Crypt of the NecroDancer単語

クリプトオブネクロダンサー
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

Crypt of the NecroDancerは、Brace Yourself Games製作したローグライクリズムゲームである。

概要

steamで配信されている、ローグライクリズムゲームの二つの特徴を併せ持ったゲーム2014年7月30日より早期アクセスゲームとして配信を開始し、2015年4月23日(時差のため日本では4月24日)に完全版リリース2015年10月4日アップデート公式日本語対応された。日本円にして1480円で購入が可
また、BGMサウンドトラック集がゲームDLCとして配信されているほか、iTunes Store等の楽曲配信サービスで購入することもできる。

さらに、スパイク・チュンソフトが販売元となりPS4版とPSVita版が日本国2016年1月18日に発売すると発表した。ダウンロード専用で,価格は1800円(税別)。CEROレーティングはB(12歳以上対)となっている。PS4/Vita版では同販売元で販売されている「ダンガンロンパ」「風来のシレン」「喧嘩番長シリーズより全11キャラのスキンでケイデンスをプレイすることができ、また「ダンガンロンパシリーズ」から全17曲が収録されることが決定している。なお本作はクロスバイ対応となっているので片方のプラットフォームでソフトを購入すればPS4/PS Vita版の両機種でプレイ

2018年2月1日にはニンテンドースイッチ版も発売。

特徴

上記記載通り、自分⇒敵⇒自分のターン勢のゲームジャンルローグライク』と音楽に合わせてリズムを刻みながら遊ぶ『リズムゲーム』の特徴を併せ持ったゲームで、「ターンが1ビート」とななって音楽に合わせて進むことになる。音楽は通常のBGMのほか、使用キャラクターによっては専用のリミックスBGMが用意されている。また、自分の持っているMP3ファイルBGMにして遊ぶことも可(曲名を半角英数にする必要がある)。
なお、画面下にある(奪われた主人公の)心臓リズムをきざんでおり、心臓の左右にあるボーダーがになり、曲が終わりを迎えると強制的に次階へ移動させられる。

プレイヤーは武器やアイテムなどをダンジョン内で拾うことが可で、アイテムや武器を駆使して先に進み、最下層に待ち構える様々なボスを倒すことでクリアとなる。

論、プレイヤーと敵対する相手にはそれぞれ特徴があり、2ターンに一度動くものや一定のターン動きを止めてくるなどその特徴は様々。
主人公はCadence以外にも9人のキャラクターから選ぶことが可で、彼らもまたそれぞれ特徴を持ち合わせている。

ダンジョン内には敵以外にもプレイヤーアイテムを売ってくれる店が存在する。
また、屋に捕らわれているNPCが存在し、彼らを救出することでダンジョン外(ロビー)で様々な部屋が開放され、ダンジョン内で手に入れた宝石と交換で強化やアイテムの開放などができるようになる。

序盤はNPCを開放しつつ、ノーマルモードとして用意された4つのゾーンをひとつずつクリアしていくことになる。また、ノーマルモードをすべてクリアした人向けにゾーン1からゾーン4まですべてのゾーンをぶっ通しで進むオールゾーンモードがある(クリアしなくてもチャレンジすることは可)。以前はHARDCORE MODEという名前だったことから通称ハードコアモードとも呼ばれている。
オールゾーンモードと同様のルールで日替わりでプレイヤーが同じ構成のダンジョンに挑戦しランキングを競うデイリーチャレンジや死なずに周回できた回数を記録するデスレスモードなどの特殊なモードもある。

また、特殊な遊び方として2人で同時にオールゾーンモードにチャレンジできるマルチプレイ(ローカルのみ)があったり、DDRコントローラのようなダンスパッドを使用して遊ぶためのゲームモードも備わっている。

キャラクター

特徴の異なる9人と1匹のキャラクタープレイヤーキャラとして使用可。初めはケイデンスとバードしか使えないが、プレイを進めるごとに使用キャラクターが開放される。

このうちケイデンス、メロディアリアにはストーリーが用意されており、各ゾーンクリア後にムービーが流れるほか専用のボスが存在する。

アイテム(一部)

武器

武器には上記の武器の種類以外にチタン製の武器や黒曜石製の武器などが存在し、回復する効果や多くダメージを与える効果などの特殊な効持っている。

その他

まさかのコラボレーション

2019年6月14日ゼルダの伝説とまさかまさかのコラボレーションタイトル
「ケイデンス・オブハイラル:クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説」が配信開始。

こちらではある事件の影でケイデンスがハイラルに召喚されてしまうところから物語が始まり、
リンクゼルダ・ケイデンスの三人でハイラルを救う作品となっている。

関連動画

完全版リリース前に投稿された動画もあり、現在仕様と異なる場合があります。

実況プレイ(ゆっくり、VOICELOIDを含む)


カスタムミュージックを使用したプレイ

ローカルCo-opプレイ

DDRコントローラーを使用したプレイ

上記以外の動画こちらexit_nicovideo

関連商品

 

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/crypt%20of%20the%20necrodancer

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Crypt of the NecroDancer

176 ななしのよっしん
2019/03/21(木) 11:17:37 ID: 8Vm7PLyw9a
>>175
 どうせブレワイDLCだろ
→いえ、独立した一本のゲームです
→( ゚д゚)  ( ゚д゚ )
177 ななしのよっしん
2019/06/15(土) 02:20:44 ID: 9bSMbwIvVV
最近買ってアリアまで進めたけどむず過ぎ
178 ななしのよっしん
2019/06/16(日) 15:44:13 ID: hsEFu3NsQM
ケイデンスオブハイラルやってみたけどHPが回復しやすいのと
全滅リズムストップするのもあってネクロダンサー本編よりも遊びやすかった
179 ななしのよっしん
2019/06/19(水) 20:41:35 ID: KdTXgcJiTK
ゼルダコラボ、ネクダンベースゼルダやってる感じで楽しかったけど
オブダンフレイルとが強すぎてボスどいつもこいつもあっけなく死んだのが惜しい……
ローグライクじゃなくなったことでオブダン持ちつつダイヤ拾ったら使ってればいいし勝手に切り替わるしで戦闘はかなり楽だな
180 ななしのよっしん
2019/09/21(土) 23:27:29 ID: QCgfu7Zvvf
何よりBGMアレンジ含めて良ゲーだったわ、ゼルダコラボ
181 ななしのでっていう
2019/12/20(金) 19:24:48 ID: 1MEYpy6jlU
ケイデンス・オブハイラルはオクターヴォシナリオダンジョンモードが追加されたぞ
182 ななしのよっしん
2019/12/21(土) 08:23:21 ID: Oo5QvRGyNB
ハイラル
知り合いがハードコア死因:オブジェクトというな死に方をして萎えちゃったのを見て原因が気になってたけど
ハイラル城とかにクリプトの方のモンスターの立て看みたいなのあるじゃない 攻撃すると倒れるやつ

中でもネクロダンサーの看倒したときにそのの前に攻撃1(?)を発生させるようだ
い・・・居たたまれない(に畳まれたけど)

どうせ本人に伝えても帰ってくることはないと思うのでせめて同じ苦しみをする人が減るようにここに記す
183 ななしのよっしん
2020/02/11(火) 11:40:27 ID: VgtCeB3Uv0
ついさっきvita版購入した
リズムゲー好きだしelonaをやりこむレベルにはローグライクも好きだから、期待で眼球爆発しそう
184 ななしのよっしん
2020/02/13(木) 09:10:55 ID: VgtCeB3Uv0
なんじゃこれ難しい
1日半かけてやっとゾーン1クリアしたけど、ゾーン2では序盤で袋叩きにされるかあとちょっとでボスのところで死ぬ
なのに上で散々言われてる通り脳汁が大量に分泌されるせいでやめるにやめられん
神ゲーだわ
185 ななしのよっしん
2020/02/14(金) 09:53:11 ID: hPAw3aW/Kc
何重にかかっているのかという名前とデスサイズマイクというイカしすぎる武器を持ってるデスメタルがあまりにもハイセンスで大好き

急上昇ワード

おすすめトレンド