クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード単語

クレヨンシンチャンアラシヲヨブエイコウノヤキニクロード

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』とは、映画クレヨンしんちゃんシリーズ第11作劇場版である。

概要

 タイムリミットは、晩飯まで!~

2003年4月19日開、行収入14.0億円、観客総動員は120万人。今作から監督原恵一から1999年の短編作品「クレしんパラダイス メイドイン埼玉」以来、4年ぶりの再登板である水島努に変更。脚本は水島努原恵一の共同執筆。

前作「戦国大合戦」が感動かつシリアスだったのに対して今作はギャグ一直線となってる。水島らしいブラックでキレのあるギャグが数多く締めており、この映画を見ると腹筋崩壊するほど爆笑するだろう。

本作は野原一家指名手配されるという流れに沿った物語のため春日部住民のレギュラーキャラクター野原一家と敵対する形で登場するのも特徴である。これは「クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!」においても継承されている。特に裏切りおにぎりとなったマサオくんには注である。

挿入歌の「古代ローマ帝国風呂滅亡史」は水島努本人が作詞を担当した歌である。音楽シーンの原画には大塚正実が起用されさらに狂った感じになっておりそこも見どころだ。

ストーリー

っぱらからこんなこと言うのもなんなんだけどよ・・・なんだよこのしょぼくれた飯は!」

一口にも及ばないひじきの量、器の4分の1程度のごはんや味噌汁スプーン一杯のベビーフードシロのごはんに至っては海苔一枚。手を抜くなんてレベルじゃない飯。大激怒するひろししんのすけひまわりシロ。だがそれは夕飯焼き肉のためであった。

そのさに一同は納得し朝食をいただこうとしたその時、が突っ込んできて白衣の男が乗り込んできた。。それを追撃してきたの一団に危険を感じた野原一家は、冷蔵庫に入っている最高級焼肉を残して、その場から逃げ出した。だがどういうわけか突然警察マスコミから悪犯一味と断定され、追われる事になってしまう。

見の覚えのないことに困惑する野原一家。そこに現れたのは「有限会社スウィートボーイズ」というの組織。こいつらにつかまる前に本拠の熱に行って誤解を解かなければいけない。

タイムリミットは晩御飯まで!

野原一家の運命は!?

ゲストキャラクター

堂ヶ島少佐

味噌汁の匂いはいい」

CV - 徳

有限会社スウィートボーイズ」の幹部で元軍人。野原一家を捕獲する揮を執る。「地獄の黙示録」のキルゴア中佐パロディキャラクター。かなり強い戦闘力を持っており、野原一家でさえこの男には一度も勝つことができなかった。

下田長九朗

「でしょでしょ?」

CV - 江原正士

有限会社スウィートボーイズ」の幹部で肥満体系の営業部長。つかみどころのない性格で、どこか憎めない性格。野原一家覚醒で部下を全滅させられた際は負けを認め、妻ので帰って行った。サングラスをかけているがその瞳はプリティ

天城

「待って!・・・私は」

CV - 皆川純子

有限会社スウィートボーイズ」の幹部でボスの直轄部隊長Aカップ貧乳でベージュのおパンツをはいている。やや大人げない性格でしんのすけの挑発に乗ったりすることもしばしば。部下たちを全滅させられ、少佐下田部長が負けを認める中、天城だけが負けを認めずを用いてでも静止を試みる。

だがその際、少佐に叱責され涙ながらに、自分の想いを伝えようとするが少佐が妻子持ちだということがわかり諦める。

ボス

親父は熱温泉経営してた~♪」

CV - 石塚運昇

有限会社スウィートボーイズ」の代表。伊豆半島一番の汗っかきで湯船からの会話が多い。かつては熱愛していたが自分の会社が倒産しそれからは熱を憎むようになり、開発した装置「サイ」を用いて熱をさら地にし、自身が熱になるという野望を抱く。

だがひろしから「あんたが熱ラブなら、こっちは春日部ラブだ!」と殴り飛ばされ失。その後はしんのすけからボスはこれからになりスウィートボーイズは観光スポットになるという暗示をかけられる。

野原一家の罪状

この他に春日部住民が「テレビで言ってた殺人一家!」と叫んでいたことから殺人の容疑もかけられていたことがわかる。

スタッフ

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%A8%E3%83%B3%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%20%E5%B5%90%E3%82%92%E5%91%BC%E3%81%B6%20%E6%A0%84%E5%85%89%E3%81%AE%E3%83%A4%E3%82%AD%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード

45 ななしのよっしん
2018/06/05(火) 17:57:38 ID: SxuOALXbII
正直マサオ幼稚園児だししょうがないかなとかテキトーに思ってた、それでも悪そうに手引きするなあとも思ってたが(笑)
それよりも普段からハイエナだったバカップルの方にムカついてたわ。

まあ引くような描写はわりとあるかもしれんが、何十回も見返してたぐらいには好きな作品。
46 ななしのよっしん
2018/07/24(火) 23:54:17 ID: H2tGROlNpu
正直あの見事な裏切りっぷり見てからまさお君が大好きになったw
助けられた後のしんちゃんの皮もいいw
47 ななしのよっしん
2019/02/16(土) 10:48:47 ID: jNqErwGctI
普段しんちゃんが誉め言葉のつもりで悪口を言ってしまうって事はあったけどがっつり悪口言ってたのはしいよね、まあ本当は許してるんだろうけど仕返しの気持ちもあったんだろうな

最初に防衛隊メンバーと再会した時にしんちゃんはアクション仮面悪人扱いされ、ななこお姉さんには逃げられ、頼るはずだったお爺ちゃんも捕まってしまい、家族とも離ればなれになり更に春日部に逆戻りしてしまったとかなり精的に参ってたと思う、そこに更に裏切られたんだから本来全員に暴言吐いても仕方ないんだけど、マサオ君への仕返しまでに留める辺りしんちゃんの心の広さが伺えて好き
48 ななしのよっしん
2019/02/16(土) 11:14:32 ID: jNqErwGctI
ヤキニクロードって一日の話なんだよね
日常から始まりトラックが突っ込んできた非日常スタート
そこから怒濤の展開で熱へ、そして非日常は去り日常へと戻っていく
あんな動の連続だったのに距離はそれこそ新幹線一本分程度、たった150km程度の日帰り

最後にオカマが出てきたけどヒロシは慌てる事もなく静かに去る、これは非日常の中で出会った者とはもう関わることはないって別れの描写なんだと思う

そして「一日のご褒美の焼き肉」で締め、非日常を覚えてるのは野原一家のみでその記憶も日常を過ごす中で消えていくものなんだろうな
49 ななしのよっしん
2019/04/29(月) 04:25:14 ID: n5N5qWeEmz
頭からクレしん映画シリーズ見てるけど
この回はキャラデザ(野原一家以外)の線が整いすぎて堅く感じた
前作はそれであってたけど今作はギャグ重だから気になった
ネタは面いのでもっとゆるい線でグリグリ動かしてほしかった
50 ななしのよっしん
2019/04/29(月) 04:26:44 ID: MqAP8ute0h
陰険な描写も多々あるけど妙に爽やかさを感じる映画
ロープウェイにしんのすけが到着したときのBGMいいよね
51 ななしのよっしん
2019/04/30(火) 06:04:55 ID: ouXWt2p79+
いつも思うけど
スウィートボーイズって野原一家を全指名手配にするほどの権もってないよね
明らかに資産不足の組織みたいだし
52 ななしのよっしん
2019/04/30(火) 15:21:55 ID: ioXa/WUTRS
51
サイ子を作る組織だぞ
なんか色々暗躍してるんだよ
53 ななしのよっしん
2019/05/18(土) 22:25:46 ID: sXgBMzPcl+
最初から最後まで笑えるからクレしん映画で一番好きだわ
ただ天城は他レスでも言われてるけどやり口が陰湿すぎてドン引きしたなぁ 少佐とかぽっちゃりおっさんが憎めないキャラ付けだったから余計に
少佐にビンタされてたけどもう少し溜飲が下がるシーンがほしかったかも
アクション仮面春日部市民の準レギュラー野原一家にあんな簡単に寝返るか? って疑問もあるけどサイ子の洗脳もある程度あったのかなと解釈しておく(EDではあっさりパネル撤去されてるし)
つか飲まず食わずであんだけ動けるひまわりシロは何者なんだw
54 ななしのよっしん
2019/05/20(月) 12:18:55 ID: vJkOIVzYqu
風間くんがお気に入りで素材パーツにも拘っていたであろう自転車キーを渡すところ本当に好き。
壊したって構わないと、自分の大切なものより何だかんだ言っても友達しんのすけを非常に大切してるのが分かって、かすかべ防衛隊で一番友情を感じているのかもしれない。
スタッフロールで勝手に変装の衣服を使ったブティックにみんな頭を下げたり、細かい所もしっかり描かれていたりするのも良いわぁ

前のオト帝国やアッパレの寂寥感ある名作とはまた違ったギャグ方面での良い作品ではあると思うんだが、相手が悪いというか……

急上昇ワード