ウマ娘 プリティーダービー単語

ウマムスメプリティーダービー
  • 38
  • 0pt
掲示板へ

ウマ娘 プリティーダービー』とは、Cygamesによる競走馬擬人化タイトルである。

公式では、アンダーバーを含まないウマ娘プリティーダービー』タグexit_nicovideoが多く用いられる。
また、アニメ・ゲーム等総合プロジェクトタイトルとしてUMAMUSUMEPROJECT』タグexit_nicovideoも存在する。

概要

ウマ尻尾を持ち、人的な走を持つ、人間とはちょっと変わった種族「ウマ娘」が存在する世界
民的スポーツエンターテイメントであるレースバトルトゥインクルシリーズ」へのデビューし、「トレセン学園」で日々レッスンを送る彼女たちの物語を描く。

ウマ娘

実在競走馬達を美少女化したキャラクター
デザインにはモチーフとなったおよびその勝負などが取り入れられている。たとえば、髪の色は一部を除いての毛色に準じているし、の顔にある色違いの部分(「」など様々な呼称がある)を模したメッシュが入っているウマ娘がしばしばいる。

ウマ娘は設定として全て女性であり、モチーフであろうが女性である(一応、モチーフだと飾りが右に、だと左にあるというメタ的な区別がされている)。

彼女たちの生きる世界には、々がよく知る「ウマ」という生き物が存在しない。「」という漢字はウマ娘の形であるため、点の部分が二つになっている。また、そもそも「」を含む言葉が「ウマ娘」に倣って「バ身」「バ」のようにカタカナで表記されるのが一般的である(例外は、人名に由来する「有馬記念」など)。

単なるヒトとは異なる存在であり、制作サイドの発言によれば「エルフみたいなもの」とのこと[1]ヒトとの違いとして、生まれつき異世界々の世界)の競走馬の名前を持っており、時速60km以上の速さで走れる脚をはじめ身体が高い。種族全体で容姿端麗な者が多いため、アイドル的な存在になっている。

特に区別する場合はヒトだけを「人間」と呼ぶが、作中においては「人種」程度の認識であり、人間社会で当たり前に共存している。ただしスポーツの分野では勝負にならないためヒトとはカテゴリー分けがされる。

ウマ娘はウマ娘の母親から産まれる。女性しかいない彼女たちがどうやって子供を作るのかについてはあえて言及を避けられている。アニメ1stシーズン第1話の冒頭での壁画(?)の表現からすると、別世界々の世界)の競走馬の魂が、母親の胎内に宿ることで新たなウマ娘が生まれるのだろうか。
少なくともウマ娘にも「父親」という概念はあり、人間男性とウマ娘の結婚は一般的である。
競走ウマ娘がトレーナーと結ばれることもしくないが、ゲームの内容はそれほど恋愛関係には寄せないとしている。

日本だけではなく世界中に存在しており、作中世界にはウマ娘が結構な数で存在している。ゲームアニメなどではレースで活躍するためにトレセン学園で頑っているウマ娘の姿が描かれるが、そういったに進まずに普通OLになっているウマ娘もいるとのこと[2]

ちなみに、作中世界においては「遠い昔から人類と共存してきた」とのこと[3]。具体的にどのくらい昔からなのかは明言されていないが、「近代競馬」という形式に限定しなければ「広義の競馬」すなわち「ウマによる競争行為」は古代エジプト時代には既に存在していたとすら言われる。仮にそういった古代の「競馬」に参加したウマソウルすらも世界えてウマ娘へとアセンションし続けていたとすれば、作中世界の人類の歴史はそれこそ古代文明の時代からずっとウマ娘とともにあったのかもしれない。

登場キャラクター

太字で大百科マークの付くものは、個別記事のあるキャラクター


スペシャルウィーク
CV:和氣あず未
サイレンススズカ
CV:高野麻里佳
トウカイテイオー
CV:Machico
ウオッカ
CV:大橋彩香
エアグルーヴ
CV:青木瑠璃子
エルコンドルパサー
CV:髙橋ミナミ
オグリキャップ
CV:高柳知葉
グラスワンダー
CV:前田玲奈
ゴールドシップ
CV:上田瞳
シンボリルドルフ
CV:田所あずさ
タイキシャトル
CV:大坪由佳
ダイワスカーレット
CV:木村千咲
テイエムオペラオー
CV:徳井青空
ナリタブライアン
CV:衣川里佳[4]
ヒシアマゾン
CV:巽悠衣子
フジキセキ
CV:松井恵理子
マルゼンスキー
CV:Lynn
メジロマックイーン
CV:大西沙織
セイウンスカイ
CV:鬼頭明里
ユキノビジン
CV:山本希望
ウイニングチケット
CV:渡部優衣
タマモクロス
CV:大空直美
シーキングザパール
CV:福原綾香
マンハッタンカフェ
CV:小倉唯
トーセンジョーダン
CV:鈴木絵理
ハルウララ
CV:首藤志奈
カワカミプリンセス
CV:高橋花林
メジロライアン
CV:土師亜文
マチカネフクキタル
CV:新田ひより
ファインモーション
CV:橋本ちなみ
スマートファルコン
CV:大和田仁美
ナリタタイシン
CV:渡部恵子
エアシャカール
CV:津田美波
ゴールドシチー
CV:香坂さき
スーパークリーク
CV:優木かな
イナリワン
CV:井上
ニシノフラワー
CV:河井菜)
ビコーペガサス
CV:田中あいみ
ヒシアケボノ
CV:松嵜麗
バンブーメモリー
CV:藍原ことみ
マーベラスサンデー
CV:三宅麻理恵
ミホノブルボン
CV:長谷川育美
スイープトウショウ
CV:杉浦しおり
アイネスフウジン
CV:嶺内ともみ
ビワハヤヒデ
CV:近藤唯
サクラバクシンオー
CV:三澤紗千香
シンコウウインディ
CV:高田憂希
アグネスタキオン
CV:上坂すみれ
ゼンノロブロイ
CV:照井春佳
メイショウドトウ
CV:和多田美咲
ライスシャワー
CV:石見舞菜香
アドマイヤベガ
CV:佐々木瞳)
カレンチャン
CV:篠原侑
アグネスデジタル
CV:鈴木みのり
エイシンフラッシュ
CV:藤野
ナカヤマフェスタ
CV:下地紫野
マヤノトップガン
CV:美緒[5]
メジロドーベル
CV:久保田ひかり
ナイスネイチャ
CV:前田佳織里
キングヘイロー
CV:佐伯伊織
マチカネタンホイザ
CV:遠野ひかる
イクノディクタス
CV:田澤茉純
メジロパーマー
CV:のぐちゆり
ダイタクヘリオス
CV:山根綺
ツインターボ
CV:花井美春
メジロアルダン
CV:???)
サクラチヨノオー
CV:???)
シリウスシンボリ
CV:???)
ヤエノムテキ
CV:???)
ミスターシービー
CV:天海由梨奈

2016年8月21日に行われた「CygamesNEXT 2016」にて正式告知された段階での登場キャラクターは18人。

2017年3月25日に行われた「AnimeJapan 2017」にてキャンペーン企画「ウマ娘キャラクター名前予想クイズ」が告知された。
告知時点で2頭、以後毎週金曜日公式サイト更新で3頭ずつ、キャラクタービジュアルとサンプルボイス開され、それらと一言のヒントをもとにキャラクター名(モチーフ)と担当声優を予想するという企画

正解は2017年7月1日に行われたスタートアップイベントSpecial Weekend!」にて発表。
41人が追加され参加キャラクターは合計59人に。

アニメ化に際してスペシャルウィークの世代(1998年クラシック世代)を中心とした物語には不可欠としてキングヘイローが追加され、総勢60人となった。また、アニメ2話でミスターシービーも実名で登場しているが、ポータルサイトキャラクター一覧には2021年まで追加されなかった。

2020年12月19日の「ぱかライブTV Vol.2」で久々に新キャラ追加が発表され(マチカネタンホイザイクノディクタスツインターボ)、キャラクター一覧に追加された(後述)。それ以降も順次キャラが追加されていき、2021年2月23日の「ぱかライブTV Vol.4」を経て、現在キャラクター一覧に載っているのは70人。

その他の登場人物

駿たづな(CV:藤井ゆきよ
トレセン学園の理事長秘書名字読みは「はやかわ」。トレーナーであるプレイヤーサポートとして付くアシスタントとなる存在。性格は温厚で落ち着いた雰囲気のあるステキなお姉さん
公式Webラジオ「ぱかラジッ!」でも進行ボイス(兼ツッコミ)として参加。CDリリースイベントなどでも会進行役として登壇することが多い。
ちなみに彼女はウマ娘ではない普通人間だが、制服デザインなどがトキノミノルモチーフとしているのではないか、という説がある。
ハッピーミークCV:吉咲みゆ
いつもぼんやりしており、何を考えているかわかりにくいウマ娘。ゲーム版に非プレイアブルキャラとして登場。なお同名の競走馬は存在せず、モチーフが存在するかは不明。
やよいCV:水橋かおり
トレセン学園の理事長。「(二字熟ッ!」が口癖ッ。髪色を頭に乗せた姿から、ノーザンテーストモチーフとしているのではないかとのもある。
名史悦子(CV:陶山恵実里
トゥインクル』の雑誌記者。ウマ娘プロジェクト公式Twitterでは、彼女が書いたという設定のミニコラム「トゥインクルWeb」が開されており、ウマ娘の世界観を少しずつ知ることができる。
桐生CV:岡咲美保
ハッピーミークトレーナー。名門トレーナー一族の生まれで、仕事一筋・生な堅物。プレイヤーとほぼ同時期に配属されており、密かにそれを意識していた。

ゲーム

スマートフォンゲームアプリ版が2018年サービスイン予定だったがクオリティ向上のため延期。その後も事前登録受付中のままだったが、2020年12月19日に配信した特番の中で「2021年2月24日リリース決定」と発表した。

2021年2月10日App Store・Google Playにて事前登録、同22日に事前ダウンロードを開始し、発表通り同24日にサービスを開始した。

アプリ版に加え、2021年3月10日からPC版DMM GAMESにて配信開始予定。PC版アプリ版はアカウント連携が可になる。タイミングの都合上、同年3月2日アプリ版で開始予定のストーリーイベント告知ツイートexit)はPC版プレイできない可性がある。

プレイヤーは「トレーナー」としてウマ娘達の育成にあたることとなる。

アニメ

ウマ娘 プリティーダービー(アニメ)個別記事

Season 1

2018年4月から6月まで全13話が放送された。

北海道からトレセン学園に転入してきたウマ娘・スペシャルウィークチームスピカ」の元で「トゥインクルシリーズ」での勝利す、というストーリーになっている。

Season 1 OVA「BNWの誓い」

Season 1のBlu-ray BOX・第4コーナーに収録された全新規エピソード。全3話。

ビワハヤヒデナリタタイシンウイニングチケットの3人のウマ娘を奮起させるため、生徒会ファン感謝祭で「BNW駅伝」を企画する。

Season 2

2021年1月放送開始。

シンボリルドルフに憧れて敗の三冠ウマ娘をトウカイテイオーと、名の誇りにかけて天皇賞連覇をメジロマックイーンの関係を軸に描く。

うまよん個別記事

2020年7月から9月まで全12話が放送された。

公式4コマ漫画うまよん』を原作とする、新作ショートアニメ作品。

漫画

ウマ娘 プリティーダービー -ハルウララがんばる!-(サイコミ
原作Cygames 作画:皇ZECO) ネーム中山かつみ
2016年5月連載開始~2016年9月完結(全9話+番外編
ウマ娘「ハルウララ」を主人公としたコミックス現在の「トレセン学園」の設定が出てくる前という関係もあり、高知競馬組合、協会などの協の下、地方競馬モチーフとした舞台となっており、実在競走馬ハルウララ」の史実を元にしたコミカライズの側面が強い。
サイコミリニューアルに伴い、配信終了。
STARTING GATE! -ウマ娘プリティーダービー-(サイコミ
原作Cygames 漫画:S.濃すぎ
2017年3月連載開始~2019年11月完結(全40話+番外編
ウマ娘「スペシャルウィーク」がトレセン学園に上するところから始まり、日々仲間たちと学園生活を送るコミックス。ほぼ現在の設定を踏襲しており、アニメ版の世界設定も概ねこちらに近い。
うまよん(サイコミ)exit個別記事
原作Cygames 漫画熊ジェット コンテ:伊藤
2018年3月連載開始~2021年1月完結(全147話)
トレセン学園日常4コマ漫画。各ウマ娘の設定や細かい史実ネタがポロっと出てくることも。毎週金曜日更新されていた。
ウマ娘 シンデレラグレイ週刊ヤングジャンプ
原作Cygames 漫画:久住太陽 脚本:杉浦理史 漫画企画構成:伊藤隼之介
2020年6月連載開始〜連載中
ウマ娘「オグリキャップ」を主人公としたコミックスアニメ版のメインスタッフが脚本・企画構成として参加している。

G1イラスト

2018年5月より中央競馬G1レース開催日にて、そのレース過去優勝した競走馬のウマ娘イラスト公式Twitterから発表されている。

詳細は「ウマ娘公式G1イラスト」を参照。

関連動画

AnimeJapan 2016で開され、YouTubeCygames公式チャンネルにも投稿された1番最初の「うまぴょい伝説PV制作P.A.WORKS。(ニコニコ動画には公式からのものは投稿されていない)


左:AnimeJapan 2017で開された、第1弾の新PV公式)前述の2016版と意図的に展開を似せている。
右:Special Weekend!で開された第2弾PV公式)新曲「ENDLESS DREAM!!」のPVになっている。


関連チャンネル

関連商品

漫画

CD

経緯と展開

2016年3月 AnimeJapan 2016~

情報の初出は、2016年3月26日AnimeJapan2016」のCygamesステージ[6]

この時に発表されたのは、登場キャラクター18頭のビジュアル、参加声優、執筆イラストレーターと、サイコミにて「ハルウララがんばる!」の連載決定、そしてテーマ曲となる「うまぴょい伝説」のPVであった。

この時点ではまだキャラクター名(名)は開されておらず[7]競馬ファンなどの間では元ネタであるの予想も進んでいた。


初期時点でのモチーフ予想動画
現在実装されていないを除けば、マルゼンスキー以外はほぼ的中させている。

また、配信プラットフォームはおろか、ジャンルゲームアニメかすら発表されておらず、以後しばらく、参加声優による散発的なイベントによる展開が続くことになる。

そんな中、2016年5月4日の「マチ★アソビ Vol.16」にて行われたイベント(「うまぴょい伝説」のフルサイズはここが初開)にて、同年1月末にてバンダイナムコエンターテインメントを退社した[8](元)アイドルマスター総合ディレクター石原章弘氏を見かけた、というまことしやかに囁かれていた。
マチ★アソビは屋外の仮設ステージを使うイベントが多く、内各所を転戦することも多いため、イベント運営スタッフの姿を直接見かけることも多い特性がある。

以後、5月8日サイコミハルウララがんばる!」の連載開始。7月11日にはニコニコ静画(マンガ)でも配信が開始された。[9]

2016年8月 CygamesNEXT 2016

本作にとって大きな転機になったのが、2016年8月21日に行われた「CygamesNEXT 2016」
Cygamesタイトル、および時期新作タイトルの発表会イベントとしての位置づけとなったこのイベント[10]「ウマ娘 プリティーダービー 新曲披露ライブ」と銘打ったイベントを含め全編ニコニコ生放送での配信も行われた。

そこに表れたのは、の被り物をかぶって現れた謎の男ふたり。
新たに「Cygamesコンテンツプロデューサー」の肩書を持って現れたのは前述の石原章弘氏、そして「Lantisチーフプロデューサー」の木皿陽平氏であった。
かたや「アイドルマスター」の元総合ディレクター、かたや「ラブライブ!」の仕掛け人という大タッグの結成に然周囲が色めき立つ事になる。


左:CygamesNEXT 2016ニコ生配信のウマ娘イベント部分の抜
右:石原コンテンツプロデューサーと木皿チープロデューサー登壇コメントをさらに抜

この時に現在の18頭のキャラクター名(名)と参加声優が正式発表。
AnimeJapanの時からは諸々ありまして調整をかけさせていただきました」と石原氏のコメントがあったように、一部登場キャラクターと参加声優に変更が加えられている。
また、木皿氏からは、11月よりCDシリーズ6ヶ連続発売の告知も発表。(後の9月15日に「STARTING GATE」とシリーズ名が開)

同日に公式サイト現在の形にリニューアルしており、現在の体制はこの時点からのスタートと言ってほぼ間違いないだろう。[11]

2020年3月 Cygames Animation

アニメも終わりぱかチューブの投稿も途絶え、永らくアプリの新情報が出ないまま迎えた2020年3月22日に放送された「Cygames Animation」。

大方の予想通りアプリの新情報かったものの、アニメうまよん」の2020年7月に放送開始の告知PV開された。

さらに、オグリキャップ役に据えた新規コミカライズ2020年に「ヤングジャンプ」で連載が開始されることが発表された。

そして、2020年3月25日事前登録2周年を迎えた。

2020年12月 ぱかライブTV

6月オグリキャップ漫画ウマ娘 シンデレラグレイ」の連載開始。7月アニメうまよん」放送、更にTVアニメ二期が2021年放送告知。一方ウマ娘の原作たる競馬界はコロナ禍に苛まれる中に歴史的快挙が立て続けに起こっていた。

そんな祭りと化した中に引き換え未だにアプリ情報は音沙汰なし、という全に出遅れと諦めムードが漂う中で迎えた2020年12月19日

そこにはアニメ二期が2021年1月に放送と嬉しい誤算を皮切りに新たなるウマ娘が正式にキャスト付で追加される事が発表。

極めつけは、これまで曖昧だったウマ娘アプリ2021年2月24日(予定)にリリースされる事が発表。
それに伴い新たなるPV開とウマ娘公式サイトに新たなるウマ娘たちが追加と続々と舞い込んできた。

これにはウマ娘に飢えていた未来トレーナーたちは狂喜乱舞の渦になったのは言うまでもない。
そしてニンジン栽培に定評のあるウマ娘ネット掲示板の管理人も復活exitを遂げた。

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *2018年4月28日AbemaTVの番組『ウマ娘 プリティーダービー Abemaステークス 第3R!第三部』における石原章弘プロデューサーの発言より。→書き起こし記事exit
  2. *同上。
  3. *TVアニメウマ娘 プリティーダービー Season 2公式サイトの「INTRODUCTIONexit」より
  4. *2代目。初代は相坂優歌
  5. *2代目。初代は今村彩夏2018年引退
  6. *正確には、前日の3月25日の時点でYouTubeCygamesChannelで「うまぴょい伝説」のPV開されていた、らしい。
  7. *その為、一部で噂されている「クラブ許可を得ず勝手にキャラクターを出した」というのは厳密には正しくないが、デザインビジュアルの意などに関わる可性はあった。
  8. *「アイドルマスター」を応援していただいている皆様へexit
  9. *2017年11月末を持ってニコニコ静画(マンガ)更新は終了。「ハルウララがんばる!」も完結に伴いニコニコ静画(マンガ)からは削除されている。
  10. *一説によると、前年の東京ゲームショーTGS)にCygamesが出展した際に、運営から以後TGSへの出禁を言い渡されたという噂があり、その代替イベントだったではないかと言われている。
    噂の偽の程は定かではないが、実際以後2016年、翌2017年CygamesTGSに出展していない。
  11. *この時点で、どのような末で現在のウマ娘のコンテンツプロデューサーとして就くに至ったのか、というインタビューがこの翌週のファミ通にあったらしいのだが、筆者には調べられていないため言及は避ける。

【スポンサーリンク】

  • 38
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%83%9E%E5%A8%98%20%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウマ娘 プリティーダービー

4942 ななしのよっしん
2021/03/05(金) 22:30:29 ID: /Olu0SnrXx
普通はやったらだめだよって言ったら小学生でも理解できるからな・・・
4943 ななしのよっしん
2021/03/05(金) 22:30:50 ID: nDCG4NtIkt
サンキューク〇ロナ
4944 ななしのよっしん
2021/03/05(金) 22:31:39 ID: TwQVum2I74
そんな危ない界なのに一般腐向けネタをやったり、天使の輪っかで死亡したギャグキャラとして出したり競馬ゲーム元ネタにされたりするよしだみほ先生は凄いな
4945 ななしのよっしん
2021/03/05(金) 22:35:42 ID: p+JXgR4b5+
クリロナ良いこと言ったな(言ってない)
制限があるのなら、その制限の中で想像を働かせるまでよ
4946 ななしのよっしん
2021/03/05(金) 22:36:11 ID: nDCG4NtIkt
よしだ先生漫画野球界でいうところのキヨハラくんみたいな感じだしセーフセーフ()

まぁよしだ先生も全く何も言われなかったわけではないと思うよ
4947 ななしのよっしん
2021/03/05(金) 22:36:47 ID: YzjpOGrZQP
持ちとか偉い人とか関係なく、するなと言われたことはするなよ。

そもそも東方にしろアイマスにしろ艦これにしろ、ブーム初期はむしろエロ同人の割合が少ないことで有名だったし、
エロ同人のおかげで人気出たんじゃなくて、単に人気出た後にゴロがすり寄って来ただけなんだよなぁ
4948 ななしのよっしん
2021/03/05(金) 22:40:22 ID: d/TefsLc2e
こうもエロNGって言葉だけが広まってると、エロじゃなきゃいいと思い込んだバカ同人ゴロが過剰なキャラ崩壊とか元ネタdisとかやらかしそう
4949 ななしのよっしん
2021/03/05(金) 22:41:04 ID: uLXYipa8sI
>>4930
この短文で話通じないと分かるのはすごい
4950 ななしのよっしん
2021/03/05(金) 22:41:35 ID: E4IIak7KgY
今の所1番セクシーな姿は温泉イベント混浴バスタオル一枚かな?
その次にスク水と、モデル体操服(ブルマタイプ)かな、ここまだ来ると最可愛いだけど
描くときは気を付けようっ
4951 ななしのよっしん
2021/03/05(金) 22:44:30 ID: JWf3F+l99l
競走馬にだって種付けってあるじゃないかとか言うにしても、言う競走馬の種付けの何を知っているのかとは思う。
ステイゴールドオリエタルアートとか経済動物を感じさせる物だってあれば、NTR嫌いのチャイナロック、関係者の執念のメジロアサマ
種付けにしたってドラマが有るしロマンも有る、それをリスペクトした上で性的描写のある二次創作にするのと
ただ淫夢絡めたり適当竿役作って二次創作エロとどちらが本来的な意味での有る同人と言えるのか
その辺は一度胸に手を当てて考えてみるべきだろう

急上昇ワード改

おすすめトレンド