オーコ単語

オーコ
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

オーコマジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)に登場する人物(プレインズウォーカー)またそのカードである。初出は2019年10月発売の『エルレインの王権』。

オーコはフェイ、妖精的な種族のプレインズウォーカーです。エルレイン次元の出身ではありませんが、エルフによく似ているため種族について疑いを持たれることはありません。自分のやかな魅とその有用性をよく心得ており、巧妙な弁舌をもって他者を意のままに翻弄します。会話においては相手の感情を巧みに読み取り、その心の内にある欲求くすぐり、抑えつけられていた不満を揺さぶります。答えたくない質問をはぐらかすのは大得意です。優れたシェイプシフターであり、自らだけでなく、他者の姿も自在に変化させることができます。精魔法にも通じており、心を操る、忘却させるといった技を巧みに用います。

カードとしてのオーコ

オーコは現在エルレインの王権にて出現する《王冠泥棒、オーコ》と、プレインズウォーカーデッキに封入されているトリックスター、オーコ》の2種類が存在する。

ここでは《王冠泥棒、オーコ》の性について紹介していく。

Oko,Thief of Crowns/ 王冠泥棒、オーコ(1)()()

伝説プレインズウォーカー — オーコ(Oko)

[+2]:食物トークンを1つ生成する。

[+1]:アーティファクト1つかクリーチャー1体を対とする。それはをすべて失い、基本のパワーとタフネスが3/3のの大鹿クリーチャーになる。

[-5]:あなたがコントロールしているアーティファクト1つかクリーチャー1体と、対戦相手がコントロールしていてパワーが3以下のクリーチャー1体を対とし、それらのコントロールを交換する。

4

発売と当時に各フォーマットで採用された、『エルレインの王権』のトップレアカード。様々なフォーマットのアーキタイプで姿を見せ、その存在感を示している。

どこがそこまで使われるような強さなの?

ぱっと見では分かりにくいが、まず非常に硬い

初期忠度が4でに使用するが共に+であるため、出たターンに忠度が5以上になっている事がほとんど。+2から入ればスタンダード環境に存在するメタカードの1つである丸焼きですら耐えうる硬さを誇り、以降も+を中心に使用していくため、数ターンで忠度が10をえているなどというのはザラ

こうなってしまうと生半可なパワークリーチャー火力カードでは倒せなく、の確定除去レベルカードでないと倒せない。この硬さこそオーコの頂である。

また、ここまでの硬さを持ちながら非常に軽い

が含まれるカードであるためマナクリーチャーを経由して2ターンから定着する事が自然と可となっており、そのようなターンでは倒すために攻撃するためのクリーチャーの数もパワーも不足している事がほとんどであるため、倒しきる事が難しい。そのため、この軽さも硬さに直結する要因と言えよう。

それだけでここまで騒がれる強さなの?

オーコが硬さと軽さを持ち合わせたカードである事がお分かりになったところで、各に注していこう。

[+2]:食物トークンを1つ生成する。

(食物トークンは2マナタップと生贄にげる事で3点のライフを得るアーティファクト

+2から入る事でいきなり忠度が6になれる。前述の丸焼きのような5点火力カードからも圏外に逃げられる。

ライフゲインをするMTGにおいてそこまでアドバンテージを得ているように見えないのだが、これだけでオーコに+2とライフ3点を生み出している事になる。

これはアグロデッキにおいては致命的で、5点分のダメージを毎ターン2マナで帳消しにされているようなもので、プレイヤー自身を攻めようにも毎ターン償で3点のライフを回復され、かといって元となるオーコを殴りにいってもその驚異的な硬さで残り続けるという厳しい状況を生み出されてしまう。

スタンダードではこの食物をギミックとしたフードデッキの中核カードとなっており、食物からマナを生み出すガチョウや、食物を使用する事で無敵の格闘、ブロックを行える意地悪ななどと抜群のシナジーを形成している。

また、生み出す食物はアーティファクトであるため、親和や即席のようなアーティファクトシナジーとするデッキキーワードとも相性が良い。アーティファクト親和性が高い色であるを含んでいるため、自然とその手のデッキに入りやすいのも強みで、最高工卿、ウルザがいればマナを生み出す食物を与えつつ構築物にパワーを与えたり、あの悪名高き土地であるトレイリアアカデミーに毎ターンマナを供給出来たりと、色々なカードシナジーを形成するでもある。

[+1]:アーティファクト1つかクリーチャー1体を対とする。それはをすべて失い、基本のパワーとタフネスが3/3のの大鹿クリーチャーになる。

オーコをオーコたらしめているであり、一番の核となる

相手の強クリーチャーアーティファクトをただの鹿へと変貌させ、またこちらの後半腐ってしまいがちなマナクリーチャーや場に干渉出来なくなった使い捨てアーティファクトなどを戦となる鹿へと変えていける。

死亡時のすら許されず、場に出た際のを持つ、速攻で攻撃出来る、対に取れないクリーチャーでなければ何もすることなく3/3の鹿に変えられてしまうため、これまで活躍してきたファティやフィニッシャーと呼ばれたクリーチャーたちは使用に際し、その存在を再考させられる事となった。対処しにくく攻撃すればほぼ終わる最高のフィニッシャーとなっていたあのエムラクールですら攻撃出来なければただの鹿になる魔法をかけられてしまう。

またアーティファクトも対に含まれているため、ワームとぐろエンジンのような悪なクリーチャーはもちろん、一方的アドバンテージを得続けるサイクルや殴打頭蓋のような装備品、相手を強に妨する虚の杯やなども鹿に変える事で被害を抑える事が出来るようになる。アーティファクトは下の環境に行けば行くほど厄介カードが増えるため、メイン採用が増える理由もここに一因する。

この変貌先の大鹿の3/3というサイズMTGにおいては見過ごせないサイズであり、本来プレインズウォーカーパワー3の攻撃に常にされるような状況は致命的である。しかしオーコは+1での変身で残る忠度は5のため殴られても場に残るどころか、+2と続ける事で更に残り続ける事が可で、相手に3/3を与えてから2ターンの猶予を作る事が出来る。この3/3を残す事が単体でデメリットになりきらないのも絶妙であり、他のプレインズウォーカーと一線を画す部分でもある。

そして、このは自ら生み出す食物も鹿とする事で逆に戦にする事が可。これにより、2ターンに1回だが3/3の戦を生み出せる自己完結したカードでもあるため、メインから相手の妨とフィニッシャーを兼ねており、コンボデッキロックデッキコントロールデッキ相手にも腐る事のになっている。

[-5]:あなたがコントロールしているアーティファクト1つかクリーチャー1体と、対戦相手がコントロールしていてパワーが3以下のクリーチャー1体を対とし、それらのコントロールを交換する。

自分が不要となったカードと相手のクリーチャーを交換出来る。

交換元は自らが生み出す食物があるため、理に用意する必要がい。近年は死儀礼のシャーマン闇の腹心、若き術士など放置すると危険なシステムクリーチャーが多いため、これらを鹿に変えずに奪う事でこちらのアドバンテージに出来るのは強スタンダードでも1つ前のセットに現れた冒涜されたもの、ヤロクや憤怒カイカなどの強クリーチャーたちも鹿に変えずに自ら運用する事でメリットに出来てしまうクリーチャーたちは、このカードの存在により更なる被害を生みかねない事になってしまう。

また上記以外にもカードという事で、下の環境では意志の力や否定の、活性のなど一線級のカードたちのピッチコストに充てられるため、複数枚ハンドに来てしまっても腐りにくいのもこのカードの隠れた強みになっている。

もしかして弱点がない?

グロ、ミッドレンジコントロールコンボロックデッキ全てに一定以上の効果を発揮するため、基本的に腐る事はカードといえる。

ただし、オーコのは基本的に1体ずつしか対応出来ないため、複数のクリーチャートークンを並べるデッキとは基本的に相性が悪い。小粒クリーチャーをばら撒く戦法は鹿化が意味な相手であり、かといってライフゲインしようにもトークンは1枚で複数体生み出すカードが多いのでアドバンテージを失わずに詰められるパターンが多い。事実スタンダードでオーコを中心としたフードデッキが苦手としていたのが、ゾンビトークンを土地を置くだけでばら撒き続ける死者の原野デッキであった。また、自身を守るための鹿は飛行がいので飛行トークンによる戦術に対してはブロッカーにすらなれないので、オーコのみで対応し切る事は難しい。

他にもオーコのは結局のところ鹿に変えたところでクリーチャーを残してしまっている事には変わりないので、クリーチャーを強化するデッキとも相性はそれほど良くはない。特に+1/+1カウンターを乗せる相手の場合は3/3の鹿の上に更に+1/+1カウンターが残ってしまうため、鹿同士のにらみ合いに持ち込めず、不利になりやすい。

また、いくら硬いとはいえプレインズウォーカーを直接破壊するようなの除去カードのパーマネントを破壊する霊破や破といったカードの前にはである。しかし、確定除去カードでないと対処が難しいという評価がこのカードの強さを物語っている。

王冠泥棒の現状と今後

スポイラーで登場するや否や注カードとして脚を浴び、発売と当時にスタンダードで食物とのシナジーを中心としたフードデッキの中核カードとして活躍。

このオーコを中心としたフードデッキの対抗である《死者の原野》が禁止された直後の日本で行われたグランプリ名古屋2019(使用フォーマットスタンダード)ではトップ8中7名がオーコを4枚採用したを中心とするフードデッキであった。

その後もトッププロたちが争う2019ミシックチャンピオンシップ(使用フォーマットスタンダード)においても2日に残ったうちオーコを採用するデッキが約71%(しかもその大半がフードデッキ)という事態になった。トップ8も6名がオーコを使用したデッキとなっていた。全体使用率が70%に及んだというのはMTG史上初でここまでの支配率を誇ったデッキ(とカード)は前例がい。あの親和ですら禁止前の全盛期50%程である。

また、このようにオーコを中心としたフードデッキ環境を支配したことによって、本来ならメインデッキに採用されるはずもない対策カードが(にオーコを除去するために)当たり前のようにメイン積みされ、挙句の果てにその対策カードをかわすための対策カードメインばせる者すら見られるほどであった。

このようなスタンダードの活躍だけに留まらず、その勢いは各フォーマットへ広がり、モダンレガシーヴィンテージ、また新フォーマットとして制定されたパイオニアや近年人気が広まっている統率者戦でも大暴れしており、く間に活躍の場を広げた。スタンダード以外では食物シナジーよりも純カードパワーによる採用が多い。

その活躍ぶり、実績、カードパワーから、史上最強プレインズウォーカーである《精神を刻む者、ジェイス》をえたと断言するプロプレイヤーもいるほどである。

しかし、このあまりの暴れっぷりから禁止カード定される事を恐れてオーコを手放すプレイヤーも出始めており、価格面で見ると高騰と下落を繰り返す難儀なカードでもある。

事実MTGアリーナにおいては実装後1ヶ強の2019年11月5日にブロール(スタンダード限定の統率者戦のようなフォーマット)では禁止カード定された。これは「クリーチャー戦場に留めたまま化する」というオーコの性質が統率者戦において有効すぎることにも起因する。

シンデレラの登場する世界観の『エルレインの王権』で一躍シンデレラとなったオーコ。だが、11月18日の禁止定発表において22日付でスタンダード禁止カードされた。10月頭に発売されてから、わずか49日間の命だった。これはMoMaの2大パーツ(トレイリアアカデミー・意外な授かり物)の発売日から80日、使用可期間61日より短く、これより短いのは記憶の壺(発売日から45日、使用可期間31日)しかない。なお、同時にフードデッキで多数採用されたむかしむかし(同セットカード)とオーコへの対処を困難にしていたの帳(基本セット2020)も禁止となった(ローウィン以前のカードは発売日と使用可になる日付が異なるため、両方併記するが、どっちにせよ歴代2位である)。

後に12月16日の禁止定発表において17日付でパイオニアでも禁止カード定された。スタンダードにて猛威を振るった系を中心とするシミックフードパイオニア環境においても他を圧倒する勝率、支配率を誇ってしまったためと公式から解説された。こちらではの帳、むかしむかしのほうが先に禁止定されていたがそれの後を追った。

更に1月14日の禁止定にてモダンにおいても禁止カード定された。最高工卿、ウルザと組み合わされたウルザフードと呼ばれるデッキミラーマッチを除く勝率55以上と圧倒的な数字を出しており、その一番の要因であると見られたため。禁止定前のモダンGPでもトップ8の内、4名がこのウルザフード使用者であった。ちなみにオーコ使用デッキトップ8に7名である。またウルザフードを除く全体的な使用率でもオーコは40えて全体使用率では2位を10以上離してぶっちぎりの1位。ありとあらゆるデッキに入っており、SCGのチームモダンでも優勝者3人のデッキ全てで使用されていたどころか、色の合わないデッキにも強さや汎用性から色を足して理やり投入されており、モダンメタゲームと多様性を破壊しているのも禁止理由であると発表された。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オーコ

126 ななしのよっしん
2020/01/15(水) 15:24:58 ID: urHKFLD2Tt
>>121
既に「トリックスターオーコ」というのが出ている
PWデッキ収録だから構築では実用に耐えないけど
127 ななしのよっしん
2020/01/15(水) 17:42:39 ID: bIWEQktV4e
バーンデッキタッチしてオーコ入れてたってマジなんか
128 ななしのよっしん
2020/01/15(水) 18:58:27 ID: BOiCicuYI2
下に行くと今度は軽量アーティファクト重が大きくなるからね、というかクリーチャーアーティファクト両方一枚で対策可とか(しかも+1)5マナ位でもだしなんとかなったんじゃ
129 ななしのよっしん
2020/01/15(水) 19:41:18 ID: wLwIzKpyzd
+効果でアーティファクト生物触れるPWって

龍神ニコル・ボーラス 5マナ
+1:手札1枚捨てるかパーマネント一つ生贄

欺瞞のニコル・ボーラス 8マナ
+1:手札1枚捨てるかパーマネント一つ生贄

賢者タミヨウ 5マナ
+1:パーマネント一つタップ、次のターンアンタップしない

この三つしかないので3マナ自由選択で墓地に落とさずに除去れるオーコめて頭おかしいとおもいました(白目)
130 ななしのよっしん
2020/01/16(木) 18:54:24 ID: DvCbyCirD5
カードデザインゴミカスでもmtgにはしいイケメン悪役だしスタンパイオニアモダンを追い出されても飄々とレガシーで働いてる姿はトリックスターらしくて嫌いじゃない
131 ななしのよっしん
2020/01/17(金) 11:13:24 ID: +fw0WsnxJ1
そろそろレガシーも怪しい
帳をにしそうではあるが
132 ななしのよっしん
2020/01/20(月) 07:57:00 ID: +pudxe+6M8
どうしてオーコがこんなデザインになったのかの釈明記事まーだ時間かかりそうですかねー?
素直にテストプレイ不足だって言ってみな?
133 ななしのよっしん
2020/01/20(月) 10:28:47 ID: BOiCicuYI2
罰する火とか十手が規制されたのって繰り返し使える火力だかららしいけど
それなら3マナで毎ターン使えるアーティファクト化も許されないよね
134 ななしのよっしん
2020/01/20(月) 19:38:08 ID: wLwIzKpyzd
内にいる劣化版だからセーフ、みたいなガバガバ判断だったんだろうか
あれは3マナカード一枚使っておまけにアド失うから許されたわけで・・・
135 ななしのよっしん
2020/01/22(水) 18:25:05 ID: nBO/Yx8r2f
3/3だから
実質2マナ相当のバニラに変えるだよな
3マナカードが繰り返し使えたらいかんでしょ

急上昇ワード

2020/01/23(木)07時更新