エイシンヒカリ単語

エイシンヒカリ
4.0千文字の記事
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

エイシンヒカリとは、2011年生まれの日本競走馬である。
名前の由来は「光」ではなく、特急ひかり」の方である。

な勝ち
2015年香港カップ(GI)、毎日王冠(GII)、エプソムカップ(GIII)
2016年イスパーン(GI)

概要

ディープインパクト*キャタリナ、Storm Catディープインパクトは説明不要の日本競馬役。Storm Catアメリカで一時代を築いた大種牡馬。この2頭はニックスにあると言われ、「ディープ×Storm」配合からはダービーキズナ桜花賞アユサンなどの活躍が出ている。アメリカで3勝にとどまったがGⅠがいる。半地方GRANDAME-JAPANに2年連続で選ばれたエーシンクールディ、その子にフェアリーステークス(GIII)優勝スマイルカナがいる。かなりの良血である。

調教助手が初の騎乗で物の違いを感じるなどくから素質の片鱗は見せていたが、体が弱かったためにデビューは3歳4月までずれ込む。到底クラシックなんて間に合わない。ということで坂口正則調教師は地に使っていく方針を立てた…が、デビューから破の4連勝。2戦以降は逃げ切りで、つけた着差は合計13身半。この時点で競馬ファンはざわつき始めていたが、5戦アイルランドTでその名は一躍全競馬ファンの知るところになる。

抜群のスタートから大逃げを打ったエイシンヒカリ。直線に入っても差は縮まらず、これは5連勝もらったか!?・・・と思っていると、直線半ばで突如外によれ始めた。上の横山典弘が右ムチを入れ修正を図るが戻るどころかさらに外によれ、コース斜めに渡るように外ラチに突っ込んでいく。結局軌修正はままならず、外ラチ間際でゴール入線。あまりにも破天荒な走りに観客席からはどよめきのが上がった。

え、結果?逸走で競走中止?内からかわされ惨敗?何をおっしゃる。3身半差の勝です。
この狂走劇は大きく取り上げられ、遅れてきた大物として競馬ファンに知られることとなった。しかしこの後、初の重賞挑戦となったチャレンジCで9着に惨敗。ショックを受ける人と「ほら見ろ所詮このレベルだ」とあざ笑う人とのが混ざる中休養に入る。

元々体質が弱かったこともあり、ゆっくりと英気を養い4歳5月の都大路Sで戦列に復帰。上に武豊を迎えると、グランデッツァを破って快勝。続くGⅢエプソムCでは初めて1番人気を奪われるが、差のない逃げから最後は1番人気サトノアジンとの一騎打ちを制し重賞タイトルを獲得する。

休養して毎日王冠から始動。スーパーGⅡの名に違わず強メンバーったが、スロー気味の逃げから直線でってディサイファ以下の追撃を封じ勝利。この年の毎日王冠天皇賞(秋)1998年と同じ日付だったこともあり、一部マスコミファン武豊上に98年の毎日王冠逃げ切って圧倒し、そして天皇賞(秋)折した超快速サイレンススズカの勇姿をエイシンヒカリに重ねていた。もっともユタカは決してそうは思っていなかったようだし、現実ドラマの筋書きのようにはいかないもので、天皇賞(秋)クラレントをつけられて逃げられずリズムを崩したか、直線で全く踏んれず9着惨敗。あの日の念をらす勝利、とはならなかった。

次走には招待された香港カップを選択。9番人気で単勝オッズは38倍と決して人気サイドではなかった。そりゃ香港の人はこのの強いところは見てないだろうし、香港の強Blazing Speed愛国代表Free Eagleなど強なメンツがってたし仕方ない。しかし本番、「迷いなく行く」と決めていた武豊が上手く先手を奪うと、絶妙なペースで後続に脚を使わせていく。直線も脚は衰えず先行勢をノックダウンさせ、最後は内を突いてきたヌーヴォレコルトを1身振り切って勝利。初GⅠ海外で挙げ、その実を満下に示した。武豊アドマイヤムーン以来8年ぶりの海外GⅠ制覇。香港際デーの勝利2001年ステイゴールドで制した香港ヴァーズ以来であった。

武豊レース後、「先代オーナー(エイシンヒカリを所有する「栄進堂」の先代会長である平井氏。2013年逝去)は香港競馬を注がれていた。『豊』で『』が勝てば喜んでくれると思った」とこのレースにかけていた思いを明かした。そして香港カップといえば、覚醒前のサイレンススズカ武豊が志願して初騎乗し、その才を確信した、いわば「伝説の始まり」のレースであった。そしてエイシンヒカリがそのレース逃げ切り、新たな「伝説の始まり」を告げる。こじつけと思われるかもしれないが、縁というのは、どこでつながっているかわからないものだなぁ…と思うのである。

休養し香港GⅠクイーンエリザベス世Cをしていたが調子が上がらず回避。日本ではしばらく適距離1800~2000mの大レースがないし、どうするのかと思ったら、なんと→英とGⅠを転戦する驚きのプランが発表され、実行されることとなった。欧州の強相手にどれほどが立つのかは未知数だが、11戦9勝とまだ底を見せていないところもあり、期待もまた大きい。特急の快走はまだまだ始まったばかりである。

そして休養明けで挑んだフランスGⅠイスパーン賞ではなんと2着に10身差をつける圧勝。
初のフランス競馬場、絡んでくるを捌き切り、さらに不良馬場し地元勢のNew Bayやジャパンカップにもやってきたイラプトが沈する中スイスイと走りきって圧勝する、どこに出しても恥ずかしくない圧倒的勝利海外GⅠ連勝を達成した。それと同時にディープ産駒としてはリアルインパクトに続く2頭GⅠ複数勝利になった。ちなみに日本日本以外の複数のGⅠを勝ったのはアグネスワールド以来2頭である。


次走は予定通りイギリスに移動し、女王陛下が毎年観戦に訪れる6月の名物開催・ロイヤルアスコットの中距離GⅠプリンスオブウェールズステークスに出走。
イスパーン賞の勝ちっぷりから圧倒的一番人気を背負い、様々な理由はあったがFound、The Gray Gatsby以外の有が軒並み回避し6頭立てとなった。
レーシングポストではMonster from The East!(東洋より怪物来る!)と一面で大特集を組む程であった。
しかしアスコット不良馬場であった(有の回避もにこれが理由)。ここまでならイスパーン賞と変わりなかったのだがアスコット競馬場アップダウンしく、ゴール前直線は全て上り坂というシャンティイのではないタフコースであり、圧倒的一番人気ということもあって積極的に逃げることもわず、直線で全にスタミナを失い6頭立ての6着に敗れてしまった。
とはいえ、タフべになった展開になったため最下位とはいうがそこまで離された負けではなかったのはせめてもの救いか。
馬場の悪さはかなり酷いものであり、ロイヤルアスコット開催に大雨がぶつかり、しかも馬場回復前にPoWが開催された運の悪さも多少はあったと思われる。

天皇賞(秋)から始動。2番人気に支持されいつも通りの逃げを打つが、マイペースというよりやる気のない走りを見せ、直線ではあっさり沈んで12着と生涯最悪の大敗。引退レースとして香港カップで連覇に挑んだが、今度は逆にハイペースで飛ばし過ぎたか直線でまたも沈没。前走に続いてモーリスの後を拝した。イスパーン賞の衝撃を思えば物足りない最後だったが、クセだったのは元々だし、仕方ないといえば仕方ないのか…。今後は種牡馬入り、さらに数年後にはフランスに渡るプランもあるらしい。SSの血脈がそれほど根付いていない欧州を、怪物の子孫が席巻する時代がいつか来るんだろうか。

ちなみに、言われないとわからないがエイシンヒカリは芦毛である。パッと見だがメンコを外した写真を見ると何となくそれっぽく見える。年を食うと芦毛くなっていくものだがヒカリは年を食ってもであるため勘違いをされる。5歳になって、芦毛だと知っていればそうかもね、と思える程度にはほんのわずかだけくなってきた(尾の付け根に近いところの毛色はわかりやすくくなっている)。
この世代のディープインパクト産駒の芦毛はエイシンヒカリただ1頭だそうで、出走頭数が少ない割に好成績を上げる「芦毛のディープ」のジンクスもまだ続く…かもしれない。

血統表

ディープインパクト
2002 鹿毛
*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
*ウインドインハーヘア
1991 鹿毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
*キャタリナ
1994 芦毛
FNo.16-g
Storm Cat
1983 黒鹿毛
Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
Terlingua Secretariat
Crimson Saint
Carolina Saga
1980 芦毛
Caro *フォルティノ
Chambord
Key to the Saga  Key to the Mint
Sea Saga

クロスNorthern Dancer 4×5

関連動画

暴走?いいえ、圧勝です。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エイシンヒカリ

34 ななしのよっしん
2021/08/08(日) 00:53:09 ID: 4RwTNeMI2u
スノーフォールの活躍を見ているとエイシンヒカリは割りとディープインパクト歴史を変えただと思う
論以前からディープインパクトの名は世界に知られていたけどフランスイスパーン賞の圧勝劇のおかげで欧州でディープのは走れる事を明して見せた
英国王室催のロイヤルアスコットでも一番人気だったらしいし英国でもそれだけ評価されていたのは事実
彼の残した偉業は思っている以上に大きかったのではないか、と個人的に考えている
35 ななしのよっしん
2021/09/06(月) 01:54:11 ID: JIOjHFjioO
その頃にはディープ産駒でクラシック勝ってるやついたから今更ではあったが
エイシンヒカリが来た時にはサクソンウォーリアーが誕生してたり
すでにディープへの期待値は高くて交配は進んでた
まあディープ産駒として名を更に売ったとは思うけど
36 ななしのよっしん
2021/09/08(水) 10:40:19 ID: m1TKySfNcP
サクソンウォリアー
そもそも34はディープの名は知られてたと前置きしてるのでその突っ込みは
個人的に思ってる過大評価に茶々入れるもんでもない


とりあえず産駒が走ってほしい
37 ななしのよっしん
2021/09/19(日) 16:04:13 ID: AOAmOXce88
産駒のエイシンヒテンが秋華賞の出場権獲得(ローズステークス2着)
しかし掲示板に入った内4位の以外全てディープの血筋か…
38 ななしのよっしん
2021/09/19(日) 20:28:43 ID: WSYeYidtdE
調べてみたらサンデーサイレンス3×3とかいうよく競走馬として仕上げたなというか思い切った配合で芝>>エイシンヒテン
やっぱ繁殖入りしたらエイシンフラッシュつけるのかな?
39 ななしのよっしん
2021/09/24(金) 08:24:44 ID: m1TKySfNcP
ここら辺から逆襲を初めてくれんかな 
40 ななしのよっしん
2021/10/16(土) 01:37:31 ID: m1TKySfNcP
エイシンヒテンがエリートアイドルをなぎ倒して逃げ切ったら爽快なんだけどな 馬場がぐちゃぐちゃにならねぇかな
41 ななしのよっしん
2021/10/17(日) 16:13:57 ID: Y4LqgIHX7c
エイシンヒテン、勝てはしなかったけど4着にったのはなかなか強いのでは?
42 ななしのよっしん
2021/10/17(日) 21:13:00 ID: BEjbmNIMcM
エイシンヒテンは普通G1を勝てるを持っていると思うな
素質だけで勝てるわけじゃないけど

若干冷遇気味な種牡馬生活だけど、
オーナー牧場は今でもエイシンヒカリに所有を大量につけてくれるから、
やっぱりある程度手応えがあるんだろうね
43 ななしのよっしん
2022/06/28(火) 23:57:53 ID: F4XDV7HHGZ
毛だったの記事見て初めて知った、最近になってやっとくなり始めたんだなあ