今注目のニュース
シイタケの驚くべき効果効能
マックコーヒー「0円」再び! しかもさらに濃く、美味しくなったよ。
クシクラゲの虹色の謎を解く特有のタンパク質を発見 筑波大の研究

クリプトン・フューチャー・メディア単語

クリプトンフューチャーメディア

掲示板をみる(124)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社とは、「初音ミク」を始めとするVOCALOIDシリーズの開発・販売で知られるソフトウェア会社。

概要

本社は北海道札幌市所在している。1995年7月設立。

本業はサンプリングCDソフトの輸入販売だが、自企画として2004年11月5日ヤマハ開発の音声合成エンジンVOCALOID」を採用した音声合成ソフトMEIKO」を制作発売。当時1000本売れればヒットとされたバーチャルインストゥルメント市場において初年度約3000本を売り上げ、大ヒットを記録した。

その後2006年2月17日男声バージョンVOCALOIDKAITO」を発売するも、売り上げは約500本にとどまった。なお、後述の初音ミク人気に伴い「MEIKO」「KAITO」も再評価され、特に「KAITO」に関してはニコニコ市場を通じて当初の倍以上の売れ行きが記録された。

2007年8月31日VOCALOID2エンジンを搭載した「キャラクター・ボーカル・シリーズ」の第一弾として「初音ミク」を発売。音声ライブラリデータへの声優の起用、いわゆる「萌え」を採り入れたキャラクター重視のパッケージデザインなどから注を集め、発売2週間で3000本以上を売り上げる異例のヒットを記録。インターネットを中心に、その名が一気に知られることとなる。

2007年12月3日初音ミク人気に合わせて自社製品専用コミュニティサイトPIAPROピアプロ)」を開設。CGM(消費者生成メディア)を推進する、ユーザー同士の交流の場として提供運営している。

2007年12月初音ミクを使用したユーザー作品のドワンゴミュージック・パブリシングによるJASRAC登録・着うた配信が判明し、これに関して同社と意見が対立。両者のブログで意見の応酬がおこなわれるなど、楽曲作者ユーザーを含め混乱が生じたが、最終的に、協議の上前向きに解決することで合意した。

2007年12月27日、「キャラクター・ボーカル・シリーズ」第2弾「鏡音リン・レン」を発売。2009年1月30日には第3弾「巡音ルカ」も発売されている。

豊富なジャンルソフト輸入販売だけでなく、効果音BGMサンプリングなどサウンド素材を専門に配信しているSONICWIRE運営しており、音声合成ソフト以外の利用者も少なくない。

の量販店のPOSデータを集計するサービス「BCNランキング」で、販売数1位ベンダーを表する「BCN AWARD」を2008年以降毎年受賞している(サウンド関連ソフト部門)。[1]

自社開発製品・運営サービス

※終了したサービス

削除状況

動画 詳細
【碧いうさぎ替え歌】 白いクスリ 【初音ミク】exit_nicovideo 削除理由exit(公式ブログ)

詳しい経緯は白いクスリを参照

 また、削除者が表示される前だったため、検索では見つからないが「デッドボールP」の曲を数曲削除している。公式ブログなどで削除明らかにした。詳細はデッドボールP参照。

関連チャンネル

関連商品

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *https://www.bcnaward.jp/award/section/detail/contents_type=300

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 06:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP