リヒャルト・フォン・グリンメルスハウゼン単語

リヒャルトフォングリンメルスハウゼン

リヒャルト・フォン・グリンメルスハウゼン(Richard von Grinmelshausen)とは、やたらと苗字の長い「銀河英雄伝説」の登場人物である。CV.槐柳二

概要

銀河帝国軍人、子爵外伝「千億の、千億の」に登場する軍人で、最終階級は大将
艦隊旗艦は老朽化した標準型戦艦<オストファレン>。

76歳の老人で、「ひなたぼっこ提督」などの異名からもわかるように有能な軍人とはとてもいえず、周囲から重く用いられるようなことはなかったが、実はその影に恐るべきを秘めていた……のかもしれない。

ちなみに、76歳という最終軍歴は地味アレクサンドル・ビュコックすら上回る年齢である。みんなも「呼吸しない軍事博物館」くらいの呼び方をしてあげよう。

経歴

生まれはグリンメルスハウゼン子爵の三男。士官学校でも庸であり、そのままならありきたりの下級貴族として飼い殺しになるはずの人物であったが、二人のの戦死によって子爵を嗣ぐことになった。

青年時代は若きフリードリヒ大公――後の皇帝フリードリヒ4世――の従武官を務め、奔放な放蕩息子だったフリードリヒのために会計処理や遊関係の世話、そして謹厳で財布の紐が極めて堅い皇帝オトフリート5世へのとりなしといった事柄を処理し、フリードリヒの即位後はその知己として信頼されるに至る。


その晩年、ヴァンフリート域会戦において12200隻の艦艇からなる一個艦隊を揮。
麾下に参謀長プフェンダー少将、分艦隊指揮官ラインハルト・フォン・ミューゼル准将、陸戦指揮官ヘルマン・フォン・リューネブルク准将などを擁した。

ヴァンフリート域会戦において、ミュッケンベルガーは(当然のことながら)グリンメルスハウゼン艦隊をほとんど計算外の存在とみなして後方に配置した。戦闘が始まっても彼の艦隊の動きは極めて鈍重で、戦局に何ら寄与することのないまま、総部の命ヴァンフリート域第四惑星第二衛星、すなわちヴァンフリート4=2に拠ることとなった。だが、このヴァンフリート4=2に同盟軍の補給基地が存在したために、グリンメルスハウゼン艦隊こそが両軍の思惑をえてこの近辺における陸宙双方の全面交戦を呼ぶことになる……のだが、彼の艦隊は結局ヴァンフリート4=2の地表を離れなかったため、陸上ではともかく宇宙ではなんの役にも立たなかった。

会戦の後、功績により大将に昇進。「もはや前線には出まいから昇進させてやれ」という勅命による宮廷と軍部の妥協的産物であり、実際にこれ以降、彼が宇宙に出ることはなかった。このとき彼は祝賀パーティーを開き、内務警察総局次長エーリッヒ・フォン・ハルテンベルク伯爵ミューゼル少将リューネブルク少将らを招き、警備担当を任されていたウルリッヒ・ケスラー大佐さんラインハルトの知遇を得るきっかけを作っている。

大将昇進後、第六次イゼルローン要塞攻防戦の直前ごろに風邪を拗らせ倒れた。明確な時期は不明だが、まもなく病死したものと思われる。

交友

かつて従武官を務めた仲から皇帝フリードリヒ4世の多大な信頼を受けており、傍には全くそうは見えないものの、のちのちまでその心のような存在であった。

この関係がもととなって、ヴァンフリート域会戦に先立ってグリンメルスハウゼンが76歳の老に至って艦隊官として前線に出ることと希望した時も、皇帝から宇宙艦隊長官グレゴール・フォン・ミュッケンベルガー元帥に「あの老人には好きにやらせてやるように」と勅旨が下されている。

その他、リューネブルク少将の義に当たるハルテンベルク伯爵とも親しく交友があり、祝賀パーティーの際などは私室で個人的な会話を交わしている。

その晩年においては、ウルリッヒ・ケスラー心として抱え、パーティーの警備担当などをはじめ、にはできないような仕事も任せた。上層部に睨まれていたケスラーは彼の護によってオーディンに勤務することができていたが、彼の死後はラインハルトに引き立てられるまで辺域に左遷される憂きにあっている。

評価

基本的にはまったく評価されていなかった。

その扱いの軽さは宇宙艦隊総旗艦ヴィルヘルミナ>のオペレーターにさえ伝染しており、名前が長すぎることから「グリンメルス艦隊」などと呼ばれることになってしまっている。宮廷の廷臣たちもまた同じであり、謁見のための控室で居眠りする姿を賭けの対にするほどであった。

ただ、あまりに飄々とした人物であっただけに憎まれるようなことはなく、丁重に扱いつつ実質的には視されているような状況だったといえるだろう。

能力

指揮官としては庸以下で、軍人に必要な他のも恐らくさほどのものではないと思われるが、彼は、門閥貴族出の軍人であるにも関わらず、二つのある特異なを持っていた。

その第一は、恐らく従武官として長年宮廷の内部を見てきた経験と76歳という年功による「炯眼」であった。
彼はリアルに「自分を客観的に見ることができ」たし、 他の門閥貴族のような先入観なくラインハルト・フォン・ミューゼルという若き天才を見つめることもできた。「金髪の孺子」という呼び方にも、やんわりと苦言を呈している。

若さというものは、すばらしゅうございますな。陛下、あの若者を見ておりますと、心からそう思います。この世に不可能などないように見えますな」

という彼のラインハルトに対する評価が、彼の門閥らしからぬ人物鑑定眼を示している。
とはいえ面いことに、彼はラインハルトは認めても、ことさら自分から重用しようとはしなかった。そのためにラインハルトも当初はグリンメルスハウゼンを無能と忌み嫌ったのであるが、彼を嫌うでもなく重んじるでもないグリンメルスハウゼンの飄々とした態度に嫌悪感も削がれたのか、愚痴りつつも極端な批判をすることはくなった。その上グリンメルスハウゼンは昇進が留め置かれていたジークフリード・キルヒアイスの昇進を支援したため、ラインハルトとしては半ば不愉快なことに謝意を示さざるを得ないほどであった。


そしてもう一つ、彼は「自他ともに認める無能者」として他人に侮られていたため、結果として宮廷内の様々な秘密が手に入るという不思議なを持っていた。つまり、宮廷の陰謀たちも、野心ももなくただ口が堅いだけの無能者の前で、あえて秘密を隠す必要性を認めなかったのである。その結果、彼が老に達する頃には、貴族社会や宮廷、それに軍部のありとあらゆる秘密の詳細が彼の手元に集まっていたのだ。

彼はそれを1冊の文書にじ込んだ。「グリンメルスハウゼン文書」と呼ばれるその文書はウルリッヒ・ケスラー大佐に託され、ラインハルトのもとへ持ち込まれる。「大貴族の恥部や弱みが記されているこの文書を、自身の立身に役立てよ」というグリンメルスハウゼンの意思であった。

しかし、ラインハルトは「私は脅迫者にはならない」とこれを受け取らず、ケスラーに封印保管が任せられることとなる。その期限は歴史が門閥貴族どもの独占物でなくなるときまで」。このとき少将だったラインハルトが、元帥ローエンラム公爵として位人臣を極めたのは、わずかに3年の後であった。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%BC%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

リヒャルト・フォン・グリンメルスハウゼン

24 ななしのよっしん
2017/01/10(火) 20:54:46 ID: aZhrgruDHm
>>21>>22
最大の問題は、(誰も知らないんだからもちろん結果論なんだけど)カイザーの余命は残り数年、実は焦らなきゃならない状態だったってことかなぁ……まあその想定だと、キルヒアイスが生きてるんで、後継は多少ごたつくにせよ問題ないともいえるが。
25 ななしのよっしん
2017/01/17(火) 22:59:57 ID: JaKmp68EAD
リンメルスハウゼン文書は役に立たなかったように見えて、実は新王の正当性を強化するのに役に立ったのだ……とか妄想するの好き
26 ななしのよっしん
2017/01/21(土) 09:44:10 ID: lDS1gBDvEI
>>25
リンメルスハウゼン文書は多分、ゴールデンバウ歴史編纂事業の担当者に、資料として提供されたんじゃないかな。ラインハルトもそれをこそ望んでいたようだったし。

まあ、それを持ってきたのが憲兵総監のケスラーだから、編纂事業部署は最初死ぬほどビビったんじゃないかな。
でもまあ、事情の説明がてらコーヒー飲みながらグリンメルスハウゼン老人とカイザーエピソードを話すケスラーの姿を想像するのも楽しいね。
27 ななしのよっしん
2017/02/01(水) 06:21:18 ID: aZhrgruDHm
ケスラー自身はグリンメルスハウゼン文書使ってる気はする。短期間で憲兵握しなければならなかったし、オーベルシュタインほどじゃないけど陰の領域に足突っ込んでるし。
もちろんラインハルト許可得たうえで、脅迫とかそういう方向でなく腐敗幹部を正面から弾劾する的でだろうけど。
28 ななしのよっしん
2017/06/10(土) 04:11:28 ID: eobe2dvt/u
>>14-15
PCゲームだと戦艦空母の一部隊が定数1000
巡洋艦駆逐艦は一部隊の定数2000
一個艦隊は八つの部隊で構成される。
つまり一個艦隊の定数は最小8000、最大16000だね。
29 ななしのよっしん
2017/08/30(水) 09:22:41 ID: RX1phmsWMp
>>24
加えて言えば精的な負担が病理の根底にあるとすれば
キルヒアイスを失うという最大のダメージくなることで発症が遅くなるか、下手すると寿を全うしかねない可性すら出てくるな
30 ななしのよっしん
2018/03/07(水) 11:26:02 ID: laSldJ/Zmk
ラインハルトに対しての「君のと友人(ついでに容姿)が羨ましい」ってセリフが敵愾心をくす切っ掛けだったんだろうな
紛れもなく誇りにしている部分だろうし。
そういう急所を突く部分もある意味「警されない」才の一部だろうか
31 ななしのよっしん
2018/05/02(水) 21:57:24 ID: lDS1gBDvEI
ラインハルトが“焦る”理由のひとつが、「もたもたしてたら、いつ上がベーネミュンデ侯爵夫人や他の寵に殺されるかわからない!」だとすると、
リンメルスハウゼンの「焦ることはない」という言葉は、「卿の君を死なせたりしないよう、陛下らせている。安心しなさい?」って意味でもあるのかな。
この爺さんフリードリヒ4世も、わかりやすい才覚はないけど、深い知性の持ちではあるんだろうな。
まあ、その知性が深すぎて、みにすらなってるんだけど。
32 ななしのよっしん
2019/02/21(木) 07:03:15 ID: zIadup0beH
多分ラインハルトが老人に対して一定の敬意を持つようになったと人物だと思う
33 ななしのよっしん
2019/08/20(火) 08:26:12 ID: CsUefnJCHI
「呼吸しない軍事博物館」……ねぇ……。

寧ろ、"呼吸する不正資料館"ってのがあってる気がする。
この爺さんと、ヤン・ウェンリーってが合いそうだなぁ

急上昇ワード

2019/08/23(金)13時更新