マール王国の人形姫単語

マールオウコクノニンギョウヒメ
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

マール王国の人形姫とは、
日本一ソフトウェア明期にPSソフトとして発売されたRPGである。
発売後もおまけを追加した廉価版や移植版、そして続編がリリースされている。

シリーズとして

以上が家庭用ゲームで発売されている。
この項では大元の「マール王国の人形姫」について記載する。 

ストーリー

魔王に攫われたお様を王子が助け出す…といった王道ファンタジーではなく、
イケメン好きの年増魔女に攫われた初恋王子様を助け出す為に村が一念発起する、夢と希望と冒険心の物語
シリアスギャグが織り混ざった展開を重ね、を続けるうちに村は自分の出生の秘密を知る事になる。

主要登場キャラクター

コルネット・エスポワール(CV:藤野かほる)

本作の主人公16歳人形と会話ができるちょっと不思議なを持っている。
の形見であるラッパを演奏する事で人形たちに元気を分け与える事が出来る。
明るく元気な性格で、座右の銘は「女は行動
 
 
 


クルル(CV川村万梨阿)

コルネットと共に行動する、妖精を模した小さな人形
普通人形は当たり前だが動く事も喋る事も出来ないのだが、
彼女はそれらに加えてコルネットを介さず他者と喋る事が出来る。
要所要所でボケまくり、その度にコルネットにハリセンで突っ込まれるが、
シメるとこはキチンとシメる、コルネットの保護者役。


エトワール・ローゼンクイーン(CV天野由梨)

コルネットの幼馴染16歳
同社作品のディスガイア等にも絶賛出張営業を行っている「ローゼンクイーン商会」の一人
絵に描いたワガママお嬢様……という訳ではなく、むしろ自分で見聞きし、何かとやりたがるタイプ
コルネットとは時に争い、時に協する良きライバルである。


フェルディナンド・マール・E(CV森川智之)

マール王子17歳。気さくで優しくての達人で、いわゆる※。
稀によくから抜けだして下に遊びに出ている。
下町マザーグリーンにはファンクラブまである。
 
 


マージョリーCV富沢美智恵

悪名高い魔女。三人の忠実な来と大勢の使い魔ニャンコ」を従える。
千年以上もの時を跋扈し、その絶大な魔で己が望むままに行動してきた。
性格は自己中心的だが義に熱く、筋はキチンと通す。だが非常におっちょこちょい
ロンジョ様が魔法を使える、と言ったら判りやすいだろうか。
 
 


ガオ(CV:神宮司弥生渡辺久美子)

マージョリーの部下で熱血バカ
根性魔法(と、いう名の格闘技)を駆使して戦う族の女性
「根性があれば何でもできる」を信条としており、根性一つで海底の沈没船に生身で泳いで乗り込んだりする。
帰りも泳ぎ。 (その後陸に上がった後彼女との戦闘の際、体が半分になっているせいで負けるが本人は飯を抜いたからだと 思っている。)


ミャオ(CV田村ゆかり)

マージョリーの部下で見たネコ耳魔法使い幼女
その見た通りマージョリー一家の中でも最年少だが 持っている魔はマージョリーに次ぐ実を誇る(が、ぶっちゃけこの2人しか魔法らしい魔法を使わない)
ドラゴンなどの魔物ペットとして多数所持しているらしい。
2でネコ魔族の名門カルカンスキーの生まれであることが判明。
ニャンコたちの人。


クロウディア(CV:山田美穂)

マージョリーの部下のナルシスト士。
の美形だが女性ニャンコく男嫌い。
名前のどこかに「美しき」をつけることを相手に強要する。(クロ美しきディアでもいいらしい)
 

システム

戦闘方式はヘックス制のSRPGである(携帯機への移植作品では遊びやすいようにコマンドRPGへ変更されている)。
ゲーム慣れしている諸からは「動きがモッサリしすぎている」と少々評判が悪かったが
それは当初の作品ターゲット層が「ゲームが苦手、又はあまりやらない女性層」だった為。
特にスピーディーさをめないのなら普通にプレイ出来る。

転生

コルネットと共に冒険を共にしてくれる人形たちは、転生というイベントを迎える事が出来る。
特殊な条件をこなす事によって、人形たちの秘めたる思いが本懐を遂げる事になり、
人形たちがどんな思いでコルネットとを共にしたかなどのバックストーリーを垣間見ることが出来る。
これは一部例外を除きほぼ全にサブイベント扱いであり、一切気にせずストーリーを進めることも可

ミュージカル

マールシリーズでは、随所にミュージカルが挿入される。
半端なミュージカル風演出ではなく、ミュージカルである。というか本作の胆がミュージカル
ドット打ちの温かみのあるキャラクターが歌い・踊る様は男女問わずプレイヤーの心を鷲掴みにした。
一度も見た事がないというのであればニコニコ検索して見て堪した後にamazonポチって下さい。
(DS版は処理の都合上か、ミュージカル時に一部キャラクター省略されています、ご注意を。またDS版ではPS2天使プレゼント」から抜された追加ストーリーがあります。)

使い魔ニャンコ

ディスガイアで言うところのプリニー的な存在。
ただ、プリニーとは違い理不尽に怒られたり潰されたり投げられたり爆発したりすることはなく、
魔女っ当な使い魔といったところ。
プリニーは下として性格がほぼ一本化されていたが、ニャンコ種は個体間の性格差が出ており、
魔女の支配下における苦労や悩み等をってくれる。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%8E%8B%E5%9B%BD%E3%81%AE%E4%BA%BA%E5%BD%A2%E5%A7%AB

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マール王国の人形姫

36 ななしのよっしん
2013/02/26(火) 08:29:27 ID: 7x9nkd3rrS
>>35
いよねwww
あそこDS版でなかったのが残念だったなあ

攻略サイト山神様(キツネ)と戦うときに選択肢出るみたいなこと書いてあったけど、PSDS 共に
「心貧しきものよ…」って言葉が出るのみで、選択肢が出ないんだが…。どうしてだ?

仕方ないから倒しちゃったが、やっぱり村の人の反応が冷たい…
ううっ、自分だって助けたかったよう…!
37 ななしのよっしん
2013/07/02(火) 02:53:20 ID: YYPt4fz13H
>>36
亀レスなんだが、多分それは村の猟師を連れていないからだと思われ
38 ななしのよっしん
2013/10/02(水) 13:09:46 ID: kN4O3x4oJS
マールシリーズ3部作は今でも一番好きなゲームわぁ
お前男のくせにこんなのやってんのwwwとか笑ってた畜生兄貴も追々どっぷりはまってた。
39 ななしのよっしん
2014/08/27(水) 23:51:33 ID: 96FjdL2sFe
アーカイブスで配信されてるのプレイしてるけど
女子向けなのにリトルプリンセスソフトクリームイベントはいいんすか
40 ななしのよっしん
2015/03/21(土) 21:46:52 ID: QBPXGptbHw
記事読んで懐かしさが溢れたよ…
自分の思い出のゲームといったら間違いなくこれだなー
当時は小学生だったけど、今でも曲歌えたりするもんね
41 ななしのよっしん
2015/11/11(水) 18:55:02 ID: K8gAZBjpcY
ガラケー版もあった気がする
42 ななしのよっしん
2017/02/11(土) 05:03:45 ID: wSCRQBpFmO
今のゲームみたいにストーリーや会話が長いわけじゃないけど、登場キャラの心理描写が本当に丁寧で細かい
心に残る名三部作ですわ
43 ななしのよっしん
2017/11/18(土) 17:34:03 ID: DoeHv6Vchl
大阪日本一25周年カフェ人形クルルメッセージ見てきたけどがだいぶシェリー寄りになってた
やっぱそんだけの時間が経ったんだなと
44 ななしのよっしん
2018/02/10(土) 23:18:55 ID: pn+/O3C0oh
本日クルルメッセージきいてきたけど涙出てきた
スタッフにも声優さんにもされてるいい作品だ・・・
45 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 20:20:15 ID: R+Ay0cb6Kl
マール20周年か
歳食ってからやると感傷が違うな

急上昇ワード