フランチェシク・ロムスキー単語

フランチェシクロムスキー

フランチェシク・ロムスキーFrancesk Romsky)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。CV.仲村秀生

概要

自由惑星同盟の文民、医師宇宙799年当時40歳。

自由惑星同盟銀河帝国に屈するという事態に際してエルファシルの独立運動導、エルファシル独立革命政府導者となる。799年末から翌800年6月初頭までの約半年間、ヤン・ウェンリーの最後の上となった。

肩書は「席」のはずだが、「政府の代表」「政府首班」「議長」など呼ばれ方が一定しない。地の文などではむしろ「ロムスキー医師」と呼ばれていることも多い。

経歴

エル・ファシル独立

少なくとも宇宙788年にはエルファシル本医師として在住していた。この頃、体の弱かったグリーンヒル夫人を何度か診察したり、フレデリカ・グリーンヒルからホットコーヒーサンドイッチを振る舞われたことがある。コーヒーは嫌いだから紅にしてくれればよかった」とは言わなかったらしい。
エルファシルの戦いの後の「エルファシルの奇跡」にあたっては、エルファシル脱出の軍側責任者となったヤン・ウェンリー中尉民間から協し、その活動を助けている。

ロムスキーが世に出るのは、その11年後のことになった。宇宙799年5月である自由惑星同盟銀河帝国に屈し、バーラトの和約により建の理想を失って属に身を落とすと、彼は民主共和政治の理想を守るため革命に転身。志を同じくする人々の先頭に立ち、同年8月13日恒星エルファシルの分離独立を宣言、自治政府席の座についた。

そのエルファシルに、ハイネセンを脱出し流亡の軍勢を率いていたヤン・ウェンリーが姿を現したのは12月9日のことであった。民主国家英雄であり、同時にエルファシルの軍事を飛躍的に強化することとなるヤンの合流をロムスキーは歓迎し、エルファシル独立革命政府席に加えて自ら軍事委員長を兼任してエルファシル革命予備軍を率いるヤンと連携する姿勢を取った。

革命予備軍部がヤンの謀略によって奪取したイゼルローン要塞に移動した後も、ロムスキーはエルファシルで独立政府首班としての職務に精励。しかし皇帝ラインハルトの直率する帝国軍がヤン・ウェンリーと対決するためバーラト系からイゼルローン方面への全面侵攻を開始すると、ロムスキー以下の独立革命政府部はエルファシルの防備を宣言した上でイゼルローン要塞へと避難することとなる。

<レダⅡ>艦上での横死

その後に発生した回廊の戦いには関与しなかったものの、戦後皇帝ラインハルトがヤンとの会見をのぞみ、ヤンがそれを受け入れると、ロムスキーもそれに同行することとなった。この時ヤンは民主主義制度下の軍人として政府の代表であるロムスキーに諮ることをせずに会見をうけてしまっており、その負いもあってなにかとロムスキーを立てる必要があったのであるが、この事がロムスキーに悲劇を呼ぶこととなる。

6月1日未明、巡航艦<レダ>で会見に向かう途上の一行は、アンドリュー・フォーク予備役准将の襲撃を受けた。これに対し、駆けつけた帝国駆逐艦フォークの乗り組む武装商船を破壊、「ヤン提督あいさつがしたい」と称して接舷を希望した。前述の引けから判断を一任されたロムスキーは、ごく紳士的にそれを受け入れる。しかし接続したハッチに現れたのは、ヤンを暗殺せんとす地球教徒であった。

ロムスキーの側近たちので軍人が外交・渉外から外されたため、この時ハッチに出迎えに出たのはロムスキー以下の文官たちのみであった。ブラスターをつきつけられたロムスキーは相手を諭そうとしたが、いきなりの発を受ける。咽喉の最上部を貫通した線により、頸神経線維の束を破壊されての致命傷であった。ロムスキーを殺した男もまた、直後に発生した<レダ>での射撃戦でスーン・スールの手によって死亡している。

その後、ユリアン・ミンツらが救援に駆けつけヤン以下要軍人の遺体を回収したが、ロムスキーほかの文官たちの遺体は回収されず、放棄された<レダ>とともに宇宙を彷徨う事となったのだった。

人格・能力

民主主義の擁護に燃える理想肌の革命政治家であったが、理想が先に立ちがちで、判断や実務についてはけして十分とはいえなかった。現実処理にもいまいち欠けており、「自由惑星同盟正統政府」を名乗ることを真剣に提案する、銀河帝国との妥協・共存案に難色をしめすなど、連携するヤンと意見の食い違う事もあった。しかし理想によって人々を牽引する、あるいはそういった雰囲気を作り出すは確かに持っていたようで、導者を失った後の独立政府はそのまままとまりを失い、革命運動責任を死したロムスキーに押し付ける形で解散している。

また、ロムスキーが良心的な人物であることは疑いようがなく、ヤンにも「基本的に善良で、策謀や嫉視と縁の人間と評価されている。これに加えてヤンが「ロムスキーの欠点は、だいたいにおいて笑って許容しうる範囲におさまるものとみなしていた」という言もあり、両者の意見の食い違いが対立に発展するようなことはなかった。この長所は回廊の戦い直前に政府運営委員のひとりから「ヤンの身柄と引き換えに自治を認めさせる」という低次元の策略を提案された時にも発揮されている。彼は「そんな恥ずべきことは私はいやだ」というごく個人的な羞恥心によって提案を却下し、かつてジョアン・レベロ議長を殺したロックウェルと同じ扱いを受けることを回避したのである。

そしてなにより、ロムスキーは紳士であった。
だが、それゆえの判断が、結局のところ彼の死に繋がったのである。皮というべきであろうか、彼の最期の言葉はヤン・ウェンリーはどこにいる?」という脅迫にたいしてあきれたように返した

あなたたちがなにをのぞんでいるのか知らないが、をつきつけるとは非礼でしょう。まずをしまいなさい

という、彼の長所と短所双方が現れたひとことであった。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B7%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フランチェシク・ロムスキー

5 ななしのよっしん
2016/07/17(日) 16:13:40 ID: KX2EBkmgbz
>>1
ヤンは例え同盟が滅んでもハイネセンの理想を受け継ぐ別の国家が新たに作られればそれでよしという考えだったからね
あとヤンがエルファシル政府に合流した時点では崩壊寸前とはいえレベロ政権の同盟がまだ残ってたから同盟が分裂したみたいな印を持たれたくなかったのかもしれない

ちょっと妄想だけどもしエルファシル独立政府帝国の打倒と同盟領回復が実現してたら
その時はロムスキー医師自由惑星同盟の復活を宣言したりしたんだろうか
国旗国歌は新しいものに変えたりして
6 ななしのよっしん
2016/07/17(日) 22:08:31 ID: XUQkn4vJ96
エルファシル脱出時に29歳、革命政府成立時に40歳って何気に若いね。ヤンとも八つくらいしか
違わない。アニメ版がちょい老け過ぎな感じもするけど。
7 ななしのよっしん
2016/07/18(月) 22:23:21 ID: gZrngDzRQh
そう言えばだけど、バーラトの和約ではガンダルヴァ系だけでなくイゼルローンフェザーン回廊出口付近の系を帝国に割譲することになってたよね。
そのイゼルローン回廊出口付近の帝国に割譲される予定だった系が、エルファシルだったってことはなかったかな。

で、その割譲への抗議行動がエスカレートしてるのを見て、あるいは、エルファシル進駐部隊を監督するかの擦り合わせが手間取ったのか、帝国軍が進駐を延期していた。
そうこうしてる間にロムスキー医師抗議グループ政府を占拠、独立宣言に繋がった。

本来なら速攻で鎮圧するはずの帝国軍もハイネセンの騒乱の鎮静化と拉致されたレンネンとヤン一味の捜索と優先順位がかに高い事案が次々発生していたので、この段階では見逃されたというか、素で忘れられてたとかかな。

全部個人的な想像というか、妄想なんだけど。
8 ななしのよっしん
2016/07/29(金) 15:41:14 ID: YztEF/kbJK
エルファシルはたぶん船の泊地として良港なんだと思う
ヴァンフリートは「自然環境が厳しいのと帝国との界が近いので民間人の入植は行われず」とあったけど、
界に近い、現に一度は帝国の手に落ちたこともあるエルファシルには300万人も民間人がいた
結構要地なんじゃないだろうか
となると割譲の対になってもおかしくないと思う

ヴァンフリートとかもらっても大して嬉しくないだろうし
9 ななしのよっしん
2017/09/03(日) 18:29:59 ID: rLGlUdhShn
無能って評価なのになんでトップでなおかつ独立なんて大それたことしてんだと思ったが
ヤンがエルファシルにいくなんてギリギリまで決断し切れてないのにほとんどのキャラい段階で確信してんだよな
謀な行動に妙な説得があるんだろうな
10 ななしのよっしん
2018/03/03(土) 07:32:12 ID: VxHcG9GDHS
ロムスキー本人にどれだけ自覚があったかは原作の人となりを見てもかなり微妙だが、質はともかく情熱の量と、他者をその気にさせてしまうだけの勢いや言葉は持ち合わせてたんだろうね
後に離脱する独立政府の面々からもそんなに勢い付いて突っ走ってしまったという感じの言い訳が出てきてたし

ただ、これも本人の自覚の怪しい点だけれど、一応この人も例の「奇蹟」の当事者だからね
螺旋迷宮の描写からしても、フレデリカほどヤンを積極的に支持してたとは考えにくいが、その後エルファシルに戻って医師を続けてたようだから、折に触れて当時のことを周囲に話していたりすれば、
ヤンほどではないにしても、本人の適性やを越えた虚像がある程度成立していた可性も否定できない
11 ななしのよっしん
2018/05/02(水) 20:44:58 ID: gZrngDzRQh
>>10
> 一応この人も例の「奇蹟」の当事者だからね
DNT4話のその「奇蹟」のくだりだけど、脱出直前の最終打ち合わせ、正確にはヤン中尉が本当の脱出プランを明かした時にいた民間人のひとりがロムスキー医師だったのかな。
というか、テロップ出てたっけ?
DNTのテロップ石黒版より自己弱いから、たまに見落とすんだよね)
12 ななしのよっしん
2018/05/10(木) 09:21:25 ID: VxHcG9GDHS
>>11
4話の録画を見返したけど、同盟駐留基地とかにテロップはあったが最後のゲート前で会話してる市民にはそれらしき表示は見当たらなかった

まあキャラデザの手間とか伏線的なメタ読みすると、多分あのゲート前会話でヤンと直接会話してた渋めのダンディDrロムスキーだとは思うけど、エンドロールにもメインキャストモブ組しか並んでなくて、先生の名前はないから確定はちょっと難しい
そして原作通りに進行した場合、次の出番はリアルに数年先なので…
13 ななしのよっしん
2018/05/22(火) 00:55:16 ID: sM0NHnxyZy
そういやなんでエルファシルの軍隊の名前を「革命軍」ではなく「革命予備軍」と呼称したのだろうか
14 ななしのよっしん
2018/06/01(金) 05:53:40 ID: 8z2p+9vdYQ
適当な想像だけど、「革命軍」は元々いたんじゃね? 独立当初の、治安警察に毛が生えた程度の地上戦だけど、こっちが本来のエルファシル軍で、ヤンはあくまで客将扱い。
を貸して屋を取られる(イゼルローン軍閥による革命握)」のをエルファシル政府が警していたのは、本編にも描写があるし。