編集  

龍虎の拳単語

リュウコノケン

龍虎の拳とは、SNK1992年に発売した対戦型格闘ゲームであり、シリーズの総称である。
海外での名称は「ART OF FIGHTING」。

龍虎の拳の概要

リョウ・サカザキ初代「龍虎の拳」は、NEOGEO100メガショックソフト第一弾として登場した。
さらわれたユリを助け出す為、リョウロバートを選択して、ボーナスゲームで修業しながら勝ち抜いていくゲーム。初代は格闘ゲーム明期の作品らしく、対戦ツールというよりも一人用のクリアに傾倒している作品である。

パンチキックボタンを押す長さで強弱が決まる、初代「ストリートファイター」のような仕様になっている。龍虎の拳の開発者は当時カプコンからSNKに移籍してきた西山隆志氏と松本氏(現ディンプス所属)だったため、必然だったのかも。

また現在格闘ゲーム(特に2D格闘ゲーム)に共通する、重要なシステムの大部分はこのゲームから生まれた。
龍虎の拳が生み出した後、現在格闘ゲームに受け継がれている代表的なシステムとして、

超必殺技、乱舞技」
特定の技を使うと消費され、溜めることのできるパワーゲージ(気ゲージ)」
「立ち状態から出す、しゃがみガードできない攻撃(中段技)」
キャラ同士が近づくとズームイン、離れるとズームアウトする」
ダッシュ(右向きの場合→→入)」
バックステップ(右向きの場合←←入)」
ガード技」
「挑発(リョウオラオラァ!』)」
「対戦前キャラクター同士が専用の掛け合いセリフを発する演出」

などがある。
演出面は特に画期的。
他に、残念ながら現在格ゲーには受け継がれなかったが当時は立っていたシステムとして

「挑発をすると相手のゲージが減少する」
「対戦中、ダメージによって顔のグラフィックボコ顔に変化する」
ゲームプレイの途中で超必殺技伝授のミニゲーム
脱衣KO必殺技超必殺技KOすると…)」

などもある。

ただし、脱衣KO1990年代の他の2D格闘ゲーム(初期のKOFシリーズ風雲スーパータッグバトル等)存在するのでプレイを勧める(近年ではKOFXIII脱衣KOが復活した)。

必殺技を使うたびに減少するゲージは、「全ての必殺技で気が必要」というゲームはさすがに少ないが「ゲージを必要とする超必殺技」としては多くの作品に継承されている。
飛び道具が通常攻撃で消せるのもこの作品と「闘姫伝承」と「あすか120%」ぐらい。

ネオジオネオジオCDスーパーファミコンメガドライブPCエンジンPS2ネオジオオンラインコレクション版、Wiiバーチャルコンソールネオジオミニなどに移植されている。
続編に「龍虎の拳2」「ART OF FIGHTING 龍虎の拳外伝」がある。下に記述。

龍虎の拳2の概要

龍虎の拳2」は前作の続編で、グラフィックが向上したのをはじめ、ストーリーも前作の続きとして楽しめるようになっている。

プレイヤーキャラクターは前作の登場人物ほぼ全員が参加。Mr.KARATEは本名のタクマ・サカザキとして出場、ヒロインユリ・サカザキが極限流空手を学んでプレイヤーキャラ化。さらに新キャラテムジン如月影二が追加された。
が、前作のキャラクターのうち藤堂竜白だけが消されてしまった。容量の都合と、如月影二と東洋のイメージで被るという理由があったようだ。

ゲーム性は対戦ツールとしての調整が加わり、通常技・必殺技の威低下、投げられても受け身が取れるようになった。しかしそのせいで気ゲージの駆け引きの味が薄れ、逆転要素が乏しくなった。
またボタン強弱というシステムを継承しながら調整をした弊か、先行入異常に効きすぎる仕様になってしまい、技が非常に出辛く(別の技が勝手に出てしまうほど出易すぎるとも言うか……)、操作に慣れる事にもシビアなコツがいる。また中段技がくなり、投げにはしゃがみ攻撃安定など、システム的にもバランスが崩れてコケてしまった。

そして、ただでさえ人操作がシビアなのにもかかわらず、CPUの反応が尋常ではない超反応であるために、一見面そうに見えても敷居が非常に高いゲームになっており、初心者お断りである。
例えば自分がボタンを押した間にCPUが自分の出した必殺技を小技連打で潰したり、正確なタイミング飛び道具を消されたり跳ね返されたり、突進技出したら投げ返されたり、投げても確実に受け身を取られたりと、そのアルゴリズムはまさに狂気の沙汰に達していた。もはやCPU戦はハメるしかなく、それを「攻略パターンを構築し、それを的確に成功させていくゲーム」と言うシビアな攻略と捉えるか、「難しいだけの作業でつまらない」と捉えるか賛否が分かれる。
攻撃をガードさせた時でもスコアが入るので、それを利用したスコアアタック現在でも続けられている。
隠しボスには若い頃のギース・ハワードが出現し、「龍虎の拳餓狼伝説」と作品世界渡し役になっている。

対人戦のバランスは、一部で投げハメや即死が成立するためるに及ばず。

余談ではあるが、この頃のCMアニメ龍虎の拳にはユリ役として名時代の浜崎あゆみが出ていた(ただしアニメ版はDVD版でユリだけゲームほりえかおり氏に新録されている)。

ネオジオネオジオCDスーパーファミコンPS2ネオジオオンラインコレクション、Wiiバーチャルコンソール版に移植されている。
ギースが使えるのはスーパーファミコン版だけ。

龍虎の拳外伝の概要を書くで!

この作品の主人公リョウ・サカザキやのうてワイ、「ロバート・ガルシア」や!
龍虎の拳2の半年後のストーリーで、サウスタウンやのうてグラスヒルバレーって田舎ストリートファイトを戦い抜いていく物語なんや。

シリーズから継承されとる気ゲージがある一方、ボタン強弱が止されて代わりにレバー入れ入で色んな通常技や中段攻撃が出せるようになったで。
3D格闘を2Dで表現するってゲーム性が特徴で、特に前に進みながら通常技で連携する「ラッシュ」、「投げ」、全キャラ共通の立ち受け身技の「さばき」の3つの要素があるんや。
相手の体が減った状態で超必殺技で倒すとアルティメットKOになってCPU戦なら2ラウンド取らなくても勝てるんやけど、今作ではその演出として脱衣するで。はじめから半裸なとかも多いねんけどな。

てな感じで「外伝」ってタイトルに偽りなく新しい要素を色々試みたんやけど、当時はものの見事に滑ってもうた作品なんや。
浮かせ技から追撃するとダメージが上昇するさかい、浮かせて連続技を入れるんが強くて「投げ」「さばき」がどうでもいいシステムになってしまったんやな。おかげでひたすら浮かせて連続技っちゅー試合になりがちで、何より試合の絵面がもう「これのどこが虎じゃ!!」言うて虎のファンからは批判されたんや。虎なのに必殺技全然使わへんってどういうこっちゃ。

アーケード版ではキャラクター誕生日になると、そのキャラクターの攻撃が常時上がる「お誕生日システム」ゆう基盤設定の影受けまくりの要素が導入されとるで。3月発売で12月のわいの誕生日まで稼働してたんやろか。

ちなみに、キャッチコピーは「誰も知らないもうひとつの」や。あまりに過ぎる文句や、そう思わへんか。

また、この作品はこのロバート・ガルシアよりも注されてもうたすごい漢不破刃の登場作なんや。あ、あと堂のさんも登場しとるで。ボスはなんやア○バみたいな感じなんや。

以前はネオジオネオジオCDにしか移植されてへんかったんやけど、今ではPS2ネオジオオンラインコレクションに収録されとるで。

何かと前2作と較されて批判されるし確かに正直虎っぽくはないんやけど、操作性はかなりシンプルになっとるし、CPUもかなり易しくなって敷居は低くなっとるし、ラッシュはRBのCAやサムスピ月華の剣士の連切りを簡素化したようなシステムで、一つのゲームとしては言われるほど悪くない作品やさかい、気になったらやってみてや。

アニメ版

また、「1」をベースにしたアニメ版が1993年に放映された。タイトルは『バトルスピリッツ 龍虎の拳』。先に放映された『バトルファイターズ餓狼伝説』に名前を合わせたのだろう。

内容の詳細はwikipediaなどを見ていただくとして、ユリ声優が若き浜崎あゆみだとか、藤堂竜白がなぜか刑事ストーリー上、犯罪者であるビッグとの対にしたかったのかもしれないが)だとか、キングが本当にただの悪党とか色々ツッコミどころはあるが、なんといっても遺憾なことはゲーム中の必殺技が1つも登場しない」こと。

虎の売りといえば上にも書いてあるとおり、大きなキャラ爽快なSEで繰り出される必殺技であり、ファンは当然アニメでどういった形で表現されるかを期待していたのだが、結果的には虎乱舞どころか重ね当ての1つすらも登場せず、テレビの前の視聴者を落胆させた。

一応、リョウビッグを倒した飛び蹴りは見ようによっては飛燕疾風脚の2発に見えないことはないかもしれない。

漫画版

コミックボンボンに連載された、通称「ゴッセージ虎」と、ゲーメストに連載された、獅子悦也による作品が有名。
前者はボンガロと並び称せられる怪作。
後者ファン必見の傑作であり、ゲームの設定を見事に昇して読み応えある作品に仕上げている。

パチスロ版

虎2を元にしている……らしいのだが、マリアというリョウの婚約者が突如登場。この突然の事態にはキングも香澄ユリも呆然として「見なかった事に」で一致しているか、パチスロ版の事なんかさっぱり知らない

このマリアという人物がいったい何者なのか、作中の描写だけでは全然分からんので公式の設定発表が待たれる……のだが、果たして発表される日は来るのだろうか。餓アリスクライスラーアリスガーネット中田みたいに長い日を経て本当に登場する日が来ないとも限らないが……。

関連動画

登場人物

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BE%8D%E8%99%8E%E3%81%AE%E6%8B%B3
ページ番号: 746401 リビジョン番号: 2623159
読み:リュウコノケン
初版作成日: 08/11/29 17:09 ◆ 最終更新日: 18/09/09 15:48
編集内容についての説明/コメント: 「~せざるを得ない」全消し、漫画版とパチスロ版について追記、文章を改稿など
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


藤堂香澄

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

龍虎の拳について語るスレ

72 : ななしのよっしん :2016/11/11(金) 01:52:17 ID: dYmnpSZc8t
>>71
KOF14インタビューでの小田氏の発言だね
http://www.4gamer.net/games/317/G031749/20160613002/index_2.html
73 : ななしのよっしん :2016/11/11(金) 10:06:16 ID: V1vgt/3mJk
パコーンのSE作った人マジ
74 : ななしのよっしん :2017/09/29(金) 20:46:53 ID: YHLRC7sUB1
影二や香澄の単体記事もか作ってくれないかなー
わりと虎の続編シリーズの顔だと思うんだけど
75 : ななしのよっしん :2017/10/24(火) 01:58:43 ID: 3NfzNBdbYo
開中のCGアニメKOFデズティニーを見てると
本当に虎続編考えてるのか不安しかない
テリーギース中心にKOFへ絡ませてるみたいだけど
リョウvsビリーまでは良かったのに
クマ出ない、ロバートユリにタジタジで情けない、
リョウがまるでユリ父親みたいな接し方、
チーム速攻で敗退、ビッグや香澄もいない、
どうなってやがる
76 : ななしのよっしん :2017/11/27(月) 18:39:14 ID: w0YO8E7PZz
概要の、

>「特定の技を使うと消費され、溜めることのできるパワーゲージ(気ゲージ)」
>「体ゲージ以外にも専用のゲージを使用する」

これ内容カブってねえか?
77 : ななしのよっしん :2017/12/05(火) 20:14:36 ID: 1p7QXjX/Ra
もし続編出るなら餓はともかく月華関連の要素とかも入ってくるのかね
78 : ななしのよっしん :2017/12/05(火) 20:21:28 ID: 1IK5Cq8Azv
「~ざるを得ない」があまりにも読みづらい
79 : ななしのよっしん :2018/01/13(土) 17:52:38 ID: rwh1gvL6Km
戦前ジャック
「何の用だ小僧!人に物を頼む時は頭を下げる物だぜ」

こいつの言っていることは、割とマトモなんだよな。
80 : ななしのよっしん :2018/04/22(日) 16:57:51 ID: 4Pc9MJt2Gw
何この「~ざるを得ない」記事
寒すぎだろ…編集したやつは面いつもりなんだろうけど
81 : ななしのよっしん :2018/09/09(日) 15:59:03 ID: 1IK5Cq8Azv
一時はそれが流行っていた時期もあったのでしょう。
でも、今となってはただ読みづらく不愉快なだけ。一斉に消しました。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス