少女少年 単語

24件

ショウジョショウネン

7.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

『少女少年』(しょうじょしょうねん)とは、後に休刊となった小学館の学年雑誌「小学五年生」と「小学六年生」を中心に連載されている、シリーズ漫画作品である。 単行本化もされており、学年雑誌で連載された7作は「てんとう虫コミックススペシャル」に、残りの2作は「ちゃおコミックス」にそれぞれ分類される。

作者は、アニメ化もした『水色時代』や小学館漫画賞(児童向け部門)を受賞したエロ漫画ないしょのつぼみ』で有名なやぶうち優である。

概要

1997年4月号の「小学六年生」で連載開始、以降ほぼ年度ごとの区切りで1作品ずつ発表し、2003年2月号の「小学六年生」を以って学年雑誌での連載が終了…というよりは一先ず了した。 「ちゃおデラックス」で不定期連載された作品を含めて全8作品であり、当時におけるやぶうち優作品の最長シリーズであった。

連載された作品全てに共通するのは、女装した小学生男の子が軸となる物語であることで、8作を除いて「主人公男の子女装の状態で芸能界で活動する」ということも共通する。 また、学年雑誌での7年間は、1年ごとにストーリーや登場人物がほぼ入れ替わる面倒臭さ大変さであるが、これは年度ごとに読者が総入れ替えになる学年誌の特徴を考慮しているためと推測される。(『ポケットモンスターSPECIAL』は新規読者置いてきぼりでそんなんじゃなかったけど。)

元々は「ちゃお」での連載を念頭に、シリーズ初代の連載の10年前に構想されていたが、同誌編集部の方針転換で男性主人公が不可となったために、「ちゃお」での連載を断念したという。 その後、1996年作者の代表作である『水色時代』のアニメ化に合わせて、「小学六年生」掲載の番外編を執筆した事から同雑誌編集部との繋がりが出来、10年の時を経てついに連載開始となった。

そして2012年、「ちゃお4月号で男性主人公不可は変わらぬものの、シリーズ連載開始となった。

各作品のあらすじ

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

少女少年

ある日、同い年の人気女性アイドルである青野るりの曲をカラオケセットで唄っていた少年みずき あきら)。 その綺麗な高音とルックスによりから「どーせなら」理やり女装され、しかしノリノリでそのままカラオケを唄うことに。

その歌に惹かれ、偶然にも外から観ていた、とある芸能事務所の関係者である崎ツトムは彼の才を見出すものの、女装しているとは気づかないままに押しかけて、晶を「女性アイドル」としてスカウトしてしまう。 後で男だと知って落ち込む崎だが、彼が勤める事務所は、るりに匹敵するアイドルを売り出さなければ潰れてしまう状態であった。

があると観た晶を捨てきれない彼は、なんと「女装して女性アイドルとしてデビュー」することを晶に提案。 渋る晶であったが、るりのファンであることを見透かされたのか、「るりちゃんに会えるのに…」という崎の釣り文句にまんまと釣られる形でその案をむことに。

…しかし、これが伝説の始まりになろうとは、この場にいた3人のもが知る由もなかった。

少女少年II -KAZUKI-

外見から少女によく間違えられる少年河一(ほしかわ かずき)。

ある日を歩いていると、とある芸能プロダクションの関係者である崎ツトムに、ある映画子役オーディションを受けてみないかとスカウトされる。 その理由が、その映画役である女優大空遥(おおぞら はるか)に一がそっくりであるからだという。

思わぬ話に浮かれていた一は、帰宅後さっそく父親に相談するが、その映画の資料をにしつつ、スカウトされた時の話を聞いて、父親の表情が曇る父親は一に、突然あることを告げる。

父さんは、お前の本当の父さんじゃない…!」

実は、一の実の息子であり、父親は理由あってその事を隠さねばならなくなったの元マネージャーであった。 彼は「大空遥マネージャーとしての最後の仕事」として、一を引き取る事を決心し、育ての父親となった。 そして今、成長した一母さん)をまないでやってくれ」とこれまでの経緯を話したのだった。

しかし、話を聴いても納得のいかない一は、相を確かめるべくそのオーディションに受けることを決意したが、そのオーディション女の子だけが参加可で、一崎に女の子と間違えられてスカウトされたことに気付く。

それでも、父さんが言った話が本当なのか…?」という思いで、一は押し切る形で崎の協を得て、女の子としてオーディションに臨むのであった。

少女少年III -YUZUKI-

香川県丸亀市のとあるに住む少年柚季たちばな ゆずき)は、毎回二人のたちにイタズラされてしまうことが悩みの種だった。

彼にはちょっとした野望があった。それはテレビで放映されている『発掘!タレントオーディション』という素人オーディション番組に出演して、うまくいけば東京芸能活動をしつつ有名(スター)になることで、たちからのイタズラから解放されることだった。 その話を柚季から聴かされた、学校内の一の同級生幼馴染佐倉ちよ子からゆずきスター?そんな女みたいな顔で…ムリよ」と笑われるが、柚季の意思は固かった。

だが、後にたちからオーディションの話がバレてしまい、何も知らぬまま性別を女に書き換えられてしまった応募書類を出してしまったが、なんと書類審に通ってしまった。

オーディション本番、某男性ヒップホップダンスボーカルユニットの唄を歌うつもりだったが、急遽自分のの特徴に合わせて女性歌手白川みずきの曲で勝負し、見事合格した。 そして彼はここで初めて、自分が女の子のみのオーディションを受けていたことにようやく気づき、その後丸に帰って相を知ると愕然とした。

だが彼は、このチャンスを得たことでこれ以上たちからの邪魔が入らないと確信し、女として芸能活動をやっていくことを決意した。 …同時にそれは、長年の付き合いであるちよ子との辛い別れを選択したことをも意味するのであった。

少女少年IV -TSUGUMI-

「世の中には女のほうが何かと得なことが、いっぱいあるんだよ!」という理由で、普段から女装することが多い少年原允(しろはら みつる)。

普段は幼馴染美少年である大嵩(おおたか せっか)と共に、ビックリマンシール収集に熱心であるのだが、いざ女装する際はどこからどうみても美少女にしか観えない美女少年変身する。 なお、火からはあのような理由でわざわざ女装することについて理解してもらえていない。

ある日、女と間違えられて女の子タレント専門の芸能事務所の関係者である崎ツトムスカウトされかけられるが、允は崎を変質者と勘違いしてその場からすぐさま立ち去るものの、その時崎に女装していたことがばれてしまう。 しかし後日、崎本人からアプローチされてめてスカウトされる。 だが、それは女装して、女の子として芸能活動やってみる気、ない?」という条件付きであった。

どのみちバレたら格好悪いと思った允だが、崎から「ひとで『売れる!』ってビシバシ感じた」と言われ、さらに決まり文句として「ホント、キミなら上手くいけば億単位で稼げるよ」とまで言われる。 「(売れれば)ビックリマンチョコ100万個以上買える…!」と思った允は、まんまと崎の口に乗ってしまった形で、女装して、女の子として芸能界入りすることを決意した。

…しかしこの選択が、後々もっと自分の首を絞めることになるなどと、允は思いもしなかったのだった。

少女少年V -MINORI-

女顔であることにコンプレックスを感じている少年田稔(まきた みのる)は、ある日クラスメートの女の子である植原(うえはら あかね)のであり、人気タレント植原(うえはら しのぶ)が久々に帰ってくることを聴きつけ、に会わせてもらう為にと一緒に彼女たちのに向かっていた。 ただ、植原は基本的に男子禁制(身内以外の男は出入り禁止)であったために、稔は端の途中で女の子の格好にされてしまう破に。

しかしそのの帰宅は、実は帰ってきたを強引に芸能デビューさせ、「植原デビュー」という記事にしようとする、芸能事務所社長である彼女たちの父親の計画の手の内であった。 さらにとの差別化を計ろうと、その父親にあこがれて伸ばしていたの長い理やり切ってしまう。 一方、べられてしまうのを恐れてタレントになんかなりたくない!」という思いを稔に打ち明ける。

稔はそんなを救おうと、この状況を逆手にとって、半ば強引に「女の子二人組」としてデビューすることにした。 稔はこうした理由を、時期がきたら業界をぶち壊すつもりで父親に一泡吹かせるためだと、に説明した。 その作戦に納得のいかなかっただが、稔が自身のためにやってくれたことであると受け止めた。

だが、稔にはこの選択を取った理由が他にもあることを、がまだ知ることはなかった…。

少女少年VI -NOZOMI-

ある日、同級生幼馴染少女である児玉なすの買い物をしていた少年谷川たにがわ ひかる)は、自身と二つの「少年」にぶつかって遭遇する。

たちはその後、芸能事務所の関係者である崎ツトムと出会い、前に遭遇したその「少年」だと思い込まれたは強引にもグラビアの現場に連れて行かれる。 後にその「少年」でないと誤解は解けるが、スタイリスト小町さんから「もう撮まで時間がないですよ…!」と言われ悩んだ末に出した崎の結論…それは、二つのを身代わりとして撮に参加してもらうことだった。

そしては、遭遇した「少年」の話を聴いて驚愕する。「少年」は男ではなく女で、U-15アイドルの中でもトップクラスアイドルである青葉のぞみであった。彼女仕事を抜け出す際は、必ず男装するのがお決まりであった。

そんなこんなで、普段ののぞみ二つの女装姿にされたは、初めてで且つ不慣れなグラビアの撮に途惑うも、なんとか乗り切ってみせ、崎からその才を見出される。 そういうこともあって、以降度々サボのぞみの代役を、嫌々ながらも、だがちょっとずつではあるがノリノリで、は引き受けることを決めた。

かしこのことが、後にとんでもない事態を招くことになるなど、は思いもしなかったのであった。

少女少年VII -CHIAKI-

通学先の演劇部に所属する少年十河太一(とがわ たいち)は、「アニメ声」と言われるぐらいのボーイソプラノと女顔であることにコンプレックスを感じていた。 (ちなみにイメージとしてなのか、作中に某ハムスターアニメキャラクターが描かれているが、このことについて作者から何も言及はされていない。)

太一はあることを的に芸能界入りしようと演劇に取り組んでいるが、番組のオーディションに落ちたりしている。 逆に同じオーディションを受けた友の京極(きょうごく しゅん)は合格し、芸能デビューを果たしている。

そんな中、太一にあるチャンスが訪れた。演劇部演する白雪姫テレビ番組紹介コーナーで偶然にも知った芸能事務所プロダツク」の崎ツトムは、白雪姫役を小学生釘付けとなり、だが演じているのが女の子であると自ら思い込んでしまったまま、スカウトしに行った。

そして崎は、白雪姫を演じたのが男の子である事実に気づかされて落ち込むが、直後に気を取り直して…というよりは開き直ったような形で、めて太一に「その『』を生かして、声優になる気ない!?と持ちかけ、スカウトを試みた。 「声優」としてスカウトされることを思ってもいなかった太一だが、的を果たすための手段としてコンプレックスを感じていた自分のを逆に生かすために、「声優」として芸能界入りすることを決意した。

だが後に、崎の策略による「女の子として」のデビューが待ち構えていようなどと、このとき太一は思ってもいないのであった。

~少女少年~ GO!GO!ICHIGO

小学5年生の女の子である宮坂(みやさか あんず)は、ある日隣に引っ越してきた、幼稚園の時に一緒に遊んでいたいちご(あきひめ いちご)と再会した。 再会するや否や、フレンドリーに接してくる美少女いちごだが、全く覚えていない「…こんな可愛い子、幼稚園の時居たっけ?」と思いつつ、反面、心の何処かに、何か引っかかるものを感じていた。

その翌日、いちご転校生としてのいるクラスに転入した一方で、は前日に幼稚園アルバムを観て、いちごが通っていた幼稚園にいたことを確認したが、未だに何かモヤモヤしたものがあった。

そして1時間の体育…更衣室でいちごと一緒に着替えだが、ここでようやくあることを思い出した。

「う~ん、昔は何て呼んでたんだろ…。いちご…、いち…ご…、一(いち)…、一(いち)…期(ご)!」

全に思い出したは、いちご相を確かめるべく話しかけたが、更衣室にいる他の皆に聴かれるわけには行かなかったのか、いちごを別の所へ颯爽と連れて行った。

全に思い出したこと…それは、「章いちご」こと、一期(あきひめ いちご)は、実は男の子だったのだ。

は一期に、男なのに女の成りをしていることを摘するが、一期はノープロレムボク、身体は男だけど、心は女の子なんだ!」と言ってのけた。 その発言にますます放っておけなくなっただが、一期はボクはただ、自分に正直に生きているだけで、周りの皆もボクのこと女の子だって思ってる、それでいーじゃん」と楽観気味であった。

逆には一期から、もし男だという事実バラしたら、片思いの相手に、ガキ大将だったという過去バラすと言われ、そのまま弱みとして握られてしまった。

気づけば思わぬ事態に巻き込まれていた。 一期との関係は、今後どうなってしまうのであろうか…。

~少女少年~ ドーリィ♪カノン

参照→「ドーリィ♪カノン

少女少年0話

『少女少年0話』あらすじ

大山千里は、スポーツ自称する女装好きな中学2年生。

ある日、通学先の文化祭で行われたミスコンテスト女装姿で参加し、なんとグランプリを受賞してしまった。 そのミスコンテストがきっかけで、芸能事務所スカトマンである(まがり)という男に才を見出されて、初めは男とは知られずにスカウトされる。

後に千里は曲の強引さもあって、女装して、女性アイドルとして芸能デビューすることになるが…。

別冊少女少年

作者本人が発行した同人誌。一部作品の裏設定とかが明かされているので、観かけたらチェックしてみるべし。

こぼれ話

関連商品

関連動画

少女少年 -MAKOTO-

ゆき☆P製作した、アイドルマスターキャラクターを用いて『III』のストーリーをほぼなぞった二次創作
原作者も実際に視聴していたことが後に発覚exitゆき☆Pは一躍時の人となる。

当作品の公式サイトexitもあるので、是非閲覧してみよう。

少女少年 -Len-

ゆき☆P作品の『少女少年 -MAKOTO-』から丁度1年前に投稿された二次創作
レンの担当声優リンと同じなので、ピッチを高めにいじってもあまり違和感い…と思う。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP