細川政元単語

ホソカワマサモト

細川政元1466 ~ 1507)とは、室町時代戦国時代)の魔法使い守護大名室町幕府管領。畿内における本格的な戦国乱世の引き金を引いた人物である。

概要

当代きっての人であり奇人

名門・細川の当であり、室町幕府の管領(将軍の補佐役、要はNo.2)。幕府の実権を握るべくクーデター明応の政変」を起こし、傀儡将軍を擁立した。権の座に就いて向かうところ敵なしと思われたが、性格や私生活に少々…ではなく多大なる問題があり、後継者問題を発生させてしまった結果、それに巻き込まれて暗殺された。

生涯

若き日

応仁の乱で東軍の大将を務めた細川勝元の子。細川細川氏宗)は室町幕府の管領を務める三つのの一つである。とはいえ当時の三管領はと言うと

  • 細川は勝元の病死により、わずか8歳の政元が当
  • 斯波は衰退著しく、いいとこなし
  • 畠山応仁の乱の一因になった御分裂が未だに続いている(というかずっと続く)

という状態。ともあれ、ボンクラ8代将軍・足利義政より偏諱を受け、細川政元と名乗った。

応仁の乱のすったもんだの末に、東軍が推していた足利義尚(義政の子)が9代将軍に就任しており、このままいけば出世コース安泰だろう……と思われていたのだが、1489年、義尚が急性アル中で死んでしまう。これを聞いて、西軍が推していた将軍補・足利義視(義政の)が息子・義材を連れて京都に帰還する。

政元としては(かつてが敵対していた)義視たちが将軍になってしまえば、自分の立場が危うい。その為、義政のもう一人の・政知の息子(のちの足利義澄)を推薦するのだが……まだ政元は24歳の若年。応仁の乱をかいくぐった政界のバケモノ達の年季には勝てなかった。こうして、日野富子(義政の妻で義尚の実)、畠山政長(元東軍)といった幕府首足利義視の間で妥協がなされ、足利義材(のちの義稙)が10代将軍に就任した。

明応の政変

しかし元々仲の悪い日野富子と足利義視の対立は徐々に表面化していく。そして1491年に義視が死去した事で、いよいよ事態は動き始めた。富子は今度は政元に接近し、再び足利義澄擁立の計画を練り始める。

1493年、将軍足利義材畠山政長河内へ向けて出兵した留守を突いて、それまで練りに練り上げたクーデター計画が発動した。世に言う明応の政変である。僧侶であった義澄を還俗させて新将軍祭り上げたのだ。要はおめーの席ねぇから!

義材は閉され、畠山政長自害、富子も1496年に病死して、いよいよ政元の権は揺るぎなき物となっていった。

三人の養子

さて、ここで突然だが、政元は奇人変人だった。(もはやマジキチ次元

修験に異様にのめり込んでいて、天狗になってを飛ぶ法を身につけようとしていたと言う。その修行の為には女人禁制!と生涯独身を貫いている。三十過ぎても童貞なら魔法使いになれる、という都市伝説は彼が由来かもしれない(ウソです)。

ある日突然「ちょっとオラ修行してくる」と都から出奔してしまったり、修験者の格好をして怪しげな経を読んでいたり、後柏原天皇の即位式を「うま味もないから中止でいいんじゃね?」と行わせなかったり、比叡延暦寺を焼き討ちしたり……と、枚挙に暇がない。これだけ記録に残されている辺り、当時の人々から見てもやっぱりきがくるっとるとしか映らなかったのだろう。

とはいえ彼は名門・細川の当。いくら魔法使いになりたいからといって跡継ぎがいないのでは困る。

こうして3人の養子が並び立つ異常事態となってしまった。一応後継者に名されていたのは澄元だったが、細川臣団は3つに分裂し、次期当を巡る暗闘を繰り返し始める。

あっけない最期

1507年。
そんな事はいざ知らず、マイペースに「今度は州に行きたい」などと屋敷で修行に励んでいた政元であったが、その一環として風呂場で行しているところを澄之の刺客によって暗殺されてしまった。享年42。

澄之としては、当初は彼が後継者となるはずだったのに嫡され、澄元に替えされた事で焦りがあったのだろう。こうして既成事実を作り上げた臣たちに擁立されて細川澄之督を継ぐが、当然ながら猛反発が起こり、わずか1ヶで澄之は自害に追い込まれる。続いて細川澄元が跡を継いだが、もう一人の養子・細川高国も野心を見せ始め、以降20年以上に渡る細川督争い、通称「両細川の乱」が続くことになる。

また、京都を脱出していた元将軍足利義材(当時は義尹)もまた、政元の死を知って動き始める。

関連動画

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける細川政元の力一覧。 

年代の関係もあり、たった一度、蒼天録でのみ登場しているがその値は圧巻。1507年シナリオも存在するが、暗殺イベント実装されていない。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 戦闘 智謀 政治 野望
天翔記 戦才 智才 政才 野望
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 戦闘 智謀 政治
世記 采配 智謀 政治 野望
蒼天 統率 27 知略 86 政治 89
下創世 統率 知略 政治 教養
革新 統率 武勇 知略 政治
統率 武勇 知略 政治
創造 統率 武勇 知略 政治

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E6%94%BF%E5%85%83

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

細川政元

5 通りすがり
2017/01/12(木) 16:50:14 ID: biuLGA9DCS
彼が後継者をしっかり決めていたら応仁の乱はなかったかもしれない
明応の政変下とったようなものだし体ない
6 ななしのよっしん
2017/01/22(日) 13:45:10 ID: +GTdXFcOEz
細川最盛期を演出した細川頼之子供がいなかったからなあ
系的にそういうのが出やすい血筋だったんじゃね
7 ななしのよっしん
2017/05/16(火) 21:03:30 ID: xPWVIrrPLz
女人禁制(男は禁じてない)なんだよなあ
8 ななしのよっしん
2018/03/19(月) 21:08:42 ID: 3tlLakkuUz
Magical demi shogunこと政元がなんで修験にのめり込んだのか。接点ないやろ
9 ななしのよっしん
2018/10/16(火) 06:36:25 ID: um2/pfKIxt
漫画読む→気違いじゃねえかコイツ
記事読む→かなり有能だけどがつくほどの変人じゃねえか
10 ななしのよっしん
2018/10/16(火) 19:58:58 ID: i7rGFnz86W
めり込み方が異常ってだけで信仰自体はあっても不思議はないでしょ。貴族熊野信仰なんかはそれこそ大昔からあるし、情報収集で山伏の出入りなんかも多かったはず。
まあ後は時代だよね。生まれた年はちょうど応仁の乱の前年で、少年時代カオスの中で過ごしている。多感な時期に拉致閉されたりもしてるし、奇人に育っても何ら不思議はない環境
11 ななしのよっしん
2018/10/18(木) 17:58:12 ID: snAXjRE0qO
飛びそう
12 ななしのよっしん
2018/12/16(日) 00:31:15 ID: oTGWoUpSL5
>>3
彼は狂っていた。

そう、この男こそが、細川全盛期を築いた伝説天狗であり、
前代未聞の将軍立を為して下の支配者となった狂気の魔法使いである
13 ななしのよっしん
2019/04/30(火) 11:26:37 ID: O2QnpeuxCL
下一の謀略であり下一のHENTAI
このHENTAI戦国時代を始めたとも言えるw
14 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 15:26:44 ID: RpLz6i9iHM
センゴクにも、分かりやすい「ヤバいヤツ」として登場w

急上昇ワード