今注目のニュース
さすが山崎製パン! 台風19号直撃の被災者に大量の商品を寄付
上司が飲み放題つけず→自分だけ10杯 「割り勘負け」の差額を請求したい
病院の都合で個室 「差額ベッド代」は支払い不要 もし払ってしまったら?

グフフライトタイプ単語

グフフライトタイプ

掲示板をみる(28)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

グフフライトタイプとはOVA機動戦士ガンダム第08MS小隊」に登場するジオン公国軍の試作モビルスーツである。
形式番号はMS-07H8。なお、語尾の数字は良された回数を示す。デザインカトキハジメ

概要

ジオン公国軍は、地上におけるモビルスーツの航続距離の短さをするため様々な試行錯誤を繰り返していた。
ドダイYSグフを乗せて運用するという方法はその最もたる方法だが、モビルスーツそのものに飛行を持たせて航空機に頼らずとも航続距離を伸ばすという方法も考え出された。しかしジオン脅威のメカニズムと言えど一年戦争時に可変モビルスーツを作る技術はさすがにかった。そのため熱核ジェットエンジンを搭載し、大推で強引に機体を浮かせる形となった。

ジオニック社のグフベースに、飛行を獲得するため良が加えられた。飛行獲得をしたグフには形式番号に「H」が与えられた。先ずはグフ飛行試験型が合計4機が生産され、4番機が進化系のグフ飛行型となった。この機体には4回もの良が加えられ、飛行試験で優秀な成績を残すもエンジン調整が難航し、中で爆発事故を起こして機体とパイロットの命が失われた。
開発当初はサイド3で実験が行われていたが、開戦後はより実験がしやすい地上(キャリフォルニアベース)で開発が進められた。紆余曲折を経て、ようやくHシリーズ完成としてグフフライトタイプが誕生する。初代実験機から、実に8回もの修・良が加えられていた。数々の技術的課題を乗り越えて完成したグフフライトタイプであるが、完成した時期が戦争末期戦場宇宙へと移りつつあったのとコストパフォーマンスが悪かったため、少数しか生産されなかった。一説によると、機体のベースグフカスタムになっているという。修が加えられたのか、頭部などの細部が異なっている。
一年戦争時代では、一単独飛行できるモビルスーツとなった。ジオン脅威のメカニズムである。

大推で浮かせるため、脚がドムのように肥大化している。また両肩も同じように肥大化。バックパックにも大の推進器が備え付けられている。武装はグフカスタムベースにしているため、グフカスタム同様ガトリングシールドヒート剣、そして三連装35mmガトリング砲(ガトリング砲は何故か劇中では使用されていない)。ただしヒートワイヤーはオミットされている。
ヒートの中に収納されており、を取り出す時はが横に回転する仕様となっている。苦労の結晶だけあって飛行は申し分なく、ミノフスキークラフト不使用にも関わらず滞や滑が可。機体のカラーグレー
ちなみに第08MS小隊ではグフカスタムガトリングシールドを装備しているが、他の同機が装備していない事からグフフライトタイプに武装を借りた説がある。

機体の配備が始まったのはオデッサ陥落後とされている。に極東方面軍が運用し、現時点では3機のグフフライトタイプが確認できる。配備数は少ないものの、Ez-8のコクピットに形式番号が表示されていたため、既に連邦軍はグフフライトタイプの出現に気が付いていたようである。
ラサ基地に配備された機体は、ギニアス・サハリン技術少将の部下によって開発が進められたという説がある。しかしギニアスが開発を謀殺してしまった上、鹵獲機もかった事から、開発の系譜は途絶えてしまったという。

プレミアムバンダイから、グフフライトタイプのプラモデルが販売されている。が特徴的。値はるが、新規造形だけあって素組みでもかなりのクオリティを誇る。細部まできっちり作りこまれたパーツ群には製作者のすら感じさせる。
余談だがプラモデルには、アプサラスⅢを守りながら戦闘を行うグフフライトタイプの姿が描かれている。爆発の煙が見えるので連邦軍機を撃墜したようである。

サブフライトシステムに頼らず機体だけで強引に浮かせる運用法は受け継がれ、後にバイアランが誕生している。系の技術と連邦技術者タッグを組んで生まれた機体だけに、ある意味完成系と言える。

劇中では

第08MS小隊では10、11話に登場。一説によると、ギニアスがアプサラス護衛のためにサイド3からパーツ状態で輸送。ラサ基地で組み立て作業を行い、戦争末期完成したとされる。

11話ではラサ基地を包囲した地球連邦軍を攻撃するため発進したアプサラスⅢの護衛として2機が登場。その後、宇宙へと脱出する病院船ケルゲレンと合流し乗り込むもジム・スナイパー狙撃でケルゲレンごとグフフライトタイプは爆散。かろうじて脱出したグフフライトタイプ1機も狙撃され、撃破される。一発も発させずに撃墜するなんてあんまりだ。
武装したグフフライトタイプがケルゲレンに収容された事で、ケルゲレン病院船ではなくなってしまい、連邦軍の狙撃には何ら問題がいという摘がある(病院船の条件は非武装である事から)。

小説第08MS小隊ではノリス・パッカードハンスウォルターの三人が搭乗。MS言わずもがな航空機さえも狭くて飛べない涸れを通って連邦軍の防衛線を潜り抜け、部のビック・トレーを守る三重の防衛ラインに奇襲攻撃をかけた。の如き勢いで次々に連邦軍部隊を突破していくも、その途中でハンス機が被弾。ハンスはその場に残って援護を選ぶが、後に撃破された。ウォルター機はノリス機をビック・トレーに辿りつかせるため邪魔をする敵MSと切り結んだ。結果、ノリス機はビック・トレーに到達。シロー・アマダの駆るEz8に妨されるも、艦ヒートを投げつけて破壊に成功する。が、直後にEz8のビームサーベルられ撃破される。

そんなグフフライトタイプであったが、後に製作された全新作の第08小隊ショートフィルム3次元との戦い」にて再び出番を得る。 本編の8話と9話の間に当たる物語で、行軍するシローら第08小隊(エレドア不在)に対し奇襲を行った。面を滑りながら接近し、ガトリングシールドでEz-8を撃つが装甲で弾かれていた。シローに「フライタイプ!」と言われていた事から、グフフライトタイプの存在は前々から知られていた事がえる。パイロットジューコフ
山中に伏せさせたマゼラトップ装備のザクと共同で08小隊を攻撃、カレン機を沈黙させる活躍を見せる。水上を滑り、を滑しながら08小隊を翻弄。2対1と、数の上ではフライタイプが有利であった。
しかしEz-8の反撃もく、倒れたカレン機から借りた狙撃手ザクを破壊される。そこからはグフフライトタイプとEz-8の一騎打ちとなった。自慢の飛行を活かし、の上と下を行き来。シローに「三次元の戦い」を強いた。思うように反撃できないEz-8に容赦なくガトリング砲を喰らわせ、戦局を優位に進める。しかしEz-8の装甲は硬く、互いに決定打は与えられずにいた。
そんな中、ミケルが身を挺してから宙りになる事でフライタイプの動きが見切られ、マシンガン叩き込まれる。フライタイプも反撃し、Ez-8のマシンガンを破壊するがガトリングシールドも破損し、近接戦闘を強いられる。からヒートを取り出した間、Ez-8の体当たりを受けてに転落。それでもなお戦意は衰えず、ヒートを振るうが、に阻まれる。攻撃をいなすため慌てて水上を滑り出すも、没した事がとなって脚部に異常が生じ始める。そこへEz-8がビームサーベルを掲げて突撃。とっさの反撃でヒートで右肩を破壊するがコクピットを貫かれ、爆発フライタイプは撃墜された。

ゲームでの活躍

機動戦士ガンダムオンラインでは

2015年5月27日に高コスト強襲機として実装された。
その値を見たもがこう思った。「ブースト容量多すぎだろ・・・」と。
コスト帯のブースト容量はおおよそ1360~1400ほどで改造を施しても1700まで届くものはない。
かしこのグフフライトタイプの容量はジオン連邦合わせた全機体トップ1800、改造を施せば2069というまさにずっとを飛んでいられる機体となっているのだ。
また固有モジュール(特殊な効果を付与するシステム)としてジャンプが向上されており、通常の機体よりやや高い位置まで上昇することが可となっている。これにより今までたどり付けなかった場所への移動が可となっており、通常の機体とはまた違った戦術をとることができる。
ただし最高速度は同コストと同じくらいで、かつ連邦の対兵器であるCBRなどがそろっているので撃ち落とされやすいことには留意すべきだろう。

武装は一定時間チャージしてから一気に放つチャージガトリングシールドとこれと同時装備できる3連装バルカングフの名に恥じない性ヒートクラッカーっているが残念ながらバズーカやマゼラトップなどは装備できない。できたら強すぎる。

その他のゲームでは

戦場の絆にも近距離として登場。連邦パワージムと対をなす形で実装された。高いジャンプを誇り、従来の機体とはまるで違う新機軸の存在となっている。原作ではオミットされたヒートロッドを搭載しており、この武装を使いこなせるかどうかで機体の評価が分かれる。

Gジェネシリーズでは第08MS小隊出身の機体として参戦。オーバーワールドでは、機体コンセプトが似通っているからかバイアラン素材になる。アッシマー進化できる作品もあり、ティターンズ系機体への足がかりになりうる。しかし武装の乏しさから扱いづらく、使いこなすのは難しい。

一方、ギレンの野望シリーズでは一向に登場しない。飛行試験が代役を務めており、飛行試験中に爆発事故を起こした設定なのに然と飛べでいる。なんでやねん。

ガンダムvsガンダムでは、アプサラスⅢアシスト機として2機が登場。非常に性が高く、格闘ができないからとアプサラスⅢに接近したプレイヤー絶望を与えてくる。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/14(月) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/14(月) 15:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP