テルマエ・ロマエ単語

テルマエロマエ
2.9千文字の記事
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

テルマエ・ロマエ

とは、ヤマザキマリにより漫画雑誌コミックビーム』(エンターブレイン社発行)で2008年2月号から2013年4月号まで連載されていた漫画である。
ジャンル本格歴史風呂ンティア断じてギャグマンガではない。exit第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞作品。なお『テルマエ・ロマエ』(ラテン語Thermae Rōmaeexit)とは「ローマ温浴場(テルメ)」という意味。

漫画作品一覧

概要

毎話ごとに完結するオムニバス形式をとっており、長くても上下二話でエピソードられるため読みやすい作品である。毎回の起承転結がだいたいテンプレート化しており、

 

古代ローマ帝国の浴場設計技師ルシウスが難題をふっかけられる

悩んだ末に転ぶか溺れるかして近くの浴場(場)に

ルシウス、現代日本のどこかの浴場へタイムスリップ

日本の(古代ローマ人から見ると)あまりに新な浴場を参考にし、
地元のたい顔の部族(日本人)と交流して難問解決のゲット

また没してローマに戻ってきて問題解決、一件落着!

 

という一連の騒動が繰り返される。

単行本4巻以降はこのパターンが崩れ、長期間現代に滞在し、日本文化をより深く学んでいる。

日本で言うところの銭湯であるローマ公衆浴場を中心とする、『風呂』に着眼点を当てた奇抜な設定と、古代ローマ人であるルシウスが秘の日本でカルチャーギャップに毎度遭遇する面さが好評を博し、コミックビームでも異例の大ヒット作品となっている。

なお、単行本では加筆として著者による古代ローマ風呂関連のコラムが各話ごとに掲載されている。これらを読めば君も今日から古代ローマ浴場通だ!

登場人物

ルシウス・モデストゥス
主人公ローマ帝国公衆浴場の設計技師を営むな男。自分の設計したアテネ様式の伝統的な浴場と、流行りもの好きのローマ市民にウケる浴場のギャップに悩んでいた所、古代ローマの浴場と現代日本の浴場とをタイムスリップして行き来するを身に付けてしまう。ローマ市民である自分に誇りを抱きつつも、異文化の優れた部分を貪欲かつ素直に認め、浴場の設計に取り入れる。しかし仕事熱心がたたって皇帝にはウホッされるわさんには勘違いされて逃げられるわどんどん課せられる重責にが痛むわで、私生活はちょっと不幸かもしれない。
マルクス・ピエトラ
ルシウスの友人で石工。彫像や浴場の石組みなど、幅広く仕事をこなして生計を立てる。楽天マルクスが根がで落ち込みやすいルシウスを励まし、ルシウスが日本から持ち帰ってくる様々な発想を現実化するための発明品の開発も行なっており、ルシウスにとってはなくてはならないパートナーとも言える。また、中年だが色事はまだまだお盛んであるようだ。
ハドリアヌス
ローマ帝国皇帝ローマ政の栄の時代に登場した、いわゆる『五賢』の三人ローマ外交政策を従来の侵略拡大路線からの堅守防衛という保守路線に切り替え、自領土の平和と内政の安定化を図った。そのため、領土拡大による権益を欲しがる元老院とは鋭く対立し、心労が耐えない。その疲れた心身をすこしでも癒すため、突如として高名になったルシウスに、様々な欲情浴場設計を依頼する。男色であり、愛人美少年アンティノウスが死亡した際は凹みまくり、彼を御体にする殿の建立の他、中に彼の彫像を建てようとしてローマ中から呆れられた。ウホッいいルシウス。

映画

原作ヒットを受けて動地の映画化が決定!!
2012年4月28日より開。演は阿部寛

スタッフ

2014年4月26日よい風呂の日)には続編となる「テルマエ・ロマエ」も開された。

スタッフ

アニメ

原作ヒットを受けて壮大なるアニメ化決定
2012年1月12日より、フジテレビノイタミナにて3週連続放送。「ノイタミナでは初のフラッシュアニメとなる。

放送局 放送開始日 放送時間
フジテレビ 2012年1月12日 木曜日 24:45~25:15
(初回25:00~25:30)
関西テレビ 2012年1月17日 火曜日 25:58~26:28
テレビ愛媛 2012年1月18日 水曜日 24:35~25:05
福島テレビ 2012年1月18日 水曜日 25:05~25:35
新潟総合テレビ 2012年1月18日 水曜日 25:30~26:00
東海テレビ 2012年1月19日 木曜日 26:05~26:35
サガテレビ 2012年1月20日 金曜日 25:05~25:35
さくらんぼテレビ 2012年1月21日 土曜日 25:05~25:35
秋田テレビ 2012年1月21日 土曜日 25:35~26:05
鹿児島テレビ 2012年1月21日 土曜日 25:35~26:05
テレビ熊本 2012年1月21日 土曜日 26:05~26:35
テレビ新広島 2012年1月23日 月曜日 25:50~26:20
仙台放送 2012年1月24日 火曜日 25:45~26:15
岩手めんこいテレビ 2012年1月25日 水曜日 25:50~26:20
テレビ静岡 2012年1月26日 木曜日 25:10~25:40
BSフジ 2012年1月28日 土曜日 25:30~26:00
北海道文化放送 2012年4月8日 日曜日 25:45~26:15
つまりぃ、「ブラック★ロックシューター」は
2月からじゃ!(但し、北海道文化放送は除く)

再アニメ化

10年の時を経て、さらに壮大なるアニメ化決定。

「テルマエ・ロマエ ノヴァエ」のタイトル2022年3月28日からNetflixにて独占配信開始

演:津田健次郎

今作では原作のヤマザキユリ本人がシリーズ構成を担当。アニメオリジナルエピソードも追加される。

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

関連リンク

フジテレビノイタミナ」 上段
2011年10月12月 2012年1月 2012年2月3月
UN-GO テルマエ・ロマエ ブラック★ロックシューター

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%A8%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%82%A8
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

テルマエ・ロマエ

121 ななしのよっしん
2021/10/03(日) 00:49:33 ID: gWuWRSpR1w
漫画原作実写映画としては面かった
122 ななしのよっしん
2021/11/13(土) 00:03:04 ID: PORfmhcWWl
ニコニコアプリゲームがある…あったんだが、今日突然終了してるぞどういうことだ

事前アナウンスあったか…?
123 ななしのよっしん
2022/02/16(水) 20:51:55 ID: Xg5Rdf+kk/
ここにきて再アニメとな
124 ななしのよっしん
2022/02/16(水) 20:52:48 ID: UPfm2XHa9u
>>123
ほーん?今度は原作に近い雰囲気でアニメ化してくれるとええな
125 ななしのよっしん
2022/02/21(月) 13:23:05 ID: Xg5Rdf+kk/
Netflixアニメテルマエ・ロマエ ノヴァエ3月配信、オリジナルエピソードも登場
https://news.yahoo.co.jp/articles/f3f9b689139ec322e22b973351fba34e1369c1ecexit
126 ななしのよっしん
2022/03/29(火) 21:29:33 ID: Xg5Rdf+kk/
テルマエ・ロマエ ノヴァエ】全世界配信記念!津田健次郎×小林親弘×谷哲也×田中対談動画配信!プレゼント企画もございます!
113 回視聴2022/03/29
7ΔZ ch.
チャンネル登録者数 1430人
https://www.youtube.com/watch?v=7uZgF0QojkYexit
127 ななしのよっしん
2022/03/31(木) 22:32:57 ID: OfjuaFFxaY
アニメけっこう面いな
128 ななしのよっしん
2022/04/07(木) 16:11:17 ID: 5M1VTiPvha
普通異世界転移な話だったな
129 ななしのよっしん
2022/04/17(日) 01:54:49 ID: aXfMV4R3AU
アニメは前回のは良かったけど、
今回のはどうなん?
声優全とっかえしてるぽいのがどうもね。
ルシウスはあのじゃきゃ駄だろ。
せめて阿部寛でも良かったぞ。
海馬は何か違う。
130 ななしのよっしん
2022/06/25(土) 00:28:10 ID: FfmY3VVLis
>>129
悪くはないけど、どうにか及第点って所
どうしても間延びに感じる所や、前回の方が構成上手い所があって
にはたのしめんかった
ルシウスはぶっちゃけ慣れる、ハドリアヌスの方が慣れない、演技が軽すぎる
一番端的なのは、個人浴場の依頼の所で、
前作では、最初にハドリアヌス仲間を見つけたようにをかけて
ルシウスの謙遜の返答内容を聞いて、自分の尊敬を認めない事にイラッとした対応してたけど
今作は全体的に坦な感じだし、ルシウスの謙遜の返答に対して自嘲気味に答えを返している
おかげで皇帝のヤバさが薄くなり、進歩的なモノを追いめてる姿勢も薄くなる
それによってアポロドロスをクビにした事に対して表現が軽くなってる

蛙男商会の、シナリオでも理やり良い話にする構成との差を考えさせられる