加賀(戦艦)(アズールレーン)単語

アズレンノセンカンカガ

戦艦加賀exit_nicoseiga

「私は加賀ーー「戦艦加賀だ。間違えるでないぞ!」

加賀(戦艦)(アズールレーン)とは、STGアプリゲームアズールレーン』に登場するKAN-SEN第2次世界大戦時の日本海軍空母加賀(かが)」のIF的存在、加賀戦艦1番艦「加賀」をモチーフにしたキャラクターである。

指揮官、概要の説明を始める前に少し肩慣らしでもしておけ

「もう一つの可性」である加賀の姿。 純な強さをめ続ける強気で好戦的な性格。

同じかの軍計画の要である「天城」を尊敬しており、 自身が空母になるルーツがないためか、赤城の存在をなんとも思わない様子だが…?

ーーーー公式Twitter紹介より

重桜所属の戦艦レアリティSSR。CV空母加賀と同じ茅野愛衣

2018年12月14日に『アズールレーン公式ツイッターにおいて、12月末開催予定の大イベントでの実装が予告される。そして2018年12月27日より開催された期間限定イベント「縹映る深緋の残」において、限定建造とイベントアイテム交換報酬、運が良ければ域でもドロップ可という形で実装された。

彼女は「もしワシントン軍縮条約がなかったら」という仮定の上で成り立つ存在であり、ミリタリーでは時折話題になる艦である。史実における未就役の艦艇に関しては、建造着手に至らなかったモナークローン、建造途中で中止となったグラーフ・ツェッペリン実装されているが、戦艦加賀の場合は実際に完成し進までに至ったという点で彼女らとは異なる。

アズールレーン世界観においては艦歴の中で艦名や艦種の変更、複数のに所属した実績がある場合は別個の存在として生まれる可性があるらしく、戦艦加賀はその先駆けたる存在と言えよう。イベントストーリー内では巡洋戦艦赤城も確認されており、もしかすれば似た艦歴を持つKAN-SENが今後実装されるかもしれない。

見てるだけでは強くなれん。指揮官。早く私を出撃させろ(容姿・性格)

衣服空母加賀とほぼ同じだが、彼女の場合は戦艦であるため巨大な艦砲装として取り付けている。また手に持っている能面も変更されており、色がからへと変わっている。

性格は空母の方と同じく非常に好戦的な性格。ただし向こうとは違って戦闘以外には全く興味がなく、任務や委託に対する扱いはかなり粗雑。「委託というのは面いのか?」とまで言い出す始末である。空母や艦載機を若干軽視しているフシもあり、戦艦である自分に若干驕り高ぶっているようにも見える。おそらく当時の大艦巨砲主義を反映しているのだろう。

一方で巡洋戦艦天城については好敵手と認めると同時に一番尊敬する人として認識しており、「天城さん」という呼び方で慕っている。天城であるならば、たとえ彼女の補佐に回ることがあっても不はないようだ。

その他にも空母になった加賀べて若さというか、臭さがにじみ出る言動が端々に見られる。例えば、局部タッチをすると、空母のときは「これでお前がすっきりするなら」と大人の態度を見せるが、この加賀は「まずは1発喰らいな!」とストレートに感情をぶつけようとしてくる。もちろん16インチの1発を喰らうのは願い下げなので、指揮官諸君は自重あるのみだ。

強敵か…楽しませてもらう!失望させるなよ!(性能)

スキル1:戦えば勝つ!
自身の攻撃時、50.0確率で前方に特殊弾幕を展開する(威スキルレベルによる)

スキル2:征けば獲る!
戦闘開始10後、魚雷弾幕を展開する。その後、20毎に魚雷弾幕を展開する(威スキルレベルによる)

撃により発動する特殊弾幕魚雷が発射可であるという特徴を持つ。SSR戦艦で例えるならば、長門ティルピッツの中間のような存在。雑魚艦艇の処理に優れるため、域周回向きの性と言える。

スキル1「戦えば勝つ!」はワシントンの「勇敢ある撃」や長門の「BIG SEVEN--」に類似したスキルスキルアイコン何処かで見たような構図になっている。私は空母をやめるぞ!赤城ーーッ!発動確率50%若干低めだが、フッドの「グローリーオブロイヤル」と似た軌であるため旗艦に据えると当てやすい。しかしその場合、長門三笠など旗艦でこそ価を発揮するスキル持ちと競合してしまうのが難点。

スキル2「征けば獲る!」はティルピッツシャルンホルストの「磁気魚雷」に類似したスキル。こちらのスキルアイコンもやはり何処かで見たような構図になっている。きさま!見ているなッ!「磁気魚雷」とは違い、敵の位置に掛けて一直線に発射される。しかし追尾機を持たないため、敵が動き回っている場合は外れる可性が高く、一部のボス自爆ボート処理には若干不向き。

ちなみにバグ仕様かは定かではないが、彼女には空母赤城スキルである「一航戦」が適用される。組み合わせによっては面い編成が可かもしれない。

戦場に立つ資格があるのは強きものだけだッ!(史実)

日本海軍が建造を計画した、八八艦隊計画を構成する戦艦群の3番の艦であり、前級の長門を上回る16インチ40cm10門を搭載する大戦艦である。

長門加賀合計4隻の戦艦に、巡洋戦艦天城4隻によって16インチ搭載艦を充実させ、さらに紀伊戦艦4隻が加わる予定だった。

しかし、船体が出来上がった段階で、ワシントン軍縮会議によって建造は中止。姉妹艦の「土佐」共々放棄される予定だった。ところが、関東大震災によって空母への装予定だった巡洋戦艦天城」がドック内で致命的被害を被り、「加賀」の船体が代わりに空母に転用されることになった。こうして、「加賀」は空母として戦前から太平洋戦争初期にかけての日本海軍航空として活躍するのだが、それはまた別の話となる。

史実について、より詳細は次の記事へ→八八艦隊加賀(空母)加賀(艦これ)

関連動画?戦闘に関わらないことをいちいち私に聞くな

加賀(戦艦)(アズールレーン)に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連…静画か。私が取ってくる。丁度体を動かしたかったところだ

関連お絵カキコだ。受け取れ

加賀(戦艦)水着

いいぞ!私に全力を出させるだけの価値はあるな!!(関連商品)

加賀(戦艦)(アズールレーン)に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

指揮官、部屋に引きこもるなど――つまらないとは思わんか?気分転換に私と軽く外に出てみたらどうだ?(関連コミュニティ)

加賀(戦艦)(アズールレーン)に関するニコニコミュニティを紹介してください。

くっ!その関連項目覚えたぞ……!

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8A%A0%E8%B3%80%28%E6%88%A6%E8%89%A6%29%28%E3%82%A2%E3%82%BA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

加賀(戦艦)(アズールレーン)

30 ななしのよっしん
2019/01/19(土) 23:52:08 ID: Qor40qBQhK
>>28
>それが望ましくいものなら
違和感のもとはここだわ
実態として戦艦(というカテゴリ)に起こっていることは「高速化」だよな
だからとしてはそれが望ましくないものだとは思わないんで「悲哀」とは? と疑問に思った

大和の話は詳しくはも知らない
多分装甲や火力の割には排水量が小さい、って文脈の話だったと思うが
これ以上の詳細を聞いたことがあるわけじゃなく、本当にそのまま聞いたというか読んだことを書いただけだ

>>29の補足については大丈夫、そちらは読めてる
誤読したのは>>27の通り「史実艦の性」というのが一般論か個艦性かってとこだから
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
31 ななしのよっしん
2019/01/20(日) 12:27:07 ID: GrquabruK+
>本当にそのまま聞いたというか読んだことを書いただけだ
自分で咀嚼できてない言葉を用いて自説補強に使うのは止めなさい。粗になるだけ

大和が設計思想的にはバカでかい重巡洋艦とでも言うべき艦だ」
推察するに、単に重巡の船体設計が生かされている事を大げさに言ったに過ぎない
牧野氏も船体設計が最上に似ている旨を摘してるね
具体的に生かされてる点だと、防御図面を見ると大和は甲装甲の両端(舷側)が下部に向かって傾斜してるが
これは天城―つまり大正年間の戦艦設計では一切見られなかった特徴で、これは最上辺りから始まったもの

と、設計が生かされてるのは確かなのだが、船体ではなく戦闘艦艇として見た場合別物としか言えない
(軽装甲軽量化したを多数搭載し被害分散、そして重装と言う設計は戦艦とは全く染まない)
少なくとも「(巡戦は)重巡戦艦に吸収され」の繋ぎに使える文章ではないな。
32 ななしのよっしん
2019/01/21(月) 06:11:56 ID: Qor40qBQhK
>>31
教授感謝
おそらく設計「思想」という部分がの記憶の中で勝手にくっついたんだな
自説の補強とかそこまで大げさな話のつもりでもなかったが、筋違いだったようだし謝罪して取り下げる
33 ななしのよっしん
2019/01/21(月) 06:14:41 ID: Qor40qBQhK
すまん途中送信だ
といっても後は「生煮えりにも気をつける、忠言ありがとう」ってくらいだが
というわけで加賀の話に戻ってくれ
34 ななしのよっしん
2019/01/22(火) 18:44:34 ID: 0zZF8hOxai
>>30
>実態として戦艦(というカテゴリ)に起こっていることは「高速化」だよな
戦艦カテゴリの性能面の変化は高速化だが、性質面の変化はだけしちゃ居られなくなった点
最初に言ったが従来は「偵察役(巡戦)がせかせか前線を動き、どっしり戦艦)が構えて決戦を挑む」
言ってしまえば役が前座も兼ねなきゃならなくなったんだ。悲哀の意味も分かってこないか?

>結局の所並ばれ統合されたことを悲しむべきと見るかどうかなわけよね
思うに、ユトランド戦における軍戦略上の戦訓の話をした方が良いのかな?
あの戦で分かった事は「双方が望まない限り戦争の勝敗を決めるような決戦は起こり得ない」
これによって艦がどっしり構えるスタイルが否定されたんだよ。

恐らく君は「巡洋戦艦の地位が上がり戦艦に並んだ」と思うから「悲哀」に疑問が生じるんだろう。
逆なんだよ、地位の話で言えば「巡洋戦艦の所まで戦艦が下がった」んだ。
35 ななしのよっしん
2019/01/22(火) 23:21:37 ID: hNnN037WdJ
戦艦は立ち位置的に今の核と似たようなものとは聞くけど、
今の戦だと核が戦略爆撃機あたりに落ちた感じだろうか
36 ななしのよっしん
2019/01/23(水) 09:35:02 ID: 0zZF8hOxai
>>35
端的に肝を抑えていらっしゃる。戦艦の戦略性が低下したのだからまさにそう言う事ですね

WW1以前の戦艦は、大きく強く沢山あればその時点で制権は貰ったようなモン、
ハンで言う所のシーパワー徴。今で言えばまさに核であり一杯持ってれば勝ち確な存在だった
ところがWW1で分かった事は、双方が決戦を望まないと決戦が起きず、
的確に使わないと価値が減する事実。有利なら追い、不利なら逃げないと勝利は得られないことが分かった。

戦艦が高速化、つまり戦術機動性をめだした事自体が戦艦の戦略兵器としての地位の凋落を表している。
戦艦が有利なら追い、不利なら逃げる存在となった。当たり前では?と思うかもしれないが
それは戦略兵器たる戦艦の思想ではなく、戦術兵器である巡洋戦艦の思想
つまり戦艦は、加賀的に言えば巡洋戦艦如きと同程度の価値になった。
戦艦けるであった時代の黄昏。やっぱり悲哀だね
37 ななしのよっしん
2019/05/03(金) 21:40:09 ID: d0+EWg1Cvg
空母の方よりも血気盛んな戦闘狂な所好き
38 ななしのよっしん
2019/05/04(土) 23:48:47 ID: 5dKj8c9XM/
これが加賀ちゃんですか
39 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 08:34:08 ID: +KlbPpvAVu
加賀ちゃんはガキ大将みたいな性格になりそう