セルビア単語

セルビア
2.5千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ
基本データ
正式名称 セルビア共和国
Republic of Serbia
Република Србија
国歌 正義の神exit_nicovideo
セイヨウスモモ
公用語 セルビア語
首都 ベオグラード
面積 88,361k世界108位)
人口 9,856,222人(世界第85位)
通貨 セルビア・ディナールCSD)

セルビア(英:Serbia)とは、ヨーロッパ東南の国家バルカン半島の中央やや西に位置する共和制国家である。

概要

正式名称はセルビア共和国(セルビア語:Република Србија)。

戦後ユーゴスラビアで有名な東欧。旧ユーゴスラビアにおける事実上の盟であり、現在首都ベオグラードはその中心地であった。

上記のイメージからか陰に隠れがちだが、セルビアは有機鉱物を豊富に持つでもある。大量に産出する褐炭は品質が最低クラスだが、燃料には非常に向いている。世界における産出量は第10位で、エネルギーの支給で困ることはないそうだ。

民の83%はセルビア人で、ハンガリーで知られるマジャール人が4%イスラム教宗した祖先をもつボシュニク人が2%、そのほかが11%とされる。また人口のほとんどはセルビア正教会の信徒であるが、マジャール人やクロアチア人はカトリック、ボシュニク人やアルバニア人はイスラム教の信徒であることが多いようだ。

ユーゴスラビア時代の名残なのか、言も複雑である。公用語セルビア語であるが、他にも地域によってはクロアチアボスニアなどが話されている。とはいえこれらの言に明確な差異は少なく、せいぜいが方言程度の違いしかないようだ。

歴史

非常に複雑な歴史をもつ。
近代以降に興味のある方は『サラエボ事件』や『ユーゴスラビア』も参照されたし。

古くは東ローマ帝国の一領土である。7世紀にはスラヴ人の南下によりスラヴ化され、以後はその一セルビア人が住む土地となった。9世紀後半には東ローマ帝国によりキリスト教正教会)化された。

セルビアが前の繁栄を見せたのは中世のことである。

ながらくジューバなる部族共同体に分かれていたセルビア人だったが、1168年にはステファン・ネマニャの下で統一がなされ、1171年にはセルビア王が建された。1217年には王として際的に認められ、はれてセルビアは独自の地位を手にしたのである。

その後セルビア王ブルガリア帝国東ローマ帝国と抗争を続け、領土を南へ伸ばしていく。1331年、ウロシュ4世の即位により王は最盛期を上りはじめ、1346年には帝国としての地位を得る。かくしてセルビア帝国は当時のヨーロッパでもっとも繁栄したの一つとなった。

しかし残念ながら、この盛者必衰の例外ではなかった。

長いオスマンの支配から抜け出したセルビアは、すかさず攻勢に転ずる。二度のバルカン戦争オスマン帝国によるバルカン半島の支配に終止符を打ち、多くのバルカン半島国家独立に導いたのだ。

しかし栄も束の間に過ぎなかった。サラエボ事件に端を発する第一次世界大戦、それによる分裂と統一は、セルビアを転落させるには十分すぎた。セルビアのほかクロアチアスロベニアを包括する王は、1929年ユーゴスラビア称するも、1941年にはナチスの介入により傀儡となってしまう。

1945年、新たにユーゴスラビア社会主義連邦共和国として歩み始め、チトー政権下では非同盟運動底した。しかし1980年チトーが亡くなると、コソボ独立の意志を表し、民族対立が化。他方、スロベニアクロアチアにおいても独立の志向は顕著となる。そうして1991年にはクロアチアスロベニアマケドニア(現北マケドニア)が、1992年にはボスニア・ヘルツェゴビナ独立するに至った。

セルビアはユーゴスラビア連邦共和国名。最後に残ったモンテネグロを内包していたが、2006年モンテネグロ独立によりこれは崩壊した。以後セルビアは、セルビア単独のセルビア共和国として歩む形となった。

政治 

セルビアは立国家であり、共和制、議院内閣制を採用している。

国家元首は民の直接投票に選ばれた大統領で、任期は5年である。軍の最高官でもあり、民議会の解散を行えるほか、可決された法案を再審議する権利を有する。しかし議会側がもう一度可決してしまうと、もう文句をいう権利はなくなるようだ。なお余談ではあるが、これら大統領にまつわる事柄は、ほとんどがブルガリアと同じである。

実際の政治内閣首相による。また、最高機関憲法裁判所である。

地理

セルビアは内陸であるが、それゆえ隣も数多く存在する。東は北からルーマニアブルガリア、西は北からクロアチアボスニア・ヘルツェゴビナモンテネグロ、西南がアルバニアで、南に北マケドニアが、北にはハンガリーが位置する。なお、ルーマニアブルガリアハンガリーをのぞくすべてのは、かつてのユーゴスラビアである。

近年、セルビア内の西南部に位置するコソボとは独立を巡って対立を深めている。セルビアは「不可分」としているが、コソボにおいては独自の判断でユーロが流通しており、溝は深まるばかりである。

著名なセルビア人

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%93%E3%82%A2
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

セルビア

48 ななしのよっしん
2022/05/31(火) 19:42:43 ID: 7hTIlbEFsw
電気代が他の欧州の5分の1程度になるそうな
まあ周りが勝手に自滅してるだけなんだけど

イギリスなんかは4月以前にべて電気代が1.5倍になっているし、場と場をどうする気なんだろうか
49 ななしのよっしん
2022/07/31(日) 17:16:35 ID: 3HKiSqnRt8
ロシア擁護は理があると思うよ。
50 ななしのよっしん
2022/08/01(月) 08:25:16 ID: UE2BaoLxHB
またコソボでいざこざが起きるのか…?
51 ななしのよっしん
2022/08/01(月) 20:13:05 ID: Tl646SCdOz
ロシアもそうだがやっぱこう言う民族入り混じる地には
ナショナリズム民族紛争を抑え込むために共産主義って必要なんじゃね?
ロシアユーゴハンパに民主化したもんだから強権的なナショナリストとそれを支持する民が現れて結局民族紛争の種になる
52 ななしのよっしん
2022/08/02(火) 23:21:55 ID: UE2BaoLxHB
チトーザオリクせんとあかん…ってか、チトーありきなところあったからね→戦後ユーゴスラビア
バルカン半島は隙あらば民族浄化するからな…
邪魔な相手を減らせるチャンスがあったら減らせるだけ減らしとかにゃ損」と乱世ガンギマリの精
53 ななしのよっしん
2022/08/12(金) 10:15:25 ID: 7hTIlbEFsw
チトー共産主義は問題を棚上げしただけで解決した訳ではないからなあ
セルビア中心義と個人崇拝に関してはミロシェビッチ台頭の前駆ですらあるし

そもそもスペインとかもカタルーニャバスクガリシアアンダルシアで抑えてるし、本質はどのも同じと言える
54 ななしのよっしん
2022/08/12(金) 20:09:43 ID: +2j2LVitOJ
クロアチア人に衛隊がドン引きするレベルジェノサイドやられて、衛隊入りしたボシュニャク人には好き勝手虐殺強姦奪されて
セルビア政府ドイツの顔色を伺って虐殺を見て見ぬふり

これで戦後急に一つの国家で仲良くしようとか理だろ
55 西風の魔道士
2022/08/19(金) 20:41:01 ID: dglUzlvUck
ベオグラードという都市が私の生まれ育ったマリベールと酷似しているのは偶然の産物なのだろうか…かつてはオルフィーユとこの世界の間に交流があったのかもしれない
56 ななしのよっしん
2022/08/27(土) 12:50:21 ID: 7hTIlbEFsw
>>54
レコンキスタも1492年だけど500年以上経過した現代スペインでも未だに揉めているわけで
王政にせよ革命政権にせよ、ユーゴという概念が定着するには長い時間と犠牲が必要だったのは間違いない

その犠牲に耐えられず解散した今が一番自然体かもね(領土問題が解決したとは言ってない)
57 ななしのよっしん
2022/09/27(火) 22:24:24 ID: JG5o3OcnL/
ガチガチだけど流石ウクライナ占領地での独立投票には不快感を示してるな
コソボの件があるからこのやり方を認めるわけにはいかないよね