エイシンフラッシュ単語

エイシンフラッシュ

皐月賞スレよりご拝借

エイシンフラッシュとは、とは、日本競走馬である。 →競走馬の一覧

は「エイシン」の冠名で有名な平井調教師は藤原英昭。

な勝
2010年:東京優駿(GⅠ)京成杯(GⅢ)
2012年:天皇賞(秋)(GⅠ)
2013年:毎日王冠(GⅡ)

概要

King's Best
:ムーンレディプラティニ

King's Bestは英2000ギニー凱旋門賞アーバンシーがおり、2009年欧州年度代表であるシーザスターズ叔父にあたるという良血種ドイツ出身で独セントレジャーなど4勝。プラティニは、1993年ジャパンカップに来日しており、4着に入っている。ともドイツ系の出で、日本ではややしいドイツ色の強い血統構成である。

2歳~3歳(2009年~2010年)

エイシンフラッシュは2戦で勝ち上がると2歳の暮れに条件戦を勝ち、年明けには断然人気に応えて京成杯を勝った。直行で皐月賞に駒を進めたが、11番人気と低人気であった。しかし、3着にまで食い込み実の片鱗は覗かせていた。

皐月賞で優先出走権を得たので、そのまま日本ダービーへと進めた。しかしダービーでは、青葉賞を4身差で圧勝したペルーサを始め、皐月賞ヴィクトワールピサエアグルーヴプリンシパルS圧勝のルーラーシップ皐月賞2着で重馬場適正があるとされたヒルダムールなど、他の脇役たちも成績が良く、「史上最高レベルメンバー」と評されたレースであった。そのため、エイシンフラッシュは7番人気と今回も低人気であった。

しかし、有補のペルーサが出遅れて後方待機になってしまい、またペースもかなりのスローペース。前が止まらず他の人気がなかなか伸びてこない中で、エイシンフラッシュはしっかりと折り合い、直線では上がり3ハロン327という尋常ではない末脚で群を突き抜け、見事優勝した。

このダービーの前日に、同じ藤原厩舎のタスカータソルテがレース中の故障で予後不良となっていた。くしくもエイシンフラッシュは11番で、タスカータソルテがダービーに出た時も11番とまったく同じでであった。藤原師も「タスカータが後押ししてくれたのかな」とっている。また、同厩の同期タイキ毎日杯で故障、予後不良となっており、藤原厩舎にとってはこの日本ダービーは二頭の弔い合戦の意味合いもあった。

神戸新聞杯から始動し、ローズキングダムの2着。そこから菊花賞へ向かう予定であったが、筋肉痛を発症して回避することに。続く古との戦いではダービーで鎬を削ったローズキングダム繰り上がりとはいえジャパンカップを、ヴィクトワールピサ有馬記念を制する中、エイシンフラッシュは8着・7着と見せ場を作ることなく破れた。

4歳(2011年)

大阪杯から始動。この頃になると年明けから先までに行われる要な重賞をローズキングダム、トゥザグローリールーラーシップといった同世代の達が次々に制し、かつ世代代表であったヴィクトワールピサドバイワールドカップを勝ったことで最強世代との呼びが広まりつつあった。しかし、その世代のダービーでありながらの成績の所為か3番人気。結果も人気どおりヒルダムールの3着に終わった。
天皇賞(春)では中先頭が何度も替わる乱戦の中、きっちり折り合ってレースを進めるもまたしてもヒルダムールの2着に敗れた。
宝塚記念では同世代には先着したものの、アーネストリー(6歳)のレコード決着の前に3着に敗れた。

はステップレースを使わず天皇賞(秋)に直行。シルポート暴走劇につき合ってしまった結果、直線で脱落しトーセンジョーダン(5歳)の6着に終わった。
ジャパンカップではブエナビスタ(5歳)が見事に復活する中、4歳世代は上がりのトレイルブレイザーが辛うじて4着に入ったものの、クラシック組はエイシンフラッシュの8着が最先着という惨状であった。
ジャパンカップの惨敗、そして古王道G1の勝ちが他世代の有がいない天皇賞(春)のみという結果から最強世代の呼び名は消え失せ、G2大将世代と呼ばれる羽に・・・。
そして、有馬記念。逃げじゃないのに逃げる羽になったアーネストリーが作り出したスローペースの中好位でレースを進めてゆく。同じスローペースダービーを制したエイシンフラッシュにとっては絶好の展開であったが、大外をまくってきた三冠馬オルフェーヴルの2着に敗れ、1年間未勝利に終わる。

5歳(2012年)

年明けからドバイワールドカップへの挑戦を表明。しかし、トランセンドスマートファルコンが選出される中、招待状が届かない。やはり昨年未勝利という成績では理かという空気が広がる中、ケンタッキーダービーが故障回避したため期限ギリギリで選出された。
そして迎えた本番では6着と日本定位置最先着を果たしたものの、まさかの出遅れとなったスマートファルコン中失速し最下位に沈んだトランセンドの2頭にばかり注が集まり、ほぼ空気扱いであった。

後、海外遠征明けは宝塚記念に出走、ドバイから期間がいたためか終始折り合いを欠き、4ではオルフェーヴル体を合わす場面も見られたが、勢いは泥の差で直線に向いてからも全くスピードが乗らず、3歳マウントシャスタにすら追いつけない始末で6着と良いところなく終わってしまう。

競馬毎日王冠から始動。それまでの実績が評価され2番人気に推されるが、宝塚記念と同様に終いも伸びず、3歳カレンブラックヒルに置いていかれ9着と不本意なレースが二戦続く。

迎えた天皇賞(秋)天皇皇后陛下が来場され、7年ぶりの競馬という栄誉あるレースとなった。エイシンフラッシュは前二戦の惨敗がいたのと有が多くったため5番人気と評価を落とす。この年のレースぶりを見ると、むしろよくここまで人気を集めたという気もする。
レースシルポートハイペースの大逃げを打つ展開になり、それをカレンブラックヒルフェノーメノ人気三歳が先行し追う展開となる。とはいえ先行勢数頭以外は淡々としたレースで、エイシンフラッシュも中団の最内でしっかり折り合う。シルポートが大きなリードを取ったまま迎えた4コーナー出口で多くのが外へ流れたことで最内を通っていたエイシンフラッシュの前に進路がぽっかりとく。ここで上のミルコ・デムーロ騎手が絶妙なタイミングで追い出し、有馬記念オルフェーヴルに追いすがった時のような鋭い末脚を発揮。一杯になったシルポートを一でかわすと、外から同じように伸びてきたフェノーメノルーラーシップを抑え、ダービー以来2年半ぶりに栄ゴールを駆け抜けた。

上のデムーロ騎手は歓喜のウイニングラン。直線に戻り、メインスタンドにご来場されていた両陛下に向かうと下係のお姉さんが驚いて飛んできたが、デムーロ騎手がヘルメットを脱ぎ、ひざまずいて最敬礼を行うと、会場は割れんばかりの大歓に包まれ、エイシンフラッシュとデムーロ騎手を祝福した。
※本来は検量前に馬場で故意に下することは違反行為(この規則に従い、7年前の競馬を制した松永幹夫騎手はヘヴンリーロマンスから下しなかった)となるが、「天皇皇后陛下の前で不正があるわけない」とJRA空気を読んで今回は不問にされている。 ミルコは「幹夫さんの真似だけじゃなく、オリジナルなことがしたかった」とのこと。

続くジャパンカップではクリストフ・ルメール上に迎えるが、見せ場のない9着に終わる。上がデムーロに戻った有馬記念では同年の二冠ゴールドシップJC連続3着のルーラーシップに次ぐ3番人気に支持されるが、レース当日デムーロが尿管結石を発症したため急遽三浦皇成に乗り替わることに。レース本番では上位人気2頭がって大きく出遅れるという予想通りの波乱を感じさせる展開の中、中団内ラチ沿いで慢。そして、最後の直線では自慢の切れ味を活かして一気に先頭に躍り出る。三浦悲願のG1初制覇か!?と思わせたが、最後まで伸び切れず大外から突っ込んできたゴールドシップらに交わされて4着に終わった。

有馬記念後は天皇賞勝利を手土産引退・種入りするものと思われていた。しかし、であるKing's Best日本に輸入されたことで、このままで良いが集められないと判断されたのか。もう1年現役を続行することになった。

6歳(2013年)

GⅡ大阪杯から始動するが、その少し前にオーナーである平井氏が死去し、次男である平井氏が引き続くことになった。レースオルフェーヴルの3着に敗れたが、次戦に天皇賞(春)ではなく同じであったエイシンプレストンが制した香港GⅠクイーンエリザベス2世カップを選択。上にミルコ・デムーロを迎えたこの1戦では、大外の不利がきまたしても3着に終わった。

宝塚記念には向かわず休養し、福永祐一を迎えて前年同様毎日王冠から始動。休み明けが嫌われたか4番人気にとどまる。レースは少頭数だったこともありいつになく前から競馬するが、これが1000m608という府中開幕週とは思えないペースにハマり、直線での間を突き抜け勝利。またも1年ぶりの勝利を手にする。天皇賞(秋)は3番人気で乗り込むが、前年と異なり途中やや外を回されたロスがいたか、前走負かしたジャスタウェイに6身置き去りにされ3着に敗れる。JCは押し出されるように逃げる展開になってしまい、スローには落としたがやっぱり直線で沈没し10着に惨敗。有馬記念は捻挫で回避し、そのまま引退となった。

スローで脚が溜まる展開になれば異次元の末脚を見せるが、そうならないとさっぱり伸びてくれない、なんとも難しいだった。おまけ漆黒のたくましい体はパドックでも一際立っており、買っていいのか悪いのか最後まで券師を悩ませたそうな。ちなみに先述の好体に加えルックスも非常に端正で、現役時から一貫して女性ファンが多いのだとか。

引退後

社台SSで種として繋養。日本ではあまり見かけない血統(父親が輸入されてるけど)で、SSもなければ、ノーザンダンサーも5代前に一本入るだけという交配のしやすさが売り。欧州色が濃い割には実績から日本重視の競馬にもある程度対応できる。おまけに種付け料も150万円と安い。まあこんな条件が重なって、現状毎年200頭近いを集める人気の種となっている。産駒は2017年デビューし、地方では勝ちも出てきている。はてさて、異系の血統は日本咲くか?

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エイシンフラッシュ

37 ななしのよっしん
2013/12/24(火) 11:09:29 ID: ZoJqygNmz6
最後に出走詐欺引退詐欺さらに引退式撤回詐欺をするとはwww
最後までネタの尽きないだった子供に騙される日を待ってる。
38 ななしのよっしん
2015/03/27(金) 09:26:29 ID: dekQuYjP5j
体や動きがメチャクチャ良いからいつも買ってしまう
で、11年有馬みたいにもう終わったろと切ったとこで突っ込んでくるんだよね
ブエナビスタと悩んでブエナビスタ取ってあの結果よ

そのおかげでは迷わず買って勝たせてもらったけどな
こういうは数百円ケチって外れるくらいならいつも最優先で買った方が良いことに気付いた

しかしいつ見ても体がカッコよすぎるな、体だけなら今世紀で一番好きなかもしれん
39 ななしのよっしん
2015/11/12(木) 16:27:03 ID: SklLfOSCA7
天皇賞ゴール後のデムーロのクルクルがかっこ良すぎる
40 ななしのよっしん
2017/04/10(月) 12:48:34 ID: 8F+hnyo3xm
の脚はメチャクチャ切れるけどその脚がマジで一しかもたない印
41 ななしのよっしん
2017/05/31(水) 05:37:37 ID: ru3NIPcjLg
大衆にくそダービーレッテルを貼られる気がする2017年日本ダービーだが、果たしてレイデオロくんはエイシンフラッシュのようにされるダービーになれるんだろうか
42 本当は必要だろ
2018/04/28(土) 00:15:49 ID: OE0+Nsow2l
ユダみたいなだな
43 ななしのよっしん
2018/06/04(月) 01:01:51 ID: olCGy0LVCT
エイシンフラッシュ以降のダービー2018年現在G1を一度も勝ててない
ドゥラメンテは故障さえなければ…
44 ななしのよっしん
2018/10/16(火) 09:21:58 ID: AagS/G0CS3
>>43
オルフェは…ダービーじゃなくて三冠馬だから例外か
それを言うならドゥラだって二冠だが
45 ななしのよっしん
2018/10/16(火) 09:34:39 ID: RJR44gY4Zd
こいつのおかげで多分ワークフォースが購入され、そしてダメだったw
46 ななしのよっしん
2019/01/31(木) 05:01:08 ID: K7K0CaJCsT
>>43 レイデオロが古G1とったね 
ダービーって基本古G1と縁がいんだよな 取れたやつがエイシンフラッシュとまだ現役のレイデオロ除くと三冠馬とかG1四勝以上の化物ばかり