NEOGEO単語

ネオジオ
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

NEOGEO(ネオジオ)とは、SNKが開発・発売した家庭用ゲーム機、およびアーケードゲーム家庭用ゲームを統合したゲームプラットホームである。

ネオジオのロゴ概要

ネオジオのロゴ

1990年アーケード用(NEOGEO Multi Video System)、コンシューマー用(NEOGEO Advanced Entertainment System)が共に発売される。
当初コンシューマー用はビデオ店を介したレンタルによる展開だったが、1年後に一般販売された。

上述の通りアーケード用のMVSに対してコンシューマー用にはAESの名称があるが、単にNEOGEOと言った場合はコンシューマー用をすことが多い。

以下はコンシューマー用を中心に紹介する。アーケード用についてはMVSを参照。

ネオジオのロゴアーケードの興奮をそのまま家庭へ!!

コンシューマー用となるこのNEOGEOは、アーケード用のMVSゲームをそのまま庭で楽しめるというマシンである。それもそのはず、本機はMVSとほぼ同じシステムをそのまま搭載しているからである。

当然ながら発売当時のコンシューマーゲーム機の中では抜群の性を持ち、「本体がROMアクセスする速度が最大330メガビット/」と驚きの速度を誇っていた。
100メガショック!』という当時の煽り文句でも売りにしていたようにROM容量も大。
NEOGEO自体に3D動画を描写させる皆無だが、その圧倒的なアクセス速度と膨大なROM容量を利用し、「動画が流せないんなら絵を連続で流してアニメーションさせればいいよね」「3Dが描けないんならプリレンリングしてそれっぽく見せればいいよね」と、謎の努力プレイヤーを沸かせたメーカーもあった。
2003年発売のKOF2003716メガビットもあり、任天堂最後のカートリッジ据置ゲーム機NINTENDO64ですら末期でやっと512メガビット(バイオハザード2)であるから、その容量がいかにぶっ飛んでいたか理解できよう。
容量の関係もありソフト常識を覆すほどデカく、PCゲームソフトゲーム機に挿しているかのような錯覚を受けるだろう。

※ネオジオが現役だった14年間、ゲームソフトに使用する大容量媒体となるとCD-ROM(640メガバイト=約5000メガビット)、DVD-ROM(CD-ROMの約8~16倍)など、その媒体には書き込めない媒体が流であったが、2011年に入ると任天堂の最新携帯ゲーム機ニンテンドー3DSが最小128MB(約1ギガビット=約1024メガビット)~最大4GB(約32ギガビット。今後それよりさらに大容量のカードを使用したゲームソフトが出る可性大)のCDDVD並の大容量を持つセーブ付きゲームカードが登場し、時代の進化を感じさせる。

本体の価格は58,000円、ソフト30,000円。高いと言われたスーパーファミコンソフトですら32メガで11,000円前後である。
しかしアーケードゲームをコンシューマー機に移植するときに、他のハードではROM容量等の制約からドット動画パターンや大きさなどといった様々な要素が削られた結果、オリジナルとはほど遠いものになってしまうことが少なくなかったのに対して、NEOGEOであればアーケードクオリティをそのまま庭で楽しむことができたことから、高級志向をめるユーザーハートを鷲掴みにし、100万台にまで普及したのである。

ネオジオのロゴネオジオCD登場!!

1994年には『NEOGEO CD』を発売。カートリッジ版の約1〜2ヶ後にCD版を出すパターンが定着した。初期フロントタイプと後期トップタイプが存在する。
CD-ROM供給になったことで、大容量ソフトでも低価格での販売が可になり、ソフトの価格帯は7,800〜8,800円程であり購入が容易になった。

また、CD版のみのオリジナル要素(ボス使用可)やアレンジ音楽ヴォーカルが入ったもの等もある)があったり、「ブリキンガー」「クロスソードII」等CD専用ゲームも少ないながらも存在した。

しかし、搭載されていたのがコスト重視な等倍速ドライブだったせいでCD読み込みが非常に遅く(遅いというより、読み込みが始まったら本体メモリの許す限り沢山読み込んでいる。2016年現在ディスク媒体のゲーム機のように分割して一部だけ読み込むという機はなかった)、分単位で待たされることがしばしばあった。後に2倍速ドライブになり読み込みが多少くなった『NEOGEO CD-Z』が発売されたが、対して待ち時間は変わらなかった。

ネオジオのロゴKOFシリーズなど人気作は大衆家庭用ゲーム機でも大ヒット!!

ヒット作は「餓狼伝説シリーズ、「ザ・キング・オブ・ファイターズシリーズ(特に9496)である。この作品はNEOGEOながら、コンシューマー用ソフト30万本近いヒットを記録(NEOGEO CD版も含む)し、これらを含め、NEOGEOの人気作品はスーパーファミコンセガサターンプレイステーションといった他社製ハードにも移植され、それらのハードでもヒットした。

しかし、マイナーな作品はNEOGEO CDだけでなく、ROMカートリッジですら出ない物もあった。「作戦ラグナロク」「ファイトフィーバー」「STRIKERS 1945 PLUS」等がその例で、これらのMVSカセットはかなり高額で取引されている。

ネオジオのロゴ稀代のロングセラーゲーム機!!

最後のNEOGEOソフトが出たのは2004年、最後のNEOGEOソフトは「サムライスピリッツスペシャル」であった(ちなみに、NEOGEO CDソフト1999年の「KOF99」が最後)。すなわち、SNKが潰れてSNKプレイモアに版権が移った後もNEOGEOでソフトを出し続けていたという事である。1990年の発売から2004年の終了まで、ソフトを出し続けた期間は実に14年間。これは同一のハードからソフトが出続けたという点で、ハードの中でも最長の記録である。

ネオジオのロゴ当時の興奮を今でも!!

NEOGEOそのものは開発を終了したが、NEOGEOソフトの一部タイトルPS2で発売されたNEOGEOオンラインコレクションなどの復刻版ソフトWiiバーチャルコンソールPS3PSPゲームアーカイブスXbox360Xbox Live Arcade、近年ではPS4XB1/Win10NSW対応のアケアカNEOGEOなどのダウンロード販売で現在でも遊ぶことが可である。

2012年12月6日SNKプレイモア正式ライセンス携帯ゲーム機『NEOGEO X GOLD ENTERTAINMENT SYSTEM世界同時発売。価格は19,900円。「餓」、「メタスラ」、「サムスピ」、「KOF'95」など20本のゲーム公式ライセンスされて収録されており、後からソフトを追加する事も可な模様。初回特典として「NINJA MASTER GAME CARD」が付属する。さらにNEOGEOの筐体を模した「NEOGEO X Station」と、ジョイスティック「NEOGEO X Joystick」が付属しており、HDMIケーブル(商品に付属する。ステレオAVケーブルもあるよ!)でTVに繋いで遊ぶことも可。あのアーケード奮をどこでも楽しめるというのを考えると今からわくわくするぜ!

さらに2018年ファミコンミニから始まる復刻ゲーム機の流れに乗り、2代目SNKから『NEOGEO mini』が発売。日本版と欧版、ともに40タイトルを収録するボリュームと手のひらサイズMVS筐体を引くデザインが特徴。HDMIケーブルを接続してTVなどに画面を映し出せるのは論、筐体のままプレーすることも可そして翌年にはサムスピシリーズメタルスラッグなど8タイトルを追加した『サムライスピリッツ』限定セットが発売。初代からSPまでのサムスピシリーズ、初代から5までのメタスラシリーズを網羅し、より充実した内容に進化している。

ネオジオのロゴニコニコ動画におけるNEOGEO

NEOGEO or ネオジオタグで検索されたし。exit_nicovideo

ここでは、NEOGEOそのものに関連する幾つかの動画を挙げる。

ネオジオのロゴ総合的な話題

ネオジオのロゴCM

ネオジオのロゴOP・デモムービー等

ネオジオのロゴ関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/neogeo

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

NEOGEO

71 ななしのよっしん
2019/12/19(木) 00:19:31 ID: erYJSGJIsu
CPU基準で見るなら、68000@12MHzなんてほんとに当時のアーケードの並クラスでしかなくて、セガナムコハイエンドとかから見たらアホほど貧弱だよね。そもそもそこらの駄菓子屋の店頭とかが戦場で、庭用は一台6万程度のシステムオーバースペックなわけがないw
ただコンシューマだと一本三万のROMを直結できるというな商売で差別化できてたのは確かで、PS/SSとかだとCD-ROMだから総合性ではずっと上でも上手く作らないとネオジオCDみたいなことになってしまう。N64なら多分余裕かな?
90年代PCだとそもそも設計思想がぜんぜん違ってアクションのことなんか考えてないので較するだけ意味。
72 ななしのよっしん
2019/12/25(水) 18:06:52 ID: 7mX8i0g6vB
>2016年現在ディスク媒体のゲーム機のように分割して一部だけ読み込むという機はなかった
ってあるけど、意味が良くわからない。必要なものだけ読み込むのはNCDも一緒なはずだけど。
CD版の読み込みが遅い理由って、圧縮されていない生データをそのままダイレクト読み込んでるせいだよね?
MVS転送速度が速いから生データをそのまま積むのがベストだけど(MAX330Mb/s)、その仕組みをそのままCD版に持ってくるなんて手抜きというか何というか
73 ななしのよっしん
2020/01/15(水) 20:31:08 ID: DiXaub0DON
スマブラテリー参戦ムービーを見るたびに思ってたが
SFCの同年にあんなモンスターマシンリリースされてたってのがもうなんか凄い
74 ななしのよっしん
2020/01/23(木) 12:54:23 ID: S2Pj3+avYR
>>73
いや、べつにモンスターマシンではない
ネオジオ1990年相応の性。ちょっとメガドライブぐらい
拡大がなくて縮小のみ。回転機もない。BGがいに等しいとかボトルネックも多い

SNKが高品質なドット絵を描けた。格ゲーブームの流れにうまく乗れた。色々な要素がたまたま噛み合って成功しただけで、ただただネオジオの性を純に評価するなら(価格にべて)少し物足りない性まである
75 ななしのよっしん
2020/06/03(水) 05:13:01 ID: BkpmpbEAxh
メガドライブを引き合いにするのもなんか違う気がするな
BG操作が得意なハードって点ではNEOGEOとは正反対とも言えるし、パレット較にならないほどメガドライブの方が弱い

もともとメガドライブセガシステム16を基礎してるわけだけど、それとべてもNEOGEOハード設計が特異で較が難しいと思う
76 ななしのよっしん
2020/07/15(水) 22:52:00 ID: GJSnjcp7V6
ネオジオミニ作成されたから
こっちは簡易化で
77 ななしのよっしん
2020/11/09(月) 03:02:55 ID: ytefn09S9f
>>74
neogeoモンスターマシンであったゆえんはROM読み出し速度が最大330Mbit/s(約41MB/s)に達していた事に起因する。
このことこそが、本機の最大の特性であり、長時間生き残れた理由でもある。

記憶装置並みの速度を持たされたROMがあるから
VRAMを大きく持たなくとも、画面更新時に直接ROMからデータ読み出して表示する芸当を可とする。

このため、手な画面効果をプリレンリングしておいて、それをアニメーション表示するという、ROMの高速性と容量でゴリ押しすることも可

ゲーム制作上の考えられるボトルネックを
ROM速度と容量で解消してしまう発想を実現したのが本機最大の特徴と言える。
78 ななしのよっしん
2020/11/13(金) 22:51:55 ID: BkpmpbEAxh
そもそもNEOGEOVRAM属性情報しか持ってなくて、画像は専用ROMから直に表示する方式だったはず
それ自体はアーケードだと昔から一般的な仕様
ちなみに当時の開発者からの噂によると、NEOGEOスプライト情報の書き込みは遅かったらしい

初期のファミコンとかも同じ方式だったけど後の庭用ハードではVRAMを使う方が流になった
(理由はよく知らない。ただ画像にも圧縮が使えるから容量的にも利点はある)
79 ななしのよっしん
2020/11/24(火) 19:21:54 ID: erYJSGJIsu
>>78
カートリッジ直結と言ってもCPU/GPUから距離があることには変わりないので、システムが高速化したことで段々おっつかなくなった。ROM自体を速くする手もあるだろうけど、当然価格に跳ね返ることになるし限界があるのであんまりなことはできない。
だからCPUのキャッシュとかと同じで、一番高速で近くにあるVRAMデータを置いといてそれをぶん回す方式になっていった。
80 ななしのよっしん
2020/12/15(火) 20:20:22 ID: kDbq92pkKy
SNKがまた新しいハードを出すらしいゾ