスン、リズム感覚が必要とされるボイスレッスン、的確にポーズを決めるポーズレッスンにより上昇。
運動経に優れる、元気が取り柄のやよい亜美真美男性であるなどが高いダンスを持つ。
身体や体の高いほどダンスも高い傾向にあるようだ。
ただし元気があっても、歌いながら踊ることが出来なかったためか、の初期のダンス値は低い。
もちろん、元気とは縁の薄い雪歩うっかりさん属性を持つ春香あずささんダンスが低い。

ビジュアル(Vi)

に見たの良さを表わす。
初期イメージビジュアルキャラクターは、伊織美希あずさ雪歩絵理

感情を表現する表現レッスン、カメラを意識してポーズをとるポーズレッスン、演技を行う演技レッスンにより上昇。
性のプロポーションセンスを持つ美希、演技に優れる伊織、最大のバストを誇るあずさ、計算ずくの舞台演出を可にする絵理などが高いビジュアルを持つ。
一方、幼いやよい亜美真美男性であるなどはビジュアルが低い。とはいえ、ボーカルダンスと異なり、アイドルとしてデビューした時点でそれなりの容姿は要されているということで、ビジュアルが壊滅的に低いキャラはいない。
容貌・スタイルの美しさだけでなく、自分をより良く見せるための表現・演技・演出なども加味されるようだ。

関連システム

イメージに関連するゲームシステムについて解説する。
攻略的にしたものではないため、ゲームごとの詳細な数値や仕様の違いについては記述しない。

プロデューサー

プロデューサーイメージ値を持っており、ユニットの活動終了時のイメージによりプロデューサーイメージ値が増減する。
プロデューサーイメージ値は、ユニット結成時にアイドルイメージに補正値として加算される。
ただし、すでに活動中のユニットに影することはない。
プロデューサーレベルプロデューサーランク)が直接影するわけではない(レッスン効率などで間接的には影する)。
ユニット期活動終了などで低いイメージレベルのユニットを解散させるとプロデューサーイメージも損なわれる。

アイドルマスターDSにはこのパラメータ(Pイメージ)はないが、代わりにクリアデータセーブすることでその後プロデュース開始するアイドルのレッスンによるイメージ上昇量が向上する。

成長タイプ

初期イメージとレッスンによるイメージ上昇値、および自然減衰(活動週に応じてイメージが下降)の開始時期とイメージ下降値に影する。

普通、晩成の3タイプがある。
は初期イメージイメージ上昇値が高いが、自然減衰の開始がイメージ下降値も高い。
晩成は逆で、初期イメージイメージ上昇値は低いが、自然減衰の開始が遅くイメージ下降値も低い。
普通はその中間で、初期イメージイメージ上昇値が標準的、自然減衰の開始はいがイメージ下降値は低い。

イメージメーター

イメージの高さを示す円形のメーター。各イメージジャンルに対応した3色の扇が組み合わさっている。
内側の濃い色が基本値、外側の薄い色が補正値を表わし、扇が外へ広がっているほどが高い。
偏ったイメージを、メーターのうち1色が欠けた状態の外見から「パックマン」と呼ぶこともあり、基本的に不利な状態とされる。
ちなみに、アイマスの前作に当たるドラゴンクロニクルでは、偏った行動傾向のグラフに対して同様の呼び方をした。

イメージレベル(IL)

3つのイメージの合計値から決まる、 アイドルオーディションでの強さの安。特定オーディションへの参加条件にもなっている。

なお、これはあくまでも「安」であり、「レベルが上がったからイメージが上がる」のではなく、順番が逆である。
ちなみに、DS以外ではデビュー後に「素人レベル」に落ちることはない。

Lv 評判
1 素人レベル
2 半人前アイドル
3 アイドル
4 一部で人気のアイドル
Lv 評判
5 気になるアイドル
6 要注アイドル
7 で噂のアイドル
8 ブレイク寸前アイドル
Lv 評判
9 ブレイクアイドル
10 人気アイドル
11 大人アイドル
12 スーパーアイドル
Lv 評判
13 カリスマアイドル
14 民的アイドル
15 歴史アイドル
16 アイドル

ユニットイメージ

3種のイメージの中で最も高いものがユニットイメージとなる。同値の場合はボーカルダンスビジュアルの順に優先される。

流行イメージ

その週におけるジャンルの人気順位を表したもの。

流行イメージユニットイメージが一致すると、イメージボーナスの補正値が加算される。ユニットイメージと流行イメージの順位がすべて一致している場合、ボーナスの補正値がさらに加算される。

人気順位は「活動中のユニットNPC/CPU含む)のうち、どのユニットイメージユニットが最も多いか」で決められるが、稼働初期の「ずっとボーカル流行が続く」という偏りが問題視されたため、ある程度以上の頻度で変動するようにバンナムにより補正がかけられている(強制的に流行を変動させられる直前に、流行イメージに合わないCPUユニットが頻繁に出現するようになるのはこのため)。なお、オフラインではゲーム内時間で1週ごとにランダムに変動する(DSでも月曜日を迎える毎にランダムに変動する)。

ちなみに、同値の場合はビジュアルダンスボーカルの順に優先される。

アイマス世界においては、ボーカルダンスビジュアルで開始した流行イメージは、長らくの変遷を経て、ビジュアルダンスボーカルという流行イメージ世界の終りを迎えた。その間、ユニットの総数が減少し続けていたのはまた別の話。

楽曲

楽曲にはイメージ補正があり、選択すると楽曲ごとに定められた値だけイメージが上昇する。プロデュース曲選択の画面で、に上昇するイメージジャンルが説明される(DSでは楽曲ジャケットの色で示される)。

キャラクターごとに「持ち歌」となる楽曲が設定されており、それを選択した場合はボーナスの補正値が加算される(ただし、DSにおいてはストーリー進行上で特定イベントプレイするまで選択することができず、特定イベントで強制的に変更させられる。また、持ち歌を得た後は曲変更ができなくなる)。

DS以外では1ユニットリリースできる楽曲の数(変更回数)に制限がある。

プロデュース曲を変更せずに長期間経過すると、イメージが下降する。同じジャンルの楽曲にプロデュース曲を変更した場合にも、イメージが下降する(いずれもDSを除く)。

ボーカル
太陽のジェラシー
蒼い鳥
魔法をかけて!
9:02pm
思い出をありがとう
まっすぐ
隣に・・・
フタリの記憶
迷走Mind
my song
またね
神さまのBirthday
i
shiny smile (DS)
HELLO!!
ALIVE
ダンス
THE IDOLM@STER
First Stage
エージェント夜を往く
relations
GO MY WAY!!
I want
Kosmos, Cosmos
キラメキラリ
スタ→トスタ→
Do-Dai
キミはメロディ
オーバーマスター
Dazzling World
 
 
 
ビジュアル系
おはよう!!朝ご飯
Here we go!!
ポジティブ!
私はアイドル
My Best Friend
Colorful Days
目が逢う瞬間
いっぱいいっぱい
ふるふるフューチャー☆
shiny smile
GO MY WAY!! (DS)
キラメキラリ (DS)
プリコグ
 
 
 

※(DS)となっているものは「THE IDOLM@STER Dearly Stars」でジャンルが変更されたもの

衣装

衣装にはイメージ補正があり、選択すると衣装ごとに定められた値だけイメージが上昇する。
「CUTE & GIRLY」「COOL & SEXY」「COSMIC & FUNNY」「EXTEND」の4系統があり、上昇しやすいイメージの傾向が異なる。
「CUTE & GIRLY」はボーカル、「COOL & SEXY」はダンス、「COSMIC & FUNNY」はビジュアルに上昇する。
EXTEND」には特に傾向はないが総じて非実用的な偏ったイメージ値になる傾向となっている。

アイドルマスターの衣装の一覧

アクセサリー

アクセサリーにはイメージ補正があり、選択するとアクセサリーごとに定められた値だけイメージが上昇する。
違う部位で同じ名前を持つアクセサリーは「セット」または「シリーズ」と呼ばれ、同じセットシリーズアクセサリーを複数身につけると、その数に応じてボーナスの補正値が加算される。

アイドルマスターのアクセサリの一覧

振付

(DSのみ)変更した振付パネルの持つイメージジャンルと、選択中の楽曲のジャンルが一致すると、イメージが上昇する。

芸能記者

イメージを上昇させる「敏腕記者」と、下降させる「悪徳記者」の2種類が存在する。
記者を獲得する条件と確率、および記者が離脱する条件は以下の通り。
DSには登場しない。 

  敏腕記者 悪徳記者

獲得条件 

離脱条件 

メール

一部のメールでは「ブーストメール」と呼ばれ、イメージが上昇する。補正期間は1週間。メール定された期間(リアル時間で)にオンラインプレイ開始したときのみ有効。

長期間プロデュースしないで居るとブーストメールが来やすくなり、これを待つことを「ブースト待ち」という。なお、最終プレイより90日間プロデュースしないで居るとそのユニットからは次回プロデュースまで一切メールが来なくなる。

休日

のみ)一部の休日イベントでは「ミラクルブースト」が発生し、イメージが大きく上昇する。補正期間は6週間。

ドタキャン

テンションが低ランクの時(雪歩のみ中ランクもあり得る)、ランダムドタキャンが発生する。発生した場合、イメージが下降する。この時に下降したイメージは回復することができない。

レッスン 

レッスンを行うことで、イメージが上昇する。
各作品に存在するレッスンの種類と、それにより上昇するイメージは以下の通り。
なお、DSではレッスンに対応するイメージ以外のイメージは下降する。

イメージ THE IDOLM@STER SP Dearly Stars
Vo 歌詞レッスン 歌詞レッスン ボーカルレッスン
Da ダンスレッスン ダンスレッスン ダンスレッスン
Vi 表現レッスン 表現レッスン ビジュアルレッスン
Vo+Da ボイスレッスン ボイスレッスン
Da+Vi ポーズレッスン ポーズレッスン
Vo+Vi 演技レッスン

オーディション

オーディションシステムについての詳細はim@sオーディション単語記事を参照のこと。

ジャンルには、対応する審員がいる。

THE IDOLM@STERSP

ジャンルアピールにより加算されるポイントの量は、そのジャンルイメージによって決定される。

オーディションに参加するとイメージが上昇し、長期間不参加だとイメージは下降する。
また、オーディション勝利するとイメージが上昇し、ランクC以上で敗退するとイメージが下降する

THE IDOLM@STER Dearly Stars

員(審基準になるジャンル)は流行イメージを元に決定された確率により、ランダムで決定される。
員の興味(合格率に影)の初期値は、対応するジャンルイメージの値で決定される。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%28%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イメージ(アイドルマスター)

1 ななしのよっしん
2013/02/09(土) 23:53:01 ID: 8/EdRvbBt8
こんな記事あったんだな。
なんか、各キャライメージが高い理由が納得できた気がする。
2 リリカルな李徴
2017/05/19(金) 09:25:08 ID: MKt4hzguKE
なお、涼ちんSideMボーカルステータスに変更された模様
3 ななしのよっしん
2018/05/03(木) 12:54:11 ID: XVUUImLhTc
涼ちんDS時代だと女性アイドルの中で見れば男性って事で体アドバンテージ分を加味して
Daだったけど、男性アイドルとして見れば普通程度だったから相対的にパラメータが下がった
逆にVoは元々高かった(武田さんのお付き)けど女性的に歌おうとして理してた部分がくなって
本来の才フルに発揮できるようになった事による変更だろうから結構理に適ってると思う