ブラッシンググルーム単語

2件
ブラッシンググルーム
2.6千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ブラッシンググルーム(Blushing Groom)とは、1974年フランス生まれの元競走馬種牡馬である。

2歳GI4勝を含むGI競走5勝を挙げ、種牡馬としても大成し、更にブルーメアサイアーとして顕著な功績を残した。

血統・競走馬時代

ナスルーラ産駒競走馬としては今ひとつだったが種牡馬として成功したレッドゴッドラナウェイブライド、地と障害の両方で活躍し、セントサイモン直系種牡馬として功績を残したワイルドリスクという血統。ナスルーラ譲りの気性難だったが、本は落ち着いた性格だったらしい。

因みに名前のブラッシンググルーム(Blushing Groom)は「赤面する婿」という意味であり、のラナウェイブライド(Runaway Bride)、「逃げ」からの連想である。

競走馬としてフランスデビューすると、デビュー戦こそ敗北するも以後は連勝街道に乗り、6戦5勝。GIを4勝し文句なくフランス最優秀2歳く。3歳になり年をまたいでプール・デッセ・デ・プーラン(2000ギニー)を含む7連勝を飾る。1番人気エプソムダービーに向かうも距離が長かったか3着に敗北フランスに戻りジャック・ル・マロワ賞2着を最後に引退した。通算10戦7勝。

種牡馬時代

1978年から米国種牡馬入りすると、自身はマイラーだったのに対し、産駒は中長距離でも戦えるタイプを多く輩出。更に産駒種牡馬としても成功を収め、ブラッシンググルーム系と呼ばれる系統を確立するに至った。現在ナスルーラ系は世界的に衰退傾向にあるが、その中でもブラッシンググルームの系統は米国を中心に未だ活躍を輩出し、近いところでは直系の曾孫である*アニマルキングダムケンタッキーダービーを制した。1988年1995年に英種牡馬リーディングにいている。

代表的な産駒ナシュワン(英ダービーキングジョージ等)やレインボークエスト(凱旋門賞)、スカイビューティ(トリプルティアラ)などが挙げられる。日本では直の活躍は見られないが、輸入された*クリスタルグリッターズからアブクマポーロマチカネフクキタルが、直系孫の*バゴからビッグウィーククロノジェネシスが輩出され、また持込としてサクラローレルが活躍した。

更に特筆すべきはとしての活躍である。ざっと挙げていくと

といったようにGIを多数輩出した。全頭父親が違うのも面い。系に入ると驚異的な底や勝負根性が与えられた。テイエムオペラオーはその最たる例だろう、栗毛体もそっくりである。

1992年18歳で死。ブラッシンググルームをに持つ繁殖牝馬はほとんど引退したが、ブラッシンググルームを血統表内に持つは数多い。現代競馬が続いていく限り、ブラッシンググルームの血は脈々と受け継がれていくことだろう。

逃げた花嫁と赤面する花婿の親族

日本種牡馬生活を送った*ベイラーンがいる。この*ベイラーンだが、であるブラッシンググルームが1976年に2歳GIを勝ちまくったことで種牡馬価値が急騰。だが翌1977年2月に種付けシーズンを前に急逝。わずか1世代、20頭程度しか産駒を遺せなかったが、そこから中央重賞を2頭輩出するなど、急逝が惜しまれる結果となった。
また、半の*サイドチャペルもブラッシンググルームの成功を受けて輸入されたが、こちらは地方重賞を数頭出したのみで13歳でひっそりと死亡した。

ラナウェイブライド、祖母エイミー(Aimee)から牝系が広がっており、一族には以下のがいる。

血統表

Red God
1954 栗毛
Nasrullah
1940 鹿毛
Nearco Pharos
Nogara
Mumtaz Begum Blenheim
Mumtaz Mahal
Spring Run
1948 鹿毛
Menow Pharamond
Alcibiades
Boola Brook Bull Dog
Brookdale
Runaway Bride
1962 鹿毛
FNo.22-d
Wild Risk
1940 鹿毛
Rialto Rabelais
La Grelee
Wild Violet Blandford
Wood Violet
Aimee
1957 鹿毛
Tudor Minstrel Owen Tudor
Sansonnet
Emali Umidwar
Eclair
競走馬の4代血統表

クロスBlandford 4×5×5(12.5%)、Phalaris 5×5(6.25%)

関連動画

サクラローレルマチカネフクキタル、*ファンタスティックライトが直系子孫なのでそちらをどうぞ

関連コミュニティ

関連項目

Blushing Groom 1974
|*クリスタルグリッターズ 1980
||アブクマポーロ 1992
||マチカネフクキタル 1994
Rainbow Quest 1981
||サクラローレル 1991
Candy Stripes 1982
||Leroidesanimaux 2000
|||*アニマルキングダム 2008
|||Zaaki 2015
||Invasor 2002
Rahy 1985
||*ファンタスティックライト 1996
Nashwan 1986
||*バゴ 2001
|||ビッグウィーク 2007
|||クロノジェネシス 2016
|||ステラヴェローチェ 2018
|||マルカンハルカゼ 2019
|*アラジ 1989
Sky Beauty 1990

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ブラッシンググルーム

1 ななしのよっしん
2019/10/13(日) 17:32:43 ID: hXXp36lUny
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2021/07/23(金) 20:32:23 ID: uZs73JylIo
直系以外だとジャイアンツコーズウェイブリックスアンドモルタルもこのの子孫なのね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3 ななしのよっしん
2021/08/28(土) 07:04:28 ID: rM+ZrbFkW6
オペラオー母親になった産駒名前がOnce Wed(バツイチ)なので3代つながってるのか。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
4 ななしのよっしん
2022/09/21(水) 07:18:05 ID: 5P0M9y1Xwy
オペはもちろんゴルディコヴァマッチョウノラムタラ
接戦を制するは確実にこのからきてるな
トップガンも落ちブライアンに負けたとはいえど根性だった
👍
高評価
0
👎
低評価
0
5 ななしのよっしん
2022/09/25(日) 23:35:50 ID: JzkQcydOAA
本人?はおっとり気味でおとなしいのに
産駒は闘争心に溢れるが裏返しで神経質で気性難の代表格みたいになってるのは不思議なもんだよなぁ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
6 ななしのよっしん
2022/12/29(木) 00:16:04 ID: iY67x9fOqb
そういえばヤマニンゼファーも接戦を制したド根性のだったな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
7 ななしのよっしん
2023/09/12(火) 11:15:21 ID: IqZ4kSf+WR
>ブラッシンググルーム(Blushing Groom)は「赤面する婿」という意味であり、のラナウェイブライド(Runaway Bride)、「逃げ」からの連想である。

これって要するに婚約者に逃げられて逆上して顔ってことか?
👍
高評価
2
👎
低評価
0
8 ななしのよっしん
2024/04/14(日) 10:01:53 ID: z+AylfNdP5
なんで急上昇したんだ?
ウイニングポストの新作でこのの記事めて見る人が増えたとか?…流石にニッチすぎるか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
9 ななしのよっしん
2024/04/14(日) 10:36:32 ID: hOrJhGwwr/
"groom"には厩務員という意味もあり、馬主が最初にこのを見た時っ気を出してて厩務員が恥ずかしがってたのを見て
ブラッシンググルームと名付けたという説もある
👍
高評価
0
👎
低評価
0
10 ななしのよっしん
2024/04/14(日) 11:36:31 ID: 3IkrN4O9V2
亡くなったのかと思ってびっくりしたけどそうでもない…?

というかなんでこんなに競走馬の記事が多いんだよw
👍
高評価
0
👎
低評価
0

ニコニコニューストピックス