ソレミア単語

ソレミア

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ソレミア(Solemia)は、2008年まれのフランスの元競走馬で、現在は繁殖

GI制覇は一度だけだが、そのただ一度の勝利日本ファンの記憶にも鮮明に残るものであった。

概要

血統

Poliglote(ポリグロート)、Brooklyn's Dance(ブルックリンダンス)、Shirley Heights(シャーリーハイツ)という血統。有名ファッションブランドであるシャネルの代表を務め、としてもコタシャーンやゴルディコヴァを所有した、アレンジェラールヴェルメール兄弟の生産所有馬

ポリグロートはクリテリウム・ド・サンクルー(2歳GI)など重賞3勝、ジョッケクルブ賞(通称:ダービー)2着の実績アルゼンチンで種入りして活躍を多く出したことから注を浴びてヨーロッパに戻ってきたという経緯がある。

ブルックリンダンスGIII1勝で、繁殖としては他に重賞を2頭出している。甥に英ダービーAuthorized(オーソライズド)、伯父に種として活躍したGreen Dancer(グリーンダンサー)がおり、その他の近親にもGIが多い良血シャーリーハイツは英ダービーで、種としてもジョッケクルブ賞勝ちDarshaan(ダルシャーン)や英ダービーSlip Anchor(スリップアンカー)を出して成功している。

競走生活

フランスカルロス・ラフォン=パリアス調教師に預託され、デビュー2戦不良馬場の中6身差の圧勝で勝ち上がったソレミアだが、初めはほとんど立ったではなかった。3歳時はクラシック路線を歩まず条件戦やリステッド競走で5着→3着→2着と善戦続き(2着は古相手のものなので立ではあるが)で、9月末に行われたジュベール賞(リステッド)でようやく2勝を挙げた。重賞初出走となった10月のコンセイユドパリ賞(GII)は苦手な良馬場ながら積極的に先行するも2着に終わり、7戦2勝2着2回という言っちゃ悪いが地味な成績で2歳・3歳シーズンを終えた。

ところが4歳初戦のロードシーモア賞(リステッド)では、ソレミアが得意とする重馬場、前走での健闘、前走で先約のため騎乗出来なかった戦のオリビエ・ペリエ騎手への乗り替わりというのもあって生涯初の1番人気に支持され、その人気通り中団から抜け出すと4身差で快勝した。

ソレミアはその勢いでエドゥヴィユ賞(GIII)に出走したものの、ここでは内埒沿いを進んだところで先行していたが斜行してきて前が全にとなるという致命的な不利を受けたこともあり、2着(加の降着のため3位入線から繰り上がり)に敗退した。

次走のコリーダ賞(GII)では、前年の凱旋門賞ブービー人気ながら2着に好走したShareta(シャレータ)というこれまでの対戦相手で最も実績のあるがいたが、内を突いて鋭く伸びたソレミアを追うシャレータが群の中で一進路を失ったことも味方して、ハナ差でシャレータを振り切って勝利ヴェルメール兄弟のレーシングマネージャーからも「非常に勇敢な走り」と称賛された。

サンクルー大賞(GI)を一旦は視野に入れたもののこれを回避し、休養を挟んでポモーヌ賞(GII)に出走したが、トップハンデと重馬場ダブルパンチが祟って4着に敗戦。それもあってか、GI初出走となるヴェルメイユ賞(2400m)では、前回の対戦からここまでの間にヨークシャーオークス(英GI)を勝ったシャレータ、前年のこのレースを勝ったGalikova(ガリコヴァ)、4戦4勝の独オークスSalomina(サロミナ)などがおり、ペリエ騎手ガリコヴァに騎乗したためにクリストフ・スミヨン騎手が騎乗したソレミアはシャレータを近走で破っているというのに13頭立ての7番人気止まりだった。しかしソレミアはそんな人気に反発するように直線で鋭く伸びて3着に好走した。

この後、同じヴェルメール兄弟の所有馬だったガリコヴァがオペラ賞(GI・2000m)に向かったこともあってか、営はソレミアの次走に相手となる凱旋門賞を選択した。そしてその決断が、日本ファンの記憶に強く刻まれるレースをもたらすこととなる。

凱旋門賞

2012年凱旋門賞は、レース直前になって有が相次いで姿を消していた。

まず、前年の勝ちでこの年のキングジョージVI世&クイーンエリザベスステークス優勝していたDanedream(*デインドリーム)が滞在中のトレセンで起きた伝染性貧血騒動によって出不可能となってしまった。そして、前年のキングジョージを勝ち、この年はエクリプスステークスを勝ったNathaniel(ナサニエル)も熱発で回避し、更には前年の3着で英オークスエリザベス女王杯連覇などGI5勝のSnow Fairy(*スノーフェアリー)も屈腱炎の再発で回避してしまった。

しかしやはり舞台凱旋門賞だけに、それでも有が皆消えたわけではなかった。まず1番人気日本からやってきたスミヨン騎手騎乗の三冠馬オルフェーヴル、そして2番人気は42年ぶりの英三冠こそ逃したもののここまで6戦5勝、名手ランフランコ・デットーリが手綱を執るCamelot(キャメロット)。他にもナサニエルの全オークスGreat Heavens(グレートヘヴンズ)、ジョッケクルブ賞の勝ちSaonois(サオノワ)、前年のパリ大賞典とこの年のサンクルー大賞・ベルリン大賞を勝ったMeandre(ミアドル)、そしてシャレータという錚々たるメンバーっており、GI実績のいソレミアは多少なりとも応援票で他より人気が上がりそうな地元フランスでさえ単勝42倍の12番人気(18頭立て)止まりだった。

再びペリエ騎手上に戻ったソレミアはスタートが切られると不良馬場の中で果敢に先行し、ペースメーカーマークするように進んだ。そして4コーナーペースメーカーを交わし、々と先頭に立つ。同じような位置で先行していたグレートヘヴンズも失速し、他の後続勢も手応えが悪く、ソレミアがじわじわ独走になるかと思ったところで、1頭だけ違う手応えで突き抜けていくがいた。オルフェーヴルである。

残り300m地点で快に先頭に立ち、そのまま差を広げるオルフェーヴルだったが、しかし気性の悪さか内に刺さっていく。それを見て好機と思ったのはっていたソレミアである。ペリエ騎手はステッキで必死励を飛ばし、ソレミアはそれに応えて3番手以下を突き放しながらオルフェーヴルに食らいついていく。

……そして、2頭が3着以下を7身離してゴールを通過した時。
僅かにクビの差だけ前に出ていたのは、ペリエ騎手とソレミアであった。

レース後、ペリエ騎手は「入着できるかもしれないとは思っても、正直なところ勝てるとは思っていなかった。でも、これは真剣勝負だった」とった。
オルフェーヴルを管理した池江泰寿師の・泰郎師がディープインパクトを遠征させた際に滞在していたのがソレミアを管理するパリアス厩舎であったのは、何たる皮であろうか。

その後

さて、ソレミアは続けてジャパンカップに参戦。対戦相手にはオルフェーヴル三冠ジェンティルドンナ香港クイーンエリザベスIIカップを勝ったルーラーシップダービー天皇賞(秋)2着の3歳フェノーメノ、更にエイシンフラッシュトーセンジョーダンローズキングダムジャガーメイルといった内GIが中心となり、7番人気のソレミアは5頭の海外勢の中で最上位の人気となった。ちなみに調整中は日本ニンジンリンゴを気に入って喜んで食べていたというちょっと可らしい逸話もある。

しかし生憎レース当日は快晴で、重馬場の方がいいソレミアにとっては極めて不利な条件となる良馬場のコンディションでレースが行われ、ソレミアはジェンティルドンナオルフェーヴル(物理)か後ろで13着に敗退。これを最後に引退した。

その後はイギリスで繁殖入りし、現在のところ2頭の産駒が競走馬としてデビューしている。まだ引退からさほど時間が経っていないこともあり産駒の大レース制覇はないが、の名を更に高める偉大な産駒を輩出することはできるだろうか。

血統表

Poliglote
1992 鹿
Sadler's Wells
198鹿
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
Alexandrie
1980 鹿
Val de l'Orne Val de Loir
Aglae
Apachee Sir Gaylord
Americaine
Brooklyn's Dance
1988 鹿
FNo.16-c
Shirley Heights
197鹿
Mill Reef Never Bend
Milan Mill
Hardiemma *ハーディカヌート
Hardicanute
Grand Cross
Vallee Dansante
198鹿
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Green Valley Val de Loir
Sly Pola

クロス:Northern Dancer 3×4(18.75%)、Val de Loir 4×4(12.5%)、Lalun 5×5(6.25%)

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/18(月) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/18(月) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP