今注目のニュース
“JK社長”椎木里佳が授業態度を批判されて逆ギレ「私語は個人の自由」
年齢が上がると髪の伸びは遅くなるの?
O型は血を吸われやすいは本当だった。なぜ蚊に刺されやすい人と刺されにくい人がいるのか?8つの科学的理由

インデペンデンス・デイ:リサージェンス単語

インデペンデンスデイリサージェンス

掲示板をみる(25)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

あの日から20年。

決戦に備えていたのは、

人類だけではない。

インデペンデンス・デイ:リサージェンスとは、2016年開されたアメリカ映画。『インデペンデンス・デイ』(1996)の続編である。

概要

監督は前作『インデペンデンス・デイ』に引き続きローランド・エメリッヒ。またジェフゴールドブラムやビル・プルマンなど、前作の要登場人物の多くが同じ役柄で続投している。

演を務めるのはリアム・ヘムズワース。『ラストソング』(2010)の好演でティーンチョイス・アワード映画部門賞を受賞し、『ハンガー・ゲーム』全4作品に出演、『エクスペンダブルズ2』(2012)ではご老体ばかりのにあってひときわを引く若き戦士を演じるなど、順調にキャリアを築き上げてきたリアムは、本作では立つ戦闘機パイロットとして人類の存亡のためを、宇宙駆ける

お前作で演だったウィルスミスは登場しない。理由は「ギャラが高すぎる」とのこと。ウィルが演じたスティーブン・ヒラーはエイリアンの技術を応用した新戦闘機テスト飛行中に不慮の事故で劇中の2007年死亡したという設定になっている。

前作でも製作・脚本に携わったディーン・デヴリン、視覚効果アドバイザーに監督の盟友マルクヴァイガートとフォルカー・エンゲル、作品をエモーショナルに音楽に『紀元前1万年』(2008)『2012』(2009)などのトーマスワンダーに製作と兼任のハラルド・クローサーといった実績のある布が、前作よりさらに大規模に、残虐に進化したエイリアンの襲来を別次元の大迫で描く。

あらすじ

1996年、人類はエイリアンからの襲撃という未曾有の事態に直面した。圧倒的な戦を有する敵に人類は結束、決して従容と死を受け入れないという意志を示し、30億人という大きな犠牲を払いながらも勝利を収めた。この日、7月4日は単なるアメリカ独立記念日ではなく、宇宙の何者からも支配されない自由を勝ち取った人類すべてにとっての独立記念日となったのだった。

あれから20年。かなた宇宙で、地球侵略失敗したことを覚った存在がいた。報復のため、あるいは侵略という当初の的を達成せんがため、“彼女”が動き出す……。

2016年7月4日世界中で独立記念日を祝っているさなか、彼女……女王率いる巨大な宇宙船が地球に来襲する。重力を自在に操り、接近しただけで面基地を粉砕し、またたく間にニューヨークロンドンパリシンガポール、ドバイといった都市が壊滅。20年のあいだに築き上げた地球防衛システムをたやすく化され、世界がふたたび滅亡へのカウントダウンを刻みはじめる。そのものを死滅させるこの悪な敵を前に、果たして人類に打つ手はあるのだろうか?

舞台設定

今作の地球1996年エイリアンとの死闘を経たことで、私たちの世界とは異なるを歩んでいる。

人類以外からの攻撃を受けたことで、人種国家宗教の違いが取るに足らない細なことと認識され、手と手を取り合い、平和とふたたびのエイリアン襲来にむけての防備に協しあっている。

撃墜した多くの宇宙船(シティデストロイヤーと呼ばれる巨大なものだけでも36隻)から得た技術によって重力し、プロペラもジェットもない航空機が飛び交い、戦闘機でそのまま地球から面まで破してしまうほど文明が加速度的に発展しており、には地球防衛のための基地まで建設された。

また、エイリアンテクノロジーで印的だった翡翠色のビームシールドも人類はが物としている。

登場人物(前作から続投している俳優は赤字

エイリアン

1996年7月2日に突如として地球に襲来、世界中の都市群と軍事拠点を同時に破壊し人類を滅亡の危機に陥れた、地球外知的生命体。人類よりはるかに進んだ技術を有し、一撃で都市燼に帰す強ビームや、核攻撃すら全に防御せしめる鉄壁シールドを駆使する。全長550km、質量がの4分の1ほどもある船に直径24kmの円盤を多数搭載し、兵として送り込む。円盤都市を一で破壊したことからシティデストロイヤーと称されている。さらにシティデストロイヤー内からは数の小飛行艇空母のように発進させることも可だった。

前作のデイヴィッドヒラーの活躍によりシールド化したことで、地球に侵攻したシティデストロイヤーはすべて破壊されたが、それから10年ほどはエイリアンの生き残りが現地の軍と徹底抗戦していたようだ。本作では、アフリカのウンブトゥ族が治める土地に1隻のシティデストロイヤーが着陸しており、直径800mほどもあるを地中深く掘削していたこと、船破壊とともに機を停止させたことが明らかとなる。

エリア51でオーキン博士らが研究したところによれば、このエイリアンは一見すると身長2mはあろうかという屈強な体と長い触手を持つが、これはいわばパワードスーツのようなもので、本体がそれを着用しているにすぎない。本体は人間の幼児ほどしかなく、非力で貧弱な存在である。人間と同様に酸素で呼吸しているが、帯に相当する器官は見受けられず、コミュニケーションも音ではなくテレパシーによっておこなう。前作において

「望みはなんだ?」

と問いただしたホイットモ大統領(当時)に精感応で答え、自分たちがこれまであらゆる銀河で繰り広げてきた闘争の歴史と、地球に来た的とをへ直接伝えている。そのさいすさまじい情報量を短時間にやりとりするため地球人のではとても処理できないらしく、絶するほどの頭痛をもたらす。また、いちどエイリアンと精感応した人間はある種の回路が作られるらしく、以降は好むと好まざるとに関わらず彼らの思念波を傍受するようになるようだ。

彼らの生態はテレパシーを受けたホイットモ大統領いわく「イナゴ」。からへと渡り歩き、侵略したの資を食い尽くしたら別のへ移住する。和や交渉の余地はなく、先住民に対しては絶滅させること以外の関心を持たない。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

インデペンデンス・デイ:リサージェンスに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

  • 23ななしのよっしん

    2017/07/29(土) 14:34:56 ID: /XF2+zS2GQ

    人のストリッパーのママン(今作で医者)の歳と体オカンにきわめて近いせいであのシーントラウマになりました(半ベソ)

  • 24削除しました

    削除しました ID: aZPA3BcvUo

    削除しました

  • 25ななしのいっしん

    2018/04/24(火) 13:26:28 ID: ym64o2IkSa

    続編の制作ってどうなっているんですかね?
    今度は人類+侵略された異人で連合組んで攻めに行くんでしょ?

急上昇ワード

最終更新:2019/06/27(木) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/27(木) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP