没ウマ娘単語

ボツウマムスメ
3.0千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

本記事では、メディアミックス企画ウマ娘 プリティーダービー』初報において登場したが、第2報以降登場しなくなったウマ娘について解説する。

記事名は「没」だが、永久に没と決まったわけではない。

概要

ウマ娘 プリティーダービー プロモーションムービーexit

Anime Japan 2016にて発表された1回プロモーションムービーには、18人のウマ娘レースをする映像が流れたが、このときに出走したウマ娘のうち、4人はここにしか登場せず、第2報のCygames NEXT 2016では入れ替えられた。

第1報の時点では名が開されていなかったため、この4人の名前現在に至るまで公式には不明のままである。

その後続々と新たなウマ娘が発表され、初期ウマ娘が出そろった後も、アニメ1期・2期・シンデレラグレイに併せて新たなウマ娘開されているが、その中にこの4人はいない。

内訳

全部で4人。見出しは初報プロモーションムービーのゼッケン番号で作成する。

初報の時点で有志による予想がされており、推定はこれを基準とする。

同予想は実装済みのウマ娘についてはほぼ的中させており精度は高いが、マルゼンスキーだけ予想できていない点にも注したい。古すぎて資料が少なく、勝負服いというだけでは特定できず、PV中にも特定できる言動がほとんどなかったことが理由と考えられる。

また、結果的に的中しているウマ娘についても、本発表までは予想が割れていた者がいる。

このため、推定はあくまで推定であると割り切って以下を読まれたい。

1枠2番

推定:ブエナビスタ(サンデーレーシング)
CV:水瀬いのり

サンデーレーシング両襷がリボン、頭絡がスカートの模様と推定。

最後の集合写真ではトウカイテイオーメジロマックイーンの間におり、没ウマ娘の中ではかなり好待遇である。実スペシャルウィークであり、実装されていれば何らかの絡みがあったかもしれない。

ゲーム版のカレンチャンシナリオでは、ジュニア級時に「オークスウマ娘」がセリフだけ登場する。史実ではカレンチャン2歳時、すなわち2009年オークス彼女である。

2021年10月実装されたナカヤマフェスタSSRサポートカードにて、彼女らしきウマ娘の姿があり話題となった(元ネタ2010年宝塚記念と推察される)。

CV水瀬いのり実装版でを演じていない。

3枠5番

推定:ディープインパクト(金子真人ホールディングス)
CV:青木瑠璃子

金子HD勝負服である山形が裾、袖のマント再現されている、プロモーションビデオにおける大外からのゴボウ抜きが実際のレースに似ていることから推定。

CV青木は、実装版ではエアグルーヴを演じている。

4枠7番

推定:キングカメハメハ(金子真人ホールディングス)
CV:前田玲奈

勝負服ハワイにあるカメハメハ1世像に似ていることや、靴が実のバンデージと同じであることから推定されている。ただし、勝負服が色しか合っておらず当初は諸説あった。

PVではヒシアマゾンキスしようとしたり頬ずりしたりしているが、史実で特につながりはない。アマゾンの全のヒシピナクルとの間に産駒がいることやキンカメ自身がリーディンサイアー経験者であることが元ネタと思われる。

CV前田は、実装版ではグラスワンダーを演じている。

7枠14番

推定:オルフェーヴル(サンデーレーシング)
CV:松井恵理子

細工職人」を意味する名前のごとく色の装飾があしらわれた勝負服マスクが外れた途端変する、最後の集合絵で一人だけFポーズっぽく手の甲を向けていることから気性難と見られることからの予想。

実装版の暴れには、ご存じの通り同じステイゴールド産駒ゴールドシップが収まった。また、気性難なに縁がある騎手池添謙一)繋がりでは、スイープトウショウ(ウマ娘)がこのに該当する。

元ネタオルフェーヴルが逸話に事欠かない競走馬だったことに加え、同じステイゴールド産駒ゴールドシップナカヤマフェスタ実装されている他、ステイゴールドアニメではキンイロリョテイ名義で登場しており、身内ネタも相まって没ウマ娘の中では、ファンアートの多さと人気が最も高い。

CV松井は、実装版ではフジキセキを担当している。

その他

レースに出走していないが、砂でジョギングしていたり、バックダンサーとして踊っていたり、観客席にいたりするウマ娘が見える。

単なるモブウマ娘かと思いきや、この中にハルウララユキノビジンサクラバクシンオーセイウンスカイ(ただしリボンが左にある)ゼンノロブロイ(ただし現在メガネ以外のデザインがかなり異なる)がいる。つまり、残りも没ウマ娘だった可性がある。

勝負服姿がないため髪型ぐらいしか推定材料がなく、今のところこれといった予想はされていない。

入れ替え

第2報であるCygames NEXT 2016から、上記4人が登場しなくなった。この際、グラスワンダーゴールドシップフジキセキエアグルーヴが新たに紹介され、声優4人の内3人がこちらを担当することになった(水瀬いのりは降ゴールドシップ上田瞳を新たに起用)。

当時の総合プロデューサーである石原章弘の発言は「そのときのキャラクターともろもろの調整を行いまして、第1レースに出走する18頭に関しては一旦また別の形でちょっと調整させていただきました」である。

馬主との関係について

ウマ娘』は、馬主など関係者との協議の上実装が決められているが、没ウマ娘4人はいずれも金子真人ホールディングスサンデーレーシング競走馬と推定されている。このことから、両馬主から許可が得られなかったという説が一般的である。

しかし、確定している事実は「両馬主競走馬ウマ娘化していない」「上記4人が第2報以降いない」ということまでである。馬主に『怒られた』」「Cygamesが不義理をした」まで噂が拡大していることもあるが、信頼のおける情報があるわけではなく、あくまで噂の域である。

馬主許可で勝手にキャラクター化した」という話に至っては全に事実誤認である。上記の通り、名前現在に至るまで発表されていない。現段階では、「元ネタがあるとおぼしき名無しウマ娘」に過ぎず、エアグルーヴ母親秋川やよい理事長など、そう推測されているキャラクターと同等の扱いである。

また、二度と登場しないと決まったわけでもなく、出来たものやその反を見て、またはキャラクターの調整をした上で許可が得られる可性もある(石原の発言はこのあたりも含めて明言を避けている可性がある)。仮に実装が内定していたとしたら、本発表まで秘匿する契約になると思われるので、外部からはそのことがわからなくなる。

許可を出す、出さないの権限は馬主にあり、出さなかったにしても向こうの事情というものがある。

これらのことから、特定馬主に対する必要以上の推測や、出ていないことに対する非難は避けるべきである。実装されたらラッキーぐらいに思っておこう。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B2%A1%E3%82%A6%E3%83%9E%E5%A8%98
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

没ウマ娘

94 ななしのよっしん
2022/05/13(金) 06:52:46 ID: IIYQmAxoNJ
まー、かつてスパロボサクラ大戦ヤマトは出ない、なんて言われて20年後に出るようになったから気長に待つしかないね。
その間に、それが出るの!みたいなサプライズもあるかもだし。
マンノウォーとか。
95 ななしのよっしん
2022/05/14(土) 09:24:55 ID: GODA0oA6ZT
オルフェーヴルはもし実装されるとしたら間違いなくデザイン変されるだろうね
モロ学生だし
96 ななしのよっしん
2022/05/27(金) 22:17:14 ID: XPBZ1Hf3cE
クラブとしての社台系やノーザン系はともかく生産牧場としての社台系やノーザン系のもほぼおらんのはなんでや
牧場許可も取らんといかんのか
97 ななしのよっしん
2022/06/07(火) 18:04:28 ID: WyWOxJUIWn
ディープインパクトウマ娘実装される時が来るとすれば現役・種牡馬・繫殖血統表にディープの名前が出てこなくなって知名度が低くなった時だろうか。
98 ななしのよっしん
2022/06/07(火) 18:11:05 ID: 3jltCXprjz
絶対そんな日は来ないと思う。少なくともその日が来るとしてそのときは確実にウマ娘も滅亡してるでしょ。
99 ななしのよっしん
2022/06/08(水) 10:12:48 ID: 2ivCUFdrBp
ディープの滅亡なんて気が遠くなるほど先の話だわな
仮にあるとすれば、金子さんの馬主業を引き継ぐ後継者が出てきてその人が許可を出すぐらいだろう
いずれにせよ、かなり先の話で可性もかなり低いが
100 ななしのよっしん
2022/06/08(水) 10:22:49 ID: jIh1WvEcVA
とりあえず仮に許可が取れたにしても
しばらく寝かすとは思おうよ
ここぞという時にだと思う
101 ななしのよっりしん
2022/06/08(水) 10:24:06 ID: 0vM7vBmmFY
もうJOAの方で一括で話つけりゃ良かったのに
なんで各馬主いちいち許可貰うなんて面倒な方向性に走ったのかサイゲ
それともJOA許可出したけど反対する馬主がいて話こじれたか
あるいはJOAが日和ってそういう話は各馬主としてくださいと逃げたのか
102 ななしのよっしん
2022/06/08(水) 16:20:15 ID: /gmTZbX2v7
名管理はJAIRSだからJRAに言っても意味ないし、の所有権は当然馬主にあるんだからJRAに行ったところで意味ない

ダビスタ/ギャロレ裁判の前例がある=過去の判例では名のパブリティ権は認められなかったが、現在でも同様である保はない

・買い切りゲーム名が登場する上記のケースと違い、ソシャゲガチャはもちろんグッズ展開等もする=がっつり「商品名」として名を使用する形になるのでダビスタ/ギャロレ裁判とは事情が違うのでなおさら過去の判例が参考にならない可性がある

ざっくりいうとこんな感じだと思われる。特に3つが重要で、がっつり「商品名」として名を使用するからこそ各馬主に個別に許可を取りに行ってると思われる

実際最近カプセルトイやプライズ競走馬グッズが出てたりするけど、「関係者の許可を取って商品化してます」的な文言が書かれてたりするのでおそらくそういう事かと
103 ななしのよっりしん
2022/06/08(水) 17:11:58 ID: 0vM7vBmmFY
判例上では「競争もパブリティ権あるかもしれんけど、法律上の根拠がないから法で勝手に排他独占権を認められない」だから、法律現在も作られていないor正されていない以上はやはり馬主競走馬名前使用に関する権利は弱いと言わざるを得ない(競走馬自体の名誉を棄損するものであれば話は別になる)と思ってる
まあだからと言って場末のアプリならともかくメジャーソシャゲとして競馬と良好な関係を作ってビジネス展開していきたいから断使用はしないだろうが
所有権はこの件では関係だからどうでも良いが、名使用権についてはそのJAIRSで
一括して許可してくれても良いと思うんだがな、そういう事務を扱うのが管理財団の仕事だし