今注目のニュース
人道支援の医師はなぜ狙撃されたのか
「赤ちゃんプレイ」を求め、障がい者になりすました男を逮捕 卑劣極まりない行為に怒りの声殺到
2019年できなかったこと、1位は「貯蓄」――「進学の費用がかさみ、家庭が火の車に」「シフトの量を減らしすぎた」

辻内崇伸単語

ツジウチタカノブ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(37)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

辻内崇伸とは、日本の元プロ野球選手投手)である。

概要

OB
辻内崇伸
基本情報
出身地 奈良県川西
生年 1987年12月5日
身長
体重
185 cm
88 kg
選手情報
投球・打撃 左投左打
守備位置 投手
プロ入り 2005年 ドラフト1巡
引退 2013年
経歴
選手歴
プロ野球選手テンプレート

最速156km/hの剛速球を武器に甲子園を沸かせた左腕投手。同世代の中でもトップクラスの逸材と評され、2球団競合の末にドラフト1位読売ジャイアンツに入団。

ところがプロ入り後は度重なる肩肘の故障に苦しめられ、在籍8シーズンのうち半分の4シーズンを丸々リハビリに費やすなど精を欠いた。2013年戦力外通告を受け、2013年シーズン限り引退を表明。

経歴

甲子園のスター

1987年奈良県生まれ。小学1年生の頃から野球を始め、中学時代に投手へと転向した。2003年4月大阪野球名門校・大阪桐蔭高校に進学する。

1年の選抜では出番がなかったが、2年になるとエースに抜される。は府大会決勝まで駒を進めるも、延長引き分け再試合の末にPL学園敗北は府大会4回戦敗退に終わり、2年時も甲子園とは縁がなかった。ただ既に最高球速150km/hをえており、剛腕投手として将来を嘱望されていた。

そして3年の、ついに甲子園のマウンドに立った内は1回戦でいきなり内左腕最速となる156km/h(甲子園球速表示は152km/h)を記録。続く2回戦では大会タイ記録(当時[1])の19奪三振を挙げ、一躍甲子園スターへと上り詰めた。続く2試合でも勝利を収めたが、準決勝で田中将大(2年)擁する駒大苫小牧に敗れた。

9月に行われたAAAアジア選手権大会では日本代表メンバーに選ばれ、3試合に先発して3勝・防御率1.08の好成績を残した。ただこの大会では初日に6イニング、2日に9イニング投、中1日けて4日に10イニング投とかなり過酷な起用をされており[2]、これがプロ入り後の故障に繋がったのではないかと摘するもある。

ドラフト指名

「剛速球が武器のノーコン左腕」というハイリスクハイリターン属性から当初の想定より名球団は減ったものの、同年のドラフト戦線における玉選手の一人として注を集め、読売ジャイアンツオリックス・バファローズが共に1巡名。

抽選後に誤ってオリックスの交渉権獲得が伝えられた際の強った表情と、交渉権獲得は巨人と訂正された際に浮かべた満面の笑みは後々までとなった。当人によると子供の頃から巨人ファンだったとのこと。巨人高卒新人としては松井秀喜以来となる契約1億円(推定)で入団に合意、背番号は「15」が与えられた。

プロ人生前半

1年は肩痛を発症したこともあり、シーズンを通して二軍暮らしに甘んじた。二軍戦でも通用したとは言い難い内容で、特に53.2イニングで39四球(与四球率6.54)というノーコンぶりは大きな課題とされた。

2年になると今度は肘痛を発症。こちらは靭帯損傷で手術が必要なレベルだったため、19歳の若さで肘にメスを入れることになった。この年と翌年はリハビリのため一軍はおろか二軍のマウンドにも登れず、2008年オフには背番号を「15」から「39」に格下げされてしまった。

高卒組とは言えそろそろ実績が欲しくなる4年2009年、ようやく実戦登板途が立った内は二軍先発ローテーション入りを果たすと、自己最多となる77イニングを投げて7勝をマーク。43四球・7暴投とノーコンは相変わらずだったものの、防御率も2.69と十分見られる数字に収まり、翌年以降の飛躍を期待させる一年となった。

プロ人生後半

ところが翌2010年は故障が再発したか二軍でもわずか3試合の登板に留まり、当然ながら一軍昇格はお預けに。同年オフには背番号が「98」と更に大きくなった。翌年も肩痛の再発などに苦しめられて3年ぶり3度二軍公式戦出場なしという結果に終わり、内のプロ生命はいよいよ前の火となった。

背水の陣で迎えた2012年、初めて一軍オープン戦出場のチャンスを掴んだ内だったが、1回を2安打1失点と物足りない結果に終わり、開幕一軍は逃してしまう。それでもめげることなくリリーフとして二軍で好投を続け、ついに8月16日プロ7年にして初の一軍登録を果たす。

ところが昇格後の巨人は終盤まで僅差でもつれる試合が相次ぎ、内を登板させるような余裕は訪れなかった。結局8月22日付で二軍降格を命じられ、この年も一軍出場ゼロに終わった。それでも故障せずに一年間投げ抜いたことを評価されて再契約を勝ち取り、年末には一般人女性結婚するなど、それなりに充実した一年となった。

だが翌2013年はまたもや肘痛が再発。遊離軟の除去手術を受けることになり、々と戦線離脱を余儀なくされる。8月末に行われた帝京大学との練習試合でようやく実戦復帰を果たしたが、球速120km/h台まで落ち込んでおり、かつて150km/h台を連発して甲子園を沸かせたスターの面影はもうどこにも残っていなかった。

2013年10月1日、球団から戦力外通告を受け、現役引退を表明。TBS系列ドキュメンタリー番組の『クビを宣告された男達』にも出演し、不動産関係の営業職をめざし就職活動を始めると話した。

しかし、日本女子プロ野球リーグから導者就任への打診を受けたことをきっかけに、2014年からイースト・アストライアコーチに就任することとなった。

辻内世代

内と同学年(1987年度生まれ)の世代はプロ入り前の評価が高かった選手が多く、特に内および同僚の平田良介中日ドラゴンズ1位)、履正社T-岡田オリックス1位)、近大附属の鶴直人阪神タイガース1位)の4人は「浪速の四天王」「大阪四天王」と呼ばれていた。内はその中でも筆頭格とみなされ、この世代は彼の名前を取って「内世代」と呼ばれるようになった。

このうちT-岡田2010年パ・リーグ本塁打王となり、平田2011年から3年連続2桁本塁打の活躍でレギュラーに定着。中継ぎ投手として一定の実績を残している。また四天王以外にも大和阪神)、山口俊横浜ベイスターズ)、村中恭兵川端慎吾東京ヤクルトスワローズ)、片山博視銀次東北楽天ゴールデンイーグルス)、角中勝也千葉ロッテマリーンズ)、炭谷銀仁朗野上亮磨埼玉西武ライオンズ)など、チームを代表するとまでは言えないものの、レギュラーやローテーション・リリーフの一を占める選手を多く輩出している。

ただ残念なことに、高校時代に最も評価の高かった内はこれといった成績を残せないまま現役を退くことになった。現時点では圧倒的に突出した選手がいないため、今後世代の筆頭名を引き継ぐのがになるかは不明である。

関連動画

高校時代

プロ時代

その他

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *現在の記録は2012年松井裕樹が記録した22奪三振
  2. *なお代表メンバーには内の他に田中片山博視(現楽天)・山口俊(現横浜)など6投手がエントリーしていたが、結局総イニング数の7割を内が一人で受け持つことになった。

掲示板

  • 35ななしのよっしん

    2015/11/12(木) 04:02:15 ID: 5gr2/Y+n+5

    高校時代相当やってたのは確かだろうな。高校野球エースが3年で使いつぶされてプロに入ってから故障連続とかよく聞く話だし

  • 36削除しました

    削除しました ID: URS+SpEH8l

    削除しました

  • 37ななしのよっしん

    2019/03/12(火) 17:02:45 ID: 8AvICGut4d

    >>11
    そろそろ聞こうか
    この世代、どうだった?

急上昇ワード

最終更新:2019/12/06(金) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/06(金) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP