ロックウェル単語

ロックウェル

ロックウェル(Rockwell)とは、小説OVA銀河英雄伝説」の登場人物。の担当は江原正士

略歴

生年は不明だが、年齢は50代半ばとされておりアニメ版の外見も概ねそれに準拠している。

初登場時は宇宙798年のヤンに対する問会であり、軍内部ではトリューニヒト閥に属し後方勤務本部長職にあった。同年から799年に渡る帝国による同盟への侵攻作戦ラグナロック)時でもその地位を保持。ミッターマイヤーによるハイネセン侵攻時は統合作本部長であるドーソン宇宙艦隊長官であるビュコック委員長であるアイランズと共にトリューニヒト催する会議にも参加していたが、抗戦を説くビュコックアイランズをに直接の上であるドーソン同様、ただ慌てふためくだけであった。閣議は最終的に、トリューニヒトを制止しようとしたビュコック地球教教徒に拘束されアイランズは卒倒。結局、軍政である両名は双方の政治的対立に何ら寄与することはなかった。

バーラトの和約後は統合作本部長であったドーソン帝国拘束されたため、新議長であるジョアン・レベロがヤン一党の影排除を企図したため、棚ボタ的に統合作本部長に任じられる(余談だが、宇宙艦隊長官は席となり、チュン・ウー・チェン代理している)。就任後は精的にヤン・ウェンリーとその一党の排除に邁進。レベロ内閣ブレーンであったオリベイラによるヤンを逮捕・暗殺し、その罪をシェーンコップらに転する謀略の一を担った。しかし、この謀略はヤンの逮捕を除いて失敗。ローゼンリッターに逆襲を許し、レベロと帝国の高等弁務官であったレンネンカンプ拘束を許した挙句、最期の手段であったヤンの暗殺すら実行できずに逃亡を許す。

一連の事件を口実にラインハルトは再び同盟に宣戦布告。実働部隊は全てマル・アデッタの会戦で消滅するかエルファシルに逃げ延びたヤンの元に逃走。老練の提督であったビュコックも戦死し、同盟の命脈もラインハルトハイネセンへ到着するまでのモノとなった。

この時、かつてヤンを売り、敵であるレンネンカンプですら売り渡したレベロを信用できなくなったロックウェルはシンパと共に彼の執務室を急襲し暗殺。その功をもってラインハルトに助命を乞うたが、ラインハルトは彼らの卑屈な態度に激怒。応答に窮したロックウェルはその場に居合わせていたファーレンハイトリップシュタット戦役において反ラインハルトについていた)を見つけ、彼をかつて助けたように自分の命も助けてほしいと懇願したが、かえって火に油を注ぐ結果となり処刑(とすら言われない後始末)を決定づけた。執行者はその場でファーレンハイトに決まり、彼はラインハルト以上の怒りと侮蔑をもって彼らに接している。

その後いつ処刑されたかは明らかではないが、裁判は行わないと宣言したこと、「ヴァルハラでビュコックに詫びさせる」と言うラインハルトの発言、エルファシル革命政府の首班であったフランチェシク・ロムスキーが裏切り者の末路として彼らの名前を挙げており、会見の直後であったと思われる。ともかく、同盟建から200年あまり、数々の名将を輩出した同盟軍の制服組最期の長は処刑と言う不名誉な結末を迎えたのであった。

ロックウェルとファーレンハイトの違いを教えて下さい

以下適宜追加……

評価

トリューニヒト閥、無能主人公暗殺未遂と上殺し、そして処刑…。作中に幾人か存在する一点の美点もも救いもない人物の一人であり、おそらく同盟の中ではフォーク准将やベイ大佐と並んで最底辺の嫌われ者であろう。自決を強制された例は作中では多く存在するが、処刑された人物は名アリの登場人物では彼とラングくらいである。ただし、小説版では彼なりの言い分もあり

疑問や反発などいだかず命のままに喜んで死んでいく精畜こそ、国家と軍隊にとって有為の人材と言うべきではないか。重要なのは民主主義を守ることではない。民主国家を守ることだと言うのに。

と言う言葉を残している。これは一面の真実であることは確かだろう。もっとも、彼本人はこれに従うことはなく最期は矛盾した行動を取っているのだからどうしようもないのだが…。

また、前述の引用の前後には「才の質は問題ではない」と言う考えにも至っており、レベロの暗殺も最終的に自己の保身のためと言うよりヤンとの才の差を明確に彼に摘されたことが引き金となっている。いずれにせよ、キャゼルヌが侮蔑をもって見限ったように、統合作本部長のような要職につく器量ではなかったことは確かである。

先に救いが一点もないと述べたが功績らしい功績を一つだけ挙げるとするなら、ヤンを受け入れたエルファシル革命政府の文民たちにとって彼の死が裏切りに対する一種の教訓となったことが挙げられる。少なくともヤンの最期の環境は多少の制限はあるにせよ、戦術・戦略的にはフリーハンドであり裏切りの脅威はそれまでとべて相対的低かった。ロムスキーの善良さと横柄さ(裏を返せば無能さ)を考慮に入れるべきではあるが、おそらくその後の歴史においても留意すべき故事の一つとなったことであろう。

関連人物

関連動画

 

関連商品

ロックウェルに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

ロックウェルに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロックウェル

22 ななしのよっしん
2018/01/16(火) 21:50:24 ID: ACpRnr//Et
『第1、君だけに教えるよ(ryロックウェル「教えねーよ!」

レベロ暗殺って元首の首をラインハルトに差し出すことで
自分の命だけは助けてもらおうってせこい理由だけだよね
まさかレベロの命と引き換えに帝国に一定の地位をもらおうとまではさすがに考えてないよね?
23 ななしのよっしん
2018/01/16(火) 21:58:27 ID: qPWUxt1bsm
>>22
それについては原作に記述がないので、そうかもしれないしそうじゃないかもしれないとしかいえない
少なくともそれを匂わせている、と言えるほどの記述も原作にはない

まぁ、ロックウェルの前任の統合作本部長が軍高級幹部で一人だけ収監されてるのを考えると、
代わりになりうる長官と総参謀長が戦死してる状況で自己の保身を考える気持ちはわからないでもない
24 ななしのよっしん
2018/02/28(水) 13:01:00 ID: pFf5xqoC45
言うても、後々のラグプールでも収監されたじゃがいもは死んだということにはなってない(≒収監場所が別?)のもあわせると、刈り→ラグプールコンボであえなく上行きになった社長や学長よりも結果としてはむしろ生き残れたかもしれんのよね

まあ、ホワン・ルイとかもラグプール暴動では生死不明なので、じゃがいもも単に記述されなかっただけということはあるが
それにしても確かであろう部分…つまりレベロの首で自分たちは助かるって行動に至った時点でやっぱりどうにも救い様がいけど
25 ななしのよっしん
2018/04/08(日) 07:31:18 ID: 7VSppVE0Go
ドーソンが収監された時点でラグプールのあるハイネセンは同盟の統治下
ドーソン捕まったのはバーラトの和約の時であり、同盟は一応健在だから

だからドーソン帝国本土に連れていかれたのでは
26 ななしのよっしん
2018/04/28(土) 22:13:01 ID: 3CPqbY33SX
ヤンがヴァーミリオン会戦に至るまで同盟領内を転戦していた時期の後方勤務本部長ロックウェルなんだから、軍官僚としてはそれなりだったんじゃないかな。>ロックウェル
27 ななしのよっしん
2018/06/20(水) 09:01:06 ID: PlpSvcPGGw
まともな機動艦隊が最ヤン艦隊しかいないんだから軍として全支援するのは義務。
どうこうじゃなくやって当然の事だし、自由行動許しただけで実質大したことやってないやん。
軍のトップとして最低限の事もできないんじゃ無能どころか論外よ。
28 ななしのよっしん
2018/08/25(土) 23:07:30 ID: y989ZhlykM
金髪割れだけどやたらいいなのがロックウェル
笑ったw
こんなクズ野郎に江原正士さん使うんだもんなw
フォーク古谷徹さんだし、ちょい役の歴史学者マッケンジー千葉さんとか当時でもギャラが高いはずの
一流どころを惜しげもなく使ってしまう旧銀英伝って贅沢すぎだとめて思う。
29 ななしのよっしん
2019/02/11(月) 18:49:05 ID: TdgIz7XrGo
ロックウェルは晩節をこの上なく穢したから低評価だけどOVAだと、ランテマリオ会戦という難局できちんと後方勤務をこなしているから、後方勤務のは優秀といっていいかもね。

バーミリオン会戦の時も勝手に指揮官たちがヤンの揮下に入って出撃はしているが、あの状況で戦略物資が欠乏した描写はないから十分な物資が蓄積されていたのだと思う。
30 ななしのよっしん
2019/02/18(月) 22:15:48 ID: 7VSppVE0Go
リューカスの基地に民需用の物資が蓄えられていたから相当量を民間から徴発したんじゃないかな
31 ななしのよっしん
2019/05/15(水) 06:36:43 ID: wT5bIu4bI4
だとしても同盟は民主主義国家帝国と違うんだから、非常事態とはいえ形だけでもきちんと手続きを踏んで徴収しなきゃならない。
ましてやヤン艦隊はどの補給基地に寄港するのかわからない、多分ヤン自身ですらきちんとは決めてない(パターンがある? バカ貴様は)だろうから、事前に準備しとかなきゃならない物資は通常の何十倍にも膨れ上がるわけで……


まあ、その辺ってアイランズの仕事じゃないかってのはさておき。