手塚治虫文化賞単語

テヅカオサムブンカショウ
要編集 この記事は要編集記事の一覧に挙げられています。
編集・情報提供にご協ください。(掲載理由:内容の偏り)
編集が終了しましたら要編集記事の一覧までご報告願います。

手塚治虫文化賞とは、漫画家手塚治虫の業績を記念して創設された賞である。

概要

1997年朝日新聞社の催により創設された。
年間を通して最も優れた作品に贈られる【マンガ大賞】、清新な才を持つ作者に贈られる【新生賞】、短編マンガに贈られる【短編賞】、マンガ文化の発展に寄与した個人・団体に贈られる【特別賞】の4部門からなる。

正賞は手塚治虫の代表作「鉄腕アトム」をかたどったアトム像、副賞として大賞には200万円、他の賞には各100万円が贈られる。
アトム像は、「マシーネンクリーガー」で知られるイラストレーター・造形作家横山の作品である。
現在の選考委員は「こち亀シリーズで有名な秋本治、「狩人星座」などで知られる里中満智子、「ホモホモ7」のみなも太郎などが名を連ねるが、巨人手塚治虫の名前を冠した賞の審をするのは嬉しくもありプレッシャーもあるだろう。

栄えある第一回のマンガ大賞は民的マンガとなった藤子・F・不二雄の「ドラえもん」。以後「MONSTER」「バガボンド」「キングダム」など、人気作家の作品が多く選出されている。
2018年の大賞は野田サトルの和風闇鍋エスタン、「ゴールデンカムイ」。

特筆すべきは短編賞に選ばれたお笑いコンビカラテカ矢部太郎作「大家さんと僕」である。
昨今お笑い芸人の活躍が覚しいが、芸人にしては控えめな矢部太郎がふだんの生活を元に描いたマンガヒットして今回の賞を受賞したことは、意外でもあり喜ばしくもある。
本人のコメントには『かのファンクラブ入会したのは手塚治虫先生だけ』とあり、さぞ感したであろうと思われる。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%89%8B%E5%A1%9A%E6%B2%BB%E8%99%AB%E6%96%87%E5%8C%96%E8%B3%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

手塚治虫文化賞

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 手塚治虫文化賞についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード