単語記事: 自動車製造会社一覧

編集
今週のおすすめ この記事は第386回の今週のオススメ記事に選ばれました!
よりニコニコできるような記事に編集していきましょう。

自動車製造会社(メーカー)及びブランド一覧です。
大百科にある記事は追加してね!
種は各ブランドの記事か一覧を参照してね!
ブランドの記事か一覧リンクが有る種、もしくは記事の種は載せないでね!
記事と種記事が両方存在しないメーカーブランドは追加しないでね!
販に至らなかったメーカー走行が出来ない車両を生産するメーカーを試験的に掲載しています。
バイクのみのメーカーブランドを試験的に掲載。判別の為「い太字」で警告。
記述の削除企業名の断変更は御遠慮下さい。現在、一部編集者削除・編集を繰り返している複数の記述の内、バイク記載の是非について票決が提案されています。

国内メーカー・ブランド

内の自動車メーカー及びブランド一覧です。

アキュラ

本田技研が展開する海外向けの高級ブランド。ちなみに日本メーカーで初の海外向けブランドで、レクサスインフィニティよりも先輩
内展開は行っていないが、便宜上日本ブランドとして扱う。

アンフィニ

かつて存在したマツダの乗用ブランドRX-7も一時期ここから発売されていた。独立したブランドと見做されていない場合もあるが、基準が曖昧な為独立したブランドとする。

いすゞ自動車株式会社

『運ぶ』を支え、環境未来を拓く
内で初のディーゼルエンジン製作等、時代を先取りする傾向が良くある事で有名。
現在トラックを中心に展開しており、海外で人気を得ている。

オートザム

かつて存在したマツダ軽自動車を中心としたブランド独立したブランドと見做されていない場合もあるが、基準が曖昧な為独立したブランドとする。

株式会社オートバックス・スポーツカー研究所

自動車用品店、オートバックスの経営で知られるオートバックスセブン下の研究機関
スポーツカーガライヤの販をしていたが、残念ながら実現する事はかった。

株式会社光岡自動車

小さな工場には、夢がある
日本で10番自動車メーカー、小規模メーカーならではの個性的なデザインが特徴。

川崎重工業株式会社

総合産業機械メーカーバイクが有名だが過去には重機も手掛けており、乗用ではないものの現在も四輪も手掛けている。
バイク、四輪メーカーとしての詳細は下記、販売会社の記事を参照。

サイオン

トヨタ自動車の北向けブランドレクサスとは異なり、若者(団塊ジュニア)向けとなっている。
内展開は行っていないが、便宜上日本ブランドとして扱う。

ジオット

かつて存在した自動車メーカー。残念ながら販には至っていない。

スズキ株式会社

小さな、大きな未来
自動車バイクの製造メーカー。他社とは同じ事をしたくない為、個性的な種を度々輩出。内のシェアも去ることながら、新でも人気を誇る。

ダイハツ工業株式会社

もっと軽にできること。
トヨタ下。軽自動車を作らないトヨタに代わり、軽自動車製造にいて内最大手を担うメーカーである。カクカクシカジカ

トヨタ自動車株式会社

"FUN TO DRIVE,AGAIN."
内、そして世界最大手の自動車メーカー。一時期、並のしか作らないとか言われていた。安全性と乗り心地、信頼性を追求する傾向にある。

トヨタ車体株式会社

トヨタ自動車子会社原動機付自転車(ミニカー)とは言え一応自動車メーカーなのだが、名前がほぼ同じなため親会社と混同されがち。

トヨペット

トヨタ自動車の前身、トヨタ自動車工業株式会社ブランド現在も販売店にその名を残す。

富士重工業株式会社

自動車ブランドスバルを有する重工業メーカー。筆頭トヨタだが、今のところメーカーではない。
2017年より会社名を株式会社SUBARUに変更する予定。

ホープスター

ホープ自動車株式会社が保有していたブランド自動車事業から撤退した事により消滅した。

本田技研工業株式会社

"The Power of Dreams"
総合的に乗り物機械を作っている。NAエンジン拘りがあり、だけがではない!

マツダ株式会社

"ZOOM-ZOOM"
世界一、ロータリーエンジンを製造する。個性的でスポーティを作り続ける、異色を放つ広島

三菱重工業株式会社

大手機械メーカーエンジンのほか、自衛隊の特殊車両などを製造する。

三菱ふそうトラック・バス株式会社

ダイムラー下。同グループ内ではアジアを中心に展開している。一般向けのトラックバスの他、防衛省トラックも手がける。

ヤマハ発動機株式会社

バイクを中心とした総合発動機メーカー
販には至らなかったものの、スポーツカーを開発し販売しようとしていた。現在も四輪バギーを製造している。

ヤンマー株式会社

ヤンマーホールディングス株式会社下の農機メーカー。かつては軽トラックを開発した事も有り、この車両軽自動車初にして一のディーゼルである。

UDトラックス

トラックメーカー。かつては「日産ディーゼル工業」という名前で、文字通り日産自動車子会社であったが、現在ボルボ下である。

ユーノス

かつて存在したマツダプレミアムブランド独立したブランドと見做されていない場合もあるが、基準が曖昧な為ブランドとする。

レクサス

"AMAZING IN MOTION"
トヨタ自動車の高級ブランド。このブランド内に投入される前は同じトヨタブランドで売っていた。

アメリカのメーカー・ブランド

アメリカ自動車メーカー及びブランド一覧です。

シャパラル

レーシングカーメーカー1960年代にサイドラジエーター、セミATダウンフォースを得る為のウイング等、当時では予想の斜め上をかっ飛ぶ発想で数々のレーシングカーを作り出し、現在に至る自動車レースカーテクノロジーの礎を築いた偉大な企業

クライスラー

アメリカビックスリーの一だったメーカー
フィアットクライスラーの設立に伴い、現在は社名をFCA USに変更し、クライスラーは高級志向のブランドとして残る。

デロリアン

かつてGMの副社長であったデロリアン氏が自らの理想のクルマを作るため、GMを離れて立ち上げたメーカー一生産していた「DMC-12」は映画バック・トゥ・ザ・フューチャー」のタイムマシンとして非常に有名。

GMC

ゼネラルモーターズの商用およびSUVを担うブランド

ゼネラルモーターズ

アメリカビッグ3の一2007年まで約77年間販売台数世界一を誇っていた。

ハーレーダビッドソン

バイクメーカー。大バイクの筆頭格として知られる他、三輪の製造も手掛ける。

ジープ

フィアットクライスラー下、FCA USのSUVブランド。軍用の元祖クロカを起としており、SUVの原点でもある。

プリムス

ダイムラークライスラー下のエントリーカー部門。クーダなど名を生み出したが、晩年は三菱自動車など他メーカーOEM生産が中心であった。

ポンティアック

GMブランド。お手頃スポーツカーで若者をターゲットとしていたが、シボレーが大衆からスポーツ路線に変更した煽りで姿を消すことに。ファイアバード及びその最上モデルトランザム」が有名。

セグウェイ

電動二輪車メーカー日本では一応バイク扱い。過去に四輪版セグウェイを試作している。

SRT

FCA US下。Street and Racing Technologyの略称。 一時期バイパーSRT名義で販売していたが、2年程でブランド止、ダッジに統合された。

テレフギア

飛ぶ」を製造するメーカー。彼らはと言いるが、実際には陸両用の軽飛行機

ヘンディー・マニュファクチャリング・カンパニー

バイクメーカーです
アメリカにかつて存在したバイクメーカー

マリン・タービン・テクノロジー

バイクメーカーです
機械メーカーヘリコプターにも用いられるターボシャフトエンジンを搭載した化け物を開発し、販した。

ドイツのメーカー・ブランド

ドイツ自動車メーカー及びブランド一覧です。

アルピナ

BMWベースチューニングカーを製造・販売するメーカー日本でならチューナーと呼ばれる立ち位置だが、ドイツでは自動車メーカーとして認められている。「控えめは美徳」をモットーとしたクルマづくりに少数精鋭で挑む。

アウディ

Vorsprung durch Technik
(「技術による先進」)
フォルクスワーゲン下。スローガンの通り、先進的な技術を多く導入する。4WDに定評があり、「クワトロ」が有名。

BMW

Freude am Fahren”(「駆け抜ける喜び」)
ドイツ最大手の高級メーカー
バイク部門の変態独自性は乗用以上に有名。

ダイムラー

メルセデス・ベンツなどを擁するグループトラック最大手のメーカーであり、バス、バンさらには融業まで手掛けている一大企業

フォード・ヨーロッパ

フォード欧州部門。北とは全く性格の異なるブランドとなっている。エスコート等の本とは一線を画するも出たが、現在は本との統一が進む。

マン

フォルクスワーゲン下の自動車メーカー。商用を手掛けている。

メルセデス・ベンツ

The best or nothing
ダイムラーの乗用ブランド日本では高級イメージが強いが、商用や大衆も作っている。

MINI

BMWブランド。元々はイギリスの小乗用の名称であったが、BMWが買収しブランド化。現MINI英国か、それともドイツかは議論の種。

オペル

Wir leben autos”(「に生きる」)
ゼネラルモーターズ下の自動車メーカー、同社の欧州部門。

ポルシェ

スポーツカー、レーシングカー専門メーカーVW設立に携ったフェルディナントポルシェが理想のを作るため設立。RRを今も貫く稀有なメーカーレースでは圧倒的なを見せる。

RUF

ポルシェ・911を中心としたチューニングカーを製造・販売するメーカー日本では一般的にチューナーと呼ばれる立ち位置だが、ドイツでは自動車メーカーとして認められている。ゲンバラとはライバル関係。レースゲーで知っている人も多いのでは?

Smart

Open your mind
ダイムラーの小ブランドスイス時計会社、スウォッチと共同で設立。

VEBザクセンリンク

ドイツドイツでも旧東ドイツ自動車メーカー社会主義の遺産的な価値はある。アウディとはある意味生き別れの兄弟

フォルクスワーゲン

"Das Auto"(「」)
ドイツ最大手の自動車メーカー、元はナチス政権の企業だった。アウディポルシェを擁し、技術は並々ならぬものがある。名前の通り、大衆が中心。ディーゼル不正問題で絶賛炎上中。

MZモトラッド

バイクメーカーです
バイクメーカー。旧東ドイツ出身だが2000年代終盤まで生き残る。その後再建され社名をモトレンヴェルケ・チョーパウに変更した。

イギリスのメーカー・ブランド

イギリス自動車メーカー及びブランド一覧です。

ブリストル

レトロな外見でパワフルな中身のを高級として販売している英国面溢れるメーカー

ブリティッシュ・レイランド

かつて存在した会社。英国自動車産業並びに重工業が長く低迷した元とされる。rubbish

ケータハム

ロータスから譲り受けた「セブン」の製造・販売を専門とする。速さ軽自動車並みの軽さを兼ねえている。

デイムラー

イギリス初の王室御料を製造したメーカー現在ジャガーが名前を保有するが、冬眠状態。名前のりが同じダイムラーとは最初期にはエンジン関係で縁があった。

ジャガー

タタ・モーターズ下、ジャガーランドローバーの高級ブランド。「ベントレーよりも美しく、安く」を信条とする。

ランドローバー

タタ・モーターズ下、ジャガーランドローバー四輪駆動ブランド。元々別の会社だったジャガーと統合される。

モーリス

元々ウィリアム・モーリス自転車製造会社として創業した自動車メーカー1938年の合併によりブランドとなる。

パラジェット

ラグライダーファンくっつけてを飛ぶアレメーカー。同様のことをで行い、飛ぶを製造した。

リライアント

かつて存在したメーカー。四輪も製造していたが、それ以上に三輪ロビン」が有名。

SSCプログラム

社名のSSCSuper Sonic Carの略。世界速記立の為に活動する「企業」である。
同じSSC略称で知られるシェルビー・スーパーカーズとは特に関係はない。

TVR

スポーツカーくて軽ければそれで良しを地で行くメーカー。そのモットーの通り、軽くてハイパワーだが、ABSなどの電子デバイスが搭載されていないという英国面っぷり。

トライアンフ

バイク製造会社、ブランド。買収された後買収先が倒産し、放出されたブランドを買収した事業によって再建された。旧トライアンフ自動車も製造しており、分社化の末BMWが保有している。

イタリアのメーカー・ブランド

イタリア自動車メーカー及びブランド一覧です。

アルファロメオ

FCA Italy下、歴史と伝統を重んじたスタイリッシュデザインが特徴。壊れやすい?気にするな

ベルトーネ

元はデザイン会社であったが、1960年代に製造部門を立ち上げ、2005年まで生産していた。

デ・トマソ

スポーツカーメーカー。一時期フォーミュラなどにも手を出していた。

フェラーリ

跳ねエムブレムに燃えるようないボディが特徴のスーパーカーメーカーV12エンジンに並々ならぬ拘りを持つ。

ランチア

FCA Italy下、かつてオフロード競技で一暴れしていた自動車メーカー

パガーニ

スーパーカーメーカー。元ブガッティ技術者らによって設立。AMGとも深い関係がある。

ジレラ

バイクブランドです
アジオ社が保有するバイクブランド

ベスパ

バイクブランドです
アジオ社が保有するスクーターブランド

中国のメーカー・ブランド

中国自動車メーカー及びブランド一覧です。
ブランド種に関する情報が足りないです。その為ブランドの扱いに誤りが含まれます。情報む。

上海栄威汽車

上海汽車グループで、ローバー75の製造権を購入、生産している。現在では自社開発も生産。

奇瑞汽車

中国自動車メーカービッグ5のうちの1社。積極的に輸出も行っている。

華晨汽車

ハイエースを正規ライセンスで作っている数少ないメーカー。「中華ブランドで乗用を販売。

長安汽車

中国自動車メーカービッグ5のうちの1社。小や商用を得意とする。

広汽乗用車

広州汽車グループ。その名の通り「Trumpchi」というブランドで乗用を生産/販売している。

長城汽車

中国では数少ない民営メーカーSUVの生産をとするが、コピーとおぼしきものが多い。

東風乗用車

汽車企業。「風神ブランドで乗用を生産している。

一汽轎車

第一汽車企業。「奔騰」ブランドで乗用セダン)を生産している。

陸風汽車

汽車の乗用ブランドSUVミニバンを生産している。

吉利全球鷹

吉利汽車ブランドに小を生産、台湾では裕汽車との合弁企業を展開。

衆泰汽車

2005年設立。ライセンス生産やノックダウン生産がだが、オリジナルコピー)も生産している。

大通汽車

上海汽車集団下。

台湾のメーカー・ブランド

台湾自動車メーカー及びブランド一覧です。

裕隆汽車

Yulon Motor日産GMの現地販売も担当している。独自ブランドとして以下のものがある。

中華汽車

三菱自動車の現地パートナー。独自ブランドを持っているが現在は1種のみを生産。

福特六和

Ford Lio Ho台湾フォード。独自モデルも多くあり、日本へもエスケープを供給している。

スウェーデンのメーカー・ブランド

スウェーデン自動車メーカー及びブランド一覧です。

ケーニッグセグ

スーパーカーメーカー。ヘネシーブガッティなどと最速争いを繰り広げている。

サーブ

航空機・軍需品メーカーSAABが設立した自動車メーカー
あちこちの下を流れ歩いており、現在SAABとの接点は特にない。

スカニア

フォルクスワーゲン下のトラックバス製造会社。かつてサーブと一つのメーカーだったが、現在はエムブレムくらいしか接点がない。

ボルボ・カーズ

中国の浙江吉利控股集団下の自動車メーカー。乗用らしからぬ頑丈さに定評がある

ボルボ

左記ボルボカーズルーツ及び記事を同じくするコングロマリット。トラックバスを手掛ける。

フランスのメーカー・ブランド

フランス自動車メーカー及びブランド一覧です。

ブガッティ

フォルクスワーゲン下、世界最速の乗用ヴェイロン」で有名。初期ブガッティ伝説の域にある。
復活後のブガッティ技術者たちの一部は後にパガーニを設立した。

シトロエン

Creative technologie
プジョー下、フランスメーカーの中でも特に癖のあり過ぎるデザインと機構が特徴。

プジョー

MOTION & EMOTION
フランスの大衆メーカーデザイン的特長の強いフランスメーカーの中ではマトモな方。

ルノー

フランス最大手、元企業
オサレデザインが特徴。
日産をはじめ、各メーカー下に収めており、グループとしてはGMトヨタVWと並び世界トップクラス。 

韓国のメーカー・ブランド

韓国自動車メーカー及びブランド一覧です。

大宇自動車

現:韓国GM現在ブランドとしては消滅し、シボレーに統合された。

ヒュンダイ

韓国最大手、韓国車と言えばヒュンダイ。色々何かに似ているのは偶然と思いたい。

起亜自動車

かつては韓国2位自動車メーカーだったが、現在ヒュンダイ下である。

双龍自動車

中堅メーカーで、SUVを生産する。過去に二度倒産しており、現在はマヒンドラ下。

 その他の国のメーカー・ブランド

その他の自動車メーカー及びブランド一覧です。

プロドゥア(マレーシア)

マレーシア自動車メーカーダイハツと提携し、小の製造/販売をとする。

プロトン(マレーシア)

マレーシア自動車メーカー三菱自動車と提携のほか、ロータス下に収める。

マヒンドラ&マヒンドラ(インド)

SUVを生産している。元はウィリスのKD生産をしていた。

レバ・エレクトリック・カー・カンパニー(インド)

ダチア(ルーマニア)

ルノー下。ルノーグループの中でも低価格を担当。一度独立を図ったが失敗し、再びルノー下となっている。

KTM(オーストリア)

オフロードバイクを中心とした二輪を製造するほか、軽量級スポーツカー「X-Bow」も生産する。

サンタナ(スペイン)

SUV専業メーカーランドローバースズキノックダウン生産をとしていた。

イランコドロ(イラン)

イラン自動車メーカーオリジナルの中身はたいていプジョー。その他プジョースズキを生産。

ピール・エンジニアリング・カンパニー(マン島)

マン島にかつて存在した、「世界最小の」を販売した自動車メーカー

架空のメーカー・ブランド

自動車メーカー及びブランド一覧です。
試験的に掲載しています。

アルカディア(日本)

超速変形ジャイロゼッターに登場する自動車メーカー。生産する車両は個性的な物が多い。
その実態は予言に備えて設立された極秘防衛機関である。

外部リンク

関連項目

関連コミュニティ


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%A3%BD%E9%80%A0%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E4%B8%80%E8%A6%A7
ページ番号: 521161 リビジョン番号: 2466308
読み:ジドウシャセイゾウガイシャイチラン
初版作成日: 08/09/03 22:07 ◆ 最終更新日: 17/03/07 17:54
編集内容についての説明/コメント: アキュラの記事名変更に伴い修正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

自動車製造会社一覧について語るスレ

87 : ななしのよっしん :2016/07/26(火) 22:13:31 ID: swZwPRi5TZ
票決(×評決)に向けてめて意見を記載。
今回の誤字で混乱した方々には申し訳ありませんでした。

バイク記載
日本国の法、辞書上の定義においては2輪自動車とされ、較的知名度の高いネット事典もこれに倣っている。
既にバイクとは言い難いが、乗用トラック等の狭義の自動車にも分類し難い1輪やスノーモービル等の車両が存在しており、それらを分割するのは煩雑である。
そもそも「何がバイクなのか」でも諸説あり、分割する場合バイクの定義を議論しなければならない。今回の様に純な二元論でるのは困難。
バイク専業と言っても狭義で9個、広義でも13個しか存在せず、現在を除いた当記事にある133個の内約10分の1であり悪影も少ない。
分割した場合、バイク、狭義の自動車両方を手掛けるメーカーを両方の記事に記述しなければならず合理性が薄い。
将来的な増大は狭義の自動車記事も同様で、分割する場合籍毎に分割すればそれで済む。

バイク
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
88 : ななしのよっしん :2016/07/26(火) 22:58:04 ID: swZwPRi5TZ
2-3日様子を見て異論がければリビジョン2387723の注意書きを記載します。
89 : ななしのよっしん :2016/07/31(日) 22:21:44 ID: swZwPRi5TZ
>>88
誤字により合意が出来ていないと判断し、注意書きの記載は撤回し提案に留めました。
既に意見は出尽くしており、票決とするに当たっての問題は少ないと思われます。少々追記した為、意見を再掲します。

バイク記載
日本国の法、辞書上の定義においては2輪自動車とされ、較的知名度の高いネット事典もこれに倣っている。
既にバイクとは言い難いが、乗用トラック等の狭義の自動車にも分類し難い1輪やスノーモービル等の車両が存在しており、それらを分割するのは煩雑である。
そもそも「何がバイクなのか」でも諸説あり、分割する場合バイクの定義を議論しなければならない。今回の様に純な二元論でるのは困難。
バイク専業と言っても狭義で9個、広義でも13個しか存在せず、現在を除いた当記事にある133個の内約10分の1であり悪影も少ない。
分割した場合、バイク、狭義の自動車両方を手掛けるメーカーを両方の記事に記述しなければならず合理性が薄い。
将来的な増大は狭義の自動車記事も同様で、分割する場合籍毎に分割すればそれで済む。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
90 : ななしのよっしん :2016/08/01(月) 22:40:28 ID: swZwPRi5TZ
反映されなかった編集点について。

アキュラ
本田技研工業の四輪車種一覧アキュラの関連項としては不適切です。アキュラ一覧として用いる事が出来る様にしてから掲載して下さい。

株式会社光岡自動車
劇的ビフォーアフターは、同社が手掛ける改造事業に対する評である様に思えます。これは自動車を生産する会社としての株式会社光岡自動車には不要な記述だと思われます。改造をどの様に扱うのかに関して現在ルールいですが、以前に「チューナーは扱わない方針ではないか」、との意見が掲示板に寄せられています。記載したければまず掲示板にて提案して下さい。

三菱自動車工業株式会社
日産下に入った事を示す根拠を示して下さい。見つかりません。

各種注意書きに付いて
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
91 : ななしのよっしん :2016/08/01(月) 23:56:17 ID: swZwPRi5TZ
反映されなかった編集点の記載漏れ

ダイハツ工業株式会社
トヨタ自動車株式会社軽自動車は有ります。なので軽自動車がないではなく、作らないの方が適切です。実際の生産状況を知らないので、これも弊がある可性は有りますが。
92 : ななしのよっしん :2016/08/02(火) 12:00:03 ID: 80Gg56wbCM
>>90
昨年出たForzaMotorsport6とかNeedForSpeedNoLimits,2015年NeedForSpeedではAMGGTを始めとするここ最近のAMGMercedes-BenzではなくてMercedes-AMG扱いになっているんだがそれはご存知で?
それに加えてAMGGTBenzのほうではなくてMercedes-AMGブランド」として現在世に出ているんだけれど・・・
グランツーリスモだけ見て違うと断言するのはいくらなんでも理があるで

一連の騒動以降日産三菱自動車を1/3程保有して16年末までに筆頭になる予定であること、総会でもそういう趣旨の発言があったみたいだし、事実上の下としてみていいのでは?っていうかこれ新聞とかでも取り上げられていたと思うんだが・・・
93 : ななしのよっしん :2016/08/02(火) 16:58:07 ID: swZwPRi5TZ
>>92
>Mercedes-AMG扱い
本当に知りませんでした。あまり資料をにする機会がく、浅学故にかなり短絡的な結論を出してしまい申し訳ありません。メルセデスAMGが本当にブランドなのかは疑問です。
当初の報道ではサブブランドとされており、その後ダイムラーブランドに昇格させたと言う話は聞きませんし、周囲が勝手にブランド化しているだけに思えます。
どちらの扱いが正しいのか、この点は再度の考が必要でしょうが、何れにせよ現在メルセデスAMGAMGの記事は共にブランドの記述がい為記載不です。

>事実上の下としてみていいのでは?
事実上の下になる予定」と「事実上の下」は別物です。予定は記載していますが、事実上の下と見做すには時期尚だと思います。
94 : ななしのよっしん :2016/08/02(火) 18:45:49 ID: swZwPRi5TZ
反映されなかった編集点について。

情報量が減っている記述は反映していません。
その内、キャデラックの記述に置いて、アメリカという名を削除するのは妥当ではないと思います。大統領アメリカ以外にも存在します。
また、アルピナRUFの立ち位置はかなり特殊です。自動車メーカーとして認められていても、その事を知らない第三者からすればチューナーが記載されていると取られかねません。

アルピナ
BMWアルピナと言う表記はブランド(?)です。これが本当にブランドなのかは疑問ですが、記事名から考えて会社名よりブランドを優先するべきではく、また同ブランドの記事は有りません。
95 : ななしのよっしん :2016/08/03(水) 16:55:08 ID: swZwPRi5TZ
>>93
小さなミス発見。メルセデスAMGの記載が出来ないのは「乗用ブランドとして」です。レースコンストラクター絡みはどう判断して良いのか、経営上の実態を調べても良く解らず保留しています。
96 : ななしのよっしん :2016/08/29(月) 19:14:32 ID: lbNmnM+yut
レスを見返しても記事を見てもひどいなこの自称議長兼編集長サマ。
編集のハードルが上がって新記事の記載が滞る=記事の活発な更新が妨されるみたいなこと言ってるけどそれ以前に自分自身が記事独占したりレスバトル勃発させて他ユーザーの介入を妨してるようにも見える
レスバトルしてるユーザー以外からも皮にしか聞こえんとか悪い手本とかボロカス言われているのにドヤ顔で居座り続ける面の皮の厚さと根性だけはすごい
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829